ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

  • 関連の記事

「Antinny」最新記事一覧

セキュリティ・ミニキャンプ in 中国 2016 レポート(後編):
セキュリティって奥が深い! 目を輝かせた若者たちの濃厚な2日間
地方向けに最新のセキュリティ動向や技術を伝える「セキュリティ・キャンプ地方大会」。本稿では2016年9月23日から25日にかけて広島県で開催された「セキュリティ・ミニキャンプ in 中国 2016」の中から、専門講座の模様をレポートする。(2016/11/1)

AVTOKYO2014リポート:
知ってましたか? セキュリティ業界が歴史に学べること
「No drink, No Hack!」を合言葉にしたセキュリティイベント「AVTOKYO2014」が、約300人の参加者を集めて開催された。最新のマルウェア解析あり、埋もれつつある歴史を振り返るパネルありのセッションの模様をお伝えしよう。(2014/11/26)

3年前に発覚した脆弱性を悪用するワームの検出が今なお最多に、トレンドマイクロ調べ
トレンドマイクロが発表した2011年通期の脅威レポート(速報)によれば、不正プログラムの検出では「DOWNAD」ワームが国内外とも最多を占めた。(2011/12/21)

「暴露ウイルス」の検出、今なお多く――トレンドマイクロのレポート
トレンドマイクロの月例セキュリティレポートによれば、ファイル共有ソフトのネットワークなどで感染を広げる「暴露ウイルス」の検出が今なお目立つ。(2011/8/4)

クラッキングツールの氾濫状況が明らかに――トレンドマイクロ調べ
日本と世界で検出された不正プログラムのうち、クラッキングツールやワームがランキングの上位を独占した。(2011/2/8)

まず流出経路を断て
情報漏えい防止のためのネットワークセキュリティ
対策製品は出回っているものの、いまだにやむことのない情報漏えい事件。この深刻なインシデントに対応するには、まず漏えいの経路となるものを無くすという考え方も必要だ。(2009/3/5)

性能と防御力で:
日本のための開発とサポートを推進、Sonicwallが事業説明
米Sonicwallは、国内ユーザーに特化した機能開発やサポート体制の推進で市場拡大を狙うという。(2009/2/26)

情報漏えいや乗っ取り攻撃:
ターゲットアタックへの備えは“巣籠り”対策のみ
特定の企業や組織を狙う標的型攻撃が増加している昨今、過去から引きずったままの脆弱性によって被害が誘発されることが多いという。(2009/2/25)

セキュリティ意識に欠けていた:
他企業の情報流出の可能性も、IPAが漏えい事件を経過報告
IPA職員の私物PCから電子データが流出した事件で、IPA以外の企業情報も流出したという。(2009/1/6)

“第3のコミュニケーション”企業向けIMの魅力【後編】
モバイル対応、使い勝手……自社に最適な企業向けIMを見極める7つのポイント
コミュニケーションを円滑化してくれるIM。だが個人向けと企業向けの製品では、その考え方、使い方が根本的に異なる。ビジネスに適したIMの選定ポイントをまとめてみた。(2008/11/20)

脅威は分かるが被害に遭う自分は想像できない――情報セキュリティのユーザー意識
IPAは「情報セキュリティに関する脅威に対する意識調査」の報告書を公開。認知度は向上しているとする一方で、新たなスピア型脅威が増加、被害の具体像が分からないといった点について指摘した。(2007/12/6)

企業セキュリティ古今東西:
情報漏えいの脅威、その原因と対策
企業経営に致命的なダメージを与えかねない個人情報漏えい。企業内に存在する個人情報が、どのような原因や経路で漏えいしているのか、実はあまりよく理解されていないことが多い。ここでは、情報漏えいの原因と対策にフォーカスした。(2007/12/6)

「Winnyを使うかぎり漏えいはなくならない」、IPAが改めて危険性訴え
事故が起きていてもユーザーが減らないのはその危険さを分かっていないから――。IPAは11月度のセキュリティリポートで、ファイル共有ソフトを興味本位で利用することはすべきではないと強調した。(2007/12/4)

“利益追求型”サイバー犯罪者、次の狙いはオンラインゲーム
シマンテックの上半期ネットセキュリティ脅威リポートによると、サイバー犯罪のプロ化と利益追求がさらに顕著になっているという。(2007/9/28)

対策ソフトにより検出率が異なるWinnyウイルス、ベンダー間で2割の開きも
ネットエージェントは国内外5種類のウイルス対策ソフトを使った、Winnyウイルスの検出調査を実施した。(2007/8/2)

研修で教えてくれない!:
第5回「使いたいソフトを勝手にインストールしてはダメ?」
インターネット上には多数の便利なソフトが無料で公開されている。しかし、業務のPCに勝手にインストールしていいものだろうか。なぜ「勝手にインストール」がダメなのかを考える。(2007/7/10)

感染からファイル公開まで――ネットエージェントがAntinnyの挙動解析
ネットエージェントは、情報漏えいの大きな原因となっているマルウェア「Antinny」の挙動を説明するレポートを公開した。(2007/5/2)

