ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

  • 関連の記事

「Ascend Mate2 4G」最新記事一覧

石野純也のMobile Eye(1月6日〜1月17日):
CESで見えた新しい“広がり”/ドコモ「Tizen」見送りの理由/3社の「学割」を比較
CESでの発表が相次いだこともあり、国内では大きなモバイル関連ニュースがなかったが、16日にはドコモがTizen搭載スマートフォンの発売を「当面見送る」と発表した。今回はCESで見えたトレンドと、Tizen見送りの理由、そして3社の学割比較をお届けする。(2014/1/18)

2014 International CES:
「Ascend Mate2 4G」を中心に数多くのスマートフォンを展示――Huawei
Huaweiのブースでは、CES開幕前日のプレスカンファレンスで発表された「Ascend Mate2 4G」を中心に、WindowsPhone、Firefox OS端末を含む多彩なスマートフォンが展示されていた。(2014/1/11)

2014 International CES:
よりパワフルに、使いやすく――Huaweiの「Ascend Mate 2 4G」はココが進化した
Huaweiが、2014 International CESで6.1インチの大型ディスプレイを搭載したLTEスマートフォン「Ascend Mate 2 4G」を発表。「大画面」「長時間駆動」という特徴を持つAscend Mateが、さらに進化している。その詳細をリポートしよう。(2014/1/7)

2014 International CES:
Huawei、4G対応の6.1インチスマホ「Ascend Mate2 4G」を発表
Huaweiが、CESで4G通信に対応した6.1インチスマートフォン「Ascend Mate2 4G」を発表した。下り最大150MbpsのLTE通信をサポートするほか、4050mAhの大容量バッテリーを搭載する。(2014/1/7)

2014 International CES:
Huawei、バッテリーパックにもなる6.1インチ「Ascend Mate2 4G」を発表
HuaweiのフラッグシップAndroid端末「Ascend Mate2 4G」はLTEに対応し、4050mAhの大容量バッテリーと省電力設計で持続時間が長くなり、チャージャーのように他の端末を充電することもできる。(2014/1/7)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。