ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「景気対策」最新記事一覧

建機改善兆しも残る疑心暗鬼 中国需要底打ち? 米新政権のかじ取りは……
長い不振にあえいできた建設機械メーカーの業績に、改善の兆しが見え始めている。(2016/11/21)

マネーの達人:
三菱東京UFJ銀行が、もう国債を買わないって本当?
三菱東京UFJ銀行が「国債市場特別参加者資格」を国に返上しました。今回はその資格と、それを返上することで国債に与える影響についてお話しします。(2016/6/27)

ユーロ圏もデフレで世界デフレに突入? 最新の世界経済予測
(2015/4/23)

「アベノミクスは絵空事」亀井静香が政権を斬る
安部総理の近い立場にいた人物による、第2次安倍内閣ぶった切りを紹介(2014/12/2)

経済破綻はなぜ起こったか? スペイン編
『世界はすでに破綻しているのか?』から、スペイン編での事例を紹介。(2014/10/14)

製造マネジメント メルマガ 編集後記:
スタグフレーションを製造技術が救う?
日本には絶望しかないのか。いや、そうではない(と思う)。(2014/10/14)

INSIGHT NOW!:
アベノミクス「第二の矢」は、むしろ経済に悪影響を与えている
アベノミクス第二の矢、公共事業による景気刺激政策は、費用対効果でみるとすでに正当化できないばかりか、民間投資の「クラウディングアウト」を生んでいる。公共投資はむしろ抑制し、民間国内投資を促す「第三の矢」への重点シフトを急ぐべきだ。(2014/9/12)

世の中の動きの個人資産への影響を考えてみる:
消費増税と家の買い時――ベストなタイミングは?
2014年4月1日から消費税が8%に上がりました。各方面で駆け込み需要があったようです。今回は、人生で一番大きな買い物と言われる住宅購入のベストタイミングはいつなのか、考えてみましょう。(2014/4/7)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2013/10/7)

世の中の動きの個人資産への影響を考えてみる:
なぜ消費税でなければダメなのか?――直接税と間接税の違いを考える
消費増税の議論がいよいよ大詰めです。今回は私見ですが、増税するのが「なぜ消費税なのか?」を考えてみたいと思います。(2013/9/6)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
アベノミクスによる金融緩和は国民の9割を不幸にする
目先の株高やお祭り気分に流されてはいけない。本当の意味での「景気回復」を冷静に考える必要がある。(2013/8/1)

藤田正美の時事日想:
参院選後を読む、安倍首相は救国の指導者となるか
7月の参議院選挙は自公圧勝に終わるだろう。同時に民主党は、国民から野党としてさえも信認されないだろう。選挙後の日本はどこへ向かうのか。(2013/7/10)

藤田正美の時事日想:
ユーロ圏の不振は経済だけの問題ではない
ユーロ圏の不振にたいして、EUメンバーの英国は脱退を視野に入れ始めた。ユーロ圏からの脱退をほのめかす国もある。これが現実のものとなったとき、世界経済はどうなってしまうのか。(2013/5/15)

藤田正美の時事日想:
外交力が第2次安倍内閣の行方を左右する
安倍首相には長期政権になってもらわなければならない。そのためには「憲法改正」や「歴史問題」を封印しつつ、日本の立場を経済的に、そして外交的に強めることに専念すべきだ。(2013/5/8)

カイモノマーケティング:
2013年、予期せぬカイモノが日本を救う?
買い物という行動を基に、モノが売れるということについて考える本連載。2013年の「カイモノ」がどのようになっていくのか、予測してみましょう。キーワードはC・E・Oです。(2013/2/6)

世の中の動きの個人資産への影響を考えてみる:
法人税控除で、私たちの給与は上がるのか
景気対策に重点を置いている安倍政権だが、2013年度税制改正で企業の雇用増や給与引き上げを促す新たな減税制度を設ける方針を固めた。これにより私たちの給与ははたして上がるのだろうか。労働分配率と労働生産性の関係から見ていこう。(2013/1/31)

「断固たる決意で強い経済を取り戻す」――安倍首相所信表明演説全文
安倍首相は1月28日、衆参両院本会議で就任後初の所信表明演説を行った。「大胆な金融政策」「機動的な財政政策」「民間投資を喚起する成長戦略」という“三本の矢”で、経済再生を推し進める方針を明らかにした。(2013/1/28)

