ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「救急」最新記事一覧

犯人は名乗り出て! カオス漫画「もし全人類IQ1の世界で殺人事件が起こったら」がツッコミどころしかない
1コマごとに突っ込みたくなる。(2018/2/19)

クレーンゲーム機に閉じ込められた少年を消防隊員が救出 フロリダ州で
ぬいぐるみが欲しかった少年の救出に当たったのは非番の消防隊員。(2018/2/16)

男女を犯行に駆り立てたものは:
押し入れに4年、日常的な暴力 滋賀・堺監禁事件の異様さ
住宅街の一角で続いていた凄惨な犯行。犯人たちを駆り立てたものは何だったのか。(2018/2/16)

組み込み採用事例:
コニカミノルタの無線対応X線撮影装置がTRONベースリアルタイムOSを採用
イーソルは、同社のリアルタイムOS「eT-Kernel MCE(Multi-Core Edition)」をコアとするソフトウェアプラットフォームが、コニカミノルタのカセッテ型デジタルX線撮影装置「AeroDR fine」に採用されたと発表した。(2018/2/9)

われわれの向かう未来
AI(人工知能)の意思決定はブラックボックス、それでも機械を信じる?
数ある人工知能(AI)の中でも、機械学習は特に進化の可能性が大きい。われわれは、どこまで機械を信頼できるか、試されることになる。(2018/2/8)

ヤフー、ビッグデータを企業・自治体と相互活用 新たな事業の柱に
実証実験に参加する企業や自治体の募集を始めており、2019年度からの事業化を目指す。(2018/2/7)

ヤフーが企業間ビッグデータ連携の実証実験を本格化 19年度の事業化を目指す
ヤフーがビッグデータやAI技術を活用する新規事業構想「DATA FOREST」(データフォレスト)を発表。既に十数社と実証実験を始めており、19年度の事業化を目指す。(2018/2/6)

常磐線で昼下がりに:
JR車内で女児出産 「本人」など続々ツイートの異例の展開に
電車内で突然女性が破水し、出産──千葉県内を走るJR常磐線の車内で起こった突然の出来事。(2018/2/2)

JR車内で女児出産も異例なら「本人」はじめ続々ツイートの異例の展開に
電車内で突然女性が破水し、出産――JRの車内で起こった突然の出来事。出産した女性を名乗るTwitterアカウントから居合わせた乗客らに感謝の投稿がなされるなど、異例の出来事は大きな反響を呼んでいる。(2018/2/1)

「加熱式タバコ」を乳幼児が誤飲 国民生活センターが注意喚起
子どもの手が届かないところに置きましょう。(2018/1/26)

第4回 ウェアラブルEXPO:
テクノロジーで「命」守りたい “医療用ウェアラブル”続々登場
東京ビッグサイトで開催中の展示会「第4回 ウェアラブルEXPO」では、医師・消防士のサポートや、深刻な容体にある患者の救命が目的のものが多数出展されていた。健康管理や業務サポートが主流だったウェアラブル市場で、「医療用」がトレンドになりつつあるようだ。(2018/1/19)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
JR信越線で「15時間立ち往生」は、誰も悪くない
1月11日夜から12日朝までに発生したJR信越線の雪害立ち往生事件について、情報と所感を整理してみた。体調を崩した方は気の毒だったけれども、何よりも死者がなく、最悪の事態に至らなくて良かった。本件は豪雪災害である。人災ではない。今後に生かそう。(2018/1/19)

CES 2018:
トヨタは“モビリティサービスメーカー”を目指す
トヨタ自動車は「CES 2018」の基調講演で自動運転のコンセプトカー「e-Palette」を発表した。登壇した社長の豊田章男氏は、トヨタは自動車メーカーから“モビリティサービスを提供するメーカー”へと変わることを示唆した。(2018/1/10)

市民の声「救急隊が自販機の飲み物をゴクゴク。これってアリ?」がネット上で物議 大阪市「今回はアリな状況」
似た事例では「消防車はうどん屋に立ち寄っていいのか」と賛否両論になったことも。(2018/1/9)

青木ケ原樹海の自殺遺体動画を投稿した米人気YouTuber、謝罪動画を公開
1500万人のフォロワーを持つYouTuberが自殺の名所で遺体を撮影し、大炎上した。(2018/1/4)

【マンガ】消防車はわりと低価格で購入できるし、公道も走れる
実は個人でも乗れる。(2018/1/4)

餅は食べやすい大きさにしてよくかんで―― 消費者庁、年末年始に起きがちな事故について注意喚起
お年寄りが餅を食べるときは、周囲の人がしっかり注意して見守りましょう。(2017/12/29)

