ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

「ASP.NET」最新記事一覧

連載:簡単! Visual Studio 2017入門:
第2回 Visual Studio 2017の基礎を知る
開発環境Visual Studio 2017を使ったプログラミングに不可欠な知識とは? ソリューションの概念から画面構成まで基礎を習得しよう!(2017/4/21)

.NET TIPS:
整数や文字列を列挙体に変換するには?[C#/VB]
キャストにより整数を列挙体値へ変換する方法と、EnumクラスのTryParse/Parse/IsDefinedメソッドにより文字列を列挙体値へ変換する方法を説明する。(2017/4/12)

連載:簡単! Visual Studio 2017入門:
第1回 Visual Studio 2017って何ができるの?
プログラムはどうやって作るの? 開発ツールはどうやって使うの? ゼロから始める新人プログラマーのための定番連載をVisual Studio 2017に合わせて改訂。(2017/4/10)

GitHub対応、ビルド通知などの新機能:
マイクロソフト、Visual Studio 2017向け「Continuous Delivery Tools」最新版を公開
マイクロソフトは、「Visual Studio」向け拡張機能「Continuous Delivery Tools for Visual Studio」の最新版を公開。GitHub対応、ビルド通知などの新機能を追加した。(2017/4/5)

特集:Visual Studio 2017の全貌を探る:
「Any Developer, Any App, Any Platform」 ―― Visual Studio 2017が目指す世界とは?
Visual Studio 2017はもはやWindowsアプリ開発者のためだけのものではない。その新機能と、実際にどんなアプリを開発できるのか見てみよう。(2017/3/24)

特集:Visual Studio 2017の全貌を探る:
軽量インストーラーとIDEに見られるVisual Studio 2017の進化
マイクロソフトが誇る統合開発環境の最新バージョン「Visual Studio 2017」はどのような進化を遂げたのか。その一端を垣間見てみよう。(2017/3/10)

Gitを使った効率的なCI/CDに役立つ:
マイクロソフト、Visual Studio 2017のDevOps向け拡張機能「Continuous Delivery Tools for Visual Studio」をリリース
マイクロソフトは、「Visual Studio 2017」にDevOps支援機能を付加する拡張機能「Continuous Delivery Tools for Visual Studio」をリリースした。(2017/2/8)

超入門Docker:
最終回 Windowsプログラムを実行するWindowsコンテナ
Dockerの概要を知るための超入門連載の最終回。Windowsコンテナを使えば、Windowsプログラムもコンテナとして実行できるようになる。(2017/2/2)

「Advanced Save」の復活、「.NET Core」の改善など:
マイクロソフト、「Visual Studio 2017 RC版」の最新アップデートを公開
マイクロソフトが、「Visual Studio 2017 RC版」の最新アップデート版を公開。「.NET Core」「ASP.NET Core Tooling」のバグフィックス、「Team Explorer」の機能改良、インストール関連の問題などを改善した。(2017/2/1)

もう迷わないシステム開発:
「システム開発地図」で画面はどう設計する? 第5回
システム開発を進める上での強力なトレーサビリティーツール「システム開発地図(System Development Map)」を解説。第5回は、システム要件定義における重要事項である画面設計について、システム開発地図に落とし込みながら進める方法を解説します。(2016/12/21)

.NET TIPS:
Xamarin.Forms:Gridコントロールを分割するには?
Xamarin.FormsのGridコントロールのRowDefinitions/ColumnDefinitionsプロパティを用いて、画面をどう分割するかを指定する方法を解説する。(2016/12/14)

.NET TIPS:
Xamarin.Forms:テキスト入力のさまざまなオプションを設定するには?
Xamarin.Formsアプリでは、テキスト入力用のコントロールとしてEntry/Editor/SearchBarの3種類を利用できる。(2016/12/7)

人気連載まとめ読み! @IT eBook(23):
「JavaScriptアプリ開発入門」電子書籍版
最近のWeb開発では、どのような技術を使い、どのようにアプリが開発されているのだろう。JavaScriptの言語仕様と人気のライブラリについての最新事情をキャッチアップして、これからの時代に備えよう。(2016/11/25)

特集:Connect(); // 2016:
2つのVisual Studioとマイクロソフトの変化
2016年11月に開催された「Connect();」で登場した2つのVisual Studio。これらを簡単に紹介するとともに、その意味合いを探ってみよう。(2016/11/22)

Dev Basics/Keyword:
レスポンシブWebデザイン
レスポンシブWebデザインとは、さまざまなデバイスで、単一のHTMLドキュメントをその画面特性に合わせて適切に表示するための仕組みや考え方のことである。(2016/10/13)

Microsoft、脆弱性報告の報奨金対象を拡大 .NET CoreやASP.NET Coreにも
「.NET Core」「ASP.NET Core」の脆弱性を発見し、Microsoftに報告した研究者に500ドル〜1万5000ドルの報奨金を提供する。(2016/9/6)

