ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「救急」最新記事一覧

アリアナ・グランデさん、コンサート爆発事件から初のツイート 「打ちひしがれている」
マンチェスターのツアー会場で爆発事件。少なくとも19人の死亡が確認されています。(2017/5/23)

アリアナ・グランデさんのコンサート会場で爆発 19人の死亡が確認 ※追記あり
約50人の負傷者が出ていると警察が発表。(2017/5/23)

3200台のiPhoneで医療現場の負担は減るのか 慈恵医大の挑戦
ITを活用した働き方改革は、企業だけでなく、医療の現場にも変化をもたらしている。約3200台ものiPhoneを導入し、医療、そして病院内のIT活用を進める東京慈恵会医科大学の取り組みを取材した。(2017/5/12)

妊婦へスムーズな配車を提供する「陣痛タクシープロジェクト」始動 登録者には育児キットをプレゼント
いざというときに備え、父母ともにチェックを。(2017/5/11)

「痛い、痛い!」至福のはずの整体が地獄に 腰椎骨折で怒りの提訴
「痛い、痛い!」。整体院のベッドに横たわっていた女性は、あまりの痛苦に悲鳴を上げた。(2017/5/11)

米ワシントン州で8羽の子ガモが雨水溝に転落! 母ガモが見守る中、消防職員たちが大活躍
親子の愛の深さを感じました。(2017/5/9)

ニコニコ超会議2017:
元祖携帯「ショルダーホン」のペーパークラフトが熱い 自分のスマホをはめ込み昔の携帯を体験できる
ニコニコ超会議2017のNTTブースでもらえるよ。(2017/4/29)

甘くみちゃダメ! アレルギーで救急搬送された体験マンガに反響
アレルギーは命にかかわります。(2017/4/27)

将来は遠隔診療への取り組みも視野に
「待合環境を快適にするにはスマホが必須」とアイさくらクリニックが考える理由
混雑する待合室を少しでも快適に――そう考えて「iPhone」「iPad」などのモバイル端末活用を中心としたIT環境を構築したアイさくらクリニック。どのような観点でシステムを選んだのか院長に聞いた。(2017/4/18)

日本気象協会が防災グッズのセットを発表 入手すると3カ月後に消耗品の補充分が届く
食料などの備蓄を、一定期間で使い切って補充する「ローリングストック」法を気軽に実践できます。(2017/4/13)

月額2900円から:
見守りサービスも ホームセキュリティ契約急増
高齢者の見守りサービスや防犯センサーの数を減らして価格を抑えたものなど、ホームセキュリティのサービスが多様化してきた。家を留守にしがちな共働き世帯や高齢者世帯は今後も増えるとみられ、普及を後押ししそうだ。(2017/4/12)

ハチミツが原因とみられる乳児ボツリヌス症で男児死亡 各省庁が1歳未満の乳児にハチミツを与えないよう注意喚起
乳児ボツリヌス症の死亡例は全国で初めて。(2017/4/8)

内戦続くシリアのアレッポで猫や犬を助ける人に「ノーベル平和賞を」の声 170匹以上の動物たちを保護する
被害の激しいアレッポ市内での人命救助と共に、動物たちの救助・保護も行っています。(2017/4/8)

医療機器ニュース:
医療従事者が一人で着脱できる手術用ガウン
大阪大学は、医療従事者が一人で清潔・安全かつ速やかに着脱できる手術用ガウンを大衛およびトクセン工業と共同開発し、「セルフガウン」として実用化したと発表した。(2017/3/30)

ドローン:
空に安全な道を作れ、東電とゼンリンが目指す「ドローンハイウェイ構想」とは
東京電力ホールディングスとゼンリンは新たに、ドローンが安全に飛行できる“空の道”を作る「ドローンハイウェイ構想」を提唱し、実現に向けた業務提携を行うことを発表した。東電の電力インフラ網をドローンの飛行路とする構想だ。(2017/3/30)

セキュリティ投資は倍増へ
高度化するデータ侵害に“やられっ放し”の医療現場がやっと対策を本格化
2015年は大規模な医療データの侵害があった。2016年は破壊的なランサムウェア攻撃が目立った。そして2017年、医療現場のサイバーセキュリティは巻き返しを見せるかもしれない。(2017/3/16)

産総研 モバイル遺伝子検査機:
片手で持ち運べる小型遺伝子検査機、バッテリー駆動にも対応
産業技術総合研究所は、日本板硝子、ゴーフォトンと共同で「モバイル遺伝子検査機」を開発した。片手で持ち運べるほど小型軽量で、約1時間を要していた細菌やウイルスの検出が約10分で可能に。バッテリー駆動するので検査場所も問わない。(2017/3/14)

湯河原町が妊婦搬送用の「産急車」導入へ 産科医不足による妊婦への負担軽減のため
平成30年(2018年)度運用開始予定。(2017/3/3)

医療機器ニュース:
片手で持ち運べる小型遺伝子検査機を開発
産業技術総合研究所は、日本板硝子、ゴーフォトンと共同で「モバイル遺伝子検査機」を開発した。片手で持ち運べるほど小型軽量で、約1時間を要していた細菌やウイルスの検出が約10分で可能に。バッテリー駆動するので検査場所も問わない。(2017/2/22)

