ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

「Ascend G」最新記事一覧

ふぉーんなハナシ:
格安スマホで母との絆が深まった新人エンジニアの話
約半年前に家族全員で格安スマホユーザーになった。月額料金を安くする狙いもあったが、母のとある目的を達成するためでもあった。(2016/5/19)

最新スマートフォン徹底比較:
1万円台の低価格SIMフリースマホを徹底比較――基本スペック&持ちやすさ編
市場価格が1万円台(税別)のAndroidスマホ5機種を比較する。性能は3万円台や4万円台以上の製品と比べてかなり低いが、SNSやYouTubeぐらいならそこそこ快適に利用できる。あまり複雑な使い方をしなければ、かなりコストパフォーマンスの高い端末だ。(2016/5/9)

スマモバ、池田エライザさんを起用した期間限定パッケージ発売
スマホとお試しSIMなどが当たるTwitterキャンペーンも実施。(2016/2/23)

中古スマホ買取ランキング:
iPhone 6/5sが人気、SIMフリーの5sもランクイン――ゲオ12月編
ゲオ店舗で扱っている中古スマホの買取ランキング。12月はiPhone 6とiPhone 5sの買取人気と価格が高い。SIMロックフリーのiPhone 5sもランクインしている。(2016/1/22)

スマートフォン・オブ・ザ・イヤー2015:
ハイエンドは主役が不在? ミッドレンジが成長した1年――選考委員が挙げた5機種
2014年12月〜2015年11月に発売されたスマホ10機種の中から最優秀機種を選出する「スマートフォン・オブ・ザ・イヤー2015」。選考委員は、何を基準にノミネート候補を挙げたのでしょうか。(2015/12/25)

中古スマホ買取ランキング:
「iPhone 5s」と「iPhone 6」が人気、SIMフリーでは「ZenFone 2」が上昇――ゲオ11月編
買い取り量が多く、買い取り額が高いのは「iPhone 5s」と「iPhone 6」だ。特にドコモ版は高く買い取ってもらえる。SIMフリーでは「ZenFone 2」の最高買取額が10月より値上げされた。(2015/12/22)

中古スマホ買取ランキング:
買取でもiPhoneが人気、特にドコモ版が高価な傾向に――ゲオ10月編
「iPhone 6s」が発売された直後とあって、10月は「iPhone 6」の買取が多い。特に人気が高く(よく売る人が多く)買取価格が高いのは、ドコモの「iPhone 6」だった。(2015/11/24)

レキオス、格安スマホ&SIMサービス「LEQUIOS mobile」開始――月450円で1Gバイト〜
レキオスが、格安スマホ&SIMサービス「LEQUIOS mobile」の提供を開始した。データ通信のみのプランは450円、音声通話付きのプランは950円から利用可能だ。(2015/10/1)

スマホを半額&最大2000円相当のポイントをプレゼント――「秋の楽天モバイル感謝祭」
honor6 PlusやAscend Mate7などのスマホを半額、またはエントリーと楽天モバイルへの申し込みで最大2000円相当のポイントをプレゼントする「秋の楽天モバイル感謝祭」がスタートした。(2015/9/25)

SIM通:
SIMフリースマホが購入前に試せる! DMMいろいろレンタル
DMM.comの「いろいろレンタル」に、SIMフリースマホ・タブレット計7機種が追加されました。どういったサービスなのか詳しく紹介します。(2015/9/3)

ソネットの「スマホセット2480」がアップグレード、「HUAWEI P8 lite」提供開始&データ容量を2倍に
ソネットは、9月1日から「スマホセット2480」の内容をアップグレード。人気端末「HUAWEI P8 lite」を提供開始し、音声通話機能付きSIMの月間のデータ通信容量を料金はそのまま2倍とする。(2015/9/1)

楽天モバイル、「Ascend G620S」を一括9980円で販売開始
フュージョンが、「楽天モバイル」にてHuaweiのSIMロックフリースマートフォン「Ascend G620S」の販売を開始した。(2015/8/21)

DMM mobile、HUAWEI「Ascend G620S」の販売価格を変更――月々576円に
DMM.comのMVNOサービス「DMM mobile」は、スマートフォン「HUAWEI Ascend G620S」の値下げを実施した。(2015/8/20)

