ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

「AIX」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「AIX」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

マインクラフトで人工知能を育てる「Project Malmo」、MicrosoftがGitHubで一般公開
Microsoftが3月に「Project AIX」としてプライベートプレビューを開始した「Minecraft(マインクラフト)」で人工知能(AI)を訓練するプロジェクト「Project Malmo」を一般公開した。GitHubからmodとコードをダウンロードできる。(2016/7/10)

Microsoft、「マインクラフト」採用の人工知能(AI)訓練ツール「AIX」をオープンソース化へ
人工知能(AI)にとっては囲碁のようなゲームより、「丘を登る」といった人間にとっては簡単だが複合的なインプット/アウトプットが必要な行動の方が難しい。Microsoftはこうした“汎用知能”を構築するためのものづくりゲーム「マインクラフト」を採用した人工知能開発プラットフォーム「AIX」を今夏オープンソースで公開する。(2016/3/15)

IBM、AIX 7のオープンβプログラムを提供開始
IBMがUNIX OS「IBM AIX 7」のβ版を公開した。POWER7上ではAIX 6の4倍のワークロードをサポートする。(2010/7/15)

三菱東京UFJ銀行、仮想化AIXのサーバ統合基盤を運用へ
三菱東京UFJ銀行は、仮想化技術を採用するAIXのサーバ統合基盤の運用を始めた。将来的に行内クラウド化も視野に入れているという。(2010/2/23)

ソフォス、AIXのウイルス対策を統合管理する新製品
ソフォスは、AIX環境でのウイルス対策の統合管理に対応する「Sophos Anti-Virus for UNIX version 7」をリリースした。(2010/2/15)

UNIX処方箋:
AIXのLVM機能を使い、RAID 0+1を構成する
現場ですぐに役立つ知識を欲するあなたに贈る珠玉のTips集。今回は、AIX 5.xのLVM機能を用いて、RAID 0+1環境を構成する手順について解説します。(2009/5/20)

取引高がわずか1年半で20倍に激増したサイバーエージェントFXの「外貨ex」:
PR:日立のAIXサーバ「EP8000」を採用し、「安心と信頼」の金融サービスを目指す
サイバーエージェントFXが運営する外国為替証拠金取引サービス「外貨ex」は、2008年11月に口座開設数が6万口座を突破。同社は、システムの中核となるデータベースサーバに、日立のエンタープライズサーバ「EP8000」を採用し、高性能かつ堅牢なシステム基盤を獲得した。(2009/2/24)

ホワイトペーパー:
ITおよび事業の継続性を確保するための「災害復旧ガイド」
IBM社のiサーバおよびAIXサーバ向け災害復旧(HA/DR)コンセプトの紹介。3つのステップを通じて、企業が取り組むべき事業の継続性と災害対策に関する具体的なIT戦略を分かりやすく解説する(提供:Vision Solutions)。(2008/12/17)

UNIX処方箋:
AIXを管理する上でのポイント
現場ですぐに役立つ知識を欲するあなたに贈る珠玉のTips集。いつもSolarisの話題ばかりでしたので、今回はAIXを管理する上でのポイントを解説します。(2008/12/9)

日立がPOWER 6搭載のAIXサーバを発表、従来比1.4倍のトランザクション処理
新プロセッサ採用で処理能力がアップ。日立は、基幹向けサーバEP8000シリーズのハイエンドモデルを発表した。(2008/4/18)

IBMのAIXに複数の脆弱性、リスクは低レベル
AIXに複数の脆弱性が報告され、IBMが暫定フィックスを公開した。(2008/1/28)

IBM、AIX 6のオープン・ベータ・プログラムを提供開始
IBMは、同社のUNIX「IBM AIX」の最新版となる「AIX 6」のオープン・ベータ・プログラムの提供を発表した。正式リリースは2007年度第4四半期の予定。(2007/7/13)

IBM、ブレードサーバを「Virtual Loaner」プログラムの対象に
IBMは12月7日、ISVや開発者が「System I」や「System P」サーバといった同社のシステムおよび一連のソフトウェアスイートにアクセスできるよう、同プログラムを拡張すると発表した。このプログラムを利用して、「AIX」「Linux」「Power5」などのオープンソースプラットフォーム向けのアプリケーションも開発できる。(2006/12/8)

IBM、AIXセンター開設
米テキサス州のAIXコラボレーションセンター(ACC)では2年間で2億ドルの投資を通じ、AIX関連技術の促進と、AIX向け新アプリケーションとミドルウェアの開発・テストに当たる。(2005/12/17)

オープンソースライセンスの種類過剰について語るIBMのミルズ氏
IBMソフト部門幹部のスティーブ・ミルズ氏が、Linuxや仮想化のトレンド、Red HatとNovellの2頭レースになっている現状、そしてAIXの今後について語った。(IDG)(2005/8/12)

Linux版や各種UNIX版のAcrobat Readerに脆弱性
Linux版やSolaris、IBM-AIX、HP-UX版の「Acrobat Reader 5.0.9/5.0.10」にバッファオーバーフローの脆弱性が存在することが明らかになった。(2005/7/6)

「IBMがAIX 5LでUNIXコードを流用」とSCO主張
SCOが「Project Monterey」用にライセンスしたUNIXコードを、IBMがAIX 5Lで別のライセンス契約を結ばないまま使ったことを示す電子メールが見つかったと、SCOは主張している。(IDG)(2004/8/6)

グループワンソフトウエア、「The SAGENT Solution」のAIX版を販売
グループワンソフトウエアは、データ統合プラットフォーム「The SAGENT Solution」のIBM AIX版を販売する。(2004/7/16)

Linuxファイルシステム技術解説(6):
JFSのファイル管理とジャーナリングの実装
AIXで生まれ、OS/2 WarpのソースがLinuxに移植されたJFS。そのファイル管理機構とジャーナリングがどのように実装されていいるのかを解説する。(編集局)(2004/3/30)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。