ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

  • 関連の記事

「Adobe LiveCycle」最新記事一覧

CAD読み物:
技術情報情報漏えい対策の最新動向
今回は最近の技術情報に関連するシステムの動向や事例を紹介します。(2016/2/15)

Adobe、ColdFusionとLiveCycle DS、Premiere Clipの脆弱性を修正
ColdFusionの脆弱性を悪用された場合、反射型クロスサイトスクリプティング(reflected XSS)攻撃を仕掛けられる恐れがある。(2015/11/18)

「後出し」でコントロール可能なIRMでECMを補完:
PR:情報を「活」かしながら「守」る
事業のグローバル化が進む中、海外の拠点や企業との間で、自社の競争力に直結するような重要なデータをやりとりするシーンが増えている。ECMによって、よりスピーディかつ効率的にデータを共有しながら、保護すべき情報を確実に漏洩から守るためには、どんな仕組みが必要だろうか? その有力な解が「IRM」だ。(2014/3/24)

AdobeがReaderとAcrobatの定例パッチ公開、Flash Playerなどの脆弱性にも対処
Reader、Acrobat、Flash Playerのほか、ColdFusion、LiveCycle Data Servicesなどのセキュリティアップデートが一挙公開された。(2011/6/15)

MicrosoftとAdobeの合併の可能性は低そう――だが実現すれば企業ユーザーにも恩恵
このうわさの実現可能性は低いが、Windows Phone 7でiPhoneに挑むMicrosoftとFlashでAppleと敵対するAdobeの組み合わせには説得力がある。(2010/10/12)

Adobe、Webコンテンツ管理のDayを2億4000万ドルで買収
AdobeはDayのWCMソリューションをLiveCycleやOmniture製品と統合し、企業向けWeb管理サービスを強化する。(2010/7/29)

キヤノンITSとアドビ、電子文書のセキュリティサービスを提供
キヤノンITSとアドビは、DRM技術を活用してPDFやOffice関連文書にセキュリティポリシーを付与するSaaS型サービスを12月に開始する。(2010/7/26)

DLP製品紹介【第1回】マカフィー編
エンドポイントからの情報漏えいを逃さない「McAfee Data Loss Prevention」
多くの情報漏えい事例が積み重なる中、有効対策の1つとして注目されるDLP。マカフィーは「データセントリックプロテクション」を掲げ、データの利用を妨げることなく、包括的に保護する機能を提供している。(2010/5/6)

NEWS
マカフィー、DLPとAdobe LiveCycle ES2を組み合わせたスイート製品を提供開始
マカフィーの情報漏えい防止(DLP:Data Loss Prevention)製品とアドビの文書管理ソフトウェアを連携することで、包括的なセキュリティ対策と業務コストの削減を実現するという。(2010/3/24)

マカフィー、重要データのライフサイクル管理を支援する新製品
マカフィーは、Adobeの著作権保護技術を組み込んだ情報漏えい対策製品を新たに発売した。(2010/3/23)

NEWS
マカフィー、アドビのDRMと連携したDLPソフトウェアの最新版を発売
マカフィーはアドビの機密文書管理ソフトウェアと連携した情報漏えいソフトウェアの最新版を発売する。違反部分をハイライト表示する機能やリムーバブルデバイスからのアプリケーション実行を制御する機能が特徴。(2010/3/16)

マカフィー、アドビのDRMと連携可能な情報漏えい対策製品を発売
マカフィーは、アドビのDRM機能と連携できる情報漏えい対策製品の最新版「McAfee Host Data Loss Prevention 9.0」を発売する。(2010/3/15)

Salesforce.comとAdobe、「Adobe Flash Builder for Force.com」を発表
Salesforce.comとAdobeが、Force.com向けRIAをドラッグ&ドロップなどの操作で構築できる開発環境を発表した。(2009/10/26)

クリエイティブ主導型へ:
Web2.0時代の終焉
戦略コンサルタントが悠長に分析し、不明確な指針をつきつけられて企業が頭を抱えながら理解するといった時間はもうない。(2009/9/27)

深刻な脆弱性を解決:
Adobe、ColdFusionとJRunの更新版を公開
悪用された場合、攻撃者によるユーザーアカウント制御やコード実行、情報流出などにつながる恐れがある。(2009/8/19)