プロが語るボットネット対策の特効薬は「情報共有」
巧妙かつ悪質化するボットネットの攻撃を前に、企業はどのような対策を取るべきなのか。RSA Conferenceで行われた脅威の現状と対策に関するパネルディスカッションを報告する。(2007/4/29)

ビジネスシーンで気になる法律問題:
「Winnyのどこが問題か」を上司に説明する17のポイント
ファイル共有ソフト「Winny」――著作権侵害、開発者の有罪判決、情報漏洩など、ダーティなイメージがある一方、P2P技術自体が違法なわけではなく、また裁判の行方によっては新しい技術開発が萎縮するという問題も抱えている。Biz.IDの読者ならばすでにご存知だろうが、Winnyの問題点を上司に説明するための法的なポイントを2月17日に行われたWinnyシンポジウムをヒントに考えてみた。(2007/2/23)

J-SOX時代のデジタル・フォレンジック、求められるのは入念な「準備」
2006年12月に開催された「デジタル・フォレンジック・コミュニティ2006」では、「分かりやすく説明すること」「十分に準備を整えておくこと」の重要性が指摘された。(2007/1/18)

ネットエージェント、「Winnyやめました」がホントかどうかを調べるソフト
ネットエージェントは、PCにおけるP2P型ファイル共有ソフトウェアの利用履歴やウイルス感染歴をチェックするソフトウェア「Winny特別調査員」の販売を開始した。(2007/1/17)

基本的な対策をしていれば避けられた? 2006年のウイルス/不正アクセス届出状況
IPAは1月4日、2006年12月および2006年通年のコンピュータウイルスおよび不正アクセスの届出状況をまとめ、公表した。(2007/1/5)

「行く年来る年2006」ITmediaエンタープライズ版:
「奴らは本気になった」――セキュリティ脅威の目的に大きな変化
2006年、セキュリティ上の脅威には大きな変化が起こった。目的が愉快犯から金儲けへと代わり、その手段としてボットやゼロデイ攻撃、ソーシャルエンジニアリングが用いられるようになっている。(2006/12/27)

年末緊急特番!ボットネット対策のすすめ:
「マニュアルは整備しています」……それでホントに役に立つ?
師走のある日、情報システム部課長の大田君が部長に呼び出された。用件は年末年始休暇前のセキュリティチェックだ。(2006/12/27)

Windows Vistaでセキュリティソフトはどうなる?
PC1台につき3つのマルウェアが存在し、PCの半数以上にはバックドアが仕掛けられており、そして14%の人はその事実に気付いていない――マイクロソフトが調査したセキュリティ報告にはそんな結果が出ている。(2006/12/22)

年末緊急特番!ボットネット対策のすすめ:
ボット対策、最後に頼りになるのは……
11月に開催された「Email Security Conference 2006」において、Telecom-ISAC Japanの企画調整部副部長小山覚氏が、2006年版のボットの動向について語った。(2006/12/7)

年末緊急特番!ボットネット対策のすすめ:
Microsoftの遠隔測定で得られたマルウェアの実態とは?
Microsoftでは、Malicious Software Removal Tool(MSRT)やWindows Defenderなどを通じてマルウェアの状況を遠隔測定。地域によって大きく分布が異なるという。(2006/12/1)

続・ディザスタリカバリで強い企業を作る:
企業価値の向上へ、そして国際競争力強化へつなげよう
最後に、ディザスタリカバリプロジェクトを進める上で失敗しないポイントと、企業価値の向上にもたらす効用について説明していく。(2006/12/1)

ファッションとセキュリティ脅威の共通点
米Symantecのセキュリティ研究センター、Symantec Security Responseのケビン・ホーガン氏によると、過去流行した脅威が再び今、登場してきているという。(2006/11/7)

インテグレータの役割や情報共有の推進に課題――JPCERT/CCシンポジウム
JPCERT/CCが10月25日に行った10周年記念シンポジウムにおいて、3人のセキュリティ専門家がこれからの課題を語った。(2006/10/27)

トラフィックの約7割がマルウェア発――ラックが上半期のセキュリティレポート
ラックは、2006年1月から6月のコンピュータセキュリティ動向をとりまとめた「コンピュータセキュリティ研究所動向調査報告書 2006上半期版」を公表した。(2006/10/10)

日本人を狙うマルウェア、「ハルヒ」画像を表示するトロイの木馬も
トレンドマイクロによると、日本人を狙うマルウェアの多くは、ソーシャルエンジニアリング的な手法を用いているという。(2006/7/25)

ローカルの脅威を捕捉する「ウイルスハンター」を表彰――トレンドマイクロ
トレンドマイクロは、新種ウイルスの検体を提供した「ウイルスハンター」のうち、特に多くの検体や重要な検体を提供した15個人/団体を表彰した。(2006/7/10)

スパイウェアは数も増加、悪質化も進む――トレンドマイクロ
トレンドマイクロは7月5日、スパイウェアやアドウェア、ボットの報告件数が増えているとする2006年上半期のウイルス感染被害レポートを公開した。(2006/7/5)

