ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「エアアジア」最新記事一覧

チャンギ空港が「世界一」である理由 無人化技術でコスト圧縮 危険人物も見抜く
待ち時間の短縮と人件費を含むコスト圧縮を両立しながら、増大する利用者を取り込む工夫が随所に見られた。(2017/10/25)

レベル超たっけぇ! 東京コミコン美男美女コンパニオン&コスプレイヤーフォトレポート
これは行くべき。(2016/12/3)

速度も出ます:
通話もデータ通信も安くて満足いくものを――エックスモバイル木野社長が語る“通話定額”の狙い
通話時間と回数の制限付きではあるが、MVNOとしては初めて通話定額サービスの提供を発表したエックスモバイル。今回の新プランの狙いは? そもそもMVNOに参入を決めた経緯やビジョンは? 木野社長が説明した。(2015/8/11)

MVNOに聞く:
「まだ超絶赤字」だけど「撤退します、以上」はありえない――エックスモバイル木野社長
SIMカードとiPhoneやXperiaをセットで販売して、賛否両論を集めるMVNOサービス「もしもシークス」。このサービスを運営するエックスモバイルの木野社長を直撃し、話を聞いた。(2015/6/4)

仕事をしたら“安全”に飛べた:
飛行機は本当に「安全」なの? 現役パイロットに聞いてきた
ここ数カ月、飛行機の墜落事故が相次いでいるので、不安を感じている人も多いのでは。「飛行機は最も安全な乗り物」と言われているが、本当にそうなのか。JALの現役パイロットに聞いてきた。(2015/3/25)

再生請負人が見る製造業(6):
日系航空機メーカーは、主戦場のアジアで勝ち残れるか?
企業再生請負人が製造業の各産業について、業界構造的な問題点と今後の指針を解説する本連載。今回はMRJをはじめとしたブームに沸く航空機業界について解説する。(2015/2/10)

消息不明のエアアジア機、残骸を発見
乗客乗員162人の行方はいまだ不明。(2014/12/30)

インドネシア発のエアアジア機、消息を絶つ
インドネシアを出発したQZ8501便と管制官との連絡が途絶えた。(2014/12/28)

KDDIが参入した理由とは?:
「アジア最後のフロンティア」――ミャンマーの携帯電話市場を探索する
ミャンマーはあらゆる産業の外資への開放が遅れ、携帯電話の普及も10%台とアジア各国の中でも出遅れていた。だが2014年夏から海外資本による2社が携帯電話事業に参入したことで急速な発展が見込まれている。アジア最後のフロンティアと言われるミャンマーの携帯電話市場は今、どうなっているのだろうか。(2014/12/8)

屋台で買うのが最も手軽:
海外プリペイドSIM導入マニュアル――「ミャンマー・ヤンゴン2014年」編
数年前までは自国民ですら携帯電話の入手が困難だったミャンマーも、海外の通信事業者が参入し、容易にプリペイドSIMが買えるようになった。現地3社のプリペイドSIMの使い勝手も三者三様、それぞれを試してみた。(2014/11/27)

2015年4月8日にオープン:
成田空港はなぜ新ターミナルを作るのか?
2015年4月に、新たにLCC専用の第3ターミナルをオープンすると発表した成田空港。このタイミングで新設する理由、海外のLCC用空港と比べた利便性などについて、専門家に聞いた。(2014/11/3)

米GE、産業分野向けのビッグデータ基盤を提供へ
Pivotalと共同で航空や鉄道、病院などの業界にビッグデータ分析のための基盤技術を展開する。航空業界での実証では分析に要する時間を数カ月から数日に短縮したという。(2014/8/12)

楽天、格安航空に参入 「エアアジア」日本法人に出資
楽天がマレーシアのLCC・エアアジア日本法人に出資。「楽天トラベル」の強化につなげる。(2014/7/1)

木村奈津子の知っ得トラベラー通信:
円安でも楽しめる海外旅行先、どこがオススメ?
2012年末ごろまでは1ドル80円前後を推移していたのに、ここ最近円安の影響で旅費は割高になりがち。そんな円安時代でも、かしこくお得に旅を楽しむキーワードが「KCP」です。KCPって何? そして“いま狙いを定めたい場所”はどこでしょう。(2014/6/24)

秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:
パイロット不足で国内LCCが大量欠航――その背景にあるものは?
ピーチ・アビエーションやバニラエアなど国内LCCでパイロット不足が深刻化し、相次いで運航中止に追い込まれる事態が続いている。その背景では、何が起こっているのか?(2014/6/13)

秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:
LCCの歴史を検証し、未来を展望する
LCC(格安航空会社)はいつどこで始まり、世界にどう広がっていったのか。その歴史を振り返ることで、航空の近未来が見えてくる。LCCは格安での旅を実現しただけでなく、人々の価値観やライフスタイルをも変えようとしている。(2014/5/9)

秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:
バニラエア搭乗記――前身のエアアジア・ジャパンと何が変わった?
2013年12月20日、日本にまた新しいLCCが誕生した。同年10月で運航を終了したエアアジア・ジャパンの後を受け「リゾートLCC」として生まれ変わったバニラエアだ。その“変身ぶり”を探るため、成田から那覇へのフライトを体験した。(2014/3/14)

スマホアプリだけで海外旅行を楽しめるのか? 2泊4日のマレーシア弾丸取材
「明後日からマレーシアに飛んでよ、ホテルの予約とか現地でやればいいから」――そんなムチャブリをしてくる誠 Style編集部。バックパッカー的な旅行ができない筆者にとってハードルの高い旅が始まったのです。(2013/9/20)

INSIGHT NOW!:
エアアジア・ジャパン、不振の原因は何だったのか?
日本で本格的なLCC(格安航空会社)3社が就航して1年が過ぎ、その明暗がはっきり出ている。エアアジア・ジャパンの苦戦の理由として関係者やアナリストが指摘するものは、いずれも十分納得できるものではない。(2013/8/29)

成田拠点の国際線LCCに:
エアアジア・ジャパン、新体制はリゾート路線特化の「バニラ・エア」
マレーシアのエアアジアとの合併を解消したエアアジア・ジャパンが新社名「バニラ・エア株式会社」を発表。成田を拠点に国内外のリゾート路線に特化したLCCとなる。(2013/8/20)

「エアアジア・ジャパン」ブランド終了へ:
エアアジア、ANAとの合弁事業を正式に解消
国産LCCの一角を占めていた「エアアジア・ジャパン」が、同ブランドでのサービスを11月1日までに終了。ANAの100%子会社として出直すことになった。(2013/6/25)

秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:
空から、陸から、オーストラリア大陸をダイナミックに旅する
観光列車でケアンズの熱帯雨林を抜け、復路はスカイレールで上空から景色を一望する。南オーストラリアのアデレードから北端のダーウィンへは、ザ・ガン鉄道で縦断。日本からのアクセスはジェットスター航空を利用し、空路と陸路で豪大陸を満喫した。(2013/6/19)

「1日定額65円!」な海外定額データ通信:
海外プリペイドSIM導入マニュアル──「ラオス・ビエンチャン2013年」編
ラオス・ビエンチャンは国を代表する都市とは思えぬのんびりした雰囲気が旅行者に人気。そのビエンチャンの通信事情はどうか、現地のプリペイドSIMカードとデータ通信端末を購入してみた。(2013/5/23)

秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:
エアアジアXとマレー鉄道の旅
LCCでありながら中距離路線を運航するエアアジアXは、大型の機材を使用し、エコノミーのみならず上級クラスのサービスも提供している。そんな同社のプレミアムクラスの取材を兼ねて私たちは羽田からクアラルンプールへ飛び、さらにマレー鉄道で世界遺産の街マラッカを目指した。(2013/4/3)

国内3社のレンタルサービスを比較:
海外で使うモバイルWi-Fiルーターはどれが便利?(韓国編)
海外を訪れるときのネックになるのが通信手段。携帯会社が提供している海外パケット定額サービスも便利だが、モバイルWi-Fiルーターをレンタルする方が安く済むケースが多い。国内3社のレンタルサービスを使い、韓国で試してみた。(2012/12/25)

