ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

「AO入試/推薦入試」最新記事一覧

関連キーワード

IT記者はプロゲーマーの夢を見るか?:
どんなスキルが身に付く? 話題の「プロゲーマー専門学校」に潜入してきた
意外と体育会系でした。(2015/11/15)

経済評論家・山崎元の「エンジニアの生きる道」(17):
エンジニアに高い学歴は必要か
エンジニアがエンジニアとして生き残るためには、ビジネス的な観点が必要だ。ビジネスのプロである経済評論家の山崎元さんがエンジニアに必要な考え方をアドバイスする本連載。今回は社会人になってから大学院に通学したり、資格をたくさん取得したりするのはキャリアアップに有効か、また転職時に採用担当者からどのように見られるのか、などを「辛口」に解説する。(2015/10/5)

オンライン学習こそ重要なのは“リアル” いつでもどこでもスマホで学べる世界の先に――「gacco」「schoo」それぞれの戦略
スマホの普及で増える、動画で学べるオンライン学習サービス。異なる魅力でファンを増やす「gacco」「schoo」にそれぞれの現状、これからの戦略を聞く。(2015/8/6)

学校にもBIツールの波、就職率アップや中退防止に
学校にもBIツール、就職率アップや中退防止に活用を――。テコラスとウイングアーク1stが、大学・専門学校向けに経営情報分析/データサイエンティスト育成支援のプラットフォームを提供する。(2015/5/20)

箱根を制した青学・原監督が最も大切だと考えていることとは?
(2015/5/12)

日本は本当に医師不足なのか?:
医学部入試を通して、日本の「医師不足」を考える
国公立大学の医学部入試が行われました。医学部の定員数は未来の医師数を規定します。今回は、医学部入試を通して、昨今叫ばれている日本の「医師不足」について取り上げます。(2015/3/2)

日本初の「プロゲーマー専門学校」が2016年4月に開講! ネット上に困惑と反発の声
東京アニメ・声優専門学校に新規開設されます。(2015/2/17)

「大学入試」に悩むのは受験生よりも大学教授?
大学教授が奔走する、意外な大学受験の裏側をのぞいてみましょう。(2015/2/3)

口コミだけで月間10億PV、ベストセラー続々 京都発の小説投稿サイト「小説家になろう」の歩み
「魔法科高校の劣等生」など大ヒットラノベを輩出する投稿サイト「小説家になろう」。2004年に個人の趣味としてスタートし、10年間で月間10億PVのサイトに成長した。(2014/12/25)

学力じゃない! ハーバードが学生に求める能力とは?
名門中の名門であるハーバード大学入学に必要な能力とは? 書籍『人生が2000%うまくいく ハーバードの秘密』から紹介します。(2014/9/2)

転機をチャンスに変えた瞬間(13)〜プロ野球選手 石井琢朗:
ドラフト外からの出発 偉大な野手 石井琢朗は、いかにして誕生したのか
失敗するかもしれないけれど、成功しないとも限らない。ならば…… 「転機をチャンスに変えた瞬間」第4シリーズは、スーパー ポジティブな男、石井琢朗さんが野球人生を振り返る。(2014/2/24)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2013/10/21)

OSや言語ではなくデータベースを極めたい:
グリー技術者が聞いた、fluentdの新機能とTreasure Data古橋氏の野心
シリコンバレーで起業したビッグデータベンチャーの創業者の1人に、経歴や今後の目標、自身が開発した大人気のログコレクタなどについて聞いた。(2013/10/7)

教師たちを悩ます“進路指導の現場”
近年の進路指導はどのように行われているのでしょうか? 実際の進路指導の現場の様子を紹介します。(2013/6/4)

奨学金利用者の28.8%は延滞――背景にあるのは借りすぎ?
大学生のときに奨学金を借りていた、という人も多いだろう。ある調査によると、大学生の3人に1人は借りているそうだが、彼らは返済のことを考えているのだろうか。(2013/5/31)

丸投げ質問は禁止すべき――京大カンニング問題から考えたこと
2月末からメディアを騒がせている京大カンニング問題。試験時間中にYahoo!知恵袋に京都大学の入試問題が投稿されたことが問題になったが、筆者はそもそも「丸投げ質問をどう見るか」という点で問題提起する。(2011/3/11)

海外から見た! ニッポン人エンジニア(8):
グローバル人材の“優秀さ”とは何か――複雑化した「グローバル」という言葉を読み解く
時代を読む力は、生き残れるエンジニアの必須条件である。本連載では、海外と深い接点を持つ人物へのインタビューをとおして、IT業界の世界的な動向をお届けする。ITエンジニア自らが時代を読み解き、キャリアを構築するヒントとしていただきたい。(2010/12/16)

間違いだらけのIT人材育成(6):
“ゆとり&アラフォー世代”をきちんと鍛えるには
企業内研修にしても大学などの教育にしても、寺子屋時代から続く集合教育が中心である(正確には黒板が輸入されてから。黒板のない時代の寺子屋は集合教育ではなく個別教育だった)。ゆとり世代が社会人になり、育成の中心がアラフォー世代に移る中で、集合教育は今後のIT人材育成において有効な手段なのだろうか。集合教育が抱える問題点を明らかにしたうえで、その解決策を検討してみる。(2010/11/11)

イマドキの受験生が、大学に望むこと
かつては“レジャーランド”とも揶揄された大学。しかし、現代の学生は、大学を本来の学問の場と見ている人が多いようだ。ネットエイジア調べ。(2010/10/6)

iPhoneの導入事例:
“550台のiPhone”は、教育をどう変えるのか――青山学院大学 社会情報学部の取り組み
学生と教員にiPhone 3Gを配布し、授業やキャンパスライフなどで活用している青山学院大学 社会情報学部。550台のiPhoneは実際の授業でどのように使われ、どんな形で生徒の学習をサポートしているのか。同学部で助教を務める伊藤一成氏に聞いた。(2009/12/17)

田口元の「ひとりで作るネットサービス」探訪:
独学で学びAPI作成プログラマーへ──KOSHIAN・船木さん
購読しているフィードを解析するRSSリーダー「ReadOne」。文章を解析するAPIサービス「KOSHIAN」「TSUBUAN」──。数々のネットサービスを開発してきた若きエンジニアの目指す道は。(2007/7/23)

金融・経済コラム:
2007年、解散するネット系企業が増えるかも……
最近の新興市場は「一芸入試」の場だったのです。そして2007年は会社解散する企業と活発にM&Aを進める企業に分かれる1年になるかもしれません。(2006/12/11)

高校生のITスキルは上がったか?――立正大が入試にP検
高校で昨年度から必修化した教科「情報」は、高校生のITスキルに影響を与えているだろうか。立正大学はそれを探るため、パソコン検定を入試に利用する。(2004/7/23)

立正大、AO入試に「パソコン検定」導入
(2004/7/2)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。