ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「身だしなみ」最新記事一覧

-こちらもご覧ください-
誠Style:ファッション

顧客と信頼関係を築く方法とは:
営業担当者の「現場力」が優れた会社は成長できる
ITmedia ビジネスオンライン主催のセミナーイベント「チーム全体で業績を伸ばすための営業マネジメント術」が東京都内で開催。元積水ハウスで全国トップの支店長だった加藤氏と、ローランド・ベルガー会長の遠藤氏が、組織の営業力を高めるための方法や考え方を紹介した。(2017/4/12)

許せない行動は……:
「新入社員のタブー行動ランキング」1位は?
入社1カ月以内の新入社員が取っていた許せない行動は?――マクロミル調べ。(2017/3/22)

身だしなみは最低限のマナー:
「中身で判断してほしい」という就活中の若者へ
相手には外見の良さを求めるのに、自分のことは「中身を見てほしい」では矛盾しています。自分の外見に優位性がないなら、それを補正するお金や権力など、何らかのメリットで説得する必要があります。(2017/3/22)

週刊「調査のチカラ」:
「インサイト」が全て――生活者の本音を探ってみると
社会問題への関心から40代ミドル男性の身だしなみに対する意識まで、調査データから最近の生活者心理を探ります。(2017/3/18)

管理職が学ぶべきメンタルヘルス・マネジメント:
【新連載】部下のメンタル不調サインに気付けるか
「うちは大丈夫だろう」から「いつ起きてもおかしくない」に管理者は考えを改める必要がある。(2017/3/8)

臨床心理士みらーのメンタルアドバイス:
勝負は一瞬で決まる? 「メラビアンの法則」で第一印象を好意的にする方法
(2017/3/8)

コンビニ探偵! 調査報告書:
コンビニの棚を拡大中の「洗剤」、縮小しているのは?
コンビニには必要なモノはほとんどそろっているが、ずっと同じ品ぞろえではない。「今、はやっているモノ」や「新しいモノ」を置いて売れるかどうかを試した結果なのだ。今回は、コンビニの品ぞろえがどのように決まるのかを紹介しよう。(2016/10/20)

あのキャラに花束を:
【ネタバレあり】とてつもなく「ファンキー」で「うっすらおかしい」巫女さん 「君の名は。」宮水三葉が愛しい
妹の四葉曰く「あほ」で「美人」(2016/9/20)

内山信二が行く!オフィス訪問記:
5時間毎に座席が変わる! 内山信二がカルビー流”3つ”の働き方を体験
「かっぱえびせん」や「ポテトチップス」でお馴染みのカルビーに訪問。5時間毎に自ら働く場所を決めるカルビー流の働き方を体験!当然お菓子は食べ放題!?(2016/9/17)

どことなく漂う気品 多摩動物公園の放し飼いクジャクが男子トイレに参上
イケメンは身だしなみが重要。(2016/6/25)

PR:空気のヨゴレがまるわかり! スマホにつながるダイソンの空気清浄機能付きファン「ピュア クール リンク」はここがスゴイ
ニュースでは連日のように大気汚染や地球温暖化に関連する話題が取り上げられているが、自分を取り巻く環境について知る機会は少ない。しかし、それを“見える化”できて、同時に対策にもなる家電があったらどうだろう。「Dyson Pure Cool Link」を使ってみた。(提供:ダイソン株式会社)(2016/6/20)

代々木アニメーション学院とアニメイトのコラボ店「代アニメイト」に行ってみた
「おそ松さん」グッズもそこらじゅうにありました。(2016/6/18)

アンチと信者のマストアイテム 「ポプテピピック」のスマホケースが登場!
ぜったい流行る。(2016/5/25)

仕事の「あるある」、食い違いを解消するこんなコツ:
PR:コミュニケーション上手は生まれつきではない、学習可能な「スキル」
リクルートスタッフィングが開催した「エンジニア・クリエイターのコミュニケーション能力の向上を図るセミナー」では、グローバルナレッジネットワークの人材教育コンサルタント、田中淳子氏が、コミュニケーション力を高める具体的なコツを伝授。学習可能なスキルであると説明し、できるところから実践してみてほしいと呼び掛けた。(2016/5/10)

あなたのハートをピックア〜ップ! プレミアムバンダイより「シュガシュガルーン」のハートルーンコンパクトが登場だよ!
アグランディスマン!!(2016/4/13)

「ビビる」の発祥は平安時代? “歴史ある”若者言葉の語源を探る
「ビビる」「マジ」「ムカつく」など巷にあふれる若者言葉。実は語源は平安時代や江戸時代にさかのぼる、古い言葉だそうです……?(2016/3/7)

