ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

  • 関連の記事

「AMD-V」最新記事一覧

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(10):
Windows 10に組み込まれた多層かつ高度なマルウェア対策機能
Windowsのセキュリティ機能は、バージョンを経るごとに強化されてきました。「マルウェア対策」という点に絞っても、ユーザーには見えないWindowsのコア部分から、ユーザーと対話する機能まで、さまざまなセキュリティ機能を備えています。最新のWindows 10、特にEnterpriseエディションは最高レベルのマルウェア対策機能を提供します。(2017/11/1)

山市良のうぃんどうず日記(58):
Windows 10はEMETに頼らずとも安全?
マイクロソフトの脆弱性緩和ツール「Enhanced Mitigation Experience Toolkit(EMET)」。その最新バージョン「EMET 5.5」がリリースされました。既にEMETを活用しているのであれば最新版に更新することをお勧めします。まだ使ったことがないという方は、使用上の注意をよくお確かめの上、各自で判断してください。(2016/2/17)

Enterprise IT Kaleidoscope:
OSレベルで脅威を防ぐWindows10のDevice Guardとは?
Windows 10 Th2から新たに搭載されたマルウェアや高度なサイバー攻撃などをOSレベル防ぐ仕組みを解説しよう。(2015/12/8)

vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目(34):
物理マシンとユーザーのための「デバイスガード」と「資格情報ガード」――仮想化ベースのセキュリティ(その1)
「仮想化ベースのセキュリティ(VBS)」は、Windows Server 2016およびWindows 10 Enterpriseに搭載されるセキュリティのための分離環境です。今回は、仮想化ベースのセキュリティが提供する「デバイスガード」と「資格情報ガード」について説明します。(2015/11/25)

vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目(33):
“Hyper-Vの中のHyper-V”で仮想マシンを動かす
Hyper-V仮想マシンは物理コンピューターと同じように動作しますが、できないこともあります。その一つが、Hyper-Vの中で別のハイパーバイザーを実行することです。Windows Server 2016では、ついに“Hyper-Vの中でHyper-Vを実行できる”ようになる予定です。(2015/11/16)

Windows 10 The Latest:
正式リリース日が決まったWindows 10。その仮想化機能「Hyper-V」とは?
正式リリース日が確定し、プレビュー版の更新頻度も高まってきたWindows 10。その仮想化機能であるクライアントHyper-Vに焦点を当て、その機能を概説する。(2015/6/4)

山市良のうぃんどうず日記(34):
Linux/OSSに不慣れでも大丈夫! WindowsでDockerを扱う際のポイント
本連載第31回は「Azureで始めるDocker入門」を掲載しました。掲載後、すぐに「Docker 1.6」がリリースされたので、意図したわけではありませんが、タイムリーな記事になったと思います。今回は、その記事でも紹介した「Docker Client for Windows」をフォローアップします。(2015/5/7)

vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目(4):
新しい「Hyper-V」への移行に備える――仮想化基盤も次世代に
今や多くの企業がHyper-VやVMware、Xen、KVMといった仮想化基盤を導入してサーバーを仮想化したり、VDIを利用したりしていると思います。次期Windows Serverには、Hyper-Vの最新版が搭載されます。今回は最新のHyper-V環境への移行に注目します。(2015/1/21)

Windows 8.1クロスロード:
第9回 UEFIサポートとセキュアブート
Windows 8.1をUEFIモードでインストールすることにより、高速な起動やブートコードなどを保護するセキュアブート機能が利用できる。(2014/3/27)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(2):
RDPとRemoteFXのお話[その2]
マイクロソフトが提供するAndroid、iOS、Mac OS X向けのRemote Desktopアプリ。これらが対応しているという「RemoteFX」機能ですが、個人で使うのは無理なのです。では、なぜ無理なのでしょうか?(2014/3/12)

Windows Server 2012 R2時代のHyper-Vサーバ設計術:
第1回 最新モデルを意識したCPUとメモリのサイジング
仮想化が一般化した昨今のサーバ・システム。旧サーバの延命が目的だった数年前とは違い、最初から仮想環境上で動作させることを前提としたシステムが求められている。本連載では、Windows Server 2012 R2のHyper-Vをベースにして、今使える仮想化システムの技術トレンドや設計、機器の選択方法などについて解説する。第1回では、CPUとメモリのサイジングについて解説する。(2013/8/22)