「DMM.comいろいろレンタル」がSIMロックフリー端末をレンタル開始――「ZenFone 2」ほか7機種
DMM.comは、レンタルサービス「DMM.comいろいろレンタル」でSIMロックフリー端末のレンタルを開始。「ZenFone 2」「AQUOS SH-M01」など7機種から選べる。(2015/8/17)

格安SIMをもっとおトクに:
格安SIMのおトクなキャンペーン情報を総チェック!(2015年8月編)
大手3キャリアよりもおトクな「格安SIM」。意外と見落としがちなのですが、格安SIMにも、キャンペーンやおトクな割引が多数あります。8月に実施中のキャンペーンを、早速チェックしてみましょう。(2015/8/8)

ファーウェイ、「Ascend G620S」を値下げ 税別1万7800円に
楽天市場の販売価格を税込み2万3544円から1万9224円に。(2015/8/6)

格安SIM徹底レビュー:
業界最安プラン+豊富な端末が魅力、弱点は「実店舗なし」――「DMM mobile」(2015年7月)
各社がし烈な競争を繰り広げる格安SIMサービス。料金、基本機能から実行速度、サポート体制まで、あらゆる要素を徹底レビューしていく。今回取り上げるのは、DMM.comがMVNOとして提供している通信サービス「DMM mobile」だ。(2015/7/24)

SIMロックフリースマホメーカーに聞く:
デザインを洗練させてカメラ機能を強化、熱対策も――Huaweiの“生き残り”戦略
HuaweiがSIMロックフリースマホを本格展開してから1年がたったが、同社は今の市場をどのように捉えているのか。同社の最新戦略を、日本で端末事業を統括するデバイス・プレジテントの呉波(ゴハ)氏に聞いた。(2015/7/22)

格安SIMをもっとおトクに:
MVNO各社のおトクなキャンペーン情報を総チェック!(2015年7月編)
大手3キャリアよりもおトクな「格安SIM」。意外と見落としがちなのですが、格安SIMにも、キャンペーンやおトクな割引が多数あります。7月に実施中のキャンペーンを、早速チェックしてみましょう。(2015/7/11)

SIM通:
1万円から3万円以内のコスパ最強、オススメSIMフリースマホ!
SIMフリースマホもさまざまなモデルが溢れ「どれを買ったらいいかわからない」といった声も。今回は、低価格帯モデルにスポットを当てオススメの機種とその理由を紹介します。(2015/7/8)

価格別 LTE対応SIMフリースマホまとめ――「SIMサイズ、ストレージ、メモリ、対応バンド」編
LTEに対応した「今買えるSIMロックフリーのスマートフォン」のスペックを比較する本記事。第3回では、SIMのサイズ、ストレージ、メインメモリ、外部メモリ、LTEの下り最大通信速度、対応バンドを調べた。(2015/6/15)

格安SIMをもっとおトクに:
MVNO各社のおトクなキャンペーン情報を総チェック!(2015年6月編)
大手3キャリアよりもおトクな「格安SIM」。意外と見落としがちなのですが、格安SIMにも、キャンペーンやおトクな割引が多数あります。早速、チェックしてみましょう。(2015/6/13)

SIMフリースマホの新たな選択肢――Windows Phone「MADOSMA」を写真と動画でチェック
マウスコンピューターが発表した初のスマートフォン「MADOSMA」が、開発者イベント「de:code 2015」で展示されていた。外観は? ソフトウェアは? 対応ネットワークは? いろいろチェックしてきた。(2015/5/27)

ゲオがSIMの販売を始めて変わったこととは?――「ゲオモバイル」の狙いを聞く
リサイクル事業と携帯電話代理店事業のノウハウを掛け合わせて生まれた「ゲオモバイル」。NTTコムとの協業でOCN モバイル ONEのSIMカードを扱い始めたことで、端末とSIMカードの両方を販売可能になった。今回は、そんなゲオモバイルの戦略を聞いた。(2015/5/26)

ゼロから分かる格安SIM:
PR:第6回 【PR】どんなスマホが使えるの? 毎月の運用費は?(ソネット編)
格安SIMではどんな端末が使えるの? 毎月いくらぐらいで運用できる? 今回は、「Xperia J1 Compact」と格安SIMをセットで販売するMVNO「ソネット」で詳細をチェックしていきましょう。(2015/5/18)

価格別 LTE対応SIMフリースマホまとめ――「OS、CPU、バッテリー、カメラ」編
LTEに対応したSIMロックフリーのスマートフォン19機種をチェックしている本記事。第2回では、OS、プロセッサ(CPU)、バッテリー容量、カメラの画素数を比較した。(2015/5/12)

