ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

「Amazon SimpleDB」最新記事一覧

作業は簡単だけど……
AWSのサービスは本当に「シンプル」なのだろうか
米Amazonの「Amazon Web Services(AWS)」には「使い勝手のよさ」と「スピード」という2つのメリットがある。この2つの要素はクラウドの開発と管理を容易にするポイントだ。(2015/11/2)

安心・安全な「DBaaS」の選定ポイントを伝授
“危険なクラウドデータベースサービス”の見分け方3箇条
クラウドデータベースサービス「Database as a Service」(DBaaS)の導入は比較的簡単だ。ただし、セキュリティに関する問題を避けて通ることはできない。(2015/9/25)

AWSの2大NoSQLデータベースサービス
「Amazon DynamoDB」と「Amazon SimpleDB」――あなたの会社には向いているのはどちら?
「Amazon DynamoDB」と「Amazon SimpleDB」は、アプリケーション開発の柔軟性向上とアプリケーション開発時間の短縮を実現する。これらのメリットを最大限に引き出すには、自社のニーズに合ったデータベース環境を選択する必要がある。(2014/8/27)

導入事例:
アプリ基盤をAWSからWindows Azureへ移行 マインドパレット
マインドパレットは、写真共有アプリ「Snapeee」のプラットフォームをAWSからWindows Azureへ移行した。(2013/9/27)

Database Watch(2013年1月版):
Redshiftがもたらすデータ分析環境の新時代/私的2012年の業界まとめ
2012年末に発表されたAmazon Redshift。ついにデータウェアハウスも格安のWebサービスの1つとして選択できるようになった。今月はRedshiftをウォッチ!(2013/1/24)

オープンソースの「Janitor Monkey」:
使っていないAWSリソースを自動削除、Netflixがツール公開
米Netflixは、Amazon Web Services(AWS)で使わなくなったクラウドリソースを自動的に検出して削除できるツール「Janitor Monkey」をオープンソースとして公開した。(2013/1/7)

PHP開発で使える2大クラウドを徹底検証(3):
AWSとAzure、性能と運用機能を比較する
クラウド上でのJavaやRuby、.NETを利用した開発についての記事は増えてきていますが、クラウド上でのPHP利用に関する記事は、現時点では意外と少ないです。本連載では、PHP開発で利用することを前提に、Amazon Web Services(以下、AWS)とWindows Azureの2大クラウドを比較します。PHPのエンジニア以外でも参考になる内容になっていると思いますので、ぜひお読みください(2012/4/11)

スマートフォンとクラウドをつなぐ技術カタログ(3):
クラウドストレージ「Amazon S3」とiPhone/iPadを直結するSDKとは
(2012/3/9)

PHP開発で使える2大クラウドを徹底検証(2):
AWS×Azure PHP導入と開発環境の対決
クラウド上でのJavaやRuby、.NETを利用した開発についての記事は増えてきていますが、クラウド上でのPHP利用に関する記事は、現時点では意外と少ないです。本連載では、PHP開発で利用することを前提に、Amazon Web Services(以下、AWS)とWindows Azureの2大クラウドを比較します。PHPのエンジニア以外でも参考になる内容になっていると思いますので、ぜひお読みください(2012/3/7)

SimpleDBと比較して容量とパフォーマンスを大幅増強
Amazonのクラウドデータベース「DynamoDB」はSQL Azureの脅威になるか?
Amazon Web Servicesが立ち上げたNoSQL型クラウドデータベースサービス「DynamoDB」。ビッグデータ対応要求にも応えるというが、Microsoftの「SQL Azure」と競合するのか?(2012/2/21)

PHP開発で使える2大クラウドを徹底検証(1):
AWSとAzure、まずはプロフィールを比較する
クラウド上でのJavaやRuby、.NETを利用した開発についての記事は増えてきていますが、クラウド上でのPHP利用に関する記事は、現時点では意外と少ないです。本連載では、PHP開発で利用することを前提に、Amazon Web Services(以下、AWS)とWindows Azureの2大クラウドを比較します。PHPのエンジニア以外でも参考になる内容になっていると思いますので、ぜひお読みください(2012/2/6)

スマートフォンとクラウドをつなぐ技術カタログ(2):
クラウド「AWS」とAndroidを直結するSDKで何ができるのか?
(2012/2/3)

Amazon、EC2での無料枠にWindows Serverを追加
AmazonのIaaS、EC2で、MicrosoftのWindows Server 2008 R2を1カ月当たり750時間、無料で利用できるようになった。(2012/1/17)

Amazon、7つ目のデータセンターを米オレゴン州に開設
Amazon.com子会社のAWSが、北米で4つ目になるデータセンターをオレゴン州に開設した。日本からも利用できる。(2011/11/10)

クラウドHot Topics(5):
Amazon CTOが語るPaaS、そして企業ITの新たなスタイル
今世紀最大のIT潮流といっても過言ではないと思われる「クラウド」「クラウドコンピューティング」「クラウドサービス」。本連載では、最新の展開を含めて、クラウドをさまざまな側面から分析する。(2011/8/9)

ユカイ、ツーカイ、カイハツ環境!(23):
AWSの自由自在なPaaS「Elastic Beanstalk」とは
(2011/6/15)

RDB開発者におくるNoSQLの常識(3):
RDBの機能をNoSQLで実現する(1)
NoSQLデータベースはRDBMSに比べて並列処理で性能を上げていけるという特長がある反面、単純なデータ構造しか扱えないとか、データの並べ替えなどが難しいという難点があります。今回からは、NoSQLを使いながらも、RDBMSが備える機能を部分的に実現する方法を解説していきます。(編集部)(2011/4/25)