Tech TIPS:
タスク・マネージャのパフォーマンス・タブの見方(Windows 8/Windows Server 2012編)
Windows 8やWindows Server 2012ではタスク・マネージャの機能が一新され、使いやすくなった。リソース・モニタの機能も一部取り入れ、システムの状態を簡単に把握できるようになっている。(2013/2/15)

Windows 8レボリューション:
第11回 クライアントHyper-V
従来はサーバOS向けに提供されていたHyper-Vが、クライアントOSであるWindows 8でも利用できるようになった。従来のWindows Virtual PCとの違いやサーバ版Hyper-Vとの違い、およびVirtual PCのディスク・イメージをクライアントHyper-Vで利用する方法を解説する。(2012/12/6)

イマドキのイタモノ:
2万円を切る8コアな“Piledriver”の破壊力を「FX-8350 」で知る!
AM3+プラットフォームに新たなCPUが登場。「Bulldozer」から「Piledriver」に進化したFXシリーズの最上位モデルで性能をチェックする。(2012/10/23)

最新ハードウェアの真価を引き出すHyper-V 3.0
新世代CPUが支援するHyper-V 3.0のスケーラビリティ
最新のサーバ製品は、コア数やメモリ、ストレージにおいて性能が大幅に向上している。Windows Server 8に付属するHyper-V 3.0のスケーラビリティは、こうしたハードウェア性能を引き出すことができる。(2012/5/31)

次世代 新Windows「Windows 8」プレビュー:
第3回 クライアントHyper-V
Windows 8では、従来のWindows Virtual PCに代わって新しくHyper-V 3.0がクライアント向けにも導入される。その概要を解説。(2012/2/9)

可能性未知数なHyper-Vと成熟したVirtualBox
シェアを広げるのはどっち? Windows 8のHyper-VとVirtualBoxを比較
米Microsoftが次期OS「Windows 8」に搭載するHyper-Vクライアントは、ワークステーション仮想化ソフトOracle VM VirtualBoxに取って代わるのか。両者をハードウェア要件や機能的なメリットで比較する。(2012/2/2)

さよならWindows XP:
XP資産を延命する、アプリの「塩漬け」
Windows 7への移行をためらう理由の1つとしてWindows XPアプリケーションの継続利用がある。XPモードで過去の資産を生かすことは可能だが、あくまでも「延命策」であることを念頭に置いてほしい。(2011/11/11)

次世代 新Windows「Windows 8」プレビュー:
第2回 Window 8の機能の概要
Windows 8で利用できる「役割」は、Windows 7/Server 2008 R2と何が違うのか? 主要な役割とその変更/強化点などについて解説。(2011/10/27)

注目すべきは画面転送だけでない
3D対応やVoIPも実現、VMware View 5の新機能とライセンス
ヴイエムウェアから新しいデスクトップ仮想化製品「VMware View 5」が登場した。3Dアプリケーションへの対応やVoIPの実現、セキュリティ強化、ユーザー管理、監視など幅広い機能的向上が図られた。(2011/10/25)

前バージョンVMware vSphere 4との違いに着目
【製品紹介】ライセンスのカウント方法も分かる! VMware vSphere 5の全貌
VMware vSphere 5は、前バージョンのVMware vSphere 4とどこが違うのか。VMware vSphere 4から追加・拡張された機能、削除された機能、ライセンスの変更点に着目してVMware vSphere 5の全貌を詳解する。(2011/10/19)

次世代 新Windows「Windows 8」プレビュー:
第1回 Windows 8 Developer Previewの概要
タッチインターフェイスであるMetro UIが注目されるWindows 8だが、ほかにも注目すべき機能が満載。次期OS、Windows 8の連載開始。(2011/9/29)

無償ツールで仮想化による移行を実現する:
Windows XP→Windows 7丸ごと引っ越しテクニック(前)
Windows 7に対応していないアプリケーションを含む既存のWindows XP環境を、無償ツールで仮想化してWindows 7へ移行する。前編では前提条件から仮想マシン作成まで解説する。(2011/9/8)

