ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

  • 関連の記事

「Amazon Zocalo」最新記事一覧

関連キーワード

セキュリティに注力:
AWSのメールサービス、注目はディレクトリ連携
米AWSは2015年1月28日、メールおよびカレンダーのサービス、「Amazon WorkMail」のプレビュー版を提供開始したと発表した。同サービスでは「AWS Directory Service」との連携が注目される。AWSは、ユーザー組織が、セキュリティのために同社サービスを採用する世界を目指している可能性が高い。(2015/2/2)

Amazon、Microsoft Exchange対抗の企業向けメールサービス「WorkMail」発表
Amazonが、Microsoft ExchangeやGoogle AppsのGmailのような企業向けメールサービス「Amazon WorkMail」を発表した。料金は1ユーザー当たり月額4ドル。ファイル共有/コラボレーションサービス「Amazon WorkDocs(旧Zocalo)」と併用の場合は月額6ドルになる。(2015/1/29)

AWS Tips:
複数のアベイラビリティゾーンを利用し、EC2を冗長化する
アベイラビリティゾーン(AZ)と呼ばれる複数のデータセンターを利用することで、冗長構成を簡単に組むことができます。(2014/10/27)

AWS Tips:
Amazon VPCを利用し、システムを冗長化する
Amazon VPCを利用することで、Amazon Web Services(AWS)上に仮想プライベートネットワークを構築する事ができます。VPC上に社内システムなどを構築し、既存の拠点とAWSを利用した冗長化構成を組むことが可能です。(2014/10/27)

Computer Weekly:
AmazonがMicrosoft化している5つの兆候
Microsoftはかつて、独占企業として競合企業の敵意を集めていた。今、かつてのMicrosoftのように市場を独占して警戒される存在になりつつあるのがAmazonだ。(2014/9/17)

「Amazon Zocalo」は暗号化キーに課題か
Amazonの新ファイル共有サービスが「Dropbox」にどうしても勝てない理由
米Amazon Web Servicesは企業向けのファイル同期/共有の市場に参入すること表明している。だが、セキュリティと暗号化に関する懸念により、その地位を確立できない可能性がある。(2014/8/13)

Amazon、クラウド型ファイル共有コラボサービス「Zocalo」でBoxやDropboxに対抗
先月企業向け仮想デスクトップ「WorkSpace」を発表したAWSが、1ユーザー当たり月額5ドルのクラウド型ファイル共有/コラボレーションサービス「Amazon Zocalo」を発表した。(2014/7/11)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。