ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「アスクル」最新記事一覧

ついに上陸:
法人購買の黒船か 「Amazon Business」の「強み」
アマゾンジャパンが法人向け購買サービス「Amazon Business」をスタート。米国と日本の担当者に背景と強みを聞いた。(2017/9/21)

民間主導で災害支援、ヤフーなど17社連携 狙いは
ヤフーなど民間企業17社、NPO6団体が、災害発生時の物資・サービス支援で連携。被災地の情報を集約し、物資を一括して届けることで、支援の漏れや無駄を減らす狙い。(2017/8/31)

ヤフー、キリンなど17社とNPO、災害時支援のためのアライアンス「SEMA」結成
加盟企業・団体が持つ物資・サービスなどをリストとして集約し、災害発生時に被災地に届ける。(2017/8/31)

「会話型」AIサービス拡大、求人やごみ分別案内 人間同士のような自然な会話
人工知能を活用し、文字を使って自然に“会話”するプログラム「AIチャットボット」を使ったサービスが広がっている。(2017/8/21)

SoftBank World 2017:
PR:AIに“期待しすぎた”ソフトバンク 身をもって実感した、AIの企業導入を成功させるコツは
(2017/8/7)

再配達の削減目指す:
アスクル「LOHACO」、荷物を車庫や物置にも配達可能に
アスクルが、東京・大阪限定で展開している自社配送サービス「Happy On Time」の内容を拡充すると発表。顧客が荷物が届く場所をより詳細に指定できる仕組みなどを導入する。(2017/8/2)

玄関先などに「置き配」、アスクルが導入
アスクルが個人向け通販「LOHACO」で、配送時の荷物の置き場所を指定できるサービスを始めた。置き場所は、玄関扉の前、車庫などから選べる。(2017/8/2)

アスクル「置き配」で再配達削減へ 1%台目指す
アスクルが個人向け通販「ロハコ」の利用者向けに、玄関先など指定の場所に荷物を置いてもらう「置き配」や段ボールの回収サービスを2日から始める。(2017/8/1)

ヤフー宮坂社長「Eコマースにパワーを集中」「ニーズないサービスやめる」
「ニーズがなくなっているサービスはやめ、Eコマースなどにパワーを集中させる」――ヤフーの宮坂学社長が、決算説明会で今後の展望を語った。(2017/7/28)

アスクル子会社と従業員1人が消防法違反で書類送検 2月に大規模火災、鎮火まで13日
危険物の管理方法について関係当局から指摘を受けたとのこと。(2017/7/28)

アスクルは「確認を行う」とコメント:
アスクル倉庫火災、消防法違反容疑で子会社書類送検か
2月に発生したアスクルの倉庫火災で、埼玉県警が子会社のアスクルロジストを消防法違反容疑で書類送検か。アスクルの広報は「確認を行い、事実が判明したら改めて公表する」とコメント。(2017/7/28)

生鮮食品ECも開始:
セブン&アイとアスクル、ECで提携 相互送客を11月開始
セブン&アイ・ホールディングスとアスクルが、ネット通販事業で提携。ECサイトの相互送客などを実施し、売り上げ増加を図っていく。(2017/7/6)

セブンとアスクル、生鮮食品の宅配で連携 きっかけは「倉庫火災」
セブン&アイ・ホールディングスとアスクルが提携し、生鮮食品の宅配サービス「IYフレッシュ」を11月末に始める。(2017/7/6)

未払い残業代は増加か:
ヤマト、19日から配達時間帯を変更 「午後0〜2時」廃止
ヤマト運輸が、宅配物の配達時間帯の指定枠を変更。19日から「午後0時〜2時」を廃止した5区分で宅配サービスを展開していく。(2017/6/19)

ZOZOTOWN、当日配送を中止 「ヤマトの配送時間変更の影響」
「ZOZOTOWN」の当日配送が中止。「ヤマト運輸が配送時間を変更したため」という。(2017/5/29)

IBM Watson Summit 2017:
PR:Watsonが実現した“今どきの接客”とは? 一堂に会した最新のコグニティブ活用ソリューション・現場レポート
(2017/5/22)

石野純也のMobile Eye:
曲がり角を迎える“キャリアの戦略” KDDIとソフトバンクの決算を読み解く
2016年度は増収増益と好調のKDDIとソフトバンク。一方で2社とも、1人辺りからの収益であるARPUを上げる戦略が、曲がり角を迎えていることがうかがえる。今後はどんな戦略で収益を上げていくのだろうか。(2017/5/13)

