ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

「Asianux」最新記事一覧

デジタルマーケティング基盤をトータルサポート:
ソフトバンク・テクノロジー、Microsoft Azureで「Adobe Experience Manager on Azure」の提供を開始
ソフトバンク・テクノロジーとミラクル・リナックスは2015年9月14日、「Asianux Server」を活用した「Adobe Experience Manager on Azure」の提供を開始すると発表した。(2015/9/14)

ミラクル・リナックス、ZABBIXのスターターキットを発表
ミラクル・リナックスは、専用インストーラを用いて手軽にAsianux Server 3およびZABBIXを用いた統合監視を実現するスターターキットを発売した。(2009/10/1)

富士通、アジアでのサーバビジネスでAsianuxと協業
富士通、Asianux Corporation、ミラクル・リナックスはPCサーバ上でのLinux OSのビジネスで協業する。(2009/8/18)

ミラクル・リナックス、CentOSのサポートを発表
Asianuxを開発するミラクル・リナックスがRed Hat Enterprise Linux互換の「CentOS」をサポートすることを明らかにした。(2009/1/27)

Asianux、EAL4のセキュリティ認証取得で政府機関の調達に本腰
ミラクル・リナックスは、Asianux Server 3でEAL4の認証を取得したことを明らかにした。政府機関の調達においても、ようやくほかのOSベンダーと肩を並べて争うことができるようになる。(2008/5/29)

ミラクル・リナックス、「Asianux Mobile Midinux」の開発者キットを提供
ミラクル・リナックスは、Linux OS「Asianux Mobile Midinux」の開発者キットを6月から提供する。(2008/4/2)

Asianux Corporation、中国・江蘇省無錫市に設立
Asianuxの開発を行う3社の合弁会社「Asianux Corporation」が、中国の江蘇省無錫市に設立された。(2007/12/20)

ベトソフトウェアが第4のプレイヤーとしてAsianuxコンソーシアムに参加
外資系企業向けの国際的なアウトソーシングやベトナム市場向けのソフトウェア開発を事業とするベトソフトウェアが4番目のメンバーとしてAsianuxコンソーシアムに正式参加を発表した。(2007/9/5)

「キーワードは“Better Than Red Hat”」――Asianux Server 3のみなぎる自信
「キーワードは“Better Than Red Hat”」――9月18日に出荷される「Asianux Server 3」によって、アジアでの確固たる地位を築きたい同社は、マーケティング面でもRed Hatを強く意識しているようだ。(2007/8/2)

Asianuxコンソーシアムにベトナム科学技術省が協力
ミラクル・リナックス、Red Flag Software、Haansoftの3社が設立したAsianuxコンソーシアムが、ベトナムにおけるOSSの推進のため、ベトナム科学技術省と覚書を交わしたことを明らかにした。(2007/7/27)

Asianuxが統一された製品ブランドに
ミラクル、Red Flag、Haansoftの3社は、各国で提供しているLinuxディストリビューションの名称を「Asianux」に統一し、9月にリリース予定の「Asianux Server 3」から、アジアにおける共通ブランドとして提供していくことを明らかにした。(2007/7/27)

マウンテンビューデータとミラクル・リナックス、協業体制を発表
マウンテンビューデータとミラクル・リナックスは、包括的なパートナーシップを締結、「PowerCockpit」を「Asianux 2.0」へ対応させるため、相互技術支援などの協業体制を取ると発表した。(2006/5/30)

データベースサーバの新勢力となるか? MIRACLE LINUX搭載無停止型サーバ
ミラクル・リナックスと日本ストラタステクノロジーは、「MIRACLE LINUX V4.0 Asianux Inside」をStratusの無停止型サーバ「ftServer」に搭載した「ftServer M30」を発表した。(2006/2/7)

ミラクル、AsianuxベースのLinuxの最新版をリリース
ミラクル・リナックスはAsianux 2,0を同梱した新製品「MIRACLE Linux V4.0」を11月7日から出荷すると発表した(2005/10/7)

Asianux 2.0をコアとした「MIRACLE LINUX V4.0」、出荷は11月7日に
ミラクル・リナックスは、8月に発表された「Asianux 2.0」を同梱したLinuxディストリビューション最新版「MIRACLE LINUX V4.0」をリリースした。(2005/10/6)

