ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

  • 関連の記事

「AIKA ONLINE」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「AIKA ONLINE」に関する情報が集まったページです。

MMORPG「AIKA ONLINE EXODUS」、6月8日に大型アップデート「カレナ2次アップデート」実施
ベルス城を舞台とする新しい戦闘「ベルス城 奪還戦」がスタート。奪還戦に参戦することでアイテムが手に入る「痛快突撃イベント 風雲!ベルス城」などのイベントも実施される。(2011/6/7)

どれをプレイする?:
「第3回 秋葉原PCゲームフェスタ」の出展タイトルが決定
秋葉原で開催されるPCゲームイベント「第3回 秋葉原PCゲームフェスタ」の出展ゲームタイトルが決まった。開催期間は4月29日から5月5日まで。(2011/4/15)

新緑の大地「カレナ」での激戦を共に戦う――「AIKA ONLINE EXODUS」、3月15日に大型アップデート「激戦の島 カレナ FIERCE BATTLE ISLAND」実施
天空島での脱出ストーリーが続くMMORPG「AIKA ONLINE EXODUS」に、新しい激戦の島 「カレナ」が登場。対モンスター戦に特化した新エリアでは、5ヶ国による共闘大規模戦も行われる。(2011/3/7)

天空島での戦いがいよいよ始まる――MMORPG「AIKA ONLINE」、11月16日より「AIKA ONLINE EXODUS」へリニューアル!
リニューアルとあわせ大型アップデート「Uncharted sky island」も実施。天空島のひとつ「レオナルド」を舞台に、5ヶ国による熾烈な戦いがスタートする。(2010/11/2)

次は、ハンビットユビキタスエンターテインメントに止まります――「HanbitStation2010」開催
7月24日、ハンビットユビキタスエンターテインメントは秋葉原のベルサール秋葉原にて、自社のオンラインゲームタイトルを紹介するイベント「HanbitStation2010」を開催した。(2010/7/26)

ハンビット、7月24日に東京・秋葉原「ベルサール秋葉原」でオフラインイベント「HanbitStation2010」を開催
(2010/7/16)

過酷な「テルメス地域」での戦いを勝ち抜け――6月15日「エイカ オンライン」大型アップデート実施
大型アップデートで登場する「テルメス地域」には、過酷な環境の「溶岩地帯」「汚染地帯」の新マップを配置。上級プレイヤー向けのクエストも多数公開される予定だ。(2010/6/8)

よろしい ならば戦争だ!――「AIKA ONLINE」でアップデート
(2010/4/13)

MMORPG「ネオスチーム」正式サービス終了
(2009/12/9)

「エイカ オンライン」で上級者向けのインスタンスダンジョン「エリート」解放
(2009/12/1)

「エイカ オンライン」クローズドβテスター枠追加募集決定
(2009/11/4)

公式vsメディアの国家戦勃発――「エイカ オンライン」で“初陣”イベント
ハンビットユビキタスエンターテインメントが、現在クローズドβテストのテスターを募集している「エイカ オンライン」において、大規模PvPイベントが実施される。(2009/10/23)

ITmedia Gamez枠で150名募集:
ともに戦い成長するオンラインRPG「エイカ オンライン」クローズドβテスター募集
ハンビットユビキタスエンターテインメントは、10月20日よりMMORPG「AIKA ONLINE」(エイカ オンライン)のクローズドβテストの募集を開始する。奮って参加してもらいたい。(2009/10/20)

ともに戦い成長するオンラインRPG「AIKA ONLINE」――日本でのサービスについて明かす
ハンビットユビキタスエンターテインメントは、日本国内における新規サービスを予定しているMMORPG「AIKA ONLINE」(エイカ オンライン)を発表した。(2009/9/18)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。