医療機器ニュース:
心疾患患者の再入院リスクをAIで高精度に予測、医療費削減に
日立製作所は、AI(人工知能)技術を用いて、心疾患の入院患者が退院後30日以内に再入院するリスクを高精度に予測することに成功した。AIが再入院リスクの根拠を提示するとともに、患者の再入院リスクを高精度に予測できることを確認した。(2017/12/26)

Windows 10の標準機能で検知、運用:
ラック、Windows Defender ATPを活用した「マネージドEDRサービス」開始を発表
ラックは2017年12月14日、企業内のPCを遠隔監視し、サイバー攻撃の被害に対して遠隔からインシデント対応を行う「マネージドEDRサービス for Windows Defender ATP」を2018年1月から開始することを発表した。Microsoftの「Windows Defender ATP」を利用している。(2017/12/19)

「もしも」に備えて覚えておきたい iPhone「緊急SOS」の使い方
目の前がくらくらする、手元を見る余裕がない、などなど、110番や119番に連絡したいときにはダイヤルするのもままならないことがあります。そんなときのために、iOS11から「緊急SOS」という機能が追加されました。(2017/12/16)

AIで心疾患患者の再入院リスクを予測 従来比2倍以上の再入院を防止――日立の新AI技術
日立製作所が、心疾患の入院患者が退院後30日以内に再入院するリスクを予測するAI技術を開発。リスク根拠の説明も提示するため、医師が退院患者向けケアプログラムの検討に活用できる。(2017/12/13)

英YouTuberが電子レンジに石膏を流し込み頭にかぶる → 取れなくなって救急要請 →「なぜ頭を電子レンジで固めたのか」と炎上
「他の助けを必要としている人を救助できなくなる」と指摘されています。(2017/12/9)

欧州では議論進む:
地域医療の「脱中央集権化」
広域自治体に医療政策の権限を移譲したスウェーデンなど、欧州では「脱中央集権化」が進む。もちろん海外の事例をダイレクトに輸入してもうまくいくとは思えないが、地域医療構想の推進に役立つ側面はある。(2017/12/7)

なぜ日本では「電線の地中化」が進んでいないのか?
いろいろ理由がある。(2017/11/26)

純愛か、異常か:
パジャマ姿の交際女性遺体と5日間夜を明かした男の胸中
生死を超えた純愛か、それとも異常な性愛なのか。大阪府枚方市の民家で11月、なんとも奇妙な事件があった。(2017/11/24)

iOS11の新機能「緊急SOS」で命拾いしたiPhoneユーザーが話題に 「その機能知らなかった」「自分も設定する」
サイドボタンの操作で、緊急通報などを行う新機能。(2017/11/15)

70年代ロボアニメが集結した「ミラクルロボットフォース」 渡辺宙明×堀江美都子のテーマソングがリリースへ
またすごいおっさんホイホイ出てきた!(2017/11/10)

車載情報機器:
安全運転ならトヨタ車で保険料を割引、2018年夏発売の新型「クラウン」から広がる
トヨタ自動車とあいおいニッセイ同和損害保険は、毎月の安全運転の度合いを反映して、保険料のうち運転分保険料の最大80%を割り引くテレマティクス自動車保険を開発した。(2017/11/10)

海外医療技術トレンド(29):
「WannaCry」に襲われた英国の地域医療連携システム、そこから何を学べるのか
2017年10月に発生したランサムウェア「WannaCry」によるサイバー攻撃。被害事例として真っ先に挙げられたのが英国の医療機関だ。病院単体にとどまらず、地域医療連携システムにも影響が出た。そのとき、どのように対処し、今後のどのような対策を取ろうとしているのだろうか。(2017/11/2)

トラックを盗みけが人約30人を運んだ元海兵隊員に称賛が集まる ラスベガス銃乱射事件で
なかなかできることではない。(2017/10/12)

Gartner Insights Pickup(34):
デジタルビジネスの成功を支える「イベント指向IT」とは
デジタルビジネスの進展で、データ中心主義だけでは不足するようになっていくだろう。ITはイベント(事象)への指向性を高めることが要求されるようになる。アプリケーションリーダーは、“イベント思考”を戦略の技術的、組織的、文化的な基盤に据えなければならない。(2017/10/6)

「花火だ、花火だよ」:
ラスベガス乱射、「恐怖の2時間」に何が起きたか
ラスベガスで乱射が始まったとき、一部の人たちは殺りくが行われていることを信じようとしなかった。(2017/10/4)

製造マネジメントニュース:
日産の国内21モデル6万台の在庫が販売停止、全工場で完成検査が正規に実施されず
日産自動車は、軽自動車を除いた国内向けの車両について日産販売会社が持つ在庫の販売を一時停止すると発表した。販売停止となったのは、ほぼ全車種となる21モデル6万台。(2017/10/2)