誠トレンド格付2012:
誠編集部が選ぶ2012年のトレンドは?
早いものでもうすぐ2012年も終わり。今年話題になった出来事を、Business Media 誠、誠Biz.ID、誠Style編集部それぞれが選んでみました。(2012/12/14)

今年就航した日系LCC、利用後の感想は?
今年就航した日系LCCのエアアジア・ジャパンやジェットスター・ジャパン、ピーチ・アビエーション。利用者はどのように感じたのだろうか。フォートラベル調べ。(2012/12/6)

2012年のユーキャン新語流行語大賞 年間大賞は「ワイルドだろぉ」
「ステマ」「いいね!」などのネット関連語は受賞ならず。(2012/12/3)

ソウルまで6980円〜、エアアジア・ジャパンが成田−仁川線就航
LCCのエアアジア・ジャパンが国際線の就航計画を発表した。成田ー仁川線を10月28日から1日1往復運航する。価格は6980円〜2万9980円(片道)。(2012/10/10)

体験:
沖縄往復+ホテル一泊 本当に7円で旅に出られるのか
1円で飛行機に乗れる時代です。では試してみましょうと待つこと半年……。(2012/9/18)

現地の人しか知らない場所に行ける旅行サービス「Meetrip」誕生 「東京案内人」を体験してみた
心に鮮明に残っている海外旅行の記憶って何だろう――。ふと考えてみたときに思い浮かぶのは、現地の人に親切にされた思い出、彼らの顔、会話、珍事件(?)などではないだろうか。現地の人の案内でガイドブックにない旅を楽しめるサービスがスタートした。(2012/9/18)

「WiMAXを割安レンタル」な海外定額データ通信:
海外プリペイドSIM+無線LANルータ導入マニュアル──「マレーシア・クアラルンプール2012年」編
海外渡航時のデータ通信手段確保は、現地3Gサービスのプリペイドやレンタルを利用するのが便利。でも「より高速」を望むなら、いくつかの国・地域ではすでに新世代サービスのプリペイド手段も存在する。今回はマレーシア・クアラルンプールでのWiMAXプリペイドサービスを利用してみた。(2012/7/23)

これからのことがよく分かるコラム:
LCCを利用すればオトクなの? 知っておきたい「常識」
格安航空会社(LCC)が今年、相次いで新就航しました。「LCC=安い」「従来の航空会社=高い」といったイメージがありますが、本当にそうなのでしょうか? これからLCCを利用したいと思っている人に、知っておきたい「常識」をお届けします。(2012/7/18)

スマートフォン向けNAVITIMEで「LCCナビ/格安サーチ」を提供
ナビタイムジャパンは、スマートフォン向けサービス「NAVITIME」「PC-NAVITIME」へ、3つの航空会社における国内線就航空港や就航路線、時刻表、運賃や格安ルートが検索できる「LCCナビ/格安サーチ」を提供。(2012/7/12)

シンガポール航空が2011年度の利用者満足度ナンバー1に
エイビーロード・リサーチ・センターが「エアライン満足度調査2012」を発表。LCCのエアプサンが総合満足度で5位に入った。(2012/7/4)

利用してみたいLCC、トップは「ピーチ」
フォートラベルは2012年7月3日、「格安航空会社(LCC)の利用」に関するアンケートをまとめた。4人に1人がLCCを利用したことがあるという。(2012/7/3)

事前期待を上回るサービスが大事だけど……スカイマークの苦悩から学べること
LCCへの注目度が高まる中、「このレベルのサービスまでしか提供できません」という内容のスカイマーク・サービスコンセプトが波紋を呼んでいる。そこから垣間見えるLCCの苦悩から、サービスの視点で学ぶべきことは何なのだろうか?(2012/6/29)

エアアジア・ジャパン、機内食メニューを発表
エアアジア・ジャパンは、2012年8月1日に就航する国内線で提供する機内食メニューを発表した。機内限定の特別メニュー「空飛ぶレッド」シリーズも販売する。(2012/6/27)

国際線LCCの利用者に聞く、その満足度は?
リクルートは、「国際線LCC利用意向と満足度に関する調査」をまとめた。利用者の半数が今後もLCCを優先的に利用したいと考えている。(2012/6/26)

