ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

  • 関連の記事

「Android L Release」最新記事一覧

正式にはAndroid 5.0 Lollipopとして発表された。

製品分解で探るアジアの新トレンド(9):
ARMがもたらした“老舗コンサバ、新興アグレッシブ”の現状
ARMコアを使うことで、中国半導体メーカーも最新のCPUコアを用いたチップが作れるようになった。それは同時に、中国において、「老舗のメーカーは守りに入り、新興のメーカーに攻めに出る」という状況をもたらしている。(2016/10/24)

ITはみ出しコラム:
さよならNexus 14モデルの歴史を振り返る
2010年に登場した「Nexus One」から6年。Nexusブランドはその幕を閉じようとしています。(2016/10/9)

「Android for Work」で管理機能強化
「Androidなんて仕事で使えない」といえない時代が来た
IT部門は「Android」を敬遠してきた。オープンソースのOSは多くのリスクにさらされているからだ。しかし、時代は彼らにAndroidの受け入れを迫っている。Googleの管理機能に彼らは納得できるだろうか。(2015/10/24)

Androidで動く携帯Javaアプリ作成入門(58):
細か過ぎて伝わってないけど開発者が知っておきたいAndroid Mの新機能まとめ
Google I/O 2015で発表された次期版Android M。Google Now on tapで使うアシストAPIや、App Links、App Permissions、省電力のDoze/App Stanby、決済機能Android Payなどで使う指紋認証機能など新機能を分類して紹介。(2015/6/23)

Google I/O 2015の基調講演は日本時間の29日午前1時半から
Googleが、5月28日〜29日にサンフランシスコで開催する年次開発者会議「Google I/O 2015」のスケジュールを発表した。多数の新製品やサービスが発表される基調講演は日本時間の29日金曜日午前1時半から。次期Android「Android M」についての発表もありそうだ。(2015/5/7)

2015 CES:
「Snapdragon」のコンセプトカーはキャデラック+Andoridとマセラティ+QNX
Qualcomm(クアルコム)は、「2015 International CES」において、車載情報機器向けプロセッサ「Snapdragon 602A」など同社の車載半導体を用いたコンセプトカーを出展すると発表した。(2015/1/7)

セキュリティと管理機能はどうなる?
「Android 5.0 Lollipop」、ユーザーの“そこが知りたい”に答える
米Googleの最新モバイルOS「Android 5.0 Lollipop」のうち、大きく機能強化されたエンタープライズ用セキュリティと管理機能について解説する。(2014/12/2)

EE Times Japan Weekly Top10:
Bluetoothへの注目度、ますます高まる
EE Times Japanで先週(2014年11月22〜28日)に、多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。さまざまなトピックのニュース記事、解説記事が登場!!(2014/12/1)

甘い“Lollipop”を辛口チェック
徹底レビュー:「Android 5.0」はiOS並みの滑らかさ もうiPadじゃなくていい?
「Android L」と呼ばれていたAndroidの最新版「Android 5.0(開発コードネーム: Lollipop)」は、見た目以外にもさまざまな点が強化されている。何が変わったのかを調べた。(2014/11/30)

SIM通:
ハイスペックなリファレンス機 Nexus 6登場。iPhone 6Plusと比較
Googleの最新OS「Android 5.0」を搭載した「Nexus 6」が、まもなく日本で発売されます。その特徴を紹介するとともに、画面サイズの近いiPhone 6 Plusと比較してみました。(2014/11/21)

Mobile Weekly Top10:
ランキングで振り返る新型Nexusと新型iPad
GoogleとAppleの発表会が相次いだ10月第3週。ランキングも、新しいNexusやiPadに関する話題で“ほぼ”占められています。(2014/10/21)

Android 5.0 LollipopのSDKと開発者向けプレビュー版がリリース
Googleが次期Android「Android 5.0 Lollipop」のSDKと最新プレビューをリリースした。11月上旬には新OS搭載端末が登場するため、Googleは開発者にあと2週間でアプリを対応させるよう呼び掛けている。(2014/10/20)

