ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「アンリツ」最新記事一覧

アンリツ MA2808A:
0dBm以上のP1dB性能を備えた高性能導波管ミキサー
アンリツは、ミリ波の超高感度スペクトラム測定が可能な高性能導波管ミキサー「MA2808A」の販売を開始した。優れたP1dB性能と最小受信感度性能によって、より高精度な測定が容易にできるようになった。(2015/11/2)

アンリツ MX882112C-041など:
LTE-Advancedの評価を可能にするソフトウェア
アンリツは、携帯端末(UE)開発向け無線通信テスタ「MT8821C」の機能を強化し、1台の無線テスタでLTE-Advanced DL CA 4CCsの評価を可能にするソフトウェアを発売した。(2015/10/13)

アンリツ MP1861A/MP1862A:
56G/64Gbps MUX/DEMUX、「MP1800A」との連動でCEI-56G/400 GbEのSI評価
アンリツは、シグナルクオリティアナライザ「MP1800A」シリーズに追加することで、CEI-56G/400 GbEなど新しい高速インタフェース規格向けデバイスの特性評価を可能とする56G/64G MUX「MP1861A」およびDEMUX「MP1862A」の販売を開始した。(2015/6/8)

WTP2015 / ワイヤレスジャパン2015:
LTE-Advanced端末の試験を1台で、3CC CA/2×2 MIMOに対応
アンリツは「ワイヤレス・テクノロジー・パーク2015(WTP2015)」で、3CC CA(キャリアアグリゲーション)と2×2 MIMOを搭載したLTE-Advanced対応端末の試験を1台で行える無線機テスター「MT8821C」を展示した。将来的には、4CC CAにも対応する予定だという。(2015/6/1)

Photonix 2015:
400Gネットワーク時代に向けたテスト環境を提案
アンリツは、「Photonix(フォトニクス) 2015」で「400Gならアンリツ」をテーマに、400Gネットワーク試験や関連デバイスの評価に向けた測定機器を展示した。(2015/4/13)

ビジネスニュース 企業動向:
アンリツとレクロイジャパン、光通信用計測器販売で協業
アンリツとテレダイン・レクロイ・ジャパンは2015年3月31日、光通信用計測器の販売で協業すると発表した。(2015/3/31)

アンリツ MX269037A/MX370084A:
V-Low地上マルチメディア放送規格対応の測定機能を開発
アンリツは、V-Low地上マルチメディア放送規格の「ISDB-TSB」に対応した測定機能を開発した。同社のシグナルアナライザ/ベクトル信号発生器の機能を強化し、V-Low地上マルチメディア放送方式の評価を可能にした。(2015/2/18)

無線通信技術 LTE-Advanced:
LTE-Advancedの3キャリアアグリゲーション通信に成功――クアルコムとアンリツ
アンリツは2014年12月、Qualcomm Technologiesと共同で、LTE-Advancedの3キャリアアグリゲーション機能を利用したデータ通信に成功したと発表した。(2014/12/16)

実装技術 シグナルインテグリティ:
高速シリアルの多レーン化がもたらすシグナルインテグリティの新たな課題
電子設計の世界では、マルチレーン高速バスの採用が一般化し、設計の複雑化と高速化が進行中だ。それによって、シグナルインテグリティに関わる新たな問題が生じている。そこで米国のEDN誌は、シグナルインテグリティの専門家を取材し、彼らの見解を仮想的なパネルディスカッションとして誌上に再構成した。なお、シグナルインテグリティには数多くの要因があるが、本稿ではクロストークとEMIに焦点を絞っている。(2013/2/27)

ネプコンジャパン2013 リポート:
「2Dから3Dへ」、計測手法の転換期を迎える実装基板外観検査装置
2013年1月16〜18日に東京ビッグサイトで開催された「ネプコン ジャパン 2013」では、エレクトロニクス製品の製造に用いられる最新の装置や部品・材料が展示された。本稿では、計測手法が2次元から3次元へと進化している実装基板の外観検査装置について紹介する。(2013/1/22)

いまどきエンジニアの育て方(18):
若い時の経験にロスタイムはない
出向や異動などで、開発や設計から一時的に離れることになっても、その経験は決して無駄にはなりません。若い時の経験に「ロスタイム」はないのです。“遠回りしてもいい”のだと若手エンジニアに教えることも、上司の役目ではないでしょうか。(2013/1/16)

アンリツ MG3740A:
「業界最高レベルのSSB位相雑音」、2.7G/4G/6GHz出力のアナログ信号発生器
アンリツのMG3740Aは、狭帯域アナログ無線機器の性能評価試験に適した信号発生器である。同試験で重視されるSSB位相雑音を、100MHz、20kHzオフセットにおいて−140dBc/Hzと低く抑えており、「業界最高レベルだ」(同社)と主張する。デジタル変調機能や2ポート出力などのオプションも用意した。(2012/11/22)

