ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

「AppleWorks」最新記事一覧

関連キーワード

いろいろはかどるぞ:
指で触れるのが気持ちいい!! 「Bento 4 for iPad」で情報整理を快適に
「データベース」と聞くとなんだか難しそうだが、情報はまとめておくことでもっと便利に活用できる。美しいデザインとシンプルな操作でいつでもさっと情報を取り出せるiPad向けの「Bento」は、データベース入門に最適なアプリなのだ。(2012/7/6)

あくまでシンプル、個人向け。米FileMaker社長に聞く「Bento」
既にMacの中にあるデータを再活用する“データ入力のいらない”個人向けデータベースソフト「Bento」が、5040円という戦略価格で日本上陸。来日した米FileMaker社長に、Bentoの狙いとビジョンを聞いた。(2008/3/6)

Appleの「美しいNumbers」はExcelの代わりになるか
iWorkの表計算アプリケーション「Numbers」はかなりの関心を集め、「もうExcelには戻らない」と賞賛するユーザーもいる。だが、スクリプトをサポートしていない点などには不満の声も。(2007/8/17)

エルゴソフト、Mac用ワープロ「egword Universal」の乗り換え版を発売
エルゴソフトは、Intel Mac対応のMac OS用日本語ワープロ「egword Universal」の乗り換え版を発売する。(2006/10/11)

“ちょっといいな”が見つかるPC周辺機器特集:
PR:銀河系で1冊の“とっておきフォトアルバム”を作ろう!
デジカメで撮った写真を人に見せるときにはどうやっていますか? カメラの液晶画面をそのまま見せる? メールで送る? フォト用紙にプリントする? ここでは、自分でフォトアルバムを作ってしまうのをおすすめしたい。サンワサプライの「手作りアルバム製本セット」なら、家庭で写真集が手軽にできてしまうのだ。(2006/9/26)

っぽいかもしれない:
「2倍速い」Intel CPU搭載の新しいiMacをイジってみた
MacBook Proも出荷開始され、本格的にIntel CPUを搭載したMacが提供されるようになった。Intel CPUは“2倍速い”のか、新しいiMacをいろいろとイジってみたのだ。(2006/2/17)

Macworld Expo/SF
スティーブ・ジョブズCEO基調講演詳報――Mac mini、iPod shuffleからiLife '05、iWorkまで
Macworld Expoでのスティーブ・ジョブズCEOによる基調講演の詳細を、写真とともにお届けする。(2005/1/12)

アップル、オフィススイートiWork '05を発表
アップルが発表した「iWork '05」は、噂されていたMicrosoft Officeと競合するようなオフィススイートではなく、ワードプロセッサとプレゼンテーションソフトのパッケージだった。(2005/1/12)

アップル、1月29日からMac miniを国内販売
アップルのMac mini、国内販売は1月29日から。1.25GHzのPowerPC G4プロセッサ搭載、40GバイトのHDD内蔵の低価格モデルは、価格5万8590円。(2005/1/12)

ジョブズ氏、基調講演でMac miniとiPod shuffle披露
スティーブ・ジョブズCEOによるMacworld Expo基調講演では、噂どおりのローエンド向けMacとフラッシュ版iPod、オフィススイートのiWorkなどが披露された。(2005/1/12)

写真で見る「iMac G5」
ホワイトボディの「iPod」がよく似合う「iMac G5」。Apple Cinema Displayに通じるデザインは、透明感のある外装を纏ってスマートかつクール。でも、やっぱりG5は熱かった。(2004/9/3)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。