ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

  • 関連の記事

「AppFabric」最新記事一覧

企業のID管理/シングルサインオンの新しい選択肢「IDaaS」の活用:
第2回 IDaaSの実装をAzure ADで理解する(前編)
IDaaS(Identity as a Service)はどのように利用できるのか? 実際のサービスの1つ「Microsoft Azure Active Directory(Azure AD)」を例に挙げて、オンプレミスと比較しながら具体的に解説する。(2015/9/30)

クラウド・サービスと社内システムとのID連携 最新トレンド:
最終回 FacebookやGoogleのIDによるソーシャル・ログインを実現する
FacebookやGoogleなどのIDを利用した「ソーシャル・ログイン」には、ユーザー登録の手間を減らせるメリットがある。そこで、Windows Azure Active Directoryの「アクセス制御サービス(ACS)」を活用して、ECサイトでソーシャル・ログインを実現する方法を具体的に解説する。(2013/6/20)

IFS以外のERP環境でも利用可能:
フィールドサービス要員管理最適化ツール「IFS 360 Scheduling」
(2013/3/1)

クラウド・サービスと社内システムとのID連携 最新トレンド:
第1回 クラウド・サービス連携の基本と最新トレンド
IT管理者に求められるGoogle AppsやOffice 356などと社内システムとのID連携の導入。その実現方法は? まずは最新の概念や用語、技術を解説する。(2012/9/12)

9つのPaaSの違いが分かる比較表付き!
主要PaaSの機能とユーザーの開発トレンドを解説
PaaSの多くは、複数のプログラミング言語や開発フレームワークなどに対応し、料金体系も多岐にわたる。本稿では、言語やフレームワークのユーザー動向、主要PaaSの機能、料金体系のトレンドを紹介する。(2012/4/26)

PHP開発で使える2大クラウドを徹底検証(1):
AWSとAzure、まずはプロフィールを比較する
クラウド上でのJavaやRuby、.NETを利用した開発についての記事は増えてきていますが、クラウド上でのPHP利用に関する記事は、現時点では意外と少ないです。本連載では、PHP開発で利用することを前提に、Amazon Web Services(以下、AWS)とWindows Azureの2大クラウドを比較します。PHPのエンジニア以外でも参考になる内容になっていると思いますので、ぜひお読みください(2012/2/6)

スマートフォンとクラウドをつなぐ技術カタログ(1):
スマホ×クラウドの可能性をAzure×iOSで試す
(2011/9/12)

自社システムのAzure適性チェック
Windows Azure導入前に確認すべき3つの項目
Microsoft製品を広く採用している企業にとっては魅力的に映る「Windows Azure」だが、自社システムの運用状況によっては導入しない方がよい場合もある。Azure導入前に確認すべき3つのチェック項目を紹介する。(2011/7/5)

無料クラウドでできるFacebookアプリ開発入門(2):
クラウドに載せてFacebookアプリを全世界に公開するには
(2011/6/13)

Microsoft、Azureの無料試用プランをスタート
Microsoftはクラウドサービス「Windows Azure Platform」の普及促進のため、無料で同サービスを試せる「導入特別プラン」を開始した。(2011/2/23)

中堅・中小企業のクラウド活用とセキュリティ【第3回】
クラウド活用時に考慮すべき7つの課題とその対策〜仮想環境の保護・脆弱性対策編〜
前回明らかにしたクラウド活用におけるセキュリティ課題を基に、具体的な解決策として「仮想環境の保護」「脆弱性対策」をキーワードとして具体的な製品、サービスを紹介する。(2010/11/9)

Microsoft、Windows Azureで既存アプリを動かせる「VM Role」発表
Microsoftは開発者向けカンファレンスPDCで、Windows Azureの新機能やアプリストアの「Windows Azure Marketplace」を発表した。(2010/10/29)

