ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「アドエクスチェンジ」最新記事一覧

インフィード型広告枠を拡充:
KANADE DSPがスマートフォン向けネイティブ広告枠への配信を強化
京セラコミュニケーションシステム(KCCS)は、スマートフォン向けネイティブ広告配信の強化を目的にインフィード型広告枠を拡充したことを発表した。(2016/6/17)

アプリ提供者の新たなマネタイズ手段開発に向けβテストを開始:
Twitter、外部アプリに埋め込んだタイムラインにネイティブ広告を表示可能に
Twitter Japanは、iOS/Androidアプリに埋め込んだツイートのタイムラインに「MoPub」の広告を直接表示する機能のベータテストを開始したと発表した。(2016/5/19)

動画広告を最適なセグメントとロジックで配信:
フリークアウトがスマートフォン動画広告配信を提供開始
フリークアウトは、ヒトクセと連携し、メディアーノが提供するアドネットワークのスマートフォン領域の広告掲載枠に対してRTB形式の動画広告を配信するサービス「FreakOut InLine Video RTB」の提供を開始した。(2015/10/1)

開発者向けイベント「F8」が開催:
米Facebookがアドエクスチェンジ事業を拡大、モバイルや動画もサポート
米Facebookの開発者向けイベント「F8」が2015年3月25日(現地時間)に開幕。初日にはCEOのマーク・ザッカーバーグ氏が登壇し、アドエクスチェンジ事業強化などを発表した。(2015/3/26)

スマホ広告の枠広がる:
ソネット・メディア・ネットワークス、ユナイテッドのSSP「AdStir」とRTB接続を開始
ソネット・メディア・ネットワークスは1月21日、同社が運営するDSP「Logicad」と、ユナイテッドが運営するSSP「AdStir」とのRTB接続を開始した。これにより広告主は、自社の広告をLogicadを通じてAdStirに接続しているメディアへ配信可能となる。(2015/1/21)

自動取引が可能に:
ログリー、ネイティブ広告のRTBを実現する「logly lift Exchange」をリリース
ログリーは11月27日、ネイティブ広告配信プラットフォーム「logly lift」で、ネイティブ広告枠をリアルタイム入札方式で取引できる「logly lift Exchange」をリリースした。ログリーは、これに先駆けてリリースした媒体社向け「logly lift for Publisher」と連携し、ネイティブ広告専用のアドエクスチェンジ事業を開始する。(2014/11/27)

RTBに対応した広告配信へ:
ソネット・メディア・ネットワークスのDSP「Logicad」、マイクロアドのSSPと連携
ソネット・メディア・ネットワークスは11月20日、同社のDSP(広告主の広告配信効果を最適化するためのプラットフォーム)「Logicad」とマイクロアドが運営するSSP(広告媒体社の広告収益を最大化するためのプラットフォーム)「MicroAd COMPASS」を連携し、RTB(インプレッションごとにリアルタイムで入札が行われる形式)に対応した広告配信を開始した。(2014/11/20)

広告在庫をRTBで買い付け可能に:
スケールアウト、PubMaticの「PubMatic」とRTB接続を開始
スケールアウトは10月27日、同社のDSP「ScaleOut DSP」が米PubMaticのSSP「PubMatic」 とRTB接続を開始したことを発表した。(2014/10/27)

【連載】実践! データマーケティング:
第1回 なぜ、いま、DMPなのか?
最近のデジタルマーケティング分野における重要キーワードにDMP(Data Management Platform)がある。DMPとは、企業が持つ顧客データやマーケティングデータ、ネット上だけではなくリアル店舗などのオフラインのデータも含めたさまざまなデータを統合的に管理することにより、マーケティング活動全体を最適化するためのプラットフォームを指す。本連載では、プライベートDMP導入の課題から、DSPと連携することで可能となるデータマーケティング戦略の現在と未来をお伝えする。(2014/7/28)

モバイルアプリの広告キャンペーンを測定:
Criteoの「AD-X Tracking」がTwitterの「モバイルアプリプロモーション」をサポート
スマートフォンアプリのプロモーションでPDCAを回せる仕組みが整備されつつある。6月30日、Criteoのアプリ内広告測定ソリューションとTwitterの「モバイルアプリプロモーション」がつながった。(2014/7/4)

RTBによる最適な広告配信:
ソネット・メディア・ネットワークスのDSP「Logicad」、Platform IDのSSPへの広告配信を開始
Logicadが接続している「SMN SSP」など複数のSSPやアドエクスチェンジを併せ、広範囲な広告枠に対してRTBによる最適な広告配信が可能。(2014/1/9)

「類似ユーザ」配信:
ソネット・メディア・ネットワークス、DSP「Logicad」に新機能「類似ユーザ」配信を追加
購買パターンや顧客ニーズといった8000以上の項目でユーザーの特徴を分析し、その類似度を数値化することで、より効果的なマーケティングアプローチを実現する。(2013/12/4)

アジア4番目の拠点:
クラウド型マーケティング・プラットフォームのTurn、日本市場での事業を開始
クラウドベースのマーケティング・プラットフォームを提供する米Turnは8月29日、日本での事業を開始した。(2013/8/30)