再開は未定:
アスクル、「LOHACO」の当日配送休止 ヤマトの要望で
アスクルが、「LOHACO」の当日配送サービスを16日午後6時から休止する。(2017/5/12)

アスクル、「LOHACO」当日配送を一部休止 ヤマトの方針で
ヤマト運輸に委託している当日配送サービスが対象。アスクルの自社流通網を活用する「Happy On Time」の当日配送は継続する。(2017/5/12)

LOHACOのチャットボット「マナミさん」がWatsonの対話システムで進化
アスクルが、ネット通販「LOHACO」の顧客サポート用チャットボット「マナミさん」にWatsonをベースとした対話システム「バーチャルエージェント」を採用した。実際の問い合わせ対応を通じて学習し、プロセスを自動化。運用負担の軽減も実現している。(2017/5/8)

ネット通販の“盲点” アスクル倉庫火災で露呈した「物流崩壊」
倉庫火災でアスクルの業績に急ブレーキがかかった。(2017/4/28)

火災の損害見込額は101億円:
アスクル倉庫火災で露呈した物流崩壊 ネット通販の盲点
2月の倉庫火災を受け、アスクルの完全復旧は9月末までかかる見通しだ。ネット通販の倉庫は大型化の傾向にあり、ひとたびアクシデントに見舞われれば影響の長期化は必至。同業他社にとっても文字通り“対岸の火事”では済まされない。(2017/4/28)

次期の「3つの方針」も発表:
ヤフー、初の営業減益 アスクル火災が思わぬ打撃
ヤフーが2016年度通期の連結決算を発表。売上高は過去最高を更新したが、通期としては初の営業減益に。アスクル関連の反動減と、物流センター火災の損失が影響した。広告事業はスマホ向けが好調。(2017/4/26)

倉庫火災でアスクルを家宅捜索 消防法違反の疑い
倉庫に保管されていた可燃性のある危険物の量が、消防法の基準を大幅に上回っていた疑いがあるという。(2017/4/7)

「相場はかなり割高」:
日経平均は大幅反落、終値で4カ月ぶりの安値水準
4月6日の東京株式市場で、日経平均株価は大幅反落。(2017/4/6)

通期最終損益は「未定」に:
アスクル、倉庫火災で特損101億円
アスクルは、2月16日に物流倉庫で発生した火事の影響で、101億4500万円を特別損失として計上すると発表。通期最終損益の予想は「未定」とした。(2017/4/5)

既に実用段階へ
LOHACOが活用するLINE上のAIチャットボット、応対の成否を左右する要素とは
AI(人工知能)による顧客応対と聞くと実用性を疑う方もいるかもしれないが、既に通販サイトなどの身近な場所で活躍中だ。しかも、導入メリットは意外なほど大きいという。(2017/3/16)

アスクル倉庫火災、ようやく鎮火 発生から13日目
火災が発生したのは2月16日でした。(2017/2/28)

アスクル倉庫火災、ようやく鎮火 発生から12日
アスクルの倉庫火災が、発生から12日経った28日午後5時にようやく鎮火。(2017/2/28)

LOHACO伸び率ダウン:
アスクル倉庫火災、対象資産額は121億円
火災が起きたアスクル物流拠点の資産額は121億円だという。(2017/2/28)

「エンゲージメント・サーベイ」を実施:
企業の社会課題への解決姿勢は商品の継続利用や他者への推奨意向に影響――メンバーズ調査
メンバーズが実施した「エンゲージメント・サーベイ」によると、Webサイトで本業による社会課題への解決姿勢を訴求する企業に対しては、消費者の継続利用や他者への推奨意向が高まることが明らかになった。(2017/2/27)

アスクル倉庫火災、ようやく「鎮圧」 発生から6日
アスクルの倉庫火災は、発生から6日経った22日朝、ようやく「鎮圧」された。(2017/2/22)

出火から6日で:
アスクル倉庫火災、ようやく鎮圧
アスクルの倉庫火災が発生から6日で鎮圧された。(2017/2/22)

アスクル倉庫火災ようやく鎮圧へ 火災発生から6日が経過、消火中の社員立ち入りは「事実」
【追記】9時30分ごろにほぼ鎮圧したとのこと。(2017/2/22)