TECHNO-FRONTIER 2012 テスト/計測:
EMI対策と併せて温度・振動ストレステストを展示したアンリツ
アンリツは、EMI対策に役立つ計測機器をTECHNO-FRONTIER 2012に出展した。併せて、ストレス試験サービスについても展示していた。(2012/7/19)

TECHNO-FRONTIER 2012 速報記事一覧:
実用期迎える次世代パワー半導体SiC・GaNに注目、雑音対策の新提案も続々【7/19追加あり】
電源・モーター制御やEMC・ノイズ対策、各種センサーをはじめとする電子部品など、エレクトロニクス設計の要素技術が一堂に会する専門展示会「TECHNO-FRONTIER 2012(テクノフロンティア2012)」が2012年7月11〜13日に東京ビッグサイトで開催。ここでは、その速報記事を集約してお届けする。(2012/7/13)

【IFRS】第1四半期からIFRS開示
SBIホールディングス、アンリツがIFRS任意適用、2013年3月期から
「資本市場における財務情報の国際的な比較可能性を向上させる」とIFRS任意適用の理由を説明。(2012/4/26)

Mobile IT Asia:
「Mobile IT Award」発表 「dメニュー」「On Say」「景観アンテナ」などが受賞
モバイル業界のビジネスコンベンション「Mobile IT Asia」で3月14日、Mobile IT Awardの発表と授賞式が開催された。残念ながらベストイノベーション賞は該当なしとなったが、17の製品やサービス、アプリが受賞した。(2012/3/16)

アンリツ NH3001A:
オールインワンタイプのインフラ遠隔監視制御装置、価格は従来品の1/2
アンリツの遠隔監視制御装置「NH3001A」は、アナログ回線やFL-netによる通信に対応する機能や基本入出力インタフェースや電源を標準で装備するオールインワンタイプの製品である。価格も従来品の1/2に抑えた。(2012/1/12)

光ネット上で100GbE機器のベンダー間相互接続に成功――富士通とNEC
光ネットワーク上で100ギガビットイーサネット信号を伝送する装置の異なるベンダー間での相互接続に世界で初めて成功した。(2011/12/13)

TECHNO-FRONTIER 2011:
アンリツが43GHz対応のシグナルアナライザを出品、EMIの予備試験機能もオプションで搭載可能
アンリツは、シグナルアナライザの製品ラインアップを拡充している。「TECHNO-FRONTIER 2011」では、43GHzまでの測定周波数帯域に対応する機種を展示した。(2011/7/25)

テスト/計測 スペクトラムアナライザ:
無線設計の不具合を見つけ出せ、スペアナの進化が視界を広げる
一般家庭に無線機器があふれ返る現代。機器メーカーは、標準規格に準拠した半導体チップやモジュールを利用すれば、比較的容易に無線機能を組み込める。しかし規格の林立や機器の複雑化などで、無線設計の不具合からは簡単に逃れられないのが実情だ。その不具合を確実に捕捉し、原因を追究する道具が必要になる。無線設計に欠かせない測定器であるスペクトラムアナライザが近年、この要求に応えるべく進化を遂げている。(2011/7/11)

ビジネスニュース 震災復興:
「日本は必ず立ち上がる。それも力強く」、海外のエレクトロニクス各社トップから激励集まる
東日本大震災を受け、日本のモノづくり業界に海外のエレクトロニクス関連企業各社のトップからメッセージが寄せられている。(2011/4/5)

清水洋介の「日々是相場」夕刊:
米国株安や円高を嫌気して売られ大幅安
(2010/9/8)

100Gbpsの長距離通信はQPSK方式で:
広帯域化が進む光ファイバ通信
ダイヤルアップ回線のときにそうであったように、光ファイバ伝送にも帯域幅の不足が生じ始めている。この問題を解決する上で鍵となるのは、複雑な変調方式の利用である。では、今後の光ファイバ伝送には、具体的にどのような変調方式が適用されるのだろうか。(2010/8/1)

ツールで確保するシグナルインテグリティ
シグナルインテグリティの問題は、注意を怠ると後で災いとなって返ってくる。専用のソフトウエアツールを利用することにより、設計のなるべく早い段階で、その問題を回避するようにすることが肝要だ。本稿では、シグナルインテグリティへの対処の流れを簡単に説明した上で、各種ベンダーが提供するツールにはどのようなものがあるのかを紹介する。(2010/7/1)

清水洋介の「日々是相場」夕刊:
外部環境の好転から買い先行、節目を抜けて大幅高
(2010/6/16)

