ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ぜんそく」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ぜんそく」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

東北大、気管支ぜんそく発症の原因を明らかに アレルギー疾患の新治療法開発へ
東北大学の研究グループは3月23日、気管支ぜんそくが起こる新たなメカニズムを明らかにした(2018/3/23)

「ドクターカー」導入にクラウドファンディング 成育医療センター、国立なのに「寄付」に頼ったワケ
重症の子供を搬送する高規格の「ドクターカー」を導入したいと、国立成育医療研究センターがクラウドファンディングを始めた。国立の病院が自施設の機材拡充に民間の資金を募るのはなぜか。そこにはクラウドファンディングならではの「感情に訴えかける方法」が活かされていた。(2018/2/27)

実写版「ピーター・ラビット」、ピーターが食物アレルギー患者にショック症状を起こさせる描写で物議
ブラックベリーアレルギーを抱える人物の口へ、ピーターの投げたブラックベリーが入るシーンが問題視されています。(2018/2/13)

医療技術ニュース:
ステロイドホルモンが免疫力を高めるメカニズム、昼と夜で反応に違い
京都大学は、ステロイドホルモンの1つであるグルココルチコイドが免疫力を高めるメカニズムを明らかにした。不規則な生活によるグルココルチコイドの分泌の乱れが、免疫力を低下させる可能性を示唆するものだ。(2018/2/9)

危険性の認識を:
加熱式たばこ、安全なの? 専門家警鐘「有害物質含む」
加熱式たばこは“安全”なのか。(2018/2/1)

既に始まっているコンピュータによる意思決定(後編)
ニューラルネットが導き出した「とんでもない結論」
機械学習やAIによる「自動意思決定」に期待がかかるが、そこには人間による偏り(バイアス)が入り込む余地があることに注意する必要がある。あるニューラルネットは、学習の結果驚くべき結論を導き出してしまった。(2018/1/11)

既に始まっているコンピュータによる意思決定(後編):
ニューラルネットが導き出した「とんでもない結論」
機械学習やAIによる「自動意思決定」に期待がかかるが、そこには人間による偏り(バイアス)が入り込む余地があることに注意する必要がある。あるニューラルネットは、学習の結果驚くべき結論を導き出してしまった。(2018/1/10)

カーペットのダニ対策 効果的な掃除のやり方は?
スチームアイロン、掃除機の合わせ技で上手にダニを除去。(2017/12/28)

人気過熱の加熱式たばこは“安全”か? 専門家「発がん物質は含まれている」
「iQOS」などの加熱式たばこが人気を集めている。煙が出ず、有害な化学物質の発生量が少ないといった特徴が人気の理由だが、その有害性をめぐり、専門家からは「発がん性物質が含まれている」「ニコチン依存から脱却できない」などの指摘もある。(2017/12/20)

24時間テレビ、羽生結弦選手が告白した小児ぜん息について「病気を言い訳にせず」とツイートし物議 視聴者から非難の声
ぜん息は死亡例もある病気。(2017/8/27)

プールの水は約0.01%が尿 カナダの大学のガチ調査で嫌な事実が判明
「プールでの運動による効果は尿がもたらす健康リスクを上回る」と強調し、プールから人を遠ざける意図はないと述べています。(2017/3/7)

2月23日は「富士山の日」 もしも噴火したら?
意外と知らない噴火の被害。(2017/2/23)

ITエンジニア U&Iターンの理想と現実(17):
長野編:仕事の「数」はある、しかし……既婚エンジニアの移住と長野のIT求人事情
仕事、家族、家、地域との関わり……移住にはさまざまな課題や心配事があります。エンジニアのU&Iターン事情をお届けする本連載、今回はこれまでのキャリアを捨てる覚悟で長野へ移住、転職、独立したITコンサルタントにインタビューしました。(2016/11/11)

滝田勝紀の「白物家電、スゴイ技術」:
知っているようで知らないダニの生態――本当に効果的な対策とは?
「ジメジメとした梅雨時は布団にダニが繁殖する」など、ダニ対策についての記事や情報番組などを多く目にするこの時期。しかし、われわれはダニについて意外と知らない。今回は長年ダニを研究している環境アレルゲン info and care代表の白井秀治さんにお話を伺った。(2016/7/1)

