ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「デジタルの時代にマーケターが知るべきこと」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「デジタルの時代にマーケターが知るべきこと」に関する情報が集まったページです。

【連載】デジタルの時代にマーケターが知るべきこと:
第7回 「デジタルマーケティングをしている」と勘違いしていませんか?
「アジアの中でなら日本は先進国」という認識を日本人の多くは持っているかもしれない。しかし、アジア地域諸国に比べても、日本のデジタルマーケティングの取り組みは遅れているという調査結果がある。この結果に、調査協力をした筆者自身、予想外の衝撃を受けた。(2013/12/19)

【連載】デジタルの時代にマーケターが知るべきこと:
第6回 社内マーケティング、してますか?――デジタルマーケティングの重要性を社内に訴求する
今回取り上げるテーマは「マーケティングパートナーとの関係と役割分担」「マーケターの社内での立場と評価」です。「iMedia Brand Summit 2013」でのディスカッションを元にマーケターを巡る課題とその解決策を浮き彫りにします。(2013/11/22)

【連載】デジタルの時代にマーケターが知るべきこと:
第5回 デジタルマーケティングを巡る人材/組織の問題――CMOはどこに?
複雑化するデジタルマーケティングの取り組みを促進するには、全体を俯瞰できるプロデューサー、リーダー、デジタル“マーケター”が必要。また、そのような人材を生み出し、育成する組織の改革も求められる。救世主はやはりCMOなのか?(2013/10/22)

【連載】デジタルの時代にマーケターが知るべきこと:
第4回 「とりあえず」を卒業したいマーケターためのビッグデータ入門
とりあえずデータ化し、とりあえず蓄積し、とりあえず分析すれば、とりあえず何かすごいことができるかも……。こういう経験ありませんか? 「とりあえず」を卒業したいマーケターのためのビッグデータ活用入門。(2013/9/24)

【連載】デジタルの時代にマーケターが知るべきこと:
第3回 データドリブンマーケティングと「カイゼン」
データドリブンマーケティングは、「見える化」「分析」「仮説設定」「テスト」「改善」という一連の活動をPDCAで展開する手法である。これらの活動のうち、特に重要なのが日本人に馴染みの深い「改善=カイゼン」だ。(2013/8/20)

【連載】デジタルの時代にマーケターが知るべきこと:
第2回 デジタルシフトでマーケティングの何が変わったのか?
現在のマーケターが業務上必要とする知識やスキルは数年前とはかなり異なる。マーケティングを取り巻く状況はデジタルにシフトした。いまや、マーケターとはデジタルマーケターにほかならない。(2012/10/29)

【連載】デジタルの時代にマーケターが知るべきこと:
第1回 統計データから紐解くマーケティングの「デジタルシフト」
コミュニケーションの場がデジタルにシフトしつつあるいま、マーケターにはいったい何が求められるのか。アドビ システムズ 井上慎也氏によるデジタルマーケティング論第1回は各種統計データを元にしたデジタルシフトの現状考察である。(2012/9/4)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。