ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

  • 関連の記事

「ARToolKit」最新記事一覧

Computer Weekly製品導入ガイド
モバイルアプリの実装方法と開発&テストツール選び
モバイルユーザーの期待は高い。だが万能的な方法は存在しない。それがモバイルアプリ開発に及ぼす影響について解説する。(2017/5/31)

実用化事例が続々登場
「Pokemon GO」は序章にすぎなかった、AR市場の急拡大に開発者はどう対応する?
「Pokemon GO」よりも大きな規模の話だ。拡張現実(AR)は、仮想現実(VR)が作り出す架空の世界を現実世界に融合し、便利でインタラクティブな体験をもたらす。開発者はすぐにも作業に取り掛かるといい。(2017/1/19)

今こそ未来に備えるとき
Fordが自動車開発に活用 急拡大するAR/VRビジネスに必要なスキルとは
自動車メーカーから小売業に至るまで、拡張現実(AR)/仮想現実(VR)が企業における従業員の働き方や製品の生産方法に変化をもたらしている。具体的な事例を紹介しよう。(2016/12/31)

「Pokemon GO」の次は? “玩具化”したARはどこへ行くのか
「Pokemon GO」をはじめ、身近な存在となりつつあるAR(拡張現実)。だが「ARはゲームに使われる技術」など“玩具”のように思う人も少なくない。こうした課題を踏まえ、ARはこの先どのように発展し、ビジネスの現場や日常生活を変えていくのか――。(2016/7/21)

【連載】ARをマーケティングに応用する:
第1回 拡張現実(AR)の背景と現状について――私はいかにしてARに魅せられたか
次世代の広告表現を可能にする拡張現実(Augmented Reality=AR)。その技術的な背景や最新の活用事例を解説する。(2012/8/22)

モバイルARアプリ開発“超”入門(6):
ARに使えるOpenCVで作る画像認識Androidアプリ
(2012/3/1)

モバイルARアプリ開発“超”入門(5):
iPhoneで動くARアプリを作るためのライブラリ10選
(2012/1/25)

モバイルARアプリ開発“超”入門(3):
NyARToolKit for Androidよりも簡単なAndARとは
(2011/11/16)

モバイルARアプリ開発“超”入門(2):
NyARToolKitでマーカー型ARのAndroidアプリを作る
(2011/10/24)

モバイルARアプリ開発“超”入門(1):
いまさら聞けないAR(拡張現実)の基礎知識
プログラミング未経験でも手軽にAndroidアプリが作れるApp Inventor。本連載では、App Inventorでアプリを作り、使用しているコンポーネントに関して実際にJavaのAPIと比較して、できることを検証していきます(2011/9/26)

「ARをもっと身近に」――AR専業会社のアララがARアプリ「ARAPPLI」を披露
AR(拡張現実)サービス専門の会社として設立されたアララが発表会を開催。QRコードが入ったマーカー上にコンテンツを浮かび上がらせるARアプリ「ARAPPLI」の特徴や今後の展開を説明した。(2010/12/15)

レピカ、スマートフォン向けにARサービスを提供する「アララ」を設立
レピカは、スマートフォンなどにARサービスを提供する100%子会社アララを設立し、ARアプリケーション「ARAPPLI」を提供する。(2010/12/7)

CEATEC JAPAN 2010:
テレビにケータイかざして情報入手――KDDIの「“smARt”テレビ視聴」
テレビにケータイをかざすと画面から情報が飛び出す――画像認識型のAR技術を使って、テレビの新しい視聴スタイルを提案するのがKDDIの「“smARt”テレビ視聴」だ。(2010/10/6)

CEATEC JAPAN 2010:
ARとバーチャル世界の合わせ技――ドコモの「Mobile AR技術 Ver.2」を見た
ドコモがCEATEC JAPAN 2010でARのサービス像を参考出展している。目を引いたのは、Second Lifeのような現実そっくりの仮想世界とAR空間のコンテンツを同期させるサービスだ。PC上と現実の双方で同じゲームを楽しむといったことが可能になるかもしれない。(2010/10/6)

3キャリア対応で“誰でも楽しめる携帯ARアプリ”――「AR3DPlayer」登場
国内3キャリアの携帯電話で楽しめるARアプリがついに登場した。その名は「AR3DPlayer」。マーカーに端末のカメラをかざすと、カメラ映像に動く3Dコンテンツが滑らかに表示される。開発会社は、アニメや映画、雑誌など、さまざまな商品のプロモーションに活用してもらい、収益を得ようとしている。(2010/8/27)

