ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

  • 関連の記事

「Altiris」最新記事一覧

各ツールの特徴、サポート対象、ライセンスを整理
「パッチ管理」ツールの主要8製品を一挙紹介、買って満足できるのはどれ?
パッチ管理市場には多様なベンダーが参入し、適切なツールを選ぶのは簡単ではない。自社に最適なパッチ管理ツールを選択する上で、参考になる情報をまとめた。(2017/8/22)

リオ五輪、セキュリティの舞台裏(1):
リオ五輪のサイバーセキュリティ、対策はどう行われたのか
2016年8月に開催されたリオデジャネイロオリンピック。205カ国のアスリート1万1303人が参加、チケットは610万枚以上を販売したという。この全世界的スポーツイベントにおけるサイバーセキュリティ対策についての、現地担当者たちの講演の前編をお届けする。(2017/2/15)

代替え手段の提供も必要
BYOD時代のデータ管理方法
私物端末の業務利用(BYOD)とITのコンシューマライゼーションは、ユーザーの働き方を変えている。それが事業運営にもたらす影響を甘く見てはならない。(2013/12/9)

アプリケーション仮想化Q&A【後編】
アプリケーション仮想化の2大製品、ThinAppとXenAppの違いとは?
アプリケーション仮想化を代表する2製品の違いを解説する。また、アプリケーション仮想化の導入で考えられるネットワーク上の課題、不適合なアプリケーションとは。(2013/1/10)

ホワイトペーパー:
IT資産管理の主要4製品をコストと機能で徹底比較!
米国のアナリストが、Dell、LANDesk、Microsoft、Symantecといった主要ベンダー4社が提供するIT資産管理ソリューションを、コストと機能で比較。主要7領域45種類にわたる詳細な比較表、導入規模別の価格概算も付いている。(2012/7/12)

ニッチな市場がターゲット?
サーバ仮想化の専門家4人が語る、クライアント版Hyper-Vの価値
Hyper-VはWindows 8にも搭載される。米TechTargetのサーバ仮想化アドバイザリーボードのメンバー4人が、このHyper-Vのメリット/デメリット、使い方の可能性について考察する。(2011/11/8)

SCVMM 2012新機能 〜ストレージ管理&ネットワーク管理
Microsoft、SCVMM 2012でVMwareのvCloud Directorに挑戦(後編)
Microsoftがプライベートクラウド市場への参入を狙い、2011年下半期にリリースする仮想データセンター管理ツール「SCVMM 2012」。後編では、ストレージ管理とネットワーク管理の分野における新機能について紹介する。(2011/1/12)

仮想環境のプーリングと自動化が鍵
プライベートクラウド向けインフラを検討する
プライベートクラウドを検討する企業が注意すべきポイントと、インフラのビルディングブロックとなる主な製品を紹介する。(2010/11/4)

DLP製品紹介【第3回】シマンテック編
独自戦略で包括的なセキュリティ対策に対応する「Symantec Data Loss Prevention」
シマンテックのDLPは、情報主導型の包括的な保護に加え、ユーザーが必要とする機能から導入し段階的に機能拡張ができる柔軟性を持ち合わせている。ほかのスイート製品と組み合わせた統合的な運用管理も可能だ。(2010/6/10)

NEWS
シマンテックが日本語対応したDLPの新製品、他社製ERMとの連携も可能に
シマンテックはDLP(情報漏えい防止)ソリューションの新製品を発表した。操作画面が日本語対応したほか、マイクロソフトやオラクル製ERMと連携が可能になる。(2010/2/10)

プロビジョニング自動化とツール統合が鍵
仮想インフラ管理の新アプローチ──目指すは複雑さの解消
サーバ仮想化の導入によりサーバ統合を果たす一方で、ITインフラ管理の複雑化という新たな課題に直面する企業も多いという。具体的に何が問題となっており、どのような解決策が存在するのだろうか?(2009/6/2)

顧客ニーズ主導型の組織に:
Symantec、企業向けセキュリティ部門を統合
米Symantecは、情報セキュリティにおける脅威や顧客ニーズの変化を受けて、セキュリティ製品部門を1つに統合する組織変更を進めている。(2009/5/15)

全機種が「仮想化対応」:
デルが新世代サーバ投入、「オープン」「シンプル」を強化
(2009/4/2)

製品トレンド:
デル、インテル次世代Xeonプロセッサ搭載サーバ、ワークステーションを発表
デルは、厳しい経済環境下で企業の効率化を推し進める、14種類の製品群とサービスを発表した。(2009/4/1)