シード・プランニング:
遠隔診療関連サービス市場は、遠隔での健康相談/保険診療が市場をけん引
シード・プランニングは、日本における遠隔診療サービスの市場規模予測を発表した。(2016/6/22)

作者の精神病体験から生まれたガチ病みゲー「ネバーエンディングナイトメア」 PS4&PS Vitaで配信決定
「鬱の人間にとって、人生は悪夢です。ですから、このゲームはすべて悪夢の中で完結しています」(2016/5/16)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
大規模災害を教訓に、貨物鉄道網の再整備を
赤字であっても鉄道が必要という自治体は多い。なぜなら道路だけでは緊急輸送に対応できないからだ。鉄道と道路で輸送路を二重化し、片方が不通になっても移動手段を確保したい。しかし全国の鉄道貨物輸送は短縮されたままになっている。(2016/4/22)

医療機器ニュース:
VOC300種類の放出量を抑え、シックハウス症候群を根本的に解決するパナホームの家
パナホームは、室内の空気に含まれる揮発性有機化合物(VOC)の濃度の基準を定めた国際認証「グリーンガード認証」を住宅としては世界で初めて取得した。シックハウス症候群の原因となる揮発性有機化合物300種類を対象に使用する数十種類の建材や接着剤を見直した。コストは「売り値には影響しない範囲」(パナホーム)としている。(2016/4/5)

医療機器ニュース:
遺伝子データも扱えるようになったオープンソースフレームワーク
Appleは、オープンソースフレームワーク「ResearchKit」の新モジュールを発表した。産後うつやぜんそく、心血管疾患などの研究に役立てられているResearchKitに、遺伝子データも組み込めるようになる。(2016/4/5)

林信行が見るApple発表イベント:
Appleが示した3つの重要なイニシアチブ
“10億台企業”は大きな責任を負う。プライバシー保護、環境への取り組み、そして健康――まもなく創業40年を迎えるAppleは、成熟した企業としての手本を示してみせた。(2016/3/23)

医療機器ニュース:
「診察室以外でも身体の状態を診る」iPhoneアプリで臨床研究開始
順天堂大学は2016年2月16日、「診察室以外でも身体の状態を診る」をコンセプトに専用アプリを開発。そのアプリを用いた3つの臨床研究を開始した。患者の日常を記録し、臨床研究に反映させることで、より質の高い診断・治療に貢献する。(2016/3/3)

自然エネルギー:
150キロメートルの距離を越えて、木質バイオマス発電の電力を村から東京へ
35年間にわたって交流を続ける東京都の世田谷区と群馬県の川場村が電力でも連携を図る。川場村で2017年1月に稼働予定の木質バイオマス発電所の電力を世田谷区に供給する計画だ。世田谷区は再生可能エネルギーの利用率を2024年度に25%まで高める目標を掲げている。(2016/2/22)

順天堂大、iPhoneアプリを活用した3つの臨床研究を開始 パーキンソン病などでデータ活用へ
順天堂大学医学部から、ResearchKitを活用した新たな臨床研究用アプリが登場した。ロコモティブシンドローム、パーキンソン病、ぜんそくの研究を目的としたアプリで、ロコモティブシンドロームのアプリは簡単な判定なども行ってくれる。(2016/2/16)

敵を知り己を知ればおふとん危うからず:
PR:ふとんの大敵ダニはどこからやってくる? あのレイコップが調べた【10の事実】
快適な眠りを得るために知っておきたい、ダニとふとんにまつわる【10の事実】をレイコップで聞いてきた。(2015/12/4)

電源なしでセンサーが稼働
電波から電力を生み出す「Freevolt」でIoTの電源問題は解決?
Wi-Fi、携帯電話、放送用の電波を電力に変換する技術が発表された。これを利用すれば電源を用意しなくても各種センサーを稼働させることができ、IoTに大きく寄与すると期待される。だが……。(2015/11/30)

Computer Weekly:
電波から電力を生み出す「Freevolt」でIoTの電源問題は解決?
Wi-Fi、携帯電話、放送用の電波を電力に変換する技術が発表された。これを利用すれば電源を用意しなくても各種センサーを稼働させることができ、IoTに大きく寄与すると期待される。だが……。(2015/11/18)