Adobeがアドバイザリーを公開:
MSのATLの脆弱性はFlashとShockwaveにも影響
Flash PlayerとShockwave Playerは、脆弱性のあるMicrosoftのVisual Studioを利用して開発されていたことが分かった。(2009/7/29)

Adobe、「ColdFusion 9」「ColdFusion Builder」をβ公開
AdobeはFlash、Adobe AIR、LiveCycle ESなどとの統合を強化した「ColdFusion 9」に加え、新しい開発ツール「ColdFusion Builder」も提供する。(2009/7/14)

パッケージ製品のSaaS化加速か:
アドビ、全製品のサービス連携に言及
(2009/4/3)

ソリューション探訪:
社外に出たMS Officeドキュメントをコントロールする
得意先やパートナー企業とのコラボレーション作業で、どうしても気になるのが、競合企業には知られたくない情報を含んだ文書の取り扱いだ。信頼関係を損なわず、安全に重要情報をやり取りするにはどうすればいいのだろうか。(2009/3/20)

Adobe、売上高を下方修正
Adobeは下方修正の理由として、クリエイティブ事業やナレッジワーカー事業の不調を挙げている。(2009/3/6)

Webアプリケーションの次へ――AdobeのRIA戦略に向けられる企業の視線
Adobeの勢いが止まらない。FlashやPDF、そしてそれらのメリットを生かしたアプリケーションを構築するための企業向けプラットフォーム「Adobe LiveCycle Enterprise Suite」はRIAの普及に伴って、その支持を確実に増している。Adobeのシニアテクニカルエバンジェリストに話を聞いた。(2009/2/5)

パートナーとの連携強化で製品を横展開:
アドビ新社長が会見、「顧客との関係を密接に」
(2008/12/19)

米AdobeとSpringSource、エンタープライズ向けJava RIAで提携
米Adobeと米SpringSourceは、Adobe Flash、Adobe FelxとJava技術を連携させ、RIA開発の支援をする。新しいオープンソースプロジェクトの開発も進める。(2008/12/9)

リッチアプリケーション開発を支援:
Adobe、SAP/Salesforceとの統合化でエンタープライズ市場に照準
AdobeがSAPとの協業拡張を発表した。Adobeツールを利用するSAP開発者のリッチアプリケーション構築支援が狙いだ。(2008/11/20)

「神奈川県宅地建物取引業協会」が会員企業向けに:
AIR使った不動産物件システムを構築、「チラシ広告をDB化」
(2008/11/7)

Adobe、第3四半期は増収減益
Adobe Systemsの6〜8月期決算は、売上高は8億8730万ドルで前年比4%増だが、純利益は7%減だった。(2008/9/18)

「LiveCycle Enterprise Suite Update 1」出荷へ:
AIRがエンタープライズ進出、LiveCycleと本格連携可能に
(2008/7/16)

業務用RIAの本命!? Flex+Java開発入門(2):
S2BlazeDSを用いたFlex+Javaアプリの【いろは】
(2008/6/26)

NEWS
BIGLOBEのSaaS型PDFポリシー付与サービスがOffice文書に対応
SaaS型文書セキュリティサービス「BIGLOBE ドキュメントコントロールサービス」を機能強化。「Adobe LiveCycle PDF Generator ES」を活用してOffice文書をPDF変換することができ、ポリシー付与が可能になった。(2008/5/15)

ビジネスオブジェクツ、対話型ダッシュボード構築ツールを発表
日本ビジネスオブジェクツは、ポイント&クリック操作でダッシュボードを作成できる対話型ダッシュボード構築ツール「Xcelsius Engage 2008」を発表した。(2008/4/8)

Adobe、Form Designerなどの深刻な脆弱性に対処
ColdFusion、Form Designerなどのアップデート版が公開。Adobe Reader 8.1.2 Unix版のパッチは開発中。(2008/3/13)

リッチアプリが経営力を高める――アドビ社長が戦略を説明
開発コードネーム「Apollo」という名称で発表されてから1年以上経ち、ついにWebアプリケーションプラットフォーム「AIR」の正式版をリリースしたアドビは、「RIA=見栄えではない」と語る。(2008/2/27)

情報漏えい被害を最小限に食い止めろ:
PR:電子文書の情報漏えい防止 SaaSでできる手軽な本格対策
情報漏えい対策強化の必要性が久しく叫ばれながら、情報漏えい事故はいまだ相次いでいる。NECビッグローブが開始した「BIGLOBEドキュメントコントロールサービス」は、配布した電子文書のコントロールを可能にするSaaS型のサービスだ。(2008/2/21)