格安SIM徹底レビュー:
安心の「NTT」ブランド+豊富なプランと端末ラインアップ――「OCN モバイル ONE」(2015年4〜5月)
各社がし烈な競争を繰り広げる格安SIMサービス。料金、基本機能から実行速度、サポート体制まで、あらゆる要素を徹底レビューしていく。今回取り上げるのは、NTTコミュニケーションズが提供するMVNO「OCN モバイル ONE」のSIMカードだ。(2015/5/12)

価格別 LTE対応SIMフリースマホまとめ――「ディスプレイ、本体サイズ、重さ」編
多数のSIMロックフリースマートフォンが登場し、選択肢が広がってきた。そこで、LTEに対応するSIMロックフリースマホのスペックを比較する。まずはディスプレイ、本体サイズ、重さをまとめた。(2015/5/4)

「ゲオスマホ」誕生:
巨大な会員基盤と豊富な販売チャネルを生かす――ゲオとNTTコムが提携した理由
ゲオとNTTコムの業務提携により、「ゲオモバイル」が誕生した。全国1000以上の店舗や2000万人の会員を持つゲオと、MVNOのSIMサービスで高いシェアを誇るNTTコムがタッグを組むことで、格安SIMのユーザー層拡大が期待される。(2015/4/3)

SIM通:
価格帯別・最新SIMフリー端末 まとめ
SIMフリースマホの選択肢がますます充実してきました。ハイスペックからローエンドまで、価格帯別に比較したいと思います。(2015/4/3)

ゲオとNTTコムが業務提携――「ゲオスマホ」を4月2日からゲオ50店舗で展開
ゲオホールディングスとNTTコミュニケーションズが「ゲオスマホ」を4月2日から提供する。NTTコムの「ゲオ×OCN SIM」と、SIMロックフリースマートフォンをセットで販売する。(2015/4/2)

「U-mobile」、4月1日に料金改定――データ増量や月額料金値下げなど
発表が相次いでいるMVNOサービスの料金改定に、U-NEXTも手を挙げた。U-mobileの一部プランにて料金据え置きでデータを増量するほか、月額料金を下げる。新たに「通話プラスLTE使い放題2」プランも提供する。(2015/3/25)

「DMM mobile」のセット端末に「Ascend G620S」が追加 一括価格は2万2200円
「DMM mobile」が端末ラインアップにHuawei製スマホ「Ascend G620S」を追加した。一括価格は2万2200円。(2015/3/19)

UQ mobileの取り扱いも開始:
九州通信ネットワークが格安SIMを提供――データSIMは月2Gバイトで900円から
九州通信ネットワーク(QTNet)がMVNO事業に参入し、ドコモのネットワークを利用した格安SIMサービスを提供する。データSIMと音声SIMの両方を扱う。(2015/2/13)

「スマホセット2480」の割引も――ソネットが「So-net 光 コラボレーション」開始
ソネットが、光コラボレーションモデルを活用した光回線サービス「So-net 光 コラボレーション」を2月9日に開始。モバイルサービス「スマホセット2480」と連動した割引も実施する。(2015/2/9)

キャッシュバックキャンペーンも:
「ぷららモバイルLTE」、データ無制限+音声通話対応の新プランを追加
ぷららは格安SIMサービス「ぷららモバイルLTE」に、音声通話対応プランを追加した。新プランとスマホとセット契約した場合のキャッシュバックキャンペーンも行う。(2015/1/29)

光回線と家族3人のスマホが月1万円で使い放題――「販売、付加価値、サポート」で勝負するU-NEXTの光コラボ戦略
NTT東西の光回線を利用する自社ブランドのFTTHサービス「U-NEXT光」を2月から実施するU-NEXT。価格競争に限界がある中で、宇野社長は「総合力」で勝負すると意気込みを語った。(2015/1/28)

IIJmio meeting 6:
CPUとメモリ、対応バンドを確認すべし――IIJがSIMフリースマホの選び方を解説
MVNOのSIMカードが使えるSIMロックフリースマホは、どんな機種を選べばいいのだろうか? IIJの堂前氏がIIJmio meetingで解説した。重要なのは、CPUとメモリ、対応周波数帯だ。(2015/1/26)

