ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

  • 関連の記事

「Ascend P2」最新記事一覧

バッテリー固定の不備が原因:
Y!mobile、「STREAM X GL07S」の一部ロットの無償交換・回収を実施 過度な外部衝撃で発熱・発煙の恐れ
旧イー・モバイルのAndroidスマートフォン「STREAM X GL07S」の一部ロットで、製造上の不備により過度な外部衝撃を受けると発熱・発煙する恐れがあることが判明した。当該ロットの製品は、Y!mobileの現行機種へ無償交換と回収を実施する。(2016/3/1)

ソフトバンク、2017年度以降にLTEサービスを拡大 3Gサービスを一部縮小・終了へ
ソフトバンクは、1.5GHz帯でのLTEサービスを開始する。また、1.7GHz帯においてLTEサービスを拡大する。これらの周波数帯では、3Gサービスの提供を終了する。(2015/12/11)

Y!mobile、iPhone乗り換えで最大2万5920円割引 機種変でデータ容量を2倍にするキャンペーンも
ソフトバンクは、Y!mobileからMNPでiPhoneに移行するとパケット定額料を最大2万5920円割り引くキャンペーンを開始する。またY!mobile内で機種変更した場合にデータ通信容量が2年間2倍になる「アップグレードキャンペーン」も行う。(2015/7/31)

SIMロックフリースマホメーカーに聞く:
デザインを洗練させてカメラ機能を強化、熱対策も――Huaweiの“生き残り”戦略
HuaweiがSIMロックフリースマホを本格展開してから1年がたったが、同社は今の市場をどのように捉えているのか。同社の最新戦略を、日本で端末事業を統括するデバイス・プレジテントの呉波(ゴハ)氏に聞いた。(2015/7/22)

Android版「HF Player」はどこまで“使える”か?――6台のスマホと4台のポタアンでハイレゾ再生を徹底チェック
オンキヨー「HF Player」のAndroid版が正式版になった。Android端末でハイレゾを楽しみたいユーザーには注目のリリースといえるが、多彩なハードウェアが存在するAndroid版は、iOS版ほど簡単な状況ではない。手持ちのスマホとポタアンを総動員してチェックした。(2015/2/17)

SIMロックは? 端末価格は? メルアドは引き継げる?――Y!mobileの“ここ”が知りたい
イー・アクセスとウィルコムの合併会社「ワイモバイル」の新ブランド「Y!mobile」の詳細が明らかになった。ここではY!mobileの素朴な疑問をまとめた。(2014/7/23)

石野純也のMobile Eye(7月7日〜18日):
料金、サービス、端末――新生「ワイモバイル」の戦略を読み解く
8月1日に新キャリア「ワイモバイル」がサービスを開始する。同社はどのような戦略でモバイル事業を展開していくのか? 料金、サービス、端末を中心に読み解いていく。(2014/7/18)

「STREAM X GL07S」一言レビューまとめ
(2014/7/1)

石野純也のMobile Eye(5月26日〜6月6日):
SIMフリー端末を投入するHuaweiの狙い/“規制緩和”進むiOS 8/ドコモ版iPadへの期待
今回はファーウェイ・ジャパンのSIMロックフリー端末投入、AppleのWWDCで発表された「iOS 8」、ドコモからの発売が決まったiPadを取り上げ、ユーザーや業界に与える影響を考察していきたい。(2014/6/6)

佐野正弘のスマホビジネス文化論:
間もなく合併して新会社に ウィルコムとイー・モバイルの足跡を振り返る
6月に合併する予定のイー・アクセス(イー・モバイル)とウィルコム。定額音声通話や高速なモバイルデータ通信など、今日では当たり前になったサービスをいち早く提供してきた両社の歩みを振り返ってみたい。(2014/5/20)

イー・アクセスが「STREAM X GL07S」のアップデートを開始
イー・アクセスは、Huawei製スマホ「STREAM X GL07S」のソフトウェア更新を開始した。今回の更新を実行しないと、テザリング機能が使用できなくなる。(2014/1/21)

合併記念:
イー・アクセス、基本料が3年無料になる「春のキャンペーン」を開始――ウィルコム端末との“もう1台無料”も提供
イー・アクセスが「月額基本料3年間無料キャンペーン」「もう一台無料キャンペーン(EM)」を開始した。ウィルコムとの合併を記念したもので、2社の端末をセットで契約する場合の特典も用意する。(2014/1/17)

Mobile Weekly Top10:
2013年に「ITmedia Mobile」で最も読まれた記事は?
2013年最後のMobile Weekly Top10は、いつもの週間ランキングに加えて年間を通して読まれた記事ランキングも集計。そして1カ月ごとのTop10も再掲した。(2013/12/31)