特集:次期Visual Studioの全貌を探る:
Visual Studio 15 Preview 4とC# 7の新機能
次期Visual Studioでは、開発者が快適に作業できるような改善や新機能追加が行われている。本稿ではIDEとC# 7でどのような改善が行われているかを見てみよう。(2016/9/2)

特集:次期Visual Studioの全貌を探る:
Visual Studio 15 Preview 3の軽量版インストーラーを使ってみる
次期Visual Studioで採用予定の軽量インストーラーはどんなものか、また注目の改善点にどんなものがあるかを紹介する。(2016/8/5)

.NET TIPS:
JSONデータを解析するには?[JavaScript/jQuery]
JSON.parse/JSON.stringifyメソッドやjQueryのparseJSON/getJSONメソッドなどを使って、JSONデータのシリアライズ/デシリアライズを行う方法を解説する。(2016/7/27)

Dev Basics/Keyword:
.NET Core
.NET Coreは、Windows、Mac OS X、Linux上で動作する軽量/モジュール性などの特徴を持ったオープンソースなアプリ開発プラットフォームだ。(2016/7/1)

Linux、macOSでも実行可能に:
マイクロソフト、OSSの開発フレームワーク「.NET Core 1.0」「ASP.NET Core 1.0」を正式リリース
マイクロソフトは、オープンソースの開発フレームワーク「.NET Core 1.0」などを正式リリースした。これまでWindowsでしか実行できなかった.NETアプリケーションなどをLinuxやmacOSでも実行できるようになる。(2016/6/29)

次期サーバOS「Windows Server 2016」で提供
ミニマリズムを追求する軽量Windows「Nano Server」とは?
Windows Serverのインストールオプション「Server Core」は人気が出なかった。だが、仮想マシンやクラウドでの利用に適したWindows Serverを提供するためのMicrosoftの次なる取り組みにはIT管理者も納得するかもしれない。(2016/6/27)

vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目(52):
Dockerとの相互運用性が向上したWindowsコンテナ[後編]
前回に続き、Windows Server 2016 TP5における、Dockerとの相互運用性が強化された「Windowsコンテナ」について説明します。(2016/6/17)

.NET TIPS:
definePropertyメソッドでプロパティを定義するには?[JavaScript]
JavaScriptではdefinePropertyメソッドによって、オブジェクトのプロパティを定義し、その属性を細やかに制御できる。(2016/5/27)

.NET TIPS:
関数宣言と関数式の違いとは?[JavaScript]
JavaScriptで関数を定義するには、関数宣言による方法と関数式による方法がある。本稿ではこれらの違いについて説明する。(2016/5/18)

.NET TIPS:
Ajax(非同期通信)を実装するには?[JavaScript/jQuery]
JavaScriptで非同期通信を行うには、jQueryのajaxメソッド/getJSONメソッドなどを使用するとよい。通信完了時の処理はメソッドチェーンを使って記述できる。(2016/5/11)

特集:フレッシュマン企画:
Insider.NETの歩き方(2016年度版)
新人プログラマーの皆さんを主な対象として、これからプログラミングの世界に飛び込もうという方々の役に立ちそうな記事をピックアップして紹介する。(2016/5/10)

.NET TIPS:
チェックボックスの値を読み書きするには[JavaScript/jQuery]
JavaScriptでチェックボックスの値を読み書きするには、jQueryのprop/click/valメソッド、属性等価セレクタ、:checkedセレクタを利用するとよい。(2016/4/27)

特集:.NET開発者のためのオンラインリソースガイド:
.NET開発者がよく使うサイト、本当に使えるサイト【2016年度版】
Web上には.NET関連サイトが数え切れないほどたくさんある。その中でも.NET開発初心者がまずは押さえておきたいWebサイトを厳選してまとめた。(2016/4/22)

システムインテグレーションとセキュリティ(3):
「イントラWebアプリケーションのセキュリティ」、大丈夫ですか?
“SI視点”でセキュリティのポイントを解説する本連載。第3回は、「アプリケーション開発」の観点から、特に見逃されがちな「イントラ環境のWebアプリケーションのセキュリティ」について注意すべきポイントを紹介します。(2016/4/21)

.NET TIPS:
ページをリダイレクト(画面遷移)するには?[JavaScript]
JavaScriptを使って画面遷移を行うには、locationインタフェースのhrefプロパティ/assignメソッド/replaceメソッドが使える。(2016/4/20)

.NET TIPS:
DOMの子要素を探索するには?[JavaScript/jQuery]
JavaScriptでDOMの子要素や子孫要素を操作するには、jQueryのfind/childrenメソッドとCSSの子セレクタ/子孫セレクタを使用する。(2016/4/13)

Windows 10次期バージョンに搭載:
米マイクロソフトがBash on Windowsを発表、その目的は
米マイクロソフトは2016年3月30日(米国時間)、同社が米サンフランシスコで開催したカンファレンス「BUILD 2016」において、Windows 10上でBashシェルを動かすデモを披露した。これは、米Canonicalとの協力によって同社が開発したもので、2016年夏に正式提供開始予定のWindows 10新バージョンでサポートされるという。(2016/3/31)