アスクルの倉庫火災、「鎮火まであと1〜2日」 LOHACOは受注再開
アスクルの倉庫火災は鎮火に「あと1〜2日かかりそう」という。LOHACOの受注は、一部商品で再開した。(2017/2/17)

倉庫の火災に見舞われたアスクル、注文受付を再開
他の物流センターから出荷する準備が整ったとして「ASUKURU」「LOHACO」の注文受付を再開。(2017/2/16)

「誤診」でまさかの“強制下船” 夢の台湾クルーズ暗転……旅行会社を怒りの提訴
当時2歳の長男と1歳の次男も連れて台湾3都市をめぐるツアーの大型クルーズ船に乗った女性。次男が突然熱を出し、船医が「髄膜炎の疑いあり」と診断したことから夢のような日々が一転し、結局船を下ろされることに。ツアーを主催した旅行会社の提訴に踏み切ったが、果たして……。(2017/2/13)

勢い増すユングフラウヨッホ:
スイス老舗観光スポットの集客が好調な理由
スイスは山岳観光が昔から盛んだ。中でもユングフラウヨッホは100年超の歴史があり、多くの人々が訪れる観光名所となっている。特に近年は国外からの訪問者数を勢いよく伸ばしている。その背景を現地で探った。(2017/2/11)

パイオニア 医療用電子聴診器「U10」シリーズ:
音響技術を生かした医療用電子聴診器、限定生産で
パイオニアは独自の音響技術を用いて聴覚性能を高めた医療用電子聴診器「U10」シリーズの生産・出荷を開始した。臨床現場での実用化検証に主眼を置き、限定生産とする計画だ。(2017/2/9)

幕張メッセでボヤ騒ぎ イベントスタッフに消火されケガ人は無し
配電盤が火元でした。(2017/2/3)

「節分の豆は3歳ごろまで食べないで」――窒息の恐れ、消費者庁が注意喚起
豆まきをする節分に合わせ、消費者庁が3歳ごろまでの子どもには乾いた豆を食べさせないように注意喚起。豆の破片が気管に入り窒息する恐れがあるという。(2017/2/3)

「マジで死にかけたんですけど」 突然壊れる“自爆自転車”の恐怖
自転車を運転中に突然壊れ、けがをする事例が続発している。欠陥自転車をどう見抜けばいいのか。(2017/1/27)

数カ月放置した車でも大丈夫:
eCall向けバックアップ電源を長寿命化する充電IC
Intersil(インターシル)は「第9回 国際カーエレクトロニクス技術展」(2017年1月18〜20日、東京ビッグサイト)で、「eCall」などの自動緊急通報システム向けに、充電IC「ISL78693」を発表した。自動緊急通報システムのバックアップ電源の充電状態をより長い期間、維持できるようになる。(2017/1/26)

医療機器ニュース:
音響技術を生かした医療用電子聴診器を出荷開始
パイオニアは、独自の音響技術を用いて聴覚性能を高めた医療用電子聴診器「U10」シリーズの生産・出荷を開始した。臨床現場での実用化検証に主眼を置き、限定生産とする計画だ。(2017/1/24)

IoTセキュリティが国家安全保障の議題になる
「Mirai」より凶悪な攻撃が起きる――IoTセキュリティが2017年に進むべき方向は
2016年は、マルウェア「Mirai」によりIoTセキュリティが悲惨な状態にあることが分かった。今後、IoTを使った攻撃が増える見通しだが、セキュリティ対策はどのようにすればいいのだろうか。(2017/1/20)

医療機器ニュース:
IoT/AIを活用した未来型医療の共同研究・実証を行う研究所を設立
佐賀大学とオプティムは、IoT/AIなどを活用した研究を行う「メディカル・イノベーション研究所」を設立した。医療現場の課題に対し、効率的で効果的な医療を実施する研究を行う。(2017/1/11)

ソフトバンク、コンパクトな衛星電話「501TH」1月16日に発売
ソフトバンクは、衛星携帯電話「501TH」を1月16日に発売する。IP55の防水・防塵(じん)とIK05の耐衝撃性能を備え、約9時間の連続通話時間を実現している。(2017/1/10)

トミカが史上初のテレビアニメ化! 小学生が警察・消防・救急の車型変形ロボを操縦して街の平和を守る
タイトルは「トミカハイパーレスキュー ドライブヘッド 機動救急警察」。4月から放送開始。(2017/1/9)

日本人はなぜ命がけで餅を食べるのか 高齢者の搬送高水準……緊急時の対処法は
高齢者がお餅をのどに詰まらせ、救急搬送されるニュースが後を絶たない。なぜ危険を冒してまで日本人は餅を食べるのだろうか。(2017/1/5)

「レイア姫」キャリー・フィッシャーさんの母デビー・レイノルズさん死去
娘のキャリー・フィッシャーさんが亡くなったばかりでした。(2016/12/29)