セキュリティ、デバイス管理が高度化
徹底分析:次期OS「Android 5.0 Lollipop」、Samsung協力の意味は?
米Googleが10月15日に発表した次期Android OS「Android 5.0 Lollipop」。韓国Samsungは、新OSのセキュリティ・統合管理機能を開発している。スマホ分野での苦戦が伝えられるSamsungの起死回生策となるか?(2014/10/20)

Androidで動く携帯Javaアプリ作成入門(55):
Android 5.0発表&スマホと連動する音声認識Android Wearアプリの作り方
正式発表されたAndroid 5.0 Lollipop関連の話題をまとめつつ、今後需要が増えそうな音声認識/ボイスアクションの概要と、それを使ったスマートフォンと連動するアプリの作り方を解説。(2014/10/17)

ワイモバイル、「Nexus 6」発売を予告――国内キャリアで唯一
ワイモバイルは、Android 5.0(Lollipop)を搭載した「Nexus 6」の取り扱いを発表した。発売時期などは未定。(2014/10/16)

「Android L」は「Android 5.0 Lollipop」に 新Nexus端末は11月発売
Googleが、次期Android「Android 5.0 Lollipop」とNexusシリーズの新しいスマートフォン(ファブレット)、タブレット、STB型メディアプレーヤーを発表した。新AndroidはNexus 4以降に対応し、新Nexus端末は11月発売。(2014/10/16)

Google、「Android 5.0 Lollipop」を正式発表
Googleは、Google I/O 2014で発表された次期Android OS「L Developer Preview」の正式名称を「Android 5.0 Lollipop」と発表した。(2014/10/16)

Android新バージョン、間もなく登場 Nexus 6/9も同時発表か
Android Lと呼ばれてきたAndroid新バージョンが間もなく登場することを告知する動画が公開された。ファブレット「Nexus 6」とタブレット「Nexus 9」も同時に発表されるもようだ。(2014/10/15)

iOS 8、リリース4日後の適用率は46%
Appleが、9月17日にリリースした新モバイルOS「iOS 8」の適用率が21日の時点で46%であると発表した。(2014/9/24)

初の「Android One」端末、インドで発売 6399ルピー(約1万円)から
Googleが“残りの50億人”のために取り組む低価格端末プロジェクト「Android One」の最初の端末がインドで発売された。価格は6399ルピー(約1万円)からで、プロセッサは1.3GHzクアッドコア、500万画素のカメラを搭載する。(2014/9/16)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
「Apple Watch」はこれまでのスマートウォッチと何が違うのか?
アップル初の腕時計型ウェアラブルデバイスは、うわさされたiWatchではなく、「Apple Watch」だった。既存のスマートウォッチと比較して、スタンスにどのような違いがあるのかを考察する。(2014/9/10)

EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版:
最先端の電源技術が一堂に――統合電子版2014年9月号
「EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版」の2014年9月号を発行しました。Cover Storyは、2014年7月に開催された展示会「TECHNO-FRONTIER 2014」での電源関連技術に関する話題をリポートする「次世代パワー半導体、FPGA向け電源――最先端の電源技術が一堂に」です。その他、Amazonのスマートフォン「Fire Phone」の分解記事なども紹介しています。(2014/9/8)

Androidで動く携帯Javaアプリ作成入門(54):
ウェアラブル端末用Android Wearアプリ開発の基礎知識
続々と対応腕時計端末が発表されるAndroid Wear。アプリ開発の始め方や開発環境、動作確認の仕方、注意点をまとめて解説します。(2014/9/5)

ビジネスパーソンが理解しておくべき、新時代のキーワード:
第3回 「iBeacon」と「スマホアプリ」の深い関係
iBeaconは、自分のスマホに「該当アプリ」を入れてはじめて意味をなす。これは、要はどういうことなのか。そして、iBeaconの本格普及をふまえたOSの新バージョン「iOS 8」に導入予定の機能と、その意味を解説する。(2014/9/5)

ASUSの新7インチAndroidは“クラッチバッグ”デザインの64ビット端末
「Nexus 7」のメーカーであるASUSが、7インチのAndroid端末「ASUS MeMO Pad 7」を発表した。厚さ8.3ミリで279グラムの、女性のクラッチバッグをイメージしたタブレットだ。(2014/9/4)

