ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

「ARROWS Z」最新記事一覧

「ARROWS Z FJL22」一言レビューまとめ
(2014/7/1)

「ARROWS Z ISW13F」一言レビューまとめ
(2014/7/1)

「ARROWS Z FJL22」に画面が点灯しない不具合 ソフト更新で対処
KDDIが富士通製スマホ「ARROWS Z FJL22」のソフト更新を開始した。スリープ時に電源キーを押しても画面が点灯しない不具合を解消する。(2014/1/15)

KDDIの「ARROWS Z FJL22」、機種変更で実質価格2万円
KDDIの富士通製スマートフォン「ARROWS Z FJL22」が11月22日に発売され、店頭価格が明らかになった。機種変更時の実質価格は2万160円だ。(2013/12/2)

無線LANとLTE/3Gのマルチ通信や急速充電対応の「ARROWS Z FJL22」が11月22日に発売
KDDIは、5インチフルHD対応の富士通製ハイエンド端末「ARROWS Z FJL22」を11月22日に発売する。Wi-Fiと3G/LTEのマルチ通信に対応し、快適な通信を行える。(2013/11/18)

KDDIの「ARROWS Z ISW13F」、再起動の不具合――アップデートで対応
KDDIは、「ARROWS Z ISW13F」の不具合を改善するソフトウェア更新を開始した。画面消灯時に再起動する不具合を改善する。(2013/10/29)

なんとなく、“クリスタル”:
写真で解説する「ARROWS Z FJL22」
富士通製の「ARROWS Z FJL22」は、透明感のあるクリスタルデザインが特徴のauスマートフォン。10分で1日使える急速充電にも対応し、LTEとWi-Fiの同時接続も可能にした。(2013/10/4)

10分で1日使える高速充電:
Wi-Fiと3G/LTEのマルチ通信に対応した5インチフルHDのハイエンド端末――「ARROWS Z FJL22」
KDDIの2013年冬モデルの富士通製「ARROWS Z FJL22」は、5インチフルHDディスプレイに2.2GHzクアッドコアプロセッサーを搭載したハイエンドモデルだ。Wi-Fiと3G/LTEのマルチ通信に対応し、より快適な通信が行える。(2013/10/2)

KDDI、「ARROWS Z ISW13F」の不具合を解消するアップデート
KDDIが、ARROWS Z ISW13Fの不具合を解消するアップデートを7月2日から開始した。(2013/7/2)

「ARROWS Z ISW11F」のアプリ起動時間を改善するアップデート開始
auのスマートフォン「ARROWS Z ISW11F」のアプリ起動時間や画面表示時間を改善するアップデートを、4月16日から開始した。(2013/4/16)

KDDI、「ARROWS Z ISW13F」「AQUOS PHONE SERIE SHL21」のアップデート開始
auのスマートフォン「ARROWS Z ISW13F」と「AQUOS PHONE SERIE SHL21」の不具合を解消するアップデートが提供されている。(2012/11/14)

auの「ARROWS Z ISW11F」、Android 4.0へバージョンアップ可能に
2011年末に発売されたauのスマートフォン「ARROWS Z ISW11F」が、11月13日からAndroid 4.0へバージョンアップ可能になる。(2012/11/13)

「ARROWS Z ISW13F」のWiMAX通信などに不具合、アップデート開始
KDDIが、ARROWS Z ISW13Fの不具合を解消するケータイアップデートを10月11日から実施している。(2012/10/12)

KDDI、「ARROWS Z」「INFOBAR A01」「AQUOS PHONE IS11SH/IS12SH」のケータイアップデートを開始
KDDIはauスマートフォン4機種のケータイアップデートを開始した。ARROWS Z ISW13Fでは、WiMAXから3Gへの切り替えで通信できなくなる不具合を解消する。(2012/8/30)

「ARROWS Z ISW13F」に意図せず再起動する不具合――ケータイアップデートで対応
KDDIは、富士通モバイル製Androidスマートフォン「ARROWS Z ISW13F」のケータイアップデートを開始した。動作が遅くなり勝手に再起動する不具合や、指紋センサーでロックを解除できないなど、3つの症状を解消する。(2012/8/9)