新聞社のペイウォールの大半が失敗するのはなぜか
ペイウォールはいいところ、自立的なビジネスモデルを探す新聞社の未来に対する間に合わせの処置に過ぎない。世界が電子書籍・ニュースの消費に向かう中、書店や新聞が路傍に取り残されないためにペイウォールに代わる手法が必要なのではないか。(2013/8/7)

人気調査データをランキングで紹介:
2012年の広告費が回復したのはオリンピックと衆院選のおかげ?〜調査データランキング〜
「調査のチカラ」で人気がある調査データを紹介します。「最新版『大学ランキング』トップ300」や「2012年日本の広告費」がランクインしました。(2013/3/1)

総広告費は5年ぶりに増加:
2012年の日本の広告費は5兆8913億円、前年比103.2% 、電通調査
電通は2月21日、国内の総広告費と、媒体別/業種別広告費を推定した「2012年(平成24年)日本の広告費」を発表した。(2013/2/21)

cciのDSPにFacebook広告が追加:
トレーディングデスクサービスの運用にFacebook Exchangeを追加、cci
サイバー・コミュニケーションズ(cci)は1月21日、運用型広告商品のトレーディングデスクサービス「PerformanceX Management」のラインナップにFacebook広告「Facebook Exchange」を追加すると発表した。(2013/1/21)

米AudienceScience プレジデント Michael Peralta氏インタビュー:
「ユーザーデータで広告を最適化」のその先へ――AudienceScienceの最新アドテクノロジー
「アドエクスチェンジの登場で初めてオンラインとオフラインの広告に本質的な違いが出てきた」――。最新のアドテクノロジー技術が可能にするオンライン広告の可能性を米AudienceScienceのプレジデント Michael Peralta氏に聞いた。(2012/11/12)

コンテンツごとに表示する広告を変えるDSP:
消費者の意思と広告枠の価値を評価し広告を配信するDSP、ログリー
ログリーは10月29日、消費者の意思と広告枠の価値を評価して広告を配信する「Intent Targeting技術」を用いたディスプレイ広告プラットフォーム「logly DSP」を発表した。(2012/10/30)

数百億のインプレッションに基づくデータ:
モバイル端末向け広告は6カ月で前年比250%成長−−グーグルのディスプレー広告報告書
グーグルが公開したレポートでは、同社が提供するディスプレー広告のシェアでモバイル端末向け広告と動画連動広告の需要が急激に高まっていることを伝えている。(2012/8/16)

RTB経由のディスプレイ広告市場規模を予測:
2016年のRTB市場規模は2011年の16倍超へ――マイクロアド調べ
マイクロアドによると、RTB経由による国内のディスプレイ広告市場は、2016年で1000億円超に達する見通し。(2012/8/8)

ネット広告は4%増、モバイルは減少 電通の11年「日本の広告費」
電通が発表した2011年の「日本の広告費」によると、全体では前年比で2.3%減となったが、ネット広告は4.1%増と引き続き成長。(2012/2/23)

Google決算、売上高は初の100億ドル超だが予測を下回る
Googleの10〜12月期決算は増収増益だったが、欧州経済の停滞の影響で売上高がアナリスト予測を下回った。同四半期中、Google+のユーザー数は9000万人を超え、Android端末のアクティベーション数は2億5000万台を突破した。(2012/1/20)

クラウドガバナンス座談会【前編】
2011年クラウド業界を振り返る 〜IaaSの発展、混沌としたPaaS業界の行方
2011年は日本においてIaaSが非常に発展した年だった。専門家8人が、2011年印象に残ったクラウドサービス、今後注目のPaaS、事業継続におけるクラウドの活用について語り合った。(2011/12/27)

Googleのディスプレイ広告企業Admeld買収を米司法省が承認
GoogleはDOJの承認を受け、ディスプレイ広告企業Admeldの買収を完了し、パブリッシャー向けの新たなサービスを立ち上げると発表した。(2011/12/5)

KDDI子会社のmediba、ネット広告配信会社のノボットを買収
KDDI子会社のmedibaが、ネット広告配信会社であるノボットの普通株式を取得し連結子会社化する。株式取得は8月末日になる予定。(2011/7/29)

Google、ディスプレイ広告管理ツールのAdmeldを買収
Googleが、ディスプレイ広告管理大手のAdmeld買収を正式に発表した。買収総額は約4億ドルと伝えられる。(2011/6/14)

GoogleのシュミットCEO、モバイル検索とディスプレイ広告の重要性を強調
シュミット氏は、モバイル広告の爆発的成長が、予想を上回る速度で起きていると語った。(2011/3/3)

Google、ディスプレイ広告企業のInvite Mediaを買収
Googleがディスプレイ広告のリアルタイム入札システムを提供するInvite Mediaを買収し、DoubleClickのサービスを拡充する。(2010/6/4)

Google、次世代広告プラットフォーム「DoubleClick for Publishers」を発表
大規模パブリッシャー向け「DoubleClick DART」を「DoubleClick for Publishers(DFP)」に、小規模向けの無料サービス「Google Ad Manager」を「DFP Small Business」に、それぞれアップグレードする。(2010/2/23)

Google、ディスプレイ広告仲介システム「DoubleClick Ad Exchange」公開
DoubleClick Ad Exchangeは、ディスプレイ広告と広告スペースをリアルタイムで自動的に割り当て、検索広告プログラムとも連係する。(2009/9/24)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。