安藤幸央のランダウン(38):
Cometに代表されるサーバ・プッシュ技術の復権
「Java News.jp(Javaに関する最新ニュース)」の安藤幸央氏が、CoolなプログラミングのためのノウハウやTIPS、筆者の経験などを「Rundown」(駆け足の要点説明)でお届けします。(編集部)(2008/1/22)

アドビ、PDF生成ソフトの最新版を発売
4年ぶりに「Adobe Distiller Server」の新バージョンが登場した。(2007/12/21)

アドビ、オープンソース新製品の概略を説明
アドビ システムズは、オープンソースソフトウェア「BlazeDS」の概要と今後の展望について説明した。(2007/12/19)

Adobe、創業25周年に花を添える新製品を発表
創業25周年の節目に臨み、Adobe Systemsはオープンソースプロジェクトを発表した。(2007/12/14)

Adobe、新たなオープンソース製品「BlazeDS」をβリリース
BlazeDSにより、「Adobe LiveCycle Data Services ES」の一部として提供されていたリモーティング技術とメッセージング技術をオープンソース化する。(2007/12/13)

“ついうっかり”の漏えいは“外”部統制で対処――アドビとBIGLOBEが提携
情報の流出を未然に防ぐことに加え、不正流出した情報による被害を最小限に食い止めることが今後の文書管理に求められる。NECビッグローブとアドビシステムズは、これらの課題を解消するサービスを共同で提供する。(2007/10/24)

Thermo、Share、CoCoMo――Adobe MAXで見えた次の技術
コードを書かずにアプリケーションを作成できるデザイナー向けツール「Thermo」、ファイル共有サービス「Share」など、Adobeは多数の新技術を披露した。(2007/10/5)

BEAとAdobeがRIA開発で提携
「BEA Workshop Studio」に「Adobe Flex Builder 2」がバンドルされることになった。(2007/9/13)

Adobe、ColdFusion 8を正式リリース
ColdFusion 8では、Adobe Flex、PDF、Adobe Integrated Runtime(AIR)などのAdobe技術とシームレスに統合されたアプリケーションを開発できる。(2007/7/30)

SAPとアドビ、紙ベースの非効率排除に向けタッグ
SAPジャパンとアドビは、SAPアプリケーションを使用するビジネスユーザーの生産性向上で協業した。PDF技術を業務システムの入力画面として利用できる「SAP Interactive Forms by Adobe」を推進する。(2007/7/18)

M&A時代のビジネスガバナンス(1):
米国のSOX法対応で失敗した経験を生かすには
2007年5月から外資系企業による日本企業との三角合併が解禁となった。これにより、日本の経営者は、いままで以上に株主価値向上のためのM&Aの活用や、不祥事による価値失墜を防ぐためのガバナンスの徹底が必要になってくる。本連載では「M&Aに代表される企業活動のダイナミズムを支えつつ、いかに有効なガバナンスの仕組みを作るか?」に焦点を当て、これからのITに必要な要素を考える。(2007/7/2)

組織を超えたつながりを――アドビシステムズの取り組みとは
アドビシステムズは6月27日、都内で記者発表会を開き今後の戦略と新製品について説明した。「社内外のエンゲージメント」をキーワードにアドビは今後どのような取り組みを行うのか。(2007/6/27)

業務プロセスを結びつける「Adobe LiveCycle Enterprise Suite」発表
企業と行政機関、そして顧客や市民、パートナーとに関わる業務プロセスを自動化するソリューションを発表。(2007/6/5)

Adobe、「LiveCycle Enterprise Suite」を発表
Adobeが、顧客対応などのプロセスを自動化する製品として「LiveCycle Enterprise Suite」を7月にリリースする。(2007/6/5)

アドビ、PDFで製造業標準ドキュメントを狙う機運は
Adobe Acrobat 3D 8日本語版が発表されが、その仕様から製造業における標準ドキュメントフォーマットとしての意気込みはかなりのもの。なぜ、製造業を狙うのか。(2007/5/21)

日立ソフト、ドキュメントの公開統制を実現する運用管理製品を発売
(2007/4/26)

NEWS
日立ソフト、公開する文書の流出拡散・回収を制御する運用管理製品を発売
日立ソフトは、企業が公開を要するドキュメントの公開統制を実現する運用管理製品「活文NAVIstaff」を発売した。(2007/4/23)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。