企業向けシステムを構築するパブリッククラウド【第4回】
オンプレミスとの連携を意識した「Windows Azure」
Windows Azure Platformは、オンプレミスで多数のWindowsアプリケーションを保有し、積極的にクラウドを利用したいと考えているユーザーにとってうってつけの環境である。(2010/9/14)

AWS エバンジェリスト ジェフ・バー氏インタビュー
オンプレミスからクラウド、過渡期における課題の解決
クラウドに関してセキュリティや既存システムとの連携など多くの課題が指摘されている。その解決策としてAWSはどのようなソリューションを提供しているのか? AWSのエバンジェリスト ジェフ・バー氏に話を聞いた。(2010/9/10)

Javaから見た.NET(3):
将来性から見たJavaと.NETの違い、そして連携は?
システム開発がますます複雑化していく中、エンジニアには、テクノロジを理解して、さまざまな場面に適した選択が求められます。本連載では、Javaと.NETの基本的な仕組みから最新の傾向や技術などについて、数回に分けて紹介します(2010/8/27)

Salesforce.com、Microsoftを特許侵害で反訴
5月にMicrosoftから特許侵害で訴えられたSalesforce.comが反訴した。長い法廷闘争の始まりになるかもしれない。(2010/6/28)

Windows 7 SP1 βは7月末:
Microsoft、Tech・Ed 2010で「Windows Server 2008 R2 β」ほかを発表
ボブ・マグリア上級副社長は基調講演でクラウドコンピューティングへの取り組みを語り、「Windows Server 2008 R2」や「Windows Azure」など各種製品のアップデートも紹介した。(2010/6/8)

先取り突撃! DMS2010:
クラウド活用が製造業のグローバル競争力を強化する
2010年6月23〜25日の3日間、東京ビッグサイトで「第21回 設計・製造ソリューション展」が開催される。開催に先立ち、@IT MONOist編集部では、出展を予定しているマイクロソフトに展示の見どころを聞いた。(2010/6/7)

Windows Server 2008 R2の真価:
第9回 強化されたIIS 7.5(後編)
IIS 7はモジュールの追加で機能を大幅に拡張できる。FTPやWebDAV、URL書き換え、SEO対策など、代表的な追加機能を解説。(2010/2/25)

マイクロソフト、Azureを国内で本格展開
マイクロソフトは「Windows Azure Platform」を日本市場で本格展開すると発表した。(2010/2/23)

Microsoft、「Windows Azure」の製品版を21カ国でリリース
Windows Azureがすべての国々で正式サービスに移行した。Microsoftは1500億ドル規模に拡大するといわれるクラウド市場に本格的に参入する。(2010/2/2)

Windows Server 2008 R2の真価:
第8回 強化されたIIS 7.5(前編)
2008 R2のIIS 7.5の強化点を解説。Server CoreにおけるASP.NETのサポートやPowerShell用IISコマンドレット/監査機能の充実など。(2010/1/28)

Ask The Expert:PDC2009を振り返る
Windows Azure、クラウド、Silverlightの現状と今後
Microsoftのクラウドコンピューティングビジョンは企業に受け入れられるだろうか――。ソフトウェアの専門家にWindows Azureの今後を聞いてみた。(2010/1/7)

Microsoft、「Windows Azure」を正式公開
Microsoftのクラウドサービス「Windows Azure」がCTPから商用版に移行した。1月中にアカウントを取得すれば、同月末まで無料で利用できる。(2010/1/5)

Microsoft、新組織「サーバ&クラウド部門」を編成
Microsoftは、オンプレミスとクラウドという双方のソリューションの総合的な提供を目的に、WindowsサーバグループとWindows Azureグループを統合した。(2009/12/9)

Microsoft、「Windows Azure」リリース――2010年1月31日まで無料
Microsoftがクラウドサービス「Windows Azure Platform」の正式リリースと、Azure向けアプリストア「Pinpoint」、など関連サービスを発表した。(2009/11/18)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。