ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

  • 関連の記事

「App Directory」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「App Directory」に関する情報が集まったページです。

「Google Home」への命令の続きをスマホで──Googleアシスタントに複数の新機能
Googleが「Google Home」および「Googleアシスタント」対応アプリ開発者向けに、Alexaのようにアプリ名を指定せずに命令を聞ける機能や、Google Homeへの命令を途中からスマートフォンに転送して完了するためのAPIなどの提供を開始した。(2017/11/16)

Slackで同僚に送金──PayPal bot登場
オンライン決済のPayPalが、Slackのチームメンバー同士で送金できる「PayPal bot」をSlackのアプリストアで公開した。まずは北米など数カ国で利用できるようになった(日本はまだ)。(2017/2/8)

SlackのDAUが400万人を突破 有料ユーザーは125万人に
ビジネス向けコラボレーションツール「Slack」の日間アクティブユーザー数(DAU)が、5カ月で100万人増加し、400万人を突破した。有料ユーザーは125万人だ。(2016/10/21)

Slackのアカウントで他のアプリにログインできる「Sign in with Slack」
チームコラボレーションツール「Slack」が、Slackのアカウントでサードパーティーのアプリにログインする「Sign in with Slack」を発表した。「Facebook Login」などと同様に新たなアカウントを作らずにアプリにログインでき、Slackチーム内でアプリを連係しやすくなる。(2016/5/11)

Slack、サービスロードマップとアプリ機能アイデア集をTrelloで公開
チームコラボレーションツールを手掛けるSlackが、連係するボットやアプリの開発者に向けて、自社サービスの今後のロードマップと、アプリに追加できそうな機能のアイデア集をTrelloで公開した。(2016/4/11)

Slack、専用アプリストア「App Directory」を立ち上げ──エコシステム強化へ
チーム向けコラボレーションツールの「Slack」の専用アプリストア「App Directory」が開店した。160本以上のアプリやボットを検索し、チームで使っているSlackにインストールできる。同社は関連アプリ開発者のエコシステム強化の目的で約98億円のファンドも立ち上げた。(2015/12/16)

Skype、アプリにビデオチャット機能を組み込める開発キットを公開
Microsoft傘下のSkypeが、デスクトップアプリにビデオチャットなどの機能を組み込める開発キットを10ドルで公開した。(2011/10/27)

Skype、アプリストア「App Directory」を立ち上げ
Skypeもサードパーティー製の有料・無料アプリを集めたアプリストアを立ち上げた。(2011/8/26)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。