相場英雄の時事日想:
どこに、誰に入れるの総選挙? 身近な公約一本に的を絞れ
衆議院選挙の投開票が迫ってきた。今回は大小さまざまな政党が乱立しているためか、争点がぼやけてしまい、どうも分かりにくい。では、どうやって候補者を選び、支持政党を見出せばいいのだろうか。(2012/12/13)

メディアでの「学者」の意見、どう接すればいい? 『世界の経営学者はいま何を考えているのか』著者・入山章栄インタビュー
ドラッガーから選挙まで、話題の本『世界の経営学者はいま何を考えているのか』著者に経営学の”今”を聞く。(2012/12/12)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
経営者たるもの、経済の流れを正しく認識すると同時に、家電メーカーの失敗に大いに学ぶ必要がある
経済のグローバル化に伴う時代の変化には、すさまじいものがある。伝統ある大企業でも、経営判断を誤ればたちまち危機に陥ってしまう。(2012/12/6)

窪田順生の時事日想:
石原慎太郎が公約に「カジノ」を入れないのは、なぜ?
「カジノを日本に」と訴えてきた石原慎太郎氏と橋下徹氏が、手を結んだ。当然、日本維新の会の公約に「カジノ」が入っているかと思ったが、その文言はなかった。おかしいなあ……と思って調べてみると、ある事情が浮かびあがった。それは……。(2012/12/4)

「大増税」時代に備えて:
どうする? サラリーマンの節税
サラリーマンにできる節税はそれほど多くはない。多くはないが、やらないよりやったほうがいいに決まっている。今回は申告書の記載方法や節税の具体的な方法を紹介しよう。(2012/11/29)

「政治もマスコミも“福島”を収束させようとしている」――南相馬市長が語る復興の現実
福島第一原発のすぐ北に位置する南相馬市。いまだ2万3000人以上が避難生活を送っている同市だが、桜井勝延市長は日本外国特派員協会で行った会見で「政治も日本のマスコミも、事故が収束したかのような報道の中で、“福島”を収束させようと思っているかのように感じる」と語った。(2012/11/2)

藤田正美の時事日想:
ブラックマンデーから25年、我々は誤った教訓を引き出してしまったのか?
1987年10月19日、ニューヨーク証券取引所でダウ平均は508ポイントも下落した。それから25年を機に英エコノミスト誌最新号に載った記事によると、この大暴落から誤った教訓を引き出したことが、世界経済を苦境に陥れた最大の原因であるという。(2012/10/22)

ちきりんの“社会派”で行こう!:
残り時間はあと少し!? 若年層が“政治影響力”を発揮できるチャンス
人口はそれなりの比率を占めているものの、投票率が低いことから政治的な影響力を持てていない20〜30代。彼らにとっては投票率を上げるための仕組みを作ることが、政治影響力を高めるための喫緊の課題だとちきりんさんは説きます。(2012/8/20)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
経営者は、世界経済が厳しい時こそ、若い人材の育成に力を入れるべきである!
仕事に取り組むときにぜひ考えてほしい、どうすれば自分の価値が上がるのか。利益に貢献する人材になれば、世界経済が厳しくとも恐れることはない。(2012/8/9)

窪田順生の時事日想:
新宿2丁目にある学校が、“金の卵”を生み出すかもしれない
「通信高校サポート校」をご存じだろうか。あまり馴染みはないだろうが、通信高校サポート校とは、通信制高校に在籍する生徒に、3年間で卒業できるように支援を行うところ。そこが“金の卵”を生み出すかもしれないのだ。なぜなら……。(2012/5/22)

杉山淳一の時事日想:
第三セクター鉄道が、赤字体質から抜け出せないワケ
第三セクター鉄道の多くは、台所事情が厳しい。その背景に「人口の減少」や「クルマの普及」などが挙げられるが、ある基金がネックになっていることを知っている人は少ない。それは「経営安定基金」というものだ。(2012/2/10)

経営者の半数、「自然災害が2011年の経営に影響を与えた」
東日本大震災やそれに伴う原発事故という大きな出来事があった2011年。経営者の半数も、「自然災害」の影響を受けたと認識しているようだ。産業能率大学調べ。(2012/1/24)