清水洋介の「日々是相場」夕刊:
週末の手仕舞い売りもあって方向感のない展開
(2010/6/4)

4社の事例で知る:
RFテスト開発の現場
テスト装置が進化を遂げる一方で、RFテストの現場では、装置が備える専用の測定/解析機能を使用せず、アルゴリズムやテストプログラム、テストの自動化手法を独自に開発/使用しているエンジニアも多い。本稿では4社のエンジニアに対して行った取材を基に、それぞれがどのような理由で、どのような取り組みを行っているのかを紹介する。(2009/10/1)

対応製品の登場で見えてきた:
40/100GbEが抱えるテスト技術の課題
実用化に向けて着々と標準化が進む40/100GbE。すでに多くのメーカーがこれらの規格に対応する製品を開発し、販売を開始している。そうした製品のテストには、10GbEに使われている技術を応用できるが、一部では新しい方法や装置が必要となる。本稿では、特にテストに関して、新たに要求されるであろう事柄についてまとめる。(2009/8/1)

3Gからの移行を妨げるものは何なのか?:
4Gワイヤレスにかかる“霧”
第4世代のワイヤレス通信技術(4G)について語られるようになってから久しい。しかしながら、現時点でも4Gの「実体」は確定的なものとはなっていない。現状の第3世代から第4世代への移行に当たっては、どのようなことが課題になるのだろうか。そして、設計者は、この新技術に対してどのように向き合っていけばよいのだろうか。(2009/8/1)

計測/テスト分野で進むWiMAX対応
ノート型パソコンや携帯電話機にWiMAX対応機能を追加するためのチップセットがいくつか世に出てきた。それに対応して、実験用の計測機器や製造工程で用いるテスト装置も大きな進化を見せている。各装置メーカーは、この新たな通信規格にどのように対処しているのだろうか。(2008/8/1)

MediaFLOの最新動向が分かる――Qualcomm、「MediaFLO Conference 2008」を開催
Qualcommは3月19日、同社が開発した携帯電話向け放送プラットフォーム「MediaFLO」の最新動向を発信するイベント「MediaFLO Conference 2008」を開催すると発表した。FLO Forumの社長や、日本でMediaFLOを推進するメディアフロージャパン企画、モバイルメディア企画の社長が最新動向を解説する。(2008/2/27)

CTCとアンリツ、広帯域CATVインターネットの帯域制御で協業
伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)とアンリツネットワークスの2社は、CATVインターネット向け帯域制御装置の販売で協業する。(2007/12/25)

NTTデータなど3社、災害時のコミュニケーションシステムを提供
NTTデータ、アンリツ、アンリツネットワークスは、災害発生時の緊急情報伝達および安否確認などを行う双方向型コミュニケーションシステムを共同開発した。(2007/10/9)

Interop Tokyo 2007:
アンリツ、L2 VPNやリングネットワークを形成できるイーサネットスイッチ
アンリツネットワークスは、障害に強いリングネットワークを構築できるL2イーサネットスイッチを展示会で披露した。(2007/6/13)

企業ネットワークの品質向上が急務に:
PR:基幹業務データが流れる企業ネットワークの品質保証と効率運用を実現する帯域制御装置「PureFlow GS1シリーズ」
現在、多くの企業が各地の拠点間を結ぶWANを運用している。専用線、広域イーサネット、インターネットVPNなどその回線の種類はさまざまだが、WANに共通する課題として、トラフィックが集中する中で通信品質をいかに確保し、効率的に運用するかという点が挙げられる。アンリツネットワークスの高精度帯域制御装置「PureFlow GS1シリーズ」は、そうした課題を解決する装置として注目されている。(2007/5/29)

日本の製造業を支えるNECの支援ツール
日本経済の成長を支えてきた製造業だが、その製品開発手法は時代とともに移り変わっている。日本市場で高いシェアを持つ「Obbligato II」についてNECに話を聞いた。(2006/8/22)

アンリツ、ハードウェア障害時にも通信を継続する帯域制御装置
アンリツは、帯域制御装置「PureFlow GS1」シリーズに「PureFlowR GS1-FB/GS1-GB」の2機種を追加した。ハードウェア障害時にも通信を継続できるバイパス接続機能を搭載し、不足の事態でも通信を継続できる。(2006/2/2)

リアルタイム放送でつながる愛・地球博とInterop会場
Interop会場では、「愛・地球博」会場と、Interopを支えるShowNetとをつなぎ、「非圧縮HDTV映像」を双方向にリアルタイムで流すという実証実験を行っている。(2005/6/9)

沖電気、160Gbpsで640キロの光通信に成功
(2004/7/9)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。