ワイヤレスジャパン2010:
ビルの“向こう”に巨大な天海春香――KDDIのARが画像認識でさらに進化
街中のビルの向こうにキャラクターが現れたり、音楽アルバムの看板から楽曲が流れたり――こんな高度なAR体験を携帯電話で実現させたのが、KDDIの開発版「セカイカメラZOOM」だ。ARゲームへの応用に加え、広告からECへの導線にもなると開発者は語る。(2010/7/14)

楽しいWindows 7アプリ作成入門(4):
Silverlightで作れるAR(拡張現実)アプリの基礎知識
「あんなこといいな」「できたらいいな」というアイデアをWindows 7の表現力で具体的な“アプリ”という形にするには、どうすればいいのだろうか? 具体的なコードやデモとともに一から教えます(2010/4/30)

安藤幸央のランダウン(49):
Java技術者も知っておきたい「AR(拡張現実)」
「Java News.jp(Javaに関する最新ニュース)」の安藤幸央氏が、CoolなプログラミングのためのノウハウやTIPS、筆者の経験などを「Rundown」(駆け足の要点説明)でお届けします(編集部)(2009/11/17)

高専プロコンリポート:
これぞ高専――実践力を生かしたユニークな創造作品が全国から集結
全国高等専門学校の学生たちが独自の発想やシステム開発力を競う「高専プロコン」が開催。課題/自由部門ではタッチパネルやARなど話題の技術を取り入れたユニークな作品が登場した。(2009/10/23)

AR三兄弟が考える拡張現実とマッシュアップ:
これなら分かるAR(拡張現実)
iPhoneアプリのセカイカメラやアニメの電脳コイルなど、なにかと話題のAR。既存のWebサービス・概念・製品とマッシュアップすることによって、ARはさらにユニークな方向に可能性が広がります(2009/10/5)

ワイヤレスジャパン2009:
位置情報で広がるARサービス――クウジット末吉社長
クウジットの末吉隆彦社長が行ったワイヤレスジャパンの講演では、AR技術の説明や、ARと位置情報サービスとの親和性について語られた。(2009/8/18)

iPhone OS 3.0でアプリはどう変わるか? 7つの予想
大量の機能が無料で追加されたiPhoneの新OS。コピペ機能の搭載などで一気に便利になったわけだが、iPhone最大の魅力とも言えるアプリケーションの世界はどう動くのだろうか。(2009/6/25)

「過激でないと革命は起こせない」――そして「電脳フィギュア ARis」は生まれた
画面の中のメイドさんをツンツンしたり、下からのぞいたり、服を脱がせたり――「電脳フィギュア ARis」の遊び方は単純で、ちょっと過激なお色気路線。「過激でないと革命は起こせないから」と発売元の社長は言う。(2008/11/7)

アリスの限界と可能性:
芸者は電脳フィギュアの夢を見るか
世界初の拡張現実フィギュア「ARis」が発売された。おそらく日本でなければ製品化されることはなかったであろう“電脳フィギュア”を通じて、近未来の技術を考えてみる。(2008/11/6)

「電脳フィギュア」だけじゃない 初音ミクもARで
「電脳フィギュア ARis」が発売され、注目が集まる「拡張現実」(AR)。ARisっぽいアプリを制作できる「ARToolKit」も話題だ。(2008/10/27)

New Generation Chronicle:
新藤愛大――欲望という幻想を現実に変えるActionScripter
ソフトウェアとハードウェアの両方に精通し、世の中を変革しようと牙を研ぐバイナリアンたちを紹介していく「New Generation Chronicle:バイナリアンスレッド」。第3回は、若くして国内のFlash/ActionScript界をけん引する新藤愛大氏に登場いただいた。(2008/5/12)

New Generation Chronicle:
上野康平――3次元空間を統べる若き天才プログラマー(完全版)
ソフトウェアとハードウェアの両方に精通し、世の中を変革しようと牙を研ぐバイナリアンたちを紹介していく「New Generation Chronicle:バイナリアンスレッド」。第1回の井上さんからバトンを引き継いだのは、史上最年少の18歳で天才プログラマー/スーパークリエータの称号をIPAから贈られた上野康平さんの完全版をお届けする。(2008/2/19)

それよりもっと未来を見つめて〜NHK技研公開2004
5月27日から30日まで、東京世田谷区砧のNHK放送技術研究所の一般公開が行われている。目立つところにいるのは地上波デジタルテレビ放送関係だが、こちらは例によって、もっと変なものを拾っていこう。(2004/5/28)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。