競争力向上のためのIT管理:
シマンテック、統合型エンドポイント管理ソリューションを発表
シマンテックは26日、クライアントPCやサーバといった企業のシステムネットワークのエンドポイントを管理する製品を発表した。(2009/3/27)

Dell、企業のコスト削減を支援するデータセンター製品群を発表
次世代Xeon搭載サーバとワークステーション、SSD対応ストレージアレイほか14の製品を発表した。(2009/3/26)

ルノーF1チームのITインフラ効率化もバックアップ:
シマンテック、「いまあるハードウェアで十分に省電力化できる」
(2009/2/25)

クライアントPC管理 最前線リポート【前編】
PC管理コスト削減の切り札となるか「アプリケーション仮想化」と「vPro」
企業が費やすITコストの約8割は、既存ITリソースの運用・保守費用が占める。その中でも、特にクライアントPC管理のコストは年々増しているという。しかし近年、この削減を可能にする新しい技術が登場してきた。(2009/2/19)

Symantec Vision 2008:
情報管理の見直しでコスト削減を――シマンテック
シマンテックが年次イベントを開催し、基調講演では企業内に散在する情報資産の保護とコスト削減につながるという同社の取り組みを紹介した。(2008/11/21)

古いソフト資産もオンデマンド配信に、シマンテックがシステム製品を投入
シマンテックは、ソフト資産をネットワーク経由でストリーミング配信するための新製品を発表した。企業内での利用からSaaSビジネスとしての展開まで幅広く対応し、ソフト管理の手間を削減する。(2008/11/10)

シマンテック、バップアップソフトの新版で仮想環境対応を強化:
物理サーバと同様に仮想サーバもバックアップ
(2008/10/7)

3社の仮想化プラットフォーム対応製品をデモ:
シマンテックが仮想化ラボ開設、包括的な取り組み示す
(2008/7/28)

NEWS
シマンテックが仮想化環境の検証・体験施設、VMware対応製品を紹介
VMwareの仮想化環境にシマンテックのシステム管理製品を導入したソリューションを検証し、顧客やパートナー企業に紹介する。将来的には、XenやHyper-V環境も視野に入れる。(2008/7/28)

資産やセキュリティの管理を強化:
シマンテック、エンドポイント管理のAltirisソリューションを発表
シマンテックは昨年買収したAltirisによるエンドポイントの構成管理データベース製品などを発表した。(2008/5/21)

Symantecが地球環境に貢献できること
データセンターが直面するエネルギー危機に対して、各企業が「グリーンIT」と呼ばれる環境活動を進める中、米Symantecは自社の取り組みを説明した。(2007/12/4)

高性能でデータは残さない、デュアルコアCPUのモバイルシンクライアント
ミントウェーブは、Intel CoreDuoプロセッサを搭載する高性能の軽量モバイルシンクライアント端末を発売する。(2007/4/19)

Step by Step
仮想化導入ガイドPart7 誇大宣伝に要注意【後編】――アプリケーションとストレージ
「サーバの仮想化」と「OSレベルの仮想化」について説明した前回に続き、今回は物理リソースを抽象化する2つのアプローチを取り上げ、有効な利用方法を紹介する。(2007/4/5)

Citrix、「Tarpon」技術をリリースへ
Citrixは2月12日、同社のアプリケーションストリーミング/仮想化技術における最新の成果となる「Tarpon」を披露した。(2007/2/15)

Symantec、IT管理ソフトウェアのAltirisを買収
Symantecが約8億3000万ドルでAltirisを買収する。(2007/1/30)

HP、シンクライアント2機種を発表
HPが、新しいシンクライアントを発売する。また、CCIブレードPCの国際展開やパートナー企業ソフトへの対応拡大も発表した。(2007/1/27)

Column
アプリケーション仮想化の2つの方法――アプリケーションストリーミング vs. シンクライアント
マイクロソフトのSoftGridをはじめとする「アプリケーションストリーミング」と、同じくマイクロソフトのターミナル サービスなどの「シンクライアント」。2つのアプリケーション仮想化のメリット・デメリットを見ていく。(2006/10/4)

Officeをサブスクリプションベースにも、Softricityは格好の買収相手
Microsoftは「SoftGrid」を有するSoftricityを買収したが、独自の仮想化技術を有する同社について、今後の計画を明らかにしていない。しかし、同社の買収は重要な意義があり、魅力的な可能性を開くだろう。(2006/6/26)