新成人に聞く、将来どんな仕事に就きたいですか
2012年1月に成人式を迎えた人は、将来どんな仕事に就きたいと考えているのだろうか。マクロミルの調査によると、「公務員」と答えた人が最も多かった。(2012/1/10)

藤田正美の「まるごとオブザーバー」:
世界経済崖っぷち
ユーロ圏が揺れている。ギリシャの財政危機に端を発したユーロ圏の「国債危機」。しかしもはやギリシャの破綻は「想定内」といえそうだ。(2011/9/27)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
FOMCに対する失望感と、景気鈍化懸念が強まったことから大幅下落
(2011/9/22)

清水洋介の「日々是相場」夕刊:
昨日の下落の反動もあって大幅高
(2011/9/15)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
資金供給不安が薄れ、買戻しもあって乱高下のなか反発
(2011/9/13)

清水洋介の「日々是相場」夕刊:
ユーロが一段安となって売りが嵩み大幅下落
(2011/9/12)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
景気対策も材料視されず大幅安
(2011/9/12)

藤田正美の時事日想:
世界経済がまた厳しく……野田首相を取り巻く環境
世界経済がまた一段と厳しくなっている。特に厳しいのは債務危機が再燃しているギリシャだが、それだけでなくポルトガル、アイルランドといった国も「リスクが高い」とみられている。こうした状況に対し日本の野田政権ぱどのような手を打ってくるのだろうか。(2011/9/12)

清水洋介の「日々是相場」夕刊:
週末の手仕舞い売りもあって軟調な展開
(2011/9/9)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
大幅高の反動やFRB議長講演への失望、雇用への懸念が強まり大幅安
(2011/9/9)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
米雇用対策に期待する動きもあって大幅高
(2011/9/8)

清水洋介の「日々是相場」夕刊:
欧州株安や金融不安から信用収縮の動きが強まって大幅下落
(2011/9/6)

藤田正美の時事日想:
8月、市場の混乱は何を意味していたのか
日本だけでなく、世界経済の先行き不透明感が増している。英フィナンシャルタイムズ紙のチーフ経済コメンテーター、マーチン・ウルフ氏は、いまの世界経済をどのように分析しているのか。8月30日付けのコラムの内容を、かいつまんで紹介する。(2011/9/5)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
景気刺激策期待もあって大幅反発
(2011/8/10)

あなたはどうする? 住まいの選び方:
買うべきか、待つべきか――増税で変わる住宅購入事情
「消費税が増税される前に、家を買わなければ」と思っている人もいるだろう。1997年、消費税が3%から5%にアップしたとき、いわゆる“駆け込み需要”はあったのだろうか。歴史を振り返りながら今後の動向を占った。(2011/6/17)

南はるなのFXのヒミツ:
震災後の円安、その背景には何があるの?
東日本大震災の発生後、急激な円高となりましたが、その後は各国の協調介入もあり、今では円安基調で動いています。こうした動きの背景にはどのようなことがあったのでしょうか。各国の様子を中心に追ってみたいと思います。(2011/4/21)

被災地支援で大切な姿勢とは――阪神大震災でのボランティア経験から
阪神・淡路大震災のとき、全くの素人で、ボランティアに伺いました。これから「人の役に立ちたい」と考える方のご参考になればと思い、その時の経験談を、かつて被災者の立場だった西宮市議会議員今村岳司氏のブログとともに紹介します。(2011/3/18)

清水洋介の「日々是相場」夕刊:
改造内閣を嫌気する動きや週末の手仕舞い売りに押されて軟調
(2011/1/14)

中小企業の経営者に聞く、国にどんなことを望んでいますか
景気動向が直接会社の存亡に関わってくる中小企業。経営者たちは国の政策について、どのように考えているのだろうか。産業能率大学調べ。(2011/1/14)

新成人に聞く、どんな職業に就きたいですか
あなたは日本の将来についてどのように感じていますか? 今年、成人式を迎える新成人に聞いたところ「不安」と答えた人は9割、「安心」は1割にとどまっていることが分かった。マクロミル調べ。(2011/1/7)

2011年の展望と目標:
成長のカギは「本当のグローバル化」――主要ITトップのメッセージ
日本経済の低迷から2010年の国内IT市場は厳しい状況が続いた。2011年にIT各社が注目するのが、顧客企業における“真のグローバル化”への取り組みだ。各社トップが表明した年頭のメッセージを紹介しよう。(2011/1/5)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。