ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「アプリヤ」最新記事一覧

政治家のTwitter、Facebookを集約「Social Times」 投稿に自動でタグ付けも
政治家のTwitter、Facebookページの投稿をまとめてリアルタイムに更新するサイトが登場。政治家の投稿をタグで自動整理する機能も。(2013/6/17)

スマートフォンアプリを発注または開発する人の懸念点
スマートフォンのアプリを発注した人(検討を含む)は、どんなジャンルのアプリを注文したのだろうか。発注した人に聞いたところ「ゲーム」が最も多かった。MMD研究所調べ。(2011/11/9)

スマートフォンサイトをiPhoneアプリに自動変換するソリューション「MobileApps」
エンターモーションとAPPLIYAは、「MobileApps」の新メニューとして、スマートフォン用WebサイトをiPhoneアプリに自動変換するサービスを開始した。(2010/12/16)

iPhone/iPadビジネスのスペシャリストを養成――「iPhone Business School」開校
ジェナとAPPLIYAが、iPhone/iPad関連ビジネスのスペシャリストを養成する「iPhone Business School」を11月に開校する。(2010/9/13)

iPhoneアプリ月間ランキング:
独自ランキングから見える“人気iPhoneアプリ”の傾向
App Store開設当初からiPhoneアプリのランキング情報を収集し、その動向を分析してきた4001field。そこで独自に集計したiPhoneアプリの月間ランキングを見ると、瞬間風速しか分からないApp Storeのランキングとはまた違った側面が見えてくる。(2010/8/26)

iPad/iPhoneの法人活用をコンサル――ジェナとAPPLIYAがサービス開始
ジェナとAPPLIYAが、iPad/iPhoneの法人活用に関するコンサルティングサービスを開始。5万円のセミナーコースと30万円からの個別コースを提供する。(2010/8/17)

アプリヤ、iPad上のアクセサリショップアプリ「iアクセサリー」を開発
アプリヤが、iPhoneやiPadのアクセサリを閲覧・購入できるiPadアプリ「iアクセサリー」をリリースした。画面を自在にスクロールさせつつ商品が閲覧できる。(2010/8/10)

オリジナルのiPhone/iPadアプリを短期間で開発――ジェナとAPPLIYAがアプリ開発サービス
ジェナとAPPLIYAが、企業オリジナルのiPhone/iPadアプリを短期間で開発するサービスを開始。Web技術を活用することで開発期間を短縮するとともに、開発コストを抑えた。(2010/7/23)

無料でiPhoneアプリが作れる!?:
アーティストたちに“iPhoneアプリ化”の道を開く――アプリヤの挑戦
手持ちの素材を活用したiPhoneアプリを、無料で作成――。こんな耳をうたがうようなサービスを提供するのがアプリヤだ。このサービスはどんな背景から生まれ、何を目指すものなのか。執行統括責任者の新城氏に聞いた。(2010/4/13)

App Town レファレンス:
“本物”が鑑賞できる浮世絵美術館アプリ──「浮世絵 美人画」
アプリヤが4月1日、学習院大学の小林忠教授が全面監修した浮世絵入門書とも言えるアプリをリリースした。色味も忠実に再現した解像度の高い美人画25点を収録しており、価格は450円。なおリリース当初は期間限定で半額の230円で入手可能だ。(2009/4/3)

App Town ゲーム:
アプリヤ、iPhone/iPod touch用ヱヴァアプリの無料版をリリース
アプリヤは3月26日、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」をモチーフにしたiPhoneアプリ「EVANGELION vol.5 パズル Lite」を無料版としてリリースした。有料版の購入者向けに、プレゼントキャンペーンも実施している。(2009/3/26)

App Town ユーティリティ&ゲーム:
アプリヤのiPhone向けエヴァアプリ、「カレンダー」と「パズル」も発売
アプリヤとブロッコリーは3月9日、iPhone/iPod touch向けのヱヴァンゲリヲンアプリ「EVANGELION vol.4 カレンダー」と「EVANGELION vol.5 パズル」の販売を開始した。価格はカレンダーが115円、パズルは230円。(2009/3/10)

松村太郎のノマド・ビジネス:
エヴァアプリで花開くiPhoneビジネス
「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」をモチーフにした一連のiPhone/iPod touch用“エヴァアプリ”は、アプリヤとブロッコリーがiPhoneアプリ市場に投じた一石だ。アプリヤが目指す“容易にまねされない”アプリ開発の方向性を聞いた。(2009/3/5)

アニメ・コミックコンテンツをiPhoneアプリ化して世界ヘ──エヴァアプリは“第1弾”
アプリヤとブロッコリーは3月4日、世界でも人気の高い日本のアニメ・コミックコンテンツをiPhone/iPod touch向けのアプリとして世界展開する取り組みを改めて説明した。(2009/3/4)

App Town 写真:
「新劇場版:序」の名シーンに登場できる──「EVANGELION vol.1 フレームカメラ」アプリ発売
アプリヤとブロッコリーは3月2日、iPhoneアプリ「EVANGELION vol.1 フレームカメラ」を発売した。価格は230円。「ヱヴァンゲリオン新劇場版:序」の印象的なカットを合成フレームとして使える写真アプリだ。(2009/3/3)

App Town 写真:
ヱヴァンゲリオンをモチーフにした「スタンプカメラ」がiPhoneアプリに登場
アプリヤとブロッコリーが、映画「ヱヴァンゲリオン新劇場版」の雰囲気を再現できるiPhone用写真アプリ「EVANGELION vol.3 スタンプカメラを発売した。(2009/2/26)

App Town ユーティリティ:
ヱヴァの活動限界タイマーがiPhoneの「活動限界時計」に
アプリヤとブロッコリーが2月26日、映画「ヱヴァンゲリオン新劇場版」をモチーフにしたiPhoneアプリ「EVANGELION vol.2 活動限界時計」をリリースした。(2009/2/26)

“エヴァ”のiPhoneアプリを開発──アプリヤとブロッコリー、キャラクターアプリの企画開発で提携
アプリヤとブロッコリーは2月18日、アニメやキャラクターを活用したiPhone/iPod touch向けアプリの共同企画開発と販売での提携を発表した。共同開発アプリの第1弾は「ヱヴァンゲリオン」を題材にしたものとなる。(2009/2/18)

App Town エンターテインメント:
抜刀して振り回すと殺陣サウンド──その名も「居合 Phone」 アプリヤから
アプリヤは2月13日、加速度センサーを活用したiPhoneアプリ「居合 Phone」を発売した。価格は350円だが、2月28日までは230円でダウンロードできる。(2009/2/13)

App Town 写真:
今度は赤ちゃんを振り向かせる──アプリヤがiPhoneアプリ「赤ちゃんカメラ」を発売
アプリヤは2月3日から、「犬カメラ」「猫カメラ」の姉妹アプリ「赤ちゃんカメラ」の販売を開始した。撮影時に音を出して赤ちゃんを笑わせたり、振り向かせたりして写真を撮れる。(2009/2/4)

ソフトバンク、iPhoneアプリを開発するアップトーキョーとAPPLIYAに出資
(2008/12/25)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。