HTC、Andoid初の64bitスマートフォン「Desire 510」を発表
HTCの「Desire 510」はQualcommの64bitプロセッサ「Snapdragon 410」を搭載するので、「Android L」であれば64bitアプリを稼働できる。(2014/8/28)

ベンチャーニュース:
ハードウェアベンチャーを支えるBluetooth通信技術
Bluetooth規格の標準化団体であるBluetooth SIG(Special Interest Group)は、東京都内で会見を開き、「Bluetooth Smart」の活用事例などを紹介。同会見には、Bluetooth SIGのメンバー企業として、LogbarやCerevoといった、Bluetooth通信機能を搭載したIoT関連製品を開発している国内のハードウェアベンチャーも参加した。(2014/8/25)

無線通信技術 Bluetooth:
iOSに続き「Android L」もサポート、Bluetooth Smart対応アプリの開拓に弾み
Googleは新たなAndroid OS「L」で、「Bluetooth Smart」および「Bluetoothクラシック」をネイティブでサポートする。Appleの「iOS」に続き、主要なモバイルOSがBluetooth Smartに対応したことで、システム開発が一段と加速する可能性が高まった。(2014/8/22)

Bluetoothの将来は?:
「今後最も成長するのはスマートホーム向け」Bluetooth SIG説明会
最近は運動量を計測するリストバンドなど、小さな機器がスマートフォンと通信してデータをやりとりするようになった。その背景には省電力の無線通信技術「Bluetooth Smart」がある。Bluetooth SIGは都内で説明会を開き、Bluetoothの現状と将来の進む道について語った。(2014/8/22)

週間記事ランキング
「Android、iPhoneのどちらを使うか問題」が複雑化
エンタープライズ機能を強化した「Android L」で目指すGoogleの戦略とは。Appleはどう対抗するのか。直近1週間の人気コンテンツをランキング形式で紹介します。(2014/8/22)

ビジネスユーザー向け管理機能を大幅強化
2年先を行く「iOS」を抜き去るか 「Android L」で始まるGoogleの戦い
米Googleは長らく待ち望まれていたエンタープライズ機能をついに「Android」に搭載した。だが、この変更をGoogleがどのように実装するのかについては疑問が残る。(2014/8/17)

NVIDIA、Anroid向け初64ビットARM「Tegra K1」を「Android L」向けに開発中
NVIDIAは「Tegra K1」の64ビット版を「Android L」向けに開発しており、64ビットTegra K1搭載Android端末が年内に登場すると発表した。(2014/8/12)

Google、フィットネスウェアラブル「Google Fit」のプレビューSDK公開
Googleが、Appleの「HealthKit」に対抗するフィットネスプラットフォーム「Google Fit」の開発者プレビューSDKを公開した。今秋には対応アプリやウェアラブル端末が登場する。(2014/8/8)

次期Androidにスマートフォンのマルチユーザー機能追加か
GoogleのAndroid開発メンバーが、スマートフォンでのマルチユーザー機能を「次のパブリックビルド」で利用できるようにすると開発者フォーラムで発言した。(2014/8/7)

Androidで動く携帯Javaアプリ作成入門(53):
変わらないと生き残れないAndroid Lの新機能まとめ
新しいUIテーマ「Material Design」や、新しいランタイム「ART」、生まれ変わったNotification、Android TVアプリ、グラフィックス、マルチメディア、ストレージ、ネットワーク周りなどの新機能をテーマ別に紹介します。(2014/7/25)

企業向け機能を強化するGoogleとApple
「Android L」「iOS 8」に見る、ビジネスユーザーの心をつかむ機能とは
GoogleとAppleは、次期モバイルOS「Android L」「iOS 8」において、企業向け機能を強化している。主に消費者向け製品として端を発した両OSは今、企業向けのITへとかじを切り始めている。(2014/7/10)

ふぉーんなハナシ:
iPhoneが「9:41」、HTC端末が「10:08」、Nexus 5が「4:40」の理由は?
製品画像に表示されている壁紙の時刻について考えてみました。(2014/7/8)

