ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  D

  • 関連の記事

「Database Watch(2014年)」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

@IT Database Expertフォーラム掲載の連載「Database Watch」2014年版の記事一覧です。下記記事も参照ください。
Database Watch 2013年版

Database Watch(2014年12月版):
Netflixが採用するCassandra/マルチテナントのコンテナ型DBとしてのSAP HANA
ハードコアな負荷テストツールを公開したことでも知られる「Netflix」が採用するデータベースとは? インメモリDB「SAP HANA」のマルチテナント対応についても紹介。(2015/1/6)

Database Watch(2014年11月版):
AWSが発表したクラウドネイティブなMySQL互換DB「Amazon Aurora」
Amazon RDSに新たに加わったAurora。MySQL互換をうたうハイパフォーマンスのデータベースサービスを取材した。(2014/11/28)

Database Watch(2014年10月版):
データベースバックアップ専用マシン、GISデータ分析をウォッチ
米国サンフランシスコで開催した「Oracle OpenWorld」からほぼ1カ月。日本へのフィードバックとして恒例になっている「Oracle Days Tokyo」が開催されました。オラクルの技術的なハイライトの他、「Zero Data Loss Recovery Appliance」の仕組みを見ていきます。(2014/10/24)

Database Watch(2014年9月版):
CloudantとCouchbaseは似て非なる兄弟?/オラクルのSQL on Hadoop「Big Data SQL」
データベースサービスを提供しているCloudantと、オラクルの高速クエリ技術をHadoopに応用し多様なデータを統合的かつシンプルにアクセスできるようにしたOracle Big Data SQLを紹介します。(2014/9/29)

Database Watch(2014年8月版):
BlueMixのクラウドデータベースサービス/SQL on Hadoopは普及するか?
PaaSの世界のデータベースはどうなっている? ビッグデータ対応インフラの実装として、本気を出し始めたHadoop環境の弱点を補う仕組みもウォッチした。(2014/8/21)

Database Watch(2014年7月版):
Oracle Database In-Memory/Amazon Kinesisが日本国内に
ついに、Oracle Database In-Memoryが日本国内でも提供スタート。Amazon Kinesisは東京リージョンが選択できるようになった。ぞれぞれをウォッチした。(2014/8/6)

Database Watch(2014年6月版):
Azureの「SQLデータベース」とSQL Serverは何が違う?/Pivotal HD 2.0
Microsoft Azureで利用できるサービスの一つ「SQLデータベース」。Azure上でSQL Serverインスタンスを利用する場合と比較して、性能・料金体系はどう違う? SQL on Hadoopを実現するPivotal HDのHAWQとは?(2014/6/30)

Database Watch(2014年5月版):
実装のひと工夫で高速化する技術
データ分析の大半は時系列データが対象。ならば、データの持ち方や処理の方法、使い方にひと工夫を。今回は工夫をした2製品をウォッチ。(2014/5/28)

Database Watch(2014年4月版):
「PureData for Analytics」はどこまでデータ分析環境を用意している?
DWHで多数の実績を持つNetezzaのコアを受け次ぐPureData for Analytics。周辺ツールとの連携を含めて取材した。(2014/4/30)

Database Watch(2014年3月版):
DB設計 基本の鉄則3カ条とは?/SQL Server 2014が間もなく登場!
Microsoft SQL Server 2014が間もなく登場! インメモリエンジン搭載、BI機能の強化、Microsoft Azure連携の強化と、盛りだくさんです。今月は、DB設計のありがたいお言葉も紹介します。(2014/3/31)

Database Watch(2014年2月版):
確定不能なデータたち――IoT時代を受け止めるOracle NoSQL、JSON Anywhere
エンタープライズを指向するOracle NoSQL、マルチデバイスでのデータハンドリングのための環境を整備するCouchbase、適用用途は異なるものの、IoT時代を見据えた開発を進める2つの非RDBをウォッチした。(2014/2/21)

Database Watch(2014年1月版):
未来予測を支える技術とPivotal/Mongo、Groonga
エレクトロニクス業界の巨人「GE」がPivotal出資の真意をあらためて語った。MongoやGroongaの情報も。(2014/1/29)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。