SIM通:
コスパで選ぶSIMフリースマホ「Ascend G620S」
Huaweiが新たに発売したエントリークラスのSIMフリーAndroidスマホ「Ascend G620S」。従来モデルからスペックを上げつつ、かなり手頃な価格になったことで、驚きの声も聞こえてきます。(2015/1/14)

MVNOの定額無制限プランはどれだけ快適?――ぷららモバイルLTEとU-mobileのSIMをレビュー(後編)
NTTぷららの「ぷららモバイルLTE 定額無制限プラン」と、U-NEXTの「U-mobile データ専用 LTE使い放題」のレビュー後編では、住宅地、乗換駅、ランチタイムのオフィスビルなどで速度を測ったほか、YouTubeやブラウジング利用時の体感速度も検証した。(2015/1/14)

最新スマートフォン徹底比較:
4.5〜5型の最新SIMロックフリースマホを徹底比較――スタミナ&ベンチマークテスト編
LTE対応のSIMロックフリースマートフォンの比較レビュー第2回では、バッテリーの持ち(YouTubeの連続再生と静止画の連続表示)を測るテストと、ベンチマークテストを実施した。(2014/12/30)

MVNOに聞く:
音声SIMで攻めるNTTコム――「これからの機能強化は他社が動く前に仕掛ける」
長らくデータSIMのみを提供してきた「OCN モバイル ONE」で、12月に音声通話対応のSIMカードの提供も開始した。なぜこのタイミングになったのか。そしてOCN モバイル ONEならではの強みとは? (2014/12/29)

石野純也のMobile Eye(2014年総括編):
「MVNOの台頭」「ネットワークの進化」「差別化の進む端末」――2014年を振り返る
2014年最後の連載では、この1年間で起きたモバイル業界のトピックの中から、筆者が特に注目したいものピックアップした。MVNO、ネットワーク、端末という3つの軸から、2014年のモバイル動向を総括したい。(2014/12/27)

スマートフォン・オブ・ザ・イヤー2014(前編):
大画面トレンド、iPhone、日本メーカー、格安スマホ――2014年のスマホを振り返る
2014年に発売されたスマートフォンの中からベストなモデルを決める「スマートフォン・オブ・ザ・イヤー」。今年のスマホはどんなトピックが目立ったのか。審査会では2014年のスマホについて、ざっくばらんに語ってもらった。前編ではその様子をお届けする。(2014/12/25)

あの時社長はこう言った:
時系列で振り返る2014年モバイル業界
キャッシュバック戦争に始まり、キャリア3社による通話定額の新料金プラン、大型化したiPhone、ワイモバイル誕生など2014年もさまざまな出来事があった。時系列でモバイル業界の2014年を振り返っていきたい。(2014/12/19)

DMM.comがMVNO事業に参入――「DMM mobile」を提供 1Gバイトで月660円から
DMM.comが、ドコモのネットワークを利用したモバイル通信サービス「DMM mobile」を12月17日から提供する。データSIMは月660円から、音声SIMは月1460円からのプランを用意した。(2014/12/17)

「Ascend Mate7」「Ascend G620S」発売:
安いけど“格安スマホ”ではない――「付加価値の高い製品」で日本市場を攻めるHuawei
HuaweiのSIMロックフリースマートフォン「Ascend Mate7」が12月12日に発売される。価格は税別で4万9800円。スペックを考えると「格安」だが、「安かろう悪かろう」にならない製品を投入し、日本のSIMロックフリー市場をさらに攻めていく構えだ。(2014/12/4)

Ascend Mate7は4万9800円:
Huaweiの「Ascend Mate7」「Ascend G620S」、12月12日に発売
HuaweiのSIMロックフリースマートフォン「Ascend Mate7」と「Ascend G620S」が12月12日に発売される。全国の家電量販店やオンラインショップなどで取り扱う。(2014/12/4)

エレコム、ファーウェイ製SIMフリースマホ対応アクセサリ10アイテムを順次発売
エレコムから、ファーウェイ・ジャパンのSIMフリースマートフォン「Ascend Mate7」「Ascend G620S」対応ケースや液晶保護フィルムなどアクセサリー10アイテムが順次発売。(2014/12/3)

MVNOの定額無制限プランはどれだけ快適?――ぷららモバイルLTEとU-mobileのSIMをレビュー(前編)
NTTぷららとU-NEXTが提供する、容量無制限かつ定額でLTE通信を利用できるサービスが話題を集めている。実際のところ、どれだけ快適に通信できるのだろうか。複数スポットで調べてみた。(2014/12/3)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。