銀座で学んだこと:
“先行投資”でいい靴を買う 一流の人たちの共通点
私の知る限りトップと呼ばれる人たちはみな、“いい靴”を履いていらっしゃいます。(2016/3/1)

JALの機内食は、ほとんどの工程が手作業と目視で行われる「手作りごはん」 成田空港「機内食工場」に社会科見学行ってきた
「乗客分しか機内食は乗っていない」という事実にも驚き。重量・食べ物の廃棄を少なくするためだそうです。(2016/2/12)

就活のトリセツ(3):
履歴書、インターンシップ、リクルートスーツ――いざという時にオロオロしないための「就活準備」基礎の基礎 その2
IT業界への就職を考えている学生のために就活のイロハを伝授する連載「就活のトリセツ」。第3章は、就活の準備編として「履歴書」「インターンシップ」「就活マストアイテム」を解説する。(2015/12/24)

銀座で学んだこと:
出世する人は、数年先の「あるべき姿」を見ている
「スケジュールの調整が難しい。今週も来週も忙しいし……」というビジネスパーソンも多いのではないのでしょうか。しかし、そんな忙しい日々のなかでも、出世してきたビジネスパーソンは「将来を考えるための時間」を作っているようです。(2015/12/14)

イケメンはなぜいい匂い?思わず女性が笑顔になる男の香り術
(2015/11/9)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
男の年収は「見た目」で決まる――コンディションを高める2ステップ
上昇意欲が高くプライベートを犠牲にしてプレゼン術を磨いたり、資格を取得するなど日々努力を怠らない。でも「見た目」の影響力を見逃していないだろうか。(2015/10/15)

1秒で心をつかむ「気くばり」の習慣:
財布は「稼ぎが見えるもの」と心得よう
ワンランク上の小さな気くばり。最終回は、お財布について。成功者・お金持ちと呼ばれる人たちは、みな長財布を持っています。それは「お札をきれいに扱いたい」という意図の表れなのです。(2015/10/14)

仕事で消耗する女性は約9割、原因は?
仕事によって“消耗するなあ”と感じたことはありますか? 20〜30代の働く女性に聞いたところ、88%が「ある」と回答した。森永乳業調べ。(2015/10/13)

1秒で心をつかむ「気くばり」の習慣:
ペンには、実用と外見重視の「魅せ」用がある
ワンランク上の小さな気くばり。今回は、ペンの選び方です。書きやすさと見た目にこだわってみましょう。(2015/10/12)

1秒で心をつかむ「気くばり」の習慣:
ワンランク上の小さな気くばり――ビニール傘はやめる
傘は、ファッション以上に持つ人を引き立たせるアイテムです。使い捨てのビニール傘では、見た目で損をしてしまいます。(2015/10/9)

1秒で心をつかむ「気くばり」の習慣:
バッグをソファーの上に置いてはいけない
バッグは、道路、電車、公園、トイレなど、地面に直接置く可能性があります。そういうことに無頓着ではいけません。底に金具があるものは床に置きましょう。(2015/10/7)

1秒で心をつかむ「気くばり」の習慣:
あなたの名刺入れ、くたびれていませんか?
名刺入れは、自分の名刺を保管するだけのものではありません。擦り切れてへたっていないか、汚れで変色していないか、自分の名刺入れを確認してみましょう。(2015/10/5)

1秒で心をつかむ「気くばり」の習慣:
ワンランク上の小さな気くばり――靴を磨くときは、靴底まで磨く
靴を磨くことは、男を磨くこと。(2015/10/2)

1秒で心をつかむ「気くばり」の習慣:
ワンランク上の小さな気くばり――傘は開いてから相手に渡す
気分が沈みがちな雨の日も、気くばり1つで晴れやかになります。(2015/9/30)

1秒で心をつかむ「気くばり」の習慣:
ワンランク上の小さな気くばり、「ハンカチ2枚持つ」こと
1秒で相手の心をつかむ「気くばり」の習慣。これから8回にわたり、ワンランク上の小さな気くばりを紹介していきます。(2015/9/29)

ウチの会社にも欲しい? 社長の声で「お疲れさん」と話す自販機が登場
従業員が飲み物を買ったら「お疲れさん」と社長の声が出る自販機が現れた。(2015/9/11)

来週話題になるハナシ:
男性向けシェービング市場を盛り上げる、新ビジネスとは?
男性向けのカミソリ市場が拡大している。同市場は今後も成長が見込まれ、世界的に注目の分野になっているという。背景を探っていくと、これまでになかった新サービスが登場して新たなトレンドが生まれていたのだ。(2015/7/24)