心電図、動脈血酸素飽和度の測定が可能な携帯型モニター「チェックミーライト」
三栄メディシスは、心電図や動脈血酸素飽和度により健康状態の確認が可能な携帯型ヘルスモニター「チェックミーライト」を12月1日から販売します。(2015/11/11)

専門家が推奨する秋掃除とは:
PR:ダニが減らなくなった?――現代住宅に潜むアレルゲンの実態
エフシージー総合研究所とダイソンが共同で行った調査により、断熱性や気密性に優れた現代の住宅は、アレルゲン生物の生態にも影響を与えていることが分かった。調査を主導したエフシージー総合研究所の川上裕司博士にその傾向と対策を聞いた。(2015/8/31)

iPhoneの健康データがもたらす、「質より量」でイノベーションが起きる未来
iPhoneを健康データの収集に活用できるプラットフォームとして、HealthKitやResearchKitが提供されていますが、これらにはどのようなメリットがあり、どう活用されるべきなのでしょうか。林信行氏の講演からひも解きます。(2015/6/17)

iOS以外でも使えるか?日本ではどうだ?:
アップルがGitHubに公開した医療の研究調査用OSSフレームワーク「ResearchKit」の基礎知識
米アップルが2015年4月14日にGitHubに公開した医療の研究調査用OSSフレームワーク「ResearchKit」について、概要や機能、現時点でできないこと、どのようなアプリが作れるかについて紹介する。(2015/4/17)

センシング技術:
体の熱や動きで駆動するウェアラブル医療モニター、米研究チームが開発に本腰
米国の研究チームは、環境発電(エネルギーハーベスト)を利用するウェアラブル医療モニターの開発を進めている。体温や身体の動きを利用してフレキシブルセンサーを駆動し、生体信号をモニタリングすることを目指すという。(2015/4/15)

「記憶」ではなく「記録」に頼るんです――心理学ジャーナリスト・佐々木正悟さん
各界で活躍し「周りが放っておかない人」に生活習慣や健康のコツを聞く本連載。心理学ジャーナリストの佐々木正悟さんが、健康な毎日を継続できる理由とは?(2015/4/14)

市販薬の副作用に消費者庁が注意喚起 5年間に死亡15例
副作用で死亡に至ったり、後遺症が残る場合も。(2015/4/9)

滝田勝紀の「白物家電、スゴイ技術」:
空気を浄化する扇風機「ダイソン ピュア クール」の気になるところ
「Dyson Pure Cool」(ダイソン ピュア クール)は、空気清浄機が抱える課題や弱点をイノベーションで解決したという空気清浄機能付き扇風機だ。その機能とパフォーマンスについて、来日した担当エンジニアに詳しい話を聞いた。(2015/4/3)

林信行が踏み込んで解説:
「Apple Watch」であなたの生活はこう変わる
業界きってのアップルウォッチャーである林信行氏が、Apple Watchを実際に試着して得た雑感や、これからデジタルライフスタイルの変化に思いをはせる。(2015/3/11)

専門医に聞く舌下免疫療法(4)アレルギー体質からの脱却
花粉症に悩める、すべての人に贈る特集第4回。アレルギー専門医である「ながくら耳鼻咽喉科アレルギークリニック」の永倉仁史院長に「舌下免疫療法」についてお伺いする最終回です。(2015/3/11)

Apple、iPhoneで医療研究に貢献できる「ResearchKit」を発表
医療研究期間はResearchKitで開発したiPhoneアプリを通して多数のユーザーから研究に必要なデータを収集できる。まずは米国のApp Storeで、ぜんそく、パーキンソン病、糖尿病、乳がん、心疾患の研究に協力できるアプリが公開された。(2015/3/10)

専門医に聞く舌下免疫療法(2)注射よりも手軽で安全、だから続けやすい
花粉症の新たな救世主「舌下免疫療法」について、アレルギー専門医である「ながくら耳鼻咽喉科アレルギークリニック」の永倉仁史院長にお話を伺う第2回です。(2015/3/9)

