ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  D

  • 関連の記事

「Database Watch(2013年)」最新記事一覧

@IT Database Expertフォーラム掲載の連載「Database Watch」2013年版の記事一覧です。下記も併せてご覧ください。

連載「Database Watch」2014年版

Database Watch(2013年12月版):
HP「NonStopサーバー」って?/フェイスブックの中の人に聞いたMySQL 5.6の使い方
今月は専用機「NonStopサーバー」の仕掛けと、Facebookの中でのMySQL 5.6への対応状況、使い方をウォッチします。(2013/12/25)

Database Watch(2013年11月版):
現実味を帯びてきた「Database as a Service」/MySQL
今月はOracleが掲げるDBaaSとExadataのインメモリデータベース技術、加えてMySQLのラボにて開発中の新機能について紹介します。(2013/11/20)

Database Watch(2013年10月版):
NECが考えるRDBな企業とHadoop活用/MariaDB、ストレージエンジンSpider
今月はNECのスケールアウト型データベース「InfoFrame Relational Store」とMySQLのForkとして注目を浴びているSkySQLのMariaDBについてレポートします。(2013/10/24)

Database Watch(2013年9月版):
SI企業が集まってノウハウ共有なんて本当にできるの? PGECの活動から
OSSの精神でノウハウ共有なんて、可能? そんな不安から始まったPGEC。現在の状況を聞いた。(2013/9/30)

Database Watch(2013年8月版):
米国の熱気は日本にも届くか? 納涼もんご祭り/Oracle Database 12c
米国で人気のスキルになっているMongoDB。日本MongoDBユーザー会のイベントでその一端を垣間見た。(2013/8/19)

Database Watch(2013年7月版):
巨大データとのそれぞれの付き合い方――Pivotal、SAP HANA
国内での法人設立も間近と噂されるPivotal。一足先に今後の製品展開をウォッチした。SAP HANAやOracle Database 12cなども。(2013/7/25)

Database Watch(2013年6月版):
SQL Server 2014 処理高速化の仕掛け/Redshiftの先行評価の内容とは?
「SQL Server 2014」が正式アナウンスに。高速化の仕掛けを取材。「AWS Summit Tokyo 2013」のセッションからはAmazon Redshiftの先行評価の情報を紹介する。(2013/6/26)

Database Watch(2013年5月版):
PostgreSQLエンタープライズ利用の指針が続々公開へ
OSSながら、堅牢性やスケーラビリティの面からエンタープライズ用途でも採用されることの多いPostgreSQL。大規模運用のための指針や移行のノウハウを公開する動きが活発化しています。今回はPGECの活動成果をウォッチ!(2013/5/21)

Database Watch(2013年4月版):
「データ」をめぐって聞こえてきた2つの新しいメッセージ
今回はデータプラットフォームについて、直近で製品発表のあった2社のトレンドをウォッチ。いずれも“データ”の扱い方について、新しいメッセージを示すものとなりました。(2013/5/10)

Database Watch(2013年3月版):
信頼性とパフォーマンスを改善したMySQL 5.6をウォッチ!
2013年2月にリリースされたMySQL 5.6。主要機能や採用事例などを「Oracle MySQL Tech Tour Tokyo」でウォッチしてきた。(2013/3/19)

Database Watch(2013年2月版):
PureData3兄弟、誰が誰の子?/SQL2016策定の動向は? 芝野先生に聞いた
いろいろ出てきたPureSystems製品群のうち、PureDataラインアップの特徴を整理しよう。後半はSQL標準策定の動向を識者に突撃取材。(2013/2/26)

Database Watch(2013年1月版):
Redshiftがもたらすデータ分析環境の新時代/私的2012年の業界まとめ
2012年末に発表されたAmazon Redshift。ついにデータウェアハウスも格安のWebサービスの1つとして選択できるようになった。今月はRedshiftをウォッチ!(2013/1/24)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。