実質価格はどちらが安い?:
「ARROWS X F-10D」「ARROWS Z ISW13F」発売、一括価格は7万円台後半
ドコモとauのハイエンドなスマートフォン「ARROWS」の新機種が20日に発売された。一括価格はどちらも7万円台後半と案内されていた。(2012/7/23)

KDDI、クアッドコアCPU搭載の「ARROWS Z ISW13F」を7月20日から順次発売
auのハイエンドな富士通製スマートフォン「ARROWS Z ISW13F」が7月20日から発売される。(2012/7/17)

「ARROWS Z ISW11F」のバッテリーやWi-Fi関連の不具合を解消するアップデート
KDDIがauスマートフォン「ARROWS Z ISW11F」のケータイアップデートを開始した。Wi-Fiやバッテリー関連の不具合が修正される。(2012/7/6)

プライバシーモードも搭載:
写真で解説する「ARROWS Z ISW13F」
「ARROWS Z ISW13F」は、クアッドコアプロセッサを搭載した富士通製のau向けハイエンドスマートフォン。処理能力の高さもさることながら、さまざまなセンサーを駆使したユーザー支援機能の数々も特徴的だ。(2012/5/25)

+WiMAX対応:
クアッドコアCPUでさらに速く――指紋センサー搭載WiMAXスマートフォン「ARROWS Z ISW13F」
スマートフォンもついにクアッドコアへ――。「ARROWS Z ISW13F」は4.6インチHD液晶にクアッドコアCPU「Tegra 3」を装備。指紋センサーやプライバシーモードも備えるほか、バッテリー容量もアップ。スペックと操作性の向上を果たしている。(2012/5/15)

「ARROWS Z」「ARROWS ES」のケータイアップデートを開始――操作中に再起動する不具合
KDDIは、Android搭載のauスマートフォン「ARROWS Z ISW11F」「ARROWS ES IS12F」のケータイアップデートを開始した。どちらも特定の操作中に再起動する不具合などを解消する。(2012/4/19)

「ARROWS Z ISW11F」のケータイアップデート開始、再起動する不具合などを解消
KDDIが3月29日、「ARROWS Z ISW11F」のケータイアップデートを開始した。1月24日から停止している、充電関連の不具合を解消するアップデートも含まれる。(2012/3/29)

「ARROWS Z ISW11F」のGPS機能に不具合、アップデート開始
auのスマートフォン「ARROWS Z ISW11F」のGPS関連の不具合を解消するアップデートが2月20日から順次開始される。(2012/2/20)

「ARROWS Z ISW11F」の充電機能に不具合、アップデート開始
auのスマートフォン「ARROWS Z ISW11F」の充電関連の機能に不具合があることが判明。KDDIは1月19日にアップデートを開始した。(2012/1/19)

レイ・アウト、「ARROWS Z」と「MEDIAS BR」用のフラップタイプ・レザージャケットを発売
レイ・アウトは、KDDIのauスマートフォン「ARROWS Z ISW11F」用と「MEDIAS BR IS11N」用のフラップタイプ・レザージャケットを1月20日に発売する。(2012/1/13)

外観、スペック、速度の違いは?――「ARROWS X LTE」と「ARROWS Z」を比較する
秋冬モデルの“全部入り”として注目を集めているドコモの「ARROWS X LTE F-05D」とauの「ARROWS Z ISW11F」。兄弟機ともいえる2モデルにはどんな違いがあるのか。外観やスペック、そして気になる動作・通信速度を調べた。(2011/12/27)

KDDI、「ARROWS Z ISW11F」のバッテリー持ちなどを改善するアップデートを開始
auのスマートフォン「ARROWS Z ISW11F」のケータイアップデートが開始された。(2011/12/26)

Mobile Weekly Top10:
変わる国産スマホの勢力図(12月19日〜12月25日)
ドコモの「ARROWS X LTE」とauの「ARROWS Z」が同時に発売され、アクセスランキングでは富士通端末の話題が多くを占めた。販売ランキングでは4SやSH-01Dを抜く人気のARROWS Zだが、発熱問題なども取りざたされている。(2011/12/26)