鎮火のめどは立たず:
アスクル倉庫火災、「建物倒壊の恐れなし」
アスクルの倉庫火災で、懸念されていた建物の倒壊の恐れはないという。(2017/2/20)

アスクル倉庫火災「建物倒壊の恐れはなし」 鎮火のめどは立たず
アスクルの倉庫火災について、建物が倒壊する恐れはないと同社が発表。(2017/2/20)

アスクル「倒壊の恐れはないと聞いている」 倉庫火災から4日経過も鎮火のめどたたず
火災発生から4日目を迎えました。(2017/2/20)

アスクル倉庫火災、4日経っても鎮火のめど立たず 建物倒壊のおそれも
16日朝に発生したアスクルの倉庫火災は延焼が続き、20日時点でも「鎮火のめどは立っていない」という。19日には爆発も発生した。(2017/2/20)

アスクルの倉庫火災、「鎮火まであと1〜2日」 LOHACOは受注再開
アスクルの倉庫火災は鎮火に「あと1〜2日かかりそう」という。LOHACOの受注は、一部商品で再開した。(2017/2/17)

倉庫の火災に見舞われたアスクル、注文受付を再開
他の物流センターから出荷する準備が整ったとして「ASUKURU」「LOHACO」の注文受付を再開。(2017/2/16)

通販「LOHACO」東日本エリアの受注停止 倉庫火災の影響で
アスクルは16日、埼玉の倉庫で火災が発生したことを受け、ネット通販「LOHACO」の東日本エリアの全ユーザーの受注・出荷を停止した。(2017/2/16)

「アスクル」埼玉の倉庫で火災 「ASKUL」と「LOHACO」の拠点
16日午前9時ごろ、埼玉県のアスクルの物流拠点「ASKUL Logi PARK首都圏」で火災が発生した。(2017/2/16)

「3つの分野でナンバーワン目指す」:
ヤフー、過去最高売上高を更新 スマホ広告とEC好調
ヤフーが2016年4〜12月期(17年3月期第3四半期累計)の決算を発表。売上高が前年同期比41.7%増の6309億円と、同期の過去最高を更新。スマートフォン広告売上高とショッピング事業がけん引した。(2017/2/3)

社外との協業強化:
カルビー、広島にヒット商品開発の新拠点
菓子メーカー大手のカルビーは、社外との協業を図る商品開発拠点「Calbee Future Labo」を広島に開設した。(2016/10/28)

メルマガバックナンバー:
モノづくり総合版 メールマガジン 2016/06/30
「EE Times Japan」「EDN Japan」「MONOist」編集部が毎週木曜日にお届けしている『モノづくり総合版 メールマガジン』の内容をご紹介!(メルマガ配信日:2016年6月30日)(2016/7/1)

アスクルが画像認識ピッキングロボットを本格導入へ
アスクルがロボットの動作生成技術に強みを持つMujinとピッキングロボットを共同開発。2016年度中の本導入を目指す。(2016/6/28)

物流の問題解決を自動搬送ロボットとビッグデータで、ベンチャーの挑戦
楽天物流の社長を務めた人物の立ち上げたベンチャーが、自動搬送ロボットとビッグデータで物流現場の問題解決に取り組む。(2016/1/27)

アスクルやトリドールが取り組んだ社内コミュニケーション改革とは?
11月12日にITmedia ビジネスオンライン編集部が開催したセミナーにおいて、アスクルのオフィス改革や、「丸亀製麺」などを運営するトリドールの社内SNS導入プロジェクトが紹介された。(2015/11/27)

World Marketing Summit Japan 2015 リポート:
IoTを「気持ち悪い」と感じる消費者の気持ちをどう変容させる? ヤフー宮坂社長らが語る
2015年10月13〜14日に開催された「World Marketing Summit Japan 2015」。「デジタルマーケティングへの挑戦」と題したセッションに登壇したキーパーソンらによるディスカッションの概要をお届けしよう。(2015/10/28)

World Marketing Summit Japan 2015 リポート:
デジタルマーケティングの第一人者が提唱する「オールウェイズオン」のマーケティング思考
2015年10月13〜14日に開催された「World Marketing Summit Japan 2015」。「デジタルマーケティングへの挑戦」と題したセッションに登壇したキーパーソンの講演の概要をお届けしよう。(2015/10/15)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。