Interop Tokyo 2006:
Interopの象徴、ShowNetで具現化した「Net 2.0」のテクノロジー
Interopの象徴ともいうべき巨大展示会ネットワーク「ShowNet」。それ自体が最新ネットワーク技術のショーケースでもある。Net 2.0という新コンセプトを旗印に具現化されたShowNetの実像についてレポートする。(2006/6/9)

「幅広いユーザーに使ってほしい」、MSがスパイウェア対策ソフトの日本語β2公開
マイクロソフトは6月2日、無償のスパイウェア対策ソフト「Windows Defender」のβ2をWebサイト上で公開した。(2006/6/2)

Vista、OneCare、BitLocker……MS担当者が語るセキュリティへの取り組み
米Microsoftのセキュリティテクノロジユニット担当コーポレートバイスプレジデント、ベン・ファティ氏が来日。Windows Vistaにおける機能強化をはじめとするセキュリティに対する取り組みを語った。(2006/6/1)

「Winnyを使い続けることには相当のリスクがある」――米eEyeの鵜飼氏
先日、Winnyの脆弱性を発見してIPAに通知した米eEye Digital Securityの鵜飼裕司氏は「このままの状態でWinnyを使い続けることには相当のリスクが存在する」と語る。(2006/5/19)

Winny経由の漏えいは止まるか? データに見る暴露ウイルスの感染推移
内閣官房長官による異例の呼びかけから約2カ月が経過したが、いわゆる「暴露ウイルス」の感染は減ったのか。トレンドマイクロのデータを基にデータを整理してみた。(2006/5/16)

Winnyウイルスから機密情報を守れ!【第1回】
Winnyウイルスの現状を知ろう
企業や団体が所有している機密情報の流出が、毎日のようにニュースで報じられている。このほとんどがWinnyウイルスの感染が原因だ。ウイルスは日々進化しており、Winny自体のセキュリティホールも発見された。(2006/5/15)

人はなぜウイルスファイルを開くのか
Winny経由で情報を漏えいさせるウイルスに感染してしまう背景に、ファイル交換ソフトの「中毒性」や「慣性の法則」があるとIPAの加賀谷氏は指摘する。(2006/5/8)

Winny経由の情報漏えい対策、ソフトウェア開発者にできることは?
アリエル・ネットワークの徳力基彦氏は、ウイルスなどに悪用されないよう地道に改善し続けていくことがソフトウェア開発者の責任ではないかと述べた。(2006/5/8)

ファイル交換ソフト「Share」の暴露ウイルスに注意――IPA
IPAは、ファイル交換ソフト「Share」を介して感染を広げるAntinnyウイルスの亜種を警告した。この亜種はWinnyだけでなくShareでも感染する。(2006/4/28)

UTM――急成長する中堅企業の「門番」:
Winny漏えいを止められるか? UTMベンダーの取り組み
UTM(統合セキュリティ)は統合的なセキュリティ管理ソリューションである以上、IM(インスタントメッセージング)やP2P型ソフトのセキュリティ管理にも目を向けている。最近問題が表面化しているWinnyによる情報漏えい対策や、見落とされがちなIMのセキュリティ対策における、UTMの役割について取り上げる。(2006/4/21)

UTM――急成長する中堅企業の「門番」:
小規模、大規模向けはどうなる? UTMの「これから」
UTM(統合セキュリティ)アプライアンスはミッドレンジを対象とした製品が主流だが、もちろんそれだけではない。今後はローエンドはより安く、かつハイエンドは大規模システム向けに高可用性を追求したモデルが登場するだろう。今回は、UTMの方向性や新たに実装される機能について紹介する。(2006/4/14)

IPAが重ねてWinnyに注意、「危険性を理解できないなら利用すべきでない」
情報処理推進機構セキュリティセンターは、2006年3月のコンピュータウイルスおよび不正アクセスの届出状況を公表。重ねてWinny利用への注意も呼びかけている。(2006/4/5)

「山田オルタネイティブ」の動作を知る
Antinnyと同時にメディアで名前が取り上げられるようになった「山田オルタネイティブ」(仮称)は非常に悪質なマルウェアだ。その動作と注意点を紹介しよう。(2006/4/4)

ものになるモノ、ならないモノ(7):
ネットの“あちら側”から迫り来るスパイウェアという見えない亡霊にどう対処する?
「社内ブログ」「1ギガ」「D-Cubic」「Zigbee」「IPv6ブロードキャスト映像配信」「レイヤ2」に続き、今回は、Winny問題を取り上げる。梅田望夫氏の「ウェブ進化論」的にいう“あちら側”から迫り来るウイルスやスパイウェアという危機に迫りたい(編集部)(2006/3/28)

シマンテックがAntinny駆除ツールを無償提供、亜種など56種類を検出
シマンテックは、「Antinny」およびその亜種を検出、駆除する「Antinny駆除ツール」の配布を開始した。(2006/3/24)

ウェブセンス、Winnyの起動を止めるツールを無償提供
ウェブセンス・ジャパンは、WinnyなどP2P型ファイル共有ソフトを検出して起動を停止させるツールの無償提供サービスを継続する発表した。(2006/3/22)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。