サカイ引越センター、従業員の暴力行為を謝罪
従業員が酔って他の従業員に暴行したことが報じられていました。(2017/9/29)

Apple Watch 3実機を使ってわかった単体機能の充実とiPhone依存度
AP通信のテクノロジーライター、アニック・ジェスダナム氏によるApple Watch Series 3実機レビュー。(2017/9/21)

「iOS 11」配信開始 App Storeをリニューアル、iPad向け新機能が多数
iOS 11の配信がスタートした。iPhoneは5s以降の端末が対象。主なアップデート内容をまとめた。(2017/9/20)

ドラマ「コード・ブルー」、戸田&新垣&比嘉が笑顔の3ショット! ファンからは「終わってほしくない」の声
いい笑顔!(2017/9/18)

「俺より受刑者の方が絵がうまい」受刑者の緻密な漫画背景を販売する「漫画家本舗」 絵の指導者に話を聞いた
「絵心がある人が集まったわけではありません。彼らが描いている種類の絵は、丁寧に集中力を切らさなければ出来上がるものです」(2017/9/18)

真説・人工知能に関する12の誤解(6):
人工知能は暴走する、ただしそれは“人の手”によって
人間を超えた知能を得た人工知能が暴走し、人間が支配される――。第3次人工知能ブームの初期のころは、そんなSFのような話がよく聞かれましたが、最近では少なくなってきました。むしろ、人工知能で問題とすべきリスクは別のところにあります。(2017/9/7)

プロレスラー高山善廣、首から下が全く動かない「頚髄完全損傷」に 支援団体TAKAYAMANIA設立
頚髄完全損傷、回復の見込みなしと診断。(2017/9/4)

比嘉愛未&新木優子の笑顔の瞬間をパシャリ カメラマン成田凌にファン「いいアングルありがとう」
楽しそうな現場。(2017/8/21)

砂浜に埋められた“炭”で小2男子が両足をやけど 「二度と同じ事故が起きて欲しくない」と家族・旅館が注意喚起
砂浜に炭を埋めるのは絶対にやめてください。(2017/8/19)

運用システムの開発は必須
「ドローン宅配便」が普及する2025年までに起きる“常識外の出来事”とは
ドローン市場規模は、2016年に80億ドルに達した。オンデマンドサービス市場が拡大する今日、配送用ドローンの導入と実用化は、いよいよ現実的になってきている。(2017/8/17)

イノベーションは日本を救うのか 〜シリコンバレー最前線に見るヒント〜(17):
厚き量産の壁、リソースの不足で花が開かなかった技術
さまざまな技術がしのぎを削ってきたディスプレイ業界。初期は酷評されたLCD(液晶ディスプレイ)は、世界中の何千人というエンジニアが開発に関わり、不良をつぶしていったことで大きく花開いた。だがその陰で、十分なリソースをかけられず、量産化の壁を乗り越えられなかった技術も存在する。(2017/8/10)

自動運転技術:
トヨタが産学連携を加速、運転手の心筋梗塞や運転中のコミュニケーションなど研究
トヨタ自動車は、米国の研究拠点である先進安全技術研究センター(Collaborative Safety Research Center, CSRC)で開始した11件の研究プロジェクトを公表した。(2017/8/4)

ざわちん、「コード・ブルー」メインキャストを完コピ! 達人技にファン「鳥肌モノです」
クオリティーがとんでもない。(2017/7/26)

機密性とセキュリティも改善
臨床医も満足、看護師主導で開発されたモバイルアプリ
英国の医療機関では、看護師が開発を主導したモバイルアプリが成果を挙げている。病棟全体の状態を簡単に確認できるようになり、臨床医の診察にも活用されているという。(2017/7/25)

製造現場向け機器:
凍らせても使える現場向け堅牢PC、タブレットとしての使用も可能
パナソニックは頑丈フィールドモバイルとして展開する「TOUGHBOOK」シリーズの新製品としてデタッチャブルPCタイプのフラグシップモデルを発売する。製造現場や警察、消防領域などでの普及拡大を進め2017年度は前年度比20%増を目指す。(2017/7/6)

氷漬け&ハンマー叩きで堅牢性を実証 最大25時間駆動も可能な12型タフモバイル「TOUGHBOOK CF-33」
つよい(動画あり)(2017/7/5)

スマホから家の警戒・解除 セコムの新型ホームセキュリティ、スマートウォッチと連携も
セコムの新型ホームセキュリティは、スマートフォンから家の警戒状態の操作も可能。独自のスマートウォッチとの連携機能も備えた。(2017/7/5)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。