.NET TIPS:
ファイルをダウンロードさせるには?[JavaScript]
リンクをクリックするだけでファイルをダウンロードできるようにするには、HTML5のdownload属性を使う方法とJavaScriptコードを使う方法がある。(2016/3/30)

連載:Visual Studio+Apache Cordovaで始めるiOS/Androidアプリ開発:
第2回 Apache Cordovaでリソースやライブラリを活用しよう
今回はCordovaアプリでの画像ファイルやフォント、jQuery/jQuery UIの使い方の基本を説明し、最後にIonicフレームワークを紹介する。(2016/3/29)

.NET TIPS:
エンドユーザーの言語を取得するには?[JavaScript]
JavaScriptでエンドユーザーの言語を取得するには、navigator.languageプロパティやnavigator.userLanguageプロパティなどを使用する。(2016/3/23)

.NET TIPS:
文字列が他の文字列に含まれているかを調べるには?[JavaScript]
JavaScriptで、文字列中に他の文字列が含まれているかを調べるにはindexOfメソッドを使用するなど幾つかの方法がある。(2016/3/9)

.NET TIPS:
異なるデータ型の値を比較するには?(==と===の違いを理解する)[JavaScript]
JavaScriptで文字列と数値、Booleanと数値、nullとundefinedなど、異なるデータ型の値を比較するには==演算子を使う方法と===演算子を使う方法がある。(2016/3/2)

Tech Basics/Keyword:
jQuery(ジェイ・クエリ)
Webページ/アプリ開発に多用されているJavaScriptライブラリ「jQuery」。その特徴やメリット、バージョン、注意点を短くまとめる。(2016/2/22)

Dev Basics/Keyword:
SPA(シングルページアプリ)
SPAは単一ページで構成されるWebアプリであり、応答性がよく表現力の高いアプリをクロスプラットフォームでユーザーに提供できるのが利点だ。(2016/2/19)

.NET TIPS:
WPF/UWP:テキストブロックの一部分だけをデータバインディングするには?[XAML]
.NET 4以降のWPF/UWPアプリで、RunコントロールのTextプロパティを使い、テキストの一部の内容だけをユーザーの入力に応じて変更する方法を解説する。(2016/2/10)

.NET TIPS:
WPF:ラジオボタンの選択をバインディングソースに反映させるには?[C#/VB]
WPFアプリで双方向データバインディングを使用して、ラジオボタンの選択状態を反映する方法、その問題点と解決策を解説する。(2016/1/27)

Dev Basics/Keyword:
Xamarin
C#と.NET Framework技術を利用して、クロスプラットフォーム対応のモバイルアプリを開発できるXamarinの概要を説明する。(2016/6/7)

Tech Basics/Keyword:
REST
RESTとは、広く普及したWebのインフラをそのまま利用して、簡易な手順でアクセスを可能にした、Webサービス向けのソフトウェア設計アーキテクチャ。(2016/1/13)

デスクトップ管理をめぐる冒険
「Windows 10」「Mac」記事が読まれた2015年、その意味とは?
エンタープライズデスクトップ管理に関する解説記事の中で、2015年に注目を集めたテーマを解説する。「Windows 10」に関する話題やMacの管理、OSのセキュリティ対策への関心が高かった。(2016/1/9)

.NET TIPS:
WPF:GridやCanvasなどでマウスやタッチのイベントを拾うには?[C#/VB]
Grid/Canvas/Ellipse/Borderなどのコントロールでマウス/タッチ/スタイラスのイベントを発生させ、それを処理する方法を解説する。(2016/1/6)

特集:今から始めるJavaScriptアプリ開発:
.NET開発者のためのJavaScriptライブラリカタログ(Grunt編)
Webアプリ開発における日々の煩雑な作業を自動化してくれるツールである「Grunt」の基本を今回は見ていこう。(2015/12/24)

特集:今から始めるJavaScriptアプリ開発:
.NET開発者のためのJavaScriptライブラリカタログ(gulp編)
Webアプリ開発における日々の煩雑な作業を自動化してくれるツールである「gulp」の基本を今回は見ていこう。(2015/12/18)

.NET TIPS:
WPF:例外をまとめてトラップするには?[C#/VB]
例外を1カ所でまとめて処理したくなることがよくある。これを行う四つの方法を本稿では紹介する。(2015/12/16)

オブジェクト自動認識で保守コストを削減:
PR:Web、デスクトップ、モバイルと70種類以上の多様なテクノロジに対応するUIテスト自動化ツールのRanorexとは何か
テクマトリックスが国内販売するUIテスト自動化ツール「Ranorex」を紹介するセミナーが開催された。同ツールの大きな特徴は、デスクトップ/Web/モバイルという広い範囲のクロスプラットフォーム対応と、テストケースの保守を大幅に省力化するUIオブジェクト自動認識機能だ。(2015/12/2)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。