KDDIの大人の社会科見学的「電波調査ツアー」:
LTEが高速&つながるのは?――「XenSurvey」で4キャリアのスマートフォンをテスト
KDDIが11月16日に実施した電波測定バスツアーでは、渋谷〜海ほたる、海ほたる〜木更津、木更津〜飯田橋を訪れた。今回は番外編として、これらのエリアでドコモ、au、ソフトバンク、イー・モバイル4社の代表的な端末における「XenSurvey」のテスト結果をお届けする。(2013/12/24)

KDDIの大人の社会科見学的「電波調査ツアー」(後編):
auの下り最大150Mbpsエリア木更津で“自己ベスト”を記録――その速度は?
KDDIが、下り最大150Mbpsモバイルネットワークを体感できる大人の社会科見学的「電波調査ツアー」を実施。au電波調査ツアーレポートの後編では、150Mbps対応エリアの千葉県木更津市にて、実際に通信速度を測定してみた。(2013/12/6)

KDDIの大人の社会科見学的「電波調査ツアー」(前編):
「11ac」対応のau Wi-Fi SPOTで“実測200Mbps以上”の超高速通信を体験
KDDIが、下り最大150Mbpsモバイルネットワークを体感できる大人の社会科見学的「電波調査ツアー」を実施。au電波調査ツアーレポートの前編では、11ac対応のau Wi-Fi SPOTが導入されているエクセルシオールカフェと、海ほたるで電波測定を実施した。(2013/11/29)

石野純也のMobile Eye(10月28日〜11月8日):
イー・アクセス版「Nexus 5」の狙い/LG「isai」の開発経緯/シャープスマホの強み
今回の連載では端末に焦点を当て、11月1日に発表された「Nexus 5」のイー・アクセス版、KDDIとLGエレクトロニクスが共同開発した「isai」、そしてシャープ冬モデルの狙いについて、解説していきたい。(2013/11/9)

石川温のスマホ業界新聞:
「Nexusのブランドを日本で育てたい」――イー・アクセス、エリック・ガン社長の囲みに突っ込み
イー・アクセスは、Android 4.4(KitKat)を搭載したGoogleのスマートフォン「Nexus 5」を発売すると発表した。同社のエリック・ガン社長の囲み取材でその狙いを聞いた。(2013/11/8)

月額最大980円引き:
ソフトバンクモバイルとイー・アクセス、「Wi-Fiセット割」を11月1日に開始
ソフトバンクモバイルとイー・アクセスは、モバイルWi-Fiルーターとのセット利用でスマートフォンの月額料金を最大980円割り引く「Wi-Fiセット割」を11月から提供する。(2013/10/29)

イー・アクセスの「STREAM X GL07S」、初期化の不具合を改善するアップデート
イー・アクセスは、「STREAM X GL07S」の不具合を改善するソフトウェア更新を開始した。10月9日に案内した初期化の不具合を改善する。(2013/10/23)

イー・アクセスの「STREAM X GL07S」と「GS03」、初期化で一部データが消去されず
イー・アクセスは、Huawei製スマホ「STREAM X GL07S」と「GS03」で、端末を初期化しても一部データが消去されない不具合があると発表した。同社はデータを完全に消去する方法を別途案内している。(2013/10/10)

ファーウェイ・ジャパン、「STREAM X フォトコンテスト」授賞作品を発表
ファーウェイ・ジャパンが、イー・モバイル向けスマートフォン「STREAM X(GL07S)」を活用したフォトコンテンストの結果を発表。1300点以上のエントリー作品から、最優秀グランプリ賞ほか授賞作品が決定した。(2013/10/4)

スマホ+ルーターで月額最大980円引き:
ソフトバンクモバイルとイー・アクセス、「スマホWi-Fiセット割」を11月から提供
ソフトバンクモバイルとイー・アクセスが、モバイルWi-Fiルーターとのセット利用でスマートフォンの通信料を月額最大980円割り引く「スマホWi-Fiセット割」を、11月1日から提供する。(2013/10/3)

イー・アクセス、1.7GHz帯 20MHz幅のLTE実証実験で下り291Mbpsを記録
イー・アクセスが、2013年8月から実施している1.7GHz帯でのLTE実証実験の結果を発表。4×4 MIMOでは下り291Mbpsを記録した。10MHz幅+10MHz幅のキャリアアグリゲーションや連続20MHz幅での実証実験も行っている。(2013/9/18)