XenClientのHCLはなぜvProのみ?(前編)
クライアント仮想化にIntel vProは価格に見合う価値があるか?
XenClient 1.0のHCLに登録されているチップファミリーは1種類、vProだけだ。しかし、クライアント型のハイパーバイザーを実行するのにvProは必要ない。(2011/3/23)

XenServer Tips
準仮想化ドライバXenServer toolsのインストール方法
XenServerがサポートするOSの準仮想化ドライバ「XenServer tools」について、機能とインストール方法を解説する。(2011/1/18)

ホワイトペーパー:
Dell PowerEdge R815におけるRHEL 5.5 KVM検証環境構築および検証結果
RHEL5が備えるカーネルベースの仮想化機能、KVM(Kernel-based Virtual Machine)についての評価の結果を記載したホワイトペーパーです。AMD Opteronのマルチコア・プロセッサがどれほどパワフルであるか、Dell PowerEdge R815が備える実力ともにご理解いただけます(提供:デル)。(2011/1/12)

プライベートクラウド化のA to Z:
第三歩 性能分析で仮想化の効果を最大化しよう
前回解説した、プライベートクラウド化についての評価項目について、ポイントとなるパラメータを個別に紹介しよう。(2010/12/22)

仮想PCで学ぶ「体当たり」Windowsシステム管理:
第10回 Oracle VM VirtualBoxを使う(後)
高機能な仮想化ソフトVirtualBox解説の後編。仮想マシン環境のカスタマイズやスナップショット機能について解説。(2010/10/14)

仮想PCで学ぶ「体当たり」Windowsシステム管理:
第9回 Oracle VM VirtualBoxを使う(前)
64bitゲストやマルチコア、スナップショットなど機能も豊富なオープンソースの仮想化ソフトVirtualBoxを解説。(2010/9/30)

仮想PCで学ぶ「体当たり」Windowsシステム管理:
第7回 VMware Playerを使う(前)
64bitゲストOSやマルチコア、32Gbytesメモリサポートなど、無償でもその実力は本物。VMware Playerについて解説。(2010/7/22)

64bit Windows時代到来:
第1回 64bit Windowsのメリットとは
64bit Windowsとは何か? そのメリットや仕組み、互換性機能、使い勝手などを探る。今回は64bit Windowsの特徴とそのメリットを解説する。(2010/6/3)

AMD、モバイル向けPhenom IIを発表
AMDは、モバイル向けCPUの新製品を発表し、スペックを公開した。モバイル向けで初めてPhenomが登場したほか、モデルナンバーにアルファベットが追加された。(2010/5/12)

Windows 7のXP Mode、ハードウェア仮想化技術なしで利用可能に
Intel VTやAMD-Vなどのハードウェア仮想化技術が搭載されていないPCでも、XP Modeを利用できるようになった。(2010/3/19)

Hyper-V 2.0実践ライブ・マイグレーション術:
第4回 運用に役立つHyper-Vライブ・マイグレーションのノウハウ
ライブ・マイグレーションの運用フェイズで役立つノウハウを解説。実用的なPowerShellスクリプトなども紹介する。(2010/3/10)

Windows 7新時代:
第8回 Windows XP → 7移行のアプリケーション・トラブル解決法
Windows XPからWindows 7への移行で障害になるのがアプリケーションの互換性。互換性問題の主な原因と、その対策についてまとめる。(2010/3/4)

Hyper-V 2.0実践ライブ・マイグレーション術:
第2回 Hyper-V 2.0のライブ・マイグレーション設計のポイント
Hyper-V 2.0のライブ・マイグレーションの構築ノウハウを紹介。性能と可用性を意識したシステム設計のポイントとは。(2010/1/14)

Windows 7新時代:
第6回 Windows XPとの互換性を実現する「Windows XP Mode」
過去との互換性を最大限実現するには、過去のOSをそのまま実行できればよい。Win 7の仮想環境で可能になった、XPをそのまま実行するXP Modeとは?(2010/1/7)

