ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

  • 関連の記事

「Alan Wake」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Alan Wake」に関する情報が集まったページです。

「Alan Wake」、ダウンロードコンテンツ第2弾 「Alan Wake : 小説家」の配信を開始
ダウンロードコンテンツ第2弾は、第1弾「Alan Wake:シグナル」から始まるストーリーの完結編。作家であるアラン・ウェイクは、これまでにも増した異様な状況下で次々と襲いかかる脅威、そして自らの内に潜む脅威と戦っていく。(2010/10/13)

週間ソフト販売ランキング:
新作がにぎわっています
5月24日から5月30日までの期間で集計したソフト販売ランキングです。芽吹いた新作がわさわさと葉を広げて成長していくかのようです。(2010/6/3)

「アラン ウェイク」ダウンロードコンテンツ第1弾配信決定――UstでAKB石田晴香さんらが生放送も
5月27日発売予定のXbox 360専用サイコスリラー「Alan Wake」でダウンロードコンテンツが配信される。また、5月26日にUSTREAMで「Alan Wake」生中継イベント第3弾が放送予定!(2010/5/26)

秋葉原で春のXbox 360祭り開催――AKB48のメンバーも登場!
5月15日、マイクロソフトは秋葉原で春のXbox 360祭りと題し、Xbox 360でしか遊べない新作タイトルの試遊会を行った。「Alan Wake」ステージイベントにはAKB48のメンバーも!(2010/5/17)

「Alan Wake」の生中継イベント開催――実写版ショートフィルムの配信も
(2010/5/12)

「Alan Wake」にダウンロードコンテンツカード封入決定
(2010/5/7)

春だ、Xbox 360だ! ユーザー体験会「春のXbox 360祭り 〜Xbox 360でしか遊べない体験を〜」開催決定
(2010/5/7)

Xbox 360のメディア向け展示会「X10」がサンフランシスコで開催――最新タイトルラインアップの最新情報公開
マイクロソフトは2月11日、北米サンフランシスコで報道関係者向け展示会「X10」を開催。「Halo: Reach」のマルチプレイβを5月3日から開始すると発表した。(2010/2/12)

TGS2009:
光と闇に焦点を当てたサイコスリラー「Alan Wake」ってどんなゲーム?
Xbox 360用ソフト「Alan Wake」は、「Max Payne」シリーズを手がけたフィンランドの「Remedy」が開発しているアクション・サイコスリラーだ。TGS2009に合わせて来日していたRemedyのオスカリ氏とマティアス氏に話を聞いた。(2009/9/27)

Xbox 360 Media Briefing 2009:
「Xbox 360 エリート」の新価格は2万9800円! 価格改定&充実のソフトラインアップで年末商戦に挑むXbox 360
マイクロソフトのメディア向け発表会「Xbox 360 Media Briefing 2009」が都内で開催され、Xbox 360本体の新価格や、来年までに発売予定の新作タイトルなどが続々発表された。(2009/9/2)

PR:夏だ! 山だ! 海だ! ……いや、家だ! 今年の夏はXbox 360でバカンスを!
この夏はXbox 360で充実したゲームライフを過ごそうよ! と提案したい。なぜか? Xbox 360がとっても楽しいハードだから、だ。(2009/6/22)

E3 2009総括:
E3 2009で何があったのか? まとめて読みたいあなたのために(後編)
ロサンゼルスで開催されたElectronic Entertainment Expo(E3 2009)を振り返る。後編ではSCEについて。(2009/6/18)

E3 2009総括:
E3 2009で何があったのか? まとめて読みたいあなたのために(前編)
ロサンゼルスで開催されたElectronic Entertainment Expo(E3 2009)を振り返る。前編ではマイクロソフトと任天堂のカンファレンスについて。(2009/6/17)

「Xbox 360 E309 Media Briefing」:
コントローラいらずのXbox 360――Xbox 360プレスカンファレンスで「MGS」シリーズ最新作発表
「MGS」シリーズ最新作がXbox 360で登場することが明かされたほか、期待の新作を多数紹介。大物ゲストも登場し、全身モーションコントローラともいうべき新たなインタフェースを提案した。(2009/6/2)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。