Smart Laboでも人気:
熟練した職人の業、栃木レザーとの出会い――スマホケース「HUKURO」の秘密をJACAJACA吉川社長に聞く
アクセサリーショップ「Smart Labo」で特に人気だという、栃木レザーを使ったJACAJACA社のケース「HUKURO」シリーズ。現在はiPhone 6/6 Plus向けに本格展開している。JACAJACAの吉川社長に、同製品のこだわりを聞いた。(2015/2/6)

効果と副作用:
全世界75%のタミフルを消費する日本人、インフルエンザになる前に知っておくべき薬の話
インフルエンザにかかったら必ず薬を服用すると思っている人は少なくありませんが、世界的に見るとこのような認識があるのは日本ぐらいです。今回は、抗インフルエンザ薬における日本と世界のズレについて紹介します。(2014/12/9)

世界を「数字」で回してみよう(9):
「環境問題」とは結局何なのか(後編)〜板挟みの実情〜
当事者意識がなかなか湧きにくい環境問題ですが、人類がこれまで何もできなかったわけではありません。実際、オゾンホールの問題は国際協調によってそれなりの効果を出しています。ただし、総じて環境問題というのは、「原因がはっきりしなくても対策しなければならない」「なのに数十年たっても効果はないかもしれない」という、極めて“板挟み”的な要素を含んでいるのです。(2014/12/1)

PR:“青い空気”は編集部を浄化できるのか!? ITmediaに「ブルーエア」がやってきた
ブルーエアといえば、米国家電製品協会(AHAM)から世界イチのお墨付きをもらった空気清浄機のブランド。編集部のよどんだ空気を一掃するため、その最上位機種「ブルーエア650E」を導入した。(2014/11/25)

「DC61」モニターお宅訪問<第1回>:
PR:家族同然のペットが原因で新妻にアレルギー症状が!――そのとき旦那は「DC61」を手にした
近年、室内でペットを飼育する例が増加しているが、それにつれて問題となっているのがアレルギーだ。飼い主だけでなく、ときには家族にアレルギー症状が出てしまうケースもある。今回、おじゃました國分さん宅もそんな悩みを抱えていた。(2014/11/27)

カビが発生する前にクラウドで予測してお知らせ――東京エレクトロン
屋内の環境データをインターネット経由で収集し、カビの発生環境を予報して通知する「カビ発生予報クラウドシステム」の実証実験がスタートする。(2014/11/6)

体と心が疲れがちな季節“秋”を健康に乗り切るためには?
これからの季節を健康に乗り切るためのライフスタイルを紹介します。(2014/10/21)

小児アトピー/喘息児に朗報か!:
シャープ、プラズマクラスター技術により小児アトピーでぜんそく患者の気道炎症レベルが低減した結果を発表
シャープは、東京大学医学部附属病院臨床研究支援センターに委託した臨床研究において、小児アトピー型で軽症および中症のぜんそく患者の気道炎症レベルが低減する結果が得られたと発表した。(2014/9/18)

「ルンバ」に続くヒット商品となるか:
米iRobotの床拭きお掃除ロボ「ブラーバ」はどれだけ実用的か(動画あり)
「ルンバ」シリーズを手掛ける米iRobotの新型ロボット、「ブラーバ380j」が上陸した。「床拭き」専用となる本製品を試用した感想を、動画を交えながらお伝えしたい。(2014/8/22)

この夏はこれ! にんじんに、こんな効果もあるって知っていましたか?
想像以上にパワーを秘めている野菜、にんじん。そんなにんじんで健康を得た精神科医の星野仁彦さんの著書を紹介します。(2014/8/7)

やや乗り遅れた感はあるものの……?:
サムスンがスマートヘルスケアに本腰
ヘルスケア向けリストバンド「Simband」を発表したばかりのSamsung Electronics(サムスン電子)。AppleやGoogleもスマートヘルスケア分野に積極的に乗り出す中、Samsungもやはり同分野に狙いを定めているようだ。(2014/6/20)

梅雨にご用心――アレルギー専門医が語るハウスダスト対策の重要性
レイコップの新製品発表会で「ながくら耳鼻咽喉科アレルギークリニック」の永倉仁史院長が登壇し、専門医の立場から小児ぜんそくとハウスダストの関係を解説した。(2014/6/11)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。