ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

  • 関連の記事

「APPLESEED TACTICS」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「APPLESEED TACTICS」に関する情報が集まったページです。

G-Tune、“ファンタジーアース ゼロ”推奨ゲーミングPCなど計2モデル5製品を発表
マウスコンピューターは、G-TuneブランドのゲーミングデスクトップPCに、ゲームポット運営オンラインRPG“ファンタジーアース ゼロ”推奨モデルなどを追加した。(2010/4/19)

新たなる世界の創造。「内海の時代」始まる――アップルシードタクティクス第5回戦結果発表
ゲームポットが運営する多人数同時参加型戦略シミュレーション「アップルシードタクティクス」の模様をお伝えするバトルリポート。今回はまとめとして、第5回戦の結果及び、これまでの勝利ポイント累計を発表する。(2009/12/4)

鉄壁のデフェンスに開いた一点の蟻穴――「アップルシードタクティクス」第4回戦詳報
ゲームポットが運営する多人数同時参加型戦略シミュレーション「アップルシードタクティクス」の模様をお伝えするバトルリポート。前回新王者となったユナイテッド・リパブリックの連覇なるか。それともアメリカ帝国が巻き返すか。はたまた残る3勢力が台頭するのか?(2009/11/27)

戦略の成就と破綻がもたらす栄光と没落――「アップルシードタクティクス」第3回戦詳報
ゲームポットが運営する多人数同時参加型戦略シミュレーション「アップルシードタクティクス」の模様をお伝えするバトルリポート。2連覇を果たしたアメリカ帝国は今回も人数で優位に立つ。このまま常勝街道を突き進むのか? それとも新たなる覇者の登場があるのか?(2009/11/19)

ハクトウワシに女神は再び微笑むか?――「アップルシードタクティクス」第2回戦詳報
ゲームポットが運営する多人数同時参加型戦略シミュレーション「アップルシードタクティクス」の模様をお伝えするバトルリポート。前回王者となったアメリカ帝国が余勢を駆ってスタート段階で最大所属人数を確保。数の優位はそのまま勝利に結びついたのか?(2009/11/12)

世界の覇権を狙う5つの勢力が相まみえる――「アップルシードタクティクス」第1回戦詳報
ゲームポットが運営する多人数同時参加型戦略シミュレーション「アップルシードタクティクス」の模様をお伝えするバトルリポート。記念すべき第1回戦は終盤まで僅差の争いが続く好勝負が展開した。幾多の政略戦略が渦巻く戦場を制し、初代王者となったのは? そしてその作戦とは?(2009/11/5)

ブラウザゲームの常識を覆す超絶の難易度――「アップルシードタクティクス」
ゲームポットが運営する「アップルシードタクティクス」は、オープンβを終え、いよいよ10月29日(木)午後6時より正式サービスを開始する。(2009/10/29)

アップルシードタクティクス オープンβ体験者インタビュー
10月22日午前11時、ゲームポットが運営する多人数同時参加型戦略シミュレーションゲーム「アップルシードタクティクス」のオープンβテスト第1回戦が終了した。そこでこのテストに最初期からゲーム終了まで参加していたライトノベル作家・御門智さんにゲームの印象を聞いてみた。公式スタッフによるコメントと併せてお読みください。(2009/10/22)

ライト&ヘビーの両立を目指す「APPLESEED TACTICS」――単なる原作物に留まらない独自のスタンスに注目
ゲームポットは10月15日、「APPLESEED TACTICS」のオープンβテストを実施することを発表した。同ゲームは2つのコンテンツからなっているが、そのうち、「アップルシード:C」と呼ばれるコンテンツにつき概要をお伝えする。(2009/10/9)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。