ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

  • 関連の記事

「AtermMR02LN」最新記事一覧

24時間動作+4バンドLTE+11ac+SIMフリー(予定):
もしかして“無双”? ツウ好みの高性能LTEルータ「AtermMR03LN」をねっとりチェック(パフォーマンス編)
“ツウ好み”の機能や特長を多く備えるLTEルータ「AtermMR03LN」がモバイラーの中で人気だ。前編の機能チェックに続き、後編では実運用して分かった使い勝手とパフォーマンス面をねっとりチェックする。(2014/3/18)

24時間動作+4バンドLTE+11ac+SIMフリー(予定):
もしかして“無双”? ツウ好みの高性能LTEルータ「AtermMR03LN」をねっとりチェック(機能チェック編)
タッチ操作対応のスリム&軽量ボディ、最大150MbpsのクアッドバンドLTE対応、24時間動作のBTテザリング、12時間Wi-Fi動作、802.11ac、そしてSIMロックフリー(予定)!。モバイラーが“これならっ!”と飛びつきたくなる機能と特長をギュッと凝縮したLTEルータ「AtermMR03LN」の実力を検証する。まずは機能のチェックから。(2014/2/28)

ルータープリンスの「5分で知る最近のモバイル通信&ルータ事情」:
WiMAX 2+の「Try WiMAX」と、通信サービスの「2年長期契約」に思うこと
2014年1月〜2014年2月初旬のモバイル通信&ルータ事情で注目したい項目をピックアップ。モバイラー好みの機能と特長を多く備えたクアッドバンドLTE対応ルータの登場、2年契約と“お試し”について紹介する。(2014/2/20)

NEC、Bluetoothテザリングで“最大24時間”通信できるLTEモバイルルータ「AtermMR03LN」
NECおよびNECアクセステクニカは、Bluetoothテザリングによる長時間利用を可能としたLTEモバイルルータ「AtermMR03LN」を発表した。(2014/1/24)

ルータープリンスの「5分で知る最近のモバイル通信&ルータ事情」:
そういえば「本来あり得ない理由」って何だったのだろう
今回は、「本来あり得ない理由で」のフレーズが話題となったb-mobile4G WiFiや、イー・アクセスの帯域割り当ての変更に伴う通信速度の変更、WiMAX端末のファームウェア更新の新機能や端末の値下げについて紹介する。(2013/7/18)

BIGLOBE、スマートフォンからリモート起動できるLTEモバイルルータを発売――月額2760円から
BIGLOBEは、高速モバイル通信サービス「BIGLOBE LTE・3G」と、スマートフォンからのリモート起動に対応したLTEモバイルルータ「Aterm MR02LN」のセット販売を開始した。月額2760円で始められる特典も用意している。(2013/7/2)

ルータープリンスの「5分で知る最近のモバイル通信&ルータ事情」:
ソフトバンクの「もう1つのダブルLTE」対応ルータとは
スマホもPCもタブレットも、何より快適快速なモバイルデータ通信環境が必須!──そんな人に向けたポータブルルータの「今」を解説する。第1回目のテーマは「もう1つのダブルLTE」と「LTEのMVNOが活発化」。(2013/6/13)

hi-ho、ドコモのLTEを利用する「hi-ho LTE typeD」シリーズに「Fonepad」付きコースを追加
ハイホーは、ドコモのLTE網に対応した「hi-ho LTE typeD」シリーズに、Androidタブレット「Fonepad」をセットにしたコースを追加した