Asianux参加の3社、合弁企業の設立を検討
Asianuxを新たなアジア市場に拡大する方法の1つとして、Red Flag Software、ミラクルリナックス、Haansoftは合弁企業設立について話し合う。(IDG)(2005/9/7)

Asianux 2.0がリリース──製品出荷は11月前後
ミラクル・リナックス、レッドフラッグ・ソフトウェア、ハーンソフトの3社が進める「Asianux」のバージョン2.0がリリースされた。数カ月以内に製品として市場に登場する。(2005/8/26)

韓国の国民教育データベースにAsianuxが採用
韓国のHaansoftは、韓国国内で最大のLinuxプロジェクトとして注目を集めていた「National Education Information System」に、Asianuxの採用が決まったことを明らかにした。(2005/8/6)

ミラクルと日本ストラタス、「無停止型Linuxサーバ」で戦略提携
ミラクル・リナックスと日本ストラタステクノロジーは戦略提携を発表。この秋をめどに「MIRACLE LINUX V4.0 - Asianux Inside」をインストールした「ftServer Mシリーズ」(仮称)を販売する予定。(2005/5/24)

韓国のHaansoftがOSDLに参加
Asianuxの韓国メンバーであるHaansoftがOSDLに参加した。同社はCGLワーキンググループに参加予定。(2005/5/12)

Asianuxでアジア圏の標準を目指すミラクル・リナックス
Oracle製品との相性の良さが目立つミラクル・リナックス。しかし、Asianuxをコアとしたことで、アジア圏特有の問題にも果敢に立ち向かっている。(2005/3/18)

ミラクル・リナックス、アジアを視野にいれた事業拡大を発表
ミラクル・リナックスは会社を汐留に移転したことを期にアジアを視野にいれた事業拡大を発表した。3月には「MIRACLE Technology Conference 2005」を開催予定で、その場でAsianux 2.0も発表される見込み。(2005/1/27)

ミラクル・リナックス、64ビット対応のMIRACLE LINUX V3.0とサポートビジネスの拡充を発表
ミラクル・リナックスは、EM64T対応XeonとAMD64に対応したLinux OSの新製品「MIRACLE LINUX V3.0 -Asianux Inside for x86-64」を発表した。加えて、ダンプ解析やパッチ提供などにも対応するサポートメニューも発表している。(2004/12/16)

北東アジア発世界へ――Asianux開発に韓国Haansoftが参加
ミラクル・リナックスと中国のRed Flag Softwareが共同で進めてきたアジア発のLinuxディストリビューション「Asianux」の開発に、韓国のHaansoftが加わる。(2004/10/26)

ホットな上海でOracle OpenWorld開幕、「Unbreakable Linux」としてAsianuxもサポート
梅雨明けの猛暑が続く中国・上海で7月20日、「Oracle OpenWorld Shanghai 2004」が開幕した。Oracleは、アジア太平洋地域でLinuxの採用を加速させるべく、「Asianux」上でOracle 10gの動作検証を済ませたことを発表している。(2004/7/20)

ミラクル・リナックス、オラクルデータベース製品を同梱したLinuxパッケージを販売開始
 ミラクル・リナックスは、「MIRACLE LINUX V3.0 - Asianux Inside」に、「Oracle Database 10g」を同梱して販売する。(2004/6/29)

日中韓が進める「Asianux」が狙う地政学的な支持基盤とは?
LinuxWorld Expo/Tokyo 2004、2日目のセッションでは、ミラクル・リナックス代表取締役社長の佐藤 武氏が登場し、日中韓の枠組みで開発される「Asianux」をコアとし、今月末から出荷開始される「MIRACLE LINUX V3.0 Asianux Inside」についての説明を行った。(2004/6/3)

ミラクル・リナックス、最新版OSを通常価格の半額で提供するキャンペーン開始
ミラクル・リナックスは、「MIRACLE LINUX V3.0 - Asianux Inside」の先行予約購入者を対象に、通常価格の半額で提供するキャンペーンを開始した。(2004/6/3)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。