ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「現場で使うためのオールペア法、直交法の基本」最新記事一覧

現場で使うためのオールペア法、直交表の基本(5):
Q&Aで読むソフトウエアテスト「オールペア法、直交表の基本」
今回は連載の総集編として、ここまでで解説してきたポイントをFAQ形式でまとめてみました。本稿を、ソフトウエアテストで「考え過ぎた」ときに、リファレンスとして使ってみてください。詳細を確認したい場合は連載各回の解説を確認してみましょう。(2015/6/11)

現場で使うためのオールペア法、直交表の基本(4):
組み合わせテストを現場で使うときの判断指針とPDCA
組み合わせテスト実施時の判断のコツは分かったけれど、どのくらいの「強さ」で、どの手法を組み合わせればいい? 筆者の経験から、判断基準やテストのPDCAにおける「トレードオフ」の正しい悩み方、賢い対策の考え方を紹介します。(2015/5/29)

現場で使うためのオールペア法、直交表の基本(3):
組み合わせテストを開発現場で使いこなすには?――考え方のヒントと5つのコツ
オールペア法や直交表は組み合わせテストの品質を一定に保ち、テストケースを合理的に削減できる利点を持ちます。しかし、ツールでやみくもにテストケースを削減してはいけません。そこには勘も経験則もコツも必要です。筆者がコツを伝授します。(2015/4/28)

現場で使うためのオールペア法、直交表の基本(2):
組み合わせテストを科学的に効率化する――手法とツール、品質保証のための道具
あらゆる条件を網羅したテストを実行することは現実的ではありません。しかし、職人技と勘、あるいは闇雲にテストツールに頼っても、科学的に品質を保証できません。最小のコストで品質を保証するための手法と、その考え方、制約がどのようなものかをじっくり見ていきましょう。(2015/3/20)

現場で使うためのオールペア法、直交表の基本(1):
ソフトウエアテストの考え方――本質、基本を知る
手法やツールだけでなく、そもそもテストとは何か、トレードオフを適切に判断するために必要な知識は何かをじっくり考えてみましょう。(2015/2/18)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。