「こうかニャ?」お母さん猫のマネをして顔を洗う子猫ちゃんに激萌え
洗えてないけどそこがかわいい。(2015/7/19)

東南アジア発、気になるニッポン企業:
クロネコヤマトがマレーシアで快進撃の理由
クロネコヤマトでおなじみのヤマトグループがアジア地域に宅急便を広げている。マレーシアヤマトは2011年に、宅急便を本格稼働し、その後急速に事業を拡大させている。その理由は……。(2015/7/7)

虚構新聞・社主UKのウソだと思って読んでみろ!第48回:
これがギャップ萌えなのか……! 御年64歳「長閑の庭」の榊教授に思わずキュン!(※社主は男です)
こんな64歳になりたい!(2015/6/23)

新人営業マンがまず身につけるべき必須スキル
(2015/5/26)

毎日の入浴だけではダメ! 「清潔感がない人」の特徴
(2015/5/21)

橘十徳の「自腹ですが何か?」:
刃を取り外さずに水洗いできるエチケットカッター「ER-GN30」
今回紹介するのは、パナソニックのエチケットカッター「ER-GN30」だ。鼻毛だけでなく、眉やヒゲ、耳などさまざまな箇所に使えるほか、使った後に刃を取り外さずにそのまま水洗いできる。身だしなみが気になる人は注目してほしい。(2015/4/27)

お寺の知られざる日常&お坊さんの苦労を知る「坊主マンガ」5選
(2015/4/24)

礼儀正しい営業マンは嫌われる? 「嫌われ営業マン度」3つのチェック
(2015/3/26)

まずは3店舗:
売店とコンビニが融合した「NewDays KIOSK」がオープン、5つのポイントとは?
JR東日本リテールネットは駅の売店とコンビニを融合させた新型ショップ「NewDays KIOSK」をオープンする。コンパクトな空間の中でコンビニの幅広い品ぞろえを提供していくそうだが、どんな特徴があるのだろうか。(2015/3/10)

ゴールドに光る記念モデルもお披露目:
富士通「伊達モデル」はダテじゃない!――デスクトップPC累計2000万台出荷の工場を見てきた
富士通アイソテック(福島県伊達市)で生産される国産デスクトップPCの累計出荷台数が2000万台を達成。現地で開催された記念式典、生産ライン、リサイクルセンターの様子をリポートする。(2015/2/23)

ビジネスパーソンの強い味方“新体感”エチケットキャンディ「リベロス」登場
ニオイは人の印象を左右する。ビジネスパーソンたるもの、どれだけ好印象を与えられるかも仕事の評価に関わってくる。カンロはそんなビジネスパーソンのための強い味方「リベロス」キャンディを開発した。(2015/2/9)

おサイフケータイにも:
もう手鏡はいらないね――「iPhone6 Plus用 ミラー付きケース」
上海問屋が、鏡を備えるICカード収納型iPhone 6 Plus用ケースを発売した。価格は999円。(2015/2/4)

捨てる「習慣」:
自己の変革のためにお金を使う
「欲しいから買う」というのは自然な消費行動のように見えますが、この発想ではお金が減っていく一方です。こういう人は「何に使ったのか分からないけど、なぜか給料日前にはお金がない」ということになりがちです。(2015/1/30)

魔法のシワ伸ばし? スチーマー&アイロンの1台2役、ツインバード「STYLE MAGIC」
ツインバード工業は、“ハンディーアイロン&スチーマー”こと「STYLE MAGIC」を7月に発売する。イオン化連続スチームで素早くシワを伸ばせるという。(2015/1/26)

市川左團次が弟子と口をきかない理由
「悩みがない」という歌舞伎役者・市川左團次さんの人生観とは? ご本人にお話をうかがいました。(2015/1/22)

チャンスをつかむ男の服の習慣:
営業職の服装で優先すべきは、会社のイメージ
営業職の人は、ときに個人の印象が成果を左右します。しかし、服装選びではあくまでも会社の看板を背負っていることを忘れずに。優先すべきは会社のカラー、営業職たる自分の印象は最後に考えます。(2014/12/22)

ヘルシーライフの新常識:
カロリーゼロを疑おう【第4回】アスパルテームへの疑惑
人工甘味料の代名詞とも言えるアスパルテーム。世界でもっとも普及している人工甘味料ですが、その人気を上回る疑惑の持ち主でもあるようです。(2014/11/28)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。