携帯販売ランキング(12月12日〜12月18日):
国産“全部入りスマホ”が快進撃 au版iPhoneはトップ10圏外に
海外勢が強かった携帯電話販売ランキングに新たな風が吹いている。シャープの「AQUOS PHONE SH-01D」に続き、今回は富士通東芝の「ARROWS Z ISW11F」が初登場で見事に首位を獲得。ケータイからの機能も含めた“全部入りスマホ”の強さが浮き彫りになった。(2011/12/23)

発熱問題の詳細を確認:
ARROWS Z ISW11Fは温度が上昇しやすい仕様
発熱して一部機能が停止する「ARROWS Z ISW11F」。一定の温度に達して機能が停止すること自体はISW11F特有の問題ではないが、ISW11Fは端末の温度が上昇しやすいという。(2011/12/22)

「故障ではない」:
「ARROWS Z ISW11F」、本体発熱時に充電や一部機能が停止する事象発生
auの富士通東芝製スマートフォン「ARROWS Z ISW11F」で、本体が熱くなると、充電や一部機能が停止する事象が確認された。(2011/12/20)

価格は?:
「ARROWS X LTE」「ARROWS Z」発売 予約しても入荷待ち、当日販売分なしの店舗も
冬スマホのフラグシップモデル「ARROWS X LTE F-05D」と「ARROWS Z ISW11F」が12月17日に発売された。注目機種だけあり、予約分に初回入荷が追いついていない店舗が多いようだ。(2011/12/17)

+WiMAX対応のAndroidスマートフォン「ARROWS Z ISW11F」、12月17日発売
au 2011年冬モデルのフラッグシップに位置付けられるハイエンドスマートフォン「ARROWS Z ISW11F」の発売日が12月17日に決まった。(2011/12/14)

Mobile Weekly Top10:
auでも拡大する“ARROWS”ラインアップ(12月5日〜12月11日)
auから登場した厚さ6.7ミリの極薄Android「ARROWS ES IS12F」。発表済みの「ARROWS Z ISW11F」と合わせて、富士通東芝はauでもARROWSラインアップの拡充を始めた。(2011/12/12)

「ARROWS Z ISW11F」の“ここ”が知りたい:
第1回 タッチパネルは本当にサクサク? 内蔵メモリは?――「ARROWS Z ISW11F」
au冬モデルのフラグシップ機として注目を集めている「ARROWS Z ISW11F」。一問一答式で展開する本レビューで、その主な見どころを紹介する。第1回では基本スペックや操作感を調べた。(2011/12/5)

全部入り「ARROWS Z」発売間近:
「ARROWSに最先端の技術を結集」――富士通東芝、au冬モデルで“美しさ、速さ、薄さ”を訴求
au秋冬モデルのフラグシップ機「ARROWS Z ISW11F」が間もなく発売される。薄さを追求した「ARROWS ES IS12F」も発表された。富士通東芝がau新機種の発表会を開催し、ARROWS ZやARROWS ESでこだわった技術や機能を説明した。(2011/12/5)

写真で解説する「ARROWS Z ISW11F」
CPU、ディスプレイ、カメラ、通信機能、日本向けサービスなど、これ以上ないというほどの機能やサービスを詰め込んだ「ARROWS Z ISW11F」。発表会で展示されたモデルは未完成な部分が多かったが、確認できた範囲で、その見どころをリポートしよう。(2011/9/27)

動画で見るスマートフォン――「ARROWS Z ISW11F」(試作機)
デュアルコアCPU、WiMAX、防水、1310万画素カメラなど高いスペックが特徴の「ARROWS Z ISW11F」。2種類のホーム画面や独自のショートカット、ブラウザの操作感を動画で紹介する。(2011/9/26)

+WiMAX対応:
防水ボディにHD液晶、おサイフ、ワンセグを詰め込んだほぼ“全部入り”Android――「ARROWS Z ISW11F」
au初登場の“F”ブランドスマートフォン「ARROWS Z ISW11F」は、ディアルコアCPUを搭載したWiMAX対応Android。防水ボディにHDタッチパネル、13Mカメラ、おサイフケータイ、ワンセグ、赤外通信、家電連携、エコモードと、あらゆるものが詰め込まれている。(2011/9/26)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。