誰でも簡単! LTE対応スマホ初心者の料金節約術:
第4回 ケータイ、スマホの2台持ちでどこまで節約できるか
LTEスマホを使いたい、しかしケータイ(フィーチャーフォン)もまだ使いたい……。そんなときに誰もが思い浮かべるのが「2台持ち」です。ちょうどウィルコムが新しい料金プランを発表したばかりなので、今回は通話とネットを2台で使い分けるさまざまなパターンを考えてみましょう。(2013/9/10)

イー・アクセス、対象製品契約で5人に9万4000円が当たる「買うかも!?宣言」キャンペーン
イー・アクセスは、キャンペーンサイトで「STREAM X GL07S」「ARROWS S EM01F」「Pocket WiFi GL09P」のいずれかの「買うかも!?」宣言をし、契約後に専用フォームで応募すると5人に9万4000円分の商品券が当たるキャンペーンを開始する。(2013/9/4)

イー・アクセス、「STREAM X(GL07S)」でソフトウェアアップデートを開始
イー・アクセスのAndroidスマートフォン「STREAM X(GL07S)」のソフトウェア更新が開始。動作の安定性が向上するほか、不具合が改善される。(2013/8/27)

イー・モバイル、ストリートブランド「XLARGE」「X-girl」とコラボした限定スマホケース
イー・アクセスは、メンズストリートカジュアルブランド「XLARGE」およびレディースストリートカジュアルブランド「X-girl」とコラボしたSTREAM X用ケースを発売した。(2013/8/26)

ソフトバンクとの経営統合、効果が出ています――イー・モバイルの夏戦略を聞く
ルーターやスマートフォンをソフトバンクモバイルと共同開発するなど、経営統合・ソフトバンクグループ入りをしてから“ソフトバンク色”が強まりつつあるイー・アクセス。この夏は下り最大110Mbpsの「Pocket WiFi(GL09P)」を発売したが、今後はどのような戦略でモバイル市場を攻めていくのだろうか。(2013/8/16)

イー・アクセス、Androidスマホの遠隔サポートを開始
イー・アクセスは、Androidスマートフォンの画面をユーザーとサポートオペレーターが共有する遠隔操作サポートを開始した。月額525円の「EMワイドサポート」内で提供する。(2013/8/9)

イー・アクセスの「STREAM X (GL07S)」、ソフト更新でソフトバンク の3G網に対応
イー・アクセスが7月25日、「STREAM X(GL07S)」のソフトウェア更新を開始した。今回のアップデートで動作安定性を向上させたほか、ソフトバンクの3Gエリアにも対応させた。(2013/7/25)

ファーウェイ、商品券50万円が当たる「STREAM X フォトコンテスト」キャンペーンを実施
ファーウェイ・ジャパンは、イー・モバイル向けスマートフォン「STREAM X」の新色発売を記念したフォトコンテスト実施。テーマは「皆さんの楽しい夏」で、最優秀グランプリには50万円の商品券をプレゼントする。(2013/7/19)

Mobile Weekly Top10:
「STREAM X」でモバイルSuicaを使うときに注意が必要な駅とは?
イー・アクセス初のおサイフケータイ対応スマホ「STREAM X」。しかしイー・モバイルが圏外のため、その利用に注意が必要な新幹線の駅がある。(2013/7/16)

石野純也のMobile Eye(6月24日〜7月5日):
“LCC”で攻めるウィルコム/「Xperia Z Ultra」の新しい価値/Windows Phone 8の日本発売は?
6月末に開催されたMobile Asia Expoで大きな話題を集めていたいのが、ソニーモバイルの新機種「Xperia Z Ultra」だ。7月4日にはウィルコムの新機種と新料金プランも発表された。これら2つに加え、日本マイクロソフトの経営方針説明会も取り上げる。(2013/7/5)

人口カバー率も純度も99.99%:
「STREAM X」のソフトバンク3G対応を記念した純金プレゼントキャンペーン
イー・アクセスは「STREAM X」のソフトバンク3G網対応を記念した純金プレゼントキャンペーンを開始した。人口カバー率が99.99%になることから、純度99.99%の金を100万円分プレゼントする。(2013/7/5)

イー・アクセス、「STREAM X」のホワイトを7月18日に発売
EMOBILE LTE対応スマートフォン「STREAM X(GL07S)」の新色ホワイトを7月18日に発売する。(2013/7/5)

「使ってみたらすごくいい」で“ファン”を増やしたい――Huaweiに聞く、日本市場の攻め方
Ascendシリーズで幅広いスマートフォンを投入しているHuawei。日本では「STREAM X(GL07S)」と「Ascend D2 HW-03E」が発売され、スマートフォンにも力を入れている。同社の日本におけるスマートフォン戦略を中心に話を聞いた。(2013/6/28)