「LCCを利用したい」は82.2%――利用したくない理由は?
格安航空会社(LCC)を利用したいと思っている人はどのくらいいるのだろうか。20歳以上で年に1回以上飛行機を利用している人に聞いたところ、82.2%が「利用したい」と回答した。ライフメディア リサーチバンク調べ。(2012/5/31)

最低運賃はジェットスターより10円安く:
エアアジア・ジャパンが8月就航国内3路線の運賃を発表、5円の特別チケットも
エアアジア・ジャパンは、成田国際空港から8月1日に札幌便と福岡便、8月3日に沖縄便を就航すると発表。最低運賃は競合のジェットスター・ジャパンよりそれぞれ10円安い価格に設定した。(2012/5/30)

飛行機まるごと1機分(180席)を自由にできる権利を君にやろう
エアアジア・ジャパンは就航記念として、180席分の航空券をプレゼントするキャンペーンを開始。何回かに分けてもいいし、みんなで利用してもいい。(2012/5/30)

新連載・どうなる? 鉄道の未来(1):
なぜ新幹線は飛行機に“勝てた”のか
鉄道の未来は厳しい。人口減で需要が減少するなか、格安航空会社が台頭してきた。かつて経験したことがない競争に対し、鉄道会社はどのような手を打つべきなのか。鉄道事情に詳しい、共同通信の大塚記者と時事日想で連載をしている杉山氏が語り合った。(2012/5/16)

秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:
機長が荷物運びを? シートの背もたれが倒れない? LCCの“格安”のヒミツ
2012年3月1日、日本で初めてとなる本格的LCCのピーチがデビューした。大手とは異なるビジネスモデルで驚異的な低運賃を打ち出し、航空自由化が進んだ欧米で発達してきたLCC。2000年代に入るとアジアにも波及し、その数は現在、世界で120社を超えている。LCCはどうやって“格安”を実現しているのか?(2012/3/15)

LCC元年の幕開けへ ピーチの国内線就航でどうなる今年の航空業界
ピーチ・アビエーションが格安航空会社(LCC)として先陣を切って3月1日に国内線に就航する。今年はピーチ以外にもエアアジア・ジャパンとジェットスター・ジャパンが相次いて就航する予定で、まさに「LCC元年」。そこでニコニコ生放送では、LCCとは何か、航空業界はどう変わるかを議論する。出演者は航空ジャーナリストの秋本俊二さん。配信は3月1日17時0分〜。(2012/2/29)

エクスペディア、「エアアジアX」の航空券オンライン販売を開始
エクスペディアジャパンは、マレーシアの格安航空会社「エアアジアX」の航空券のオンライン販売を開始した。エアアジアXの航空券を組み合わせたオリジナル海外ツアーが作成できる。(2011/4/21)

エクスペディアとエアアジアが合弁会社、アジア太平洋地域の旅行をもっと格安に
オンライン旅行予約サイトを運営する米エクスペディアと、格安航空会社のエアアジアと合弁会社を設立する。アジア太平洋地域を対象にした、航空券、ホテル予約、ダイナミック海外ツアーを提供する。(2011/3/30)

世界一周サムライバックパッカープロジェクト:
日本人経営者は、フィリピンの格安マンツーマン語学学校をどう運営しているか
格安で英会話を学べるということで、韓国人を中心に人気を集めているフィリピンへの語学留学。その受け入れ先となる語学学校をフィリピン人や韓国人とともに経営している井坂浩章さんに、語学学校の実情についてインタビューしてみた。(2011/2/2)

利用したことがある格安航空会社、トップは「ジェットスター」
低価格で簡素化された航空輸送サービスを提供するLCC(ローコストキャリア、格安航空会社)。海外のLCCが続々日本でも就航しているが、利用したいという人はどのくらいいるのだろうか。JTB調べ。(2011/1/7)

秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:
【速報】エアアジアXが日本初上陸! LCCのビジネスモデルは、着陸料の高い羽田で成功するか!?
12月9日深夜、アジア最大の格安航空会社、エアアジアXがついに日本に上陸した。大手とは異なるビジネスモデルで驚異的な低運賃を実現するLCCが、国際線着陸料の高い羽田で、はたして成功できるのか!?(2010/12/11)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。