オルタナティブ・ブロガーの視点:
Amazon EC2、1年間限定でフリーミアムサービスを開始。日本でも利用可能
Amazonが発表した11月1日から無料Webサービスを開始するというニュースについて、オルタナティブ・ブロガーの斉藤徹氏が、内容や限定機能などをいち早く紹介します。(2010/10/22)

Amazon、クラウドの更新告知サービス「Amazon SNS」を発表
Amazonのクラウドサービスに、Webアプリの更新情報などをユーザーに手軽に告知できるオンラインサービスが加わった。(2010/4/8)

ユカイ、ツーカイ、カイハツ環境!(12):
AWS ToolkitでTomcatクラスタをAmazon EC2上に楽々構築
(2010/2/17)

Amazon、クラウドコンピューティングサービスをアジア太平洋地域に拡大
2010年上半期にシンガポールに、下半期にはアジア内の別のエリアにデータセンターを設置する。(2009/11/13)

Amazon、MySQL 5.1のクラウドDBサービス「Amazon RDS」をβ公開
Amazon RDSは、クラウド上のMySQL 5.1でリレーショナルデータベースを構築できるサービス。従来のSimpleDBと併用できる。(2009/10/28)

クラウド時代のデータべース新潮流:
変化するデータベース
人によって定義が異なるなど不確かな要素も多いクラウドコンピューティングだが、今後のITシステムの主流になると考える人が多いのも事実だ。その鍵を握るのがデータベースである。(2009/10/5)

最新関連用語からその意味に迫る
あらためて、クラウドコンピューティングとは
クラウドコンピューティングの定義は1つではないが、その意味を理解する手助けになる幾つかの関連用語について解説する。(2009/9/15)

分散Key-Valueストアの本命「Bigtable」(1):
もう1つの、DBのかたち、分散Key-Valueストアとは
RDBとは別の、クラウド時代のデータベースとして注目を浴びている「分散Key-Valueストア」。その本命ともいえる、Googleの数々のサービスの基盤技術「Bigtable」について徹底解説(2009/7/2)

丸山先生レクチャーシリーズ第3回リポート:
クラウドのデータサービスを掘り下げる
分散データベースの重要性を説いてきた本年度の「丸山先生レクチャーシリーズ」。第3回のレクチャーでは、「クラウド上のデータサービス」がテーマに据えられ、BigTable、SimpleDB、Azure SDSなどのクラウド向けデータサービスについて解説が行われた。(2009/1/26)

丸山先生レクチャーシリーズ 第2回リポート:
“Windows Azure”はこう読み解け
先月開催された「丸山先生レクチャーシリーズ2008-2009」第2回では、エンタープライズITでクラウドをどう活用していくか、という課題についてさまざまな切り口からの講演が行なわれた。ここでは、丸山氏の講演内容を簡単にまとめた。(2009/1/6)

AmazonやMSの事例公開が鍵:
2009年も加速するクラウドデータベース
クラウドコンピューティング戦線では、2009年もデータベースベンダー各社の大きな動きが続くとアナリストは予測する。Amazon.comやMicrosoftの照会サービスの利用事例が広く公開されるようになれば、クラウドはデータベースベンダーのメジャーな関心事になるという。(2008/12/15)

Amazon、「Amazon SimpleDB」のβ版を公開
Webデータベースの「Amazon SimpleDB」が約1年間の限定βの後、データ保存料金を値下げして公開された。(2008/12/3)

[Analysis]:
転回点を迎えたAmazonのクラウド
(2008/11/4)

雲の向こうは天国か地獄か:
クラウドに賭けることができるか?
クラウドが勢いを増している。インターネットという雲にあらゆるものを置いてしまうというモデルは、特にシステム投資力の弱い中小企業にうってつけだ。ただ大企業が本格導入するには「サービス停止」というリスクの評価が必要になる。(2008/10/7)

クラウド向けデータベースの選択肢
クラウドコンピューティングはリレーショナルデータベース管理システム(RDBMS)モデルを崩壊寸前に追い込んでいる――クラウドコンピューティング専門家のガイアー・マグナッソン氏はこう指摘する。(2008/9/22)

年内に開始予定:
米アマゾン、S3と組み合わせて使えるCDNサービス提供へ
(2008/9/19)

40年前のDB登場時と同様に:
クラウドデータベースには段階的なアプローチで臨むべき
Forrester Researchの最近の報告書によると、MicrosoftやAmazon.comなどのベンダーがデータベースをクラウド内に押し込むのに伴い、企業は「サービスとしてのデータベース」をDBMS(データベース管理システム)戦略の一部として検討すべきであるという。(2008/8/18)

GoogleがAmazon Web Servicesに対抗
アナリストやソフトウェア専門家らはGoogle App EngineとAmazon Web Servicesを比較しているが、ユーザーは両社のサポートに疑問を感じているようだ。(2008/4/14)

Googleのインフラでアプリを動かせる「Google App Engine」
Google App Engineでは、自作のアプリケーションをGoogleのインフラで動かすことができ、自動的なスケーリングや負荷分散などが利用できる。(2008/4/8)

Amazon、Webデータベース「SimpleDB」を限定β公開
従量料金制で初期投資が不要なWebデータベースサービス「SimpleDB」は、スキーマの設計なしにデータを自動的にインデックス化して管理できる。(2007/12/18)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。