イー・アクセスの「STREAM X」、7月25日からソフトバンクの3G網でも利用可能に
イー・アクセスの「STREAM X(GL07S)」が7月25日からソフトバンクの3Gエリアにも対応。追加料金などは発生せず、端末のソフト更新を適用すれば利用できる。(2013/6/19)

イー・アクセス、「STREAM X(GL07S)」のソフトウェア更新を開始
イー・アクセスが、LTEスマートフォン「STREAM X(GL07S)」のソフトウェア更新を開始した。更新により、GPS測位の精度と動作安定が向上するほか、Googleアカウントの連絡先表示の不具合が解消される。(2013/6/18)

イー・アクセス、「STREAM X」の紹介で3000円分の商品券をプレゼント
イー・アクセスが、「EMOBILE通信サービス」ユーザーがHuawei製LTEスマホ「STREAM X」を友人や家族を紹介して新規契約してもらうと、紹介元と紹介先に3000円分の商品券を贈るキャンペーンを開始した。(2013/6/3)

誰でも簡単! LTE対応スマホ初心者の料金節約術:
第1回 これからLTEスマホに機種変更する人のための節約術
スマホに機種変更してから「ケータイ代が高くなった」という声を耳にしたことはありませんか。とくにLTE対応のスマートフォンは料金プランの選択肢が少なく、プラン選びだけで節約するのは難しい状況です。この連載では「スマホの料金が高くなる理由」、そして「どう安く使うか」をテーマに、誰でも簡単にできる節約の方法を紹介します。(2013/5/30)

イー・アクセス、「STREAM X(GL07S)」の新色ホワイトを7月以降に発売
EMOBILE LTE対応スマートフォン「STREAM X(GL07S)」のカラーバリエーションに新色のホワイトを追加。7月以降に発売する。(2013/5/14)

イー・アクセス、「TIED UP CLUB」とコラボしたSTREAM X向けケースを発売
イー・アクセスが、クリエーター集団「TIED UP CLUB」とコラボしたSTREAM X向けのオリジナルケースを5月10日から発売している。(2013/5/13)

「STREAM X (GL07S)」のタッチパネル設定メニューを追加するアップデート開始
イー・モバイルの「STREAM X (GL07S)」のタッチパネル設定メニューと動作安定性を改善するアップデートを、4月23日から開始した。(2013/4/23)

イー・アクセス、「STREAM X」購入時に契約手数料を無料にする「家族deお得」
家族にイー・モバイルユーザーがいる場合、「STREAM X」購入時の契約手数料3150円を無料にする。(2013/4/12)

今すぐ使えるスマホレシピ:
第19回 スマホで快適に文字を入力する(Android編)
スマホを使い始めたはいいが、もっと便利に使えることを知らないまま何となく使っている人は多い。そんなユーザーに向けて、使い方の基礎から一歩進んだ活用法までを取り上げる本コーナー。第19回では、Androidで快適に文字を入力する方法を紹介する。(2013/4/3)

イー・アクセス、「STREAM X(GL07S)」のソフトウェア更新を開始
イー・アクセスのLTEスマートフォン「STREAM X(GL07S)」のソフトウェア更新が提供されている。更新により、Wi-Fiテザリング時の通信速度が改善される。(2013/3/25)

ハイスペックでデザリング使用料無料:
PR:「LTEスマホは料金が心配……」という人に! 月々の支払い額3880円、ハイスペックモデル「STREAM X」のススメ
イー・モバイルから待望のLTE対応スマートフォン「STREAM X(GL07S)」が発売された。高速通信などスペックの高さも気になるが、なにより月々3880円という魅力的なランニングコストが特徴だ。(2013/3/25)

最新スマートフォン徹底比較:
現行Androidスマートフォンのメモリ(ROM/RAM)を調べてみた
スマートフォンを快適に使う上で「メモリ」の数値も見逃せない。内蔵メモリが最も大きい機種は? そして実際に使えるメモリはどれくらいなのか? Android 29機種を調べてみた。(2013/3/19)

Mobile Weekly Top10:
ハイスペック+便利機能満載 Samsung電子が「GALAXY S 4」を発表
Samsung電子は3月14日(現地時間)、スマートフォンの新型フラッグシップモデル「GALAXY S 4」を発表。スペックの高さもさることながら、センサーを駆使した便利機能を満載し、新感覚の操作性をアピールした。(2013/3/18)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。