「レイア姫」キャリー・フィッシャーさん、死去 マーク・ハミル「言葉もない」ツイート
スター・ウォーズ最新作である「ローグ・ワン」では本人そっくりのCG映像で出演した「レイア姫」が亡くなった。(2016/12/28)

ポケットに入れたバッテリーが爆発する事故 激しく火花が散る様子が公開される
原因は鍵や小銭とのショート。金属と一緒に保管しないようにしましょう。(2016/12/23)

ウェアラブルニュース:
セコムの「マイドクターウォッチ」はウェアラブルヘルスケアの本命となるか
セコムは、自社開発のリストバンド型ウェアラブル端末を用いた健康管理と救急対応のサービス「セコム・マイドクターウォッチ」を発表。2017年1〜3月にかけてトライアルを実施した後、同年初夏からセコム・ホームセキュリティのオプションとして正式にサービスを開始する計画である。(2016/12/22)

医療機器ニュース:
高解像度カセッテ型デジタルX線撮影装置
コニカミノルタは、高解像度のカセッテ型デジタルX線撮影装置「AeroDR fine」を発表した。従来シリーズよりさらに低線量でのX線撮影が可能で、持ちやすさや堅牢性も向上している。(2016/12/22)

SEMICON Japan 2016レポート:
IoTへの投資を加速するADI、エコシステムを重視
Analog Devices(アナログ・デバイセズ)は、IoT(モノのインターネット)事業での取り組みを加速している。製品開発のみならず、画像センシング向けソフトウェアやセキュリティ技術を手掛けるメーカーと提携するなど、エコシステムの拡大にも積極的に着手している。(2016/12/19)

ブラジルサッカー選手搭乗の飛行機墜落 現場写真、コロンビアのメディアが報じる
一刻も早い生存者救出が望まれます。(2016/11/29)

世界を「数字」で回してみよう(36) 人身事故:
飛び込みにまつわる「6つのなぜ」に新たな仮説が続々?
今回は、「なぜ7月に飛び込みが多いのか」「なぜ火曜日に飛び込みが減るのか」など、私が仮説立案できなかった6つの疑問に対して、読者の皆さまが寄せてくださった仮説の中から、私のハートにヒットしたものを紹介したいと思います。後半では、小田急線の人身事故に巻き込まれた人々の実際のTwitterを分析してみました。(2016/11/24)

医療機器ニュース:
公共の場所におけるAEDの設置増加で、救命者数も増加
京都大学は、公共の場所でAEDの設置が増えたことに伴い、市民のAED使用とそれによる心停止からの救命者数が増加したことを明らかにした。これにより、AEDの普及が心臓突然死対策として有効であると示された。(2016/11/17)

半径300メートルのIT:
あなたの命を救うiPhoneの設定、知っていますか?
スマートフォンの中に、あなたの生死を分けることになるかもしれない設定があるのをご存じでしょうか。(2016/11/15)

脅威に対抗する“連合軍”活動を強化:
「プラットフォーム」「インテリジェンス」「パートナー」の3分野でセキュリティの取り組みを加速するマイクロソフト――ラックと協業でソリューション提供も開始
日本マイクロソフトが、エンタープライズセキュリティに関する記者説明会を開催。マイクロソフトのセキュリティに対する取り組みを説明した。また、ラックと協業し、セキュリティソリューションを提供することも発表した。(2016/11/2)

NEC、営業利益が153億円悪化 16年4〜9月期 円高の影響などで
NECが発表した2016年4〜9月期の連結決算は、営業利益が前年同期比で80.3%減の37億円となった。円高などの影響でテレコムキャリア事業の収益が大きく減少した。(2016/10/31)

全ての業界で実用化が進む
「数日でビル建設」、想像の“斜め上” を登り始めている3Dプリンタ活用事例
3Dプリンタが本格的なビジネスに進化している。「あらゆる物事に革命を起こそうとしている」といっても大げさに聞こえるかもしれない。だがそれは「積層造形」という分野で起きている最新の進歩を把握していないからだ。(2016/10/30)

医療機器ニュース:
従来機比約5分の1に軽量化した移動型デジタルX線撮影装置
富士フイルムは、超軽量移動型デジタルX線撮影装置「FUJIFILM DR CALNEO AQRO」を発表した。総重量を従来機比約5分の1に軽量化し、救急医療や集中治療室など、スペースに限りのある現場のニーズに対応する。(2016/10/25)

国内外で実績を積んだ医療機器プログラム
1秒が生死を分ける救急医療の現場にITを、画像診断アプリ「Join」が目指す医療IT構想
薬事法改正により、単体プログラムだけで「医療機器」と認められるようになった。2016年4月1日に「医療機器プログラム」として保険適用を開始した第1号のアプリが「Join」だ。誕生の道のりを開発者に聞いた。(2016/10/25)

世界を読み解くニュース・サロン:
素顔は意外に優しい? 暴走するフィリピンの「暴言大統領」
10月25日、フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領が来日する。彼の「暴言」がニュースになることが増えているが、一体どんな人物なのか。破天荒な言動の一方で、国民からは……。(2016/10/25)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。