64ビットOSをフル活用するために
サーバOSアップグレードには入念な事前チェックを
最近のサーバハードウェアはほとんどが64ビットだが、サーバOSの選択に当たってはハードウェア以外の要素も考慮する必要がある。(2010/1/5)

VMware vSphere 4徹底解剖(5):
無停止環境を実現するVMware FTとは
主要サーバ仮想化ソフトウェアであるVMware Infrastructure 3の後継バージョン、「VMware vSphere 4」が登場した。「クラウドOS」をうたい、基本機能を大幅に強化するとともに、重要な機能追加を行った。本連載では、このvSphere 4の主要機能を解剖する(2009/12/17)

Windows Server 2008 R2の真価:
第4回 Windows Server 2008 R2の目玉機能「Hyper-V 2.0テクノロジ」とは
ライブ・マイグレーションのサポートやパフォーマンスの向上など、着実に進化したHyper-V 2.0。その強化ポイントなどを整理する。(2009/10/22)

知って見るみるKVM(4):
触って試すKVM運用ツール「oVirt」
アナウンス後わずか2カ月でLinux Kernelにマージされたことで一躍注目を浴びることになった仮想化技術「KVM」。しかし、その具体的な仕組みや使用方法となると、意外と知られていないのではないでしょうか。この連載ではそんなKVMについて紹介します(編集部)(2009/10/20)

AMD、6コアの省電力版Opteronをリリース
AMDがACP(平均消費電力)40ワットの省電力版「Istanbul Opteron」を投入した。(2009/9/1)

Windows 7新時代:
第1回 Windows 7の概要
次期クライアントOS「Windows 7」の新コーナーがスタート。Vistaの後継となる新OSの実力やいかに。今回はWindows 7の概要について解説する。(2009/8/27)

知って見るみるKVM(3):
運用上の課題を解決する管理ツール
アナウンス後わずか2カ月でLinux Kernelにマージされたことで一躍注目を浴びることになった仮想化技術「KVM」。しかし、その具体的な仕組みや使用方法となると、意外と知られていないのではないでしょうか。この連載ではそんなKVMについて紹介します(編集部)(2009/8/7)

元麻布春男のWatchTower:
選択肢が広がる低価格ミニPC──「HP Pavilion Notebook PC dv2」の実力を試す
日本HPが、安価なNetbookと高価なモバイルPCの中間を狙って投入したのが「HP Pavilion Notebook PC dv2」だ。大画面液晶と外付けGPU搭載モデルの実力は?(2009/5/14)

VMware Infrastructure 3徹底入門 実践編(13):
VMotionによる仮想マシンの無停止移行
連載「VMware Infrastructure 3徹底入門」では、VMware Infrastructure 3のコンセプトやアーキテクチャといった、いわば理論的な部分を紹介した。新連載の「VMware Infrastructure 3徹底入門 実践編」では、実際の設計から導入、運用までを紹介する。今回は稼働中の仮想マシンを、サービスの停止なしに別の物理サーバへ移動できる機能「VMotion」について解説する(2009/5/13)

これでXPと決別できる!?:
Windows 7 RCの注目機能「XPモード」と「リモートメディアストリーミング」を試す
Windows 7の製品候補版(RC版)には、XPユーザーの救済策やモバイルでの利便性を高める新機能が追加されている。早速、これらの新機能をチェックしてみた。(2009/5/7)

XPモードが使えない?:
IntelとAMD、Windows 7との互換性を強調
IntelおよびAMDのプロセッサの一部がWindows 7のXPモードに対応していないという問題が浮上したが、両社はMicrosoftと緊密に共同作業を進めており、同OSの出荷までには問題はほぼ解消されるとしている。(2009/5/7)

6コアのIstanbulは6月に出荷:
AMD、サーバCPUの新ロードマップを発表
(2009/4/27)

知って見るみるKVM(2):
KVMの導入と基本的な使い方
アナウンス後わずか2カ月でLinux Kernelにマージされたことで一躍注目を浴びることになった仮想化技術「KVM」。しかし、その具体的な仕組みや使用方法となると、意外と知られていないのではないでしょうか。この連載ではそんなKVMについて紹介します(編集部)(2009/4/15)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。