Intel、PCに仮想アプライアンス機能導入へ
Intelは、企業向けデスクトップPCの新ブランド「vPro」でPCに仮想アプライアンスを追加するための標準的手法の確立を目指した取り組みを検討している。(2006/5/16)

PCにハッカートラップを仕掛けるIntel
Intelは仮想化技術を駆使してPC内にセキュリティチェックポイントを設置する計画だ。このチェックポイントはマシンに入ってくるトラフィックを監視して、怪しい動きを阻止する。(2006/5/1)

IDFで披露、サーバを越えて広がる新たな「仮想化」
Intel Developer Forumでは、IntelやAMDをはじめ、Microsoft、VMware、Altirisなどが仮想化プロダクトを披露した。最近目立つのは、サーバ以外への適用だ。Intelは、Montecitoからインターコネクトへ。(2006/3/9)

デル、Altirisと協力して、総合的なクライアント管理を実現するITライフサイクル統合管理ソリーションを提供開始
デルはAltirisと協力して同社のクライアント製品に最適化したクライアント管理ソリューション「Altiris Client Management Suite」を提供開始する。(2005/11/28)

機能を拡張したNACは「コンプライアンスの観点からも重要」とCisco
シスコシステムズは先月、「Cisco Network Admission Control(NAC)」の機能拡張を行った。システムの保護という意味だけでなくコンプライアンスの観点からもNACは重要な役割を果たすという。(2005/11/11)

PR:コンバーチブル型を採用した企業ユースのメインストリームモデル──日本HP 「HP Compaq tc4200 Tablet PC」
日本HPから、同社初となるコンバーチブル型のタブレットPC「HP Compaq tc4200 Tablet PC」が登場する。利用シーンに合わせてスタイルを変更できるトランスフォーム型で脚光を浴びた同社製タブレットPCだが、新モデルはイメージを一新し、企業ユースの本流を狙う意欲的な製品に仕上がっている。(2005/10/24)

9万円台で指紋センサー標準搭載──オフィスユーザー向けの“標準”ノート「nx6125」
9万円台から揃う指紋センサー標準搭載モデル──セキュリティ性能が昨今とくに強く望まれるオフィス向けモデルにあって、セキュリティ性能とその利便性、そして導入において最重要項目であろう価格面のメリットを満たすというビジネスコンシューマ向けノートPC、日本HP「nx6125」を試してみた。(2005/8/29)

デル、大量のサーバを導入する環境向けにAltirisベースの管理ツールを提供
デルは、大量のサーバを導入するデータセンターなどを対象に、PowerEdgeシリーズに最適化されたサーバ管理ツール、2製品の提供を開始した。(2005/6/22)

日本HP、セキュリティと信頼性を強化したノートPC、2機種を投入
日本ヒューレット・パッカードは、セキュリティと耐久性を強化した企業向けノートPC、2機種を発表した。(2005/4/4)

日本HP、企業ニーズを満たすビジネス向けノート「HP Compaq nc」新シリーズ
日本HPは、セキュリティ機能や信頼性といったビジネス向けクライアントPCへ求められる昨今のニーズを存分に取り込んだ「HP Compaq nc」シリーズの新モデル2機種を4月下旬より発売する。(2005/4/4)

ネットジャパン、クライアントPC統合管理ツールを販売開始
ネットジャパンは、クライアントPC環境の統合管理ツール「Altiris 6」を発表した。(2004/9/17)

XP SP2、企業ユーザー向けの自動配布も開始へ
Windows XP Home Editionに続き、Professional Editionでも延期されていたSP2の自動配布が開始される。ユーザーは企業顧客の要望に応えて配布を延期したMSの対応を評価しているが、「重要なパッチを自動配布すべきではない」とも。(IDG)(2004/8/24)

E3ネットワークス、IT統合管理製品「Altiris 6」を国内販売
E3ネットワークスは、米Altirisが開発する資産/クライアント/サーバ管理製品「Altiris 6」の国内販売を開始する。(2004/6/18)

WindowsとLinux、両対応のシンクライアント発売
シンクライアント大手のNeoware Systemsは、WindowsとLinuxに対応する安価なシンクライアントを発売。シンクライアントは理解不足などが原因でまだ浸透していないが、企業の間では採用が進みつつある。(IDG)(2004/4/8)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。