ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

  • 関連の記事

「Ascend Mate2 4G」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Ascend Mate2 4G」に関する情報が集まったページです。

石野純也のMobile Eye(1月6日〜1月17日):
CESで見えた新しい“広がり”/ドコモ「Tizen」見送りの理由/3社の「学割」を比較
CESでの発表が相次いだこともあり、国内では大きなモバイル関連ニュースがなかったが、16日にはドコモがTizen搭載スマートフォンの発売を「当面見送る」と発表した。今回はCESで見えたトレンドと、Tizen見送りの理由、そして3社の学割比較をお届けする。(2014/1/18)

2014 International CES:
「Ascend Mate2 4G」を中心に数多くのスマートフォンを展示――Huawei
Huaweiのブースでは、CES開幕前日のプレスカンファレンスで発表された「Ascend Mate2 4G」を中心に、WindowsPhone、Firefox OS端末を含む多彩なスマートフォンが展示されていた。(2014/1/11)

2014 International CES:
よりパワフルに、使いやすく――Huaweiの「Ascend Mate 2 4G」はココが進化した
Huaweiが、2014 International CESで6.1インチの大型ディスプレイを搭載したLTEスマートフォン「Ascend Mate 2 4G」を発表。「大画面」「長時間駆動」という特徴を持つAscend Mateが、さらに進化している。その詳細をリポートしよう。(2014/1/7)

2014 International CES:
Huawei、4G対応の6.1インチスマホ「Ascend Mate2 4G」を発表
Huaweiが、CESで4G通信に対応した6.1インチスマートフォン「Ascend Mate2 4G」を発表した。下り最大150MbpsのLTE通信をサポートするほか、4050mAhの大容量バッテリーを搭載する。(2014/1/7)

2014 International CES:
Huawei、バッテリーパックにもなる6.1インチ「Ascend Mate2 4G」を発表
HuaweiのフラッグシップAndroid端末「Ascend Mate2 4G」はLTEに対応し、4050mAhの大容量バッテリーと省電力設計で持続時間が長くなり、チャージャーのように他の端末を充電することもできる。(2014/1/7)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。