週間ランキング
「MacBook Air」「Surface Pro 3」のどちらかをもらえるとしたら……
「Surface Pro 3」と、長く人気を維持する「MacBook Air」(2014年モデル)はどちらが購入に値するか。直近1週間の人気コンテンツをランキング形式で紹介します。(2014/7/4)

Office文書も直接編集可能に
5分で分かる次期OS「Android L」のビジネスに役立つ機能
Googleの次期モバイルOS「Android L」では、企業向け管理機能が大幅に強化される。また、「Microsoft Office」文書の直接編集も可能となる。これにより、Androidの企業導入が加速するのだろうか。(2014/7/3)

Google、時計/TV/車向けAndroidではサードパーティーによるカスタマイズを禁止
GoogleのAndroidエンジニアリング担当ディレクターが、Android Wear、Android Auto、Android TVのUIはOEMではなくGoogleが管理し、ソフトウェアアップデートもGoogleが直接行うと語った。(2014/6/30)

“次の50億人”をつなげるために:
TVや自動車、ウェアラブル機器……裾野広がるAndroid
Googleの開発者向けカンファレンス「Google I/O 2014」では、「Android L」をはじめ、さまざまなアップデートが発表された。そこからは、Androidがスマートフォンだけではなく、TVやウェアラブル機器、自動車といった分野にまで確実に裾野を広げていることがうかがえる。(2014/6/30)

新しいUIデザイン思想「Material Design」がベース:
Android L、Android Wear、Android TV、Android Autoの開発者向け現状まとめ
米グーグルが「Google I/O 2014」で発表した次期Android「Android L」「Android TV」「Android Auto」の開発者プレビュー、そして「Android Wear」の正式版。これらに対応したアプリを開発するには、どこを見ればいいのか。概要とともに簡単にまとめてみた。(2014/6/27)

Android Lの開発者プレビュー、配布スタート Nexus 5/7(2013)にインストール可能
Googleが次期Androidの開発者プレビュー版「Android L Developer Preview」の配布を開始した。配布ページには「マテリアルデザイン」や新しい「通知」についての解説も掲載されている。(2014/6/27)

Google I/O 2014で見えた、Googleとライバル企業の勢力図
Google I/O 2014では、新しいAndroid OSのプレビュー版やウェアラブル端末などが発表された。今回の発表で、Apple、Microsoft、Mozillaといったライバル企業との勢力図に、どんな影響を及ぼすのだろうか。(2014/6/27)

Android OSの次期バージョンは「L」――新たな“マテリアルデザイン”を採用
Googleの開発者向けイベント「Google I/O 2014」で、KitKatに続く次期Android OSの見どころが紹介された。(2014/6/26)

Google I/O:
時計から車まで、あらゆるAndroidのUIの基本「マテリアルデザイン」
Googleが次期AndroidやAndroid Wear、Android TVなどあらゆるフォームファクターのAndroidで統一感のあるユーザーインタフェースを提供するためのデザイン言語「Material Design」を発表した。デザインだけでなく、タップやスワイプのレスポンスが大きく変わる。(2014/6/26)

Google I/O 2014で発表されたこと、されなかったこと
KitKatの次のAndroid「L release」(スイーツの名前にはならない)、CarPlay対抗の「Android Auto」、「Google TV」の後継(?)「Android TV」などが発表された。また、Chromebookが今度こそ日本に来ることが明らかになった。(2014/6/26)

Androidで動く携帯Javaアプリ作成入門(52):
Android WearやIoTで注目のAndroidセンサー機能8選
ついに正式版が発表されたAndroid WearやIoTでの活用で注目したい、Androidがサポートするステップカウンター/検出器、回転ベクター/接近/温度/湿度/気圧/照度センサーなどについて解説。(2014/6/26)

Androidで動く携帯Javaアプリ作成入門(47):
低性能端末でも使えるか? Android 4.4 KitKatの新機能39選
消費電力の削減につながる新機能や、よりシンプルになったUI、印刷やストレージアクセス、SMSなどの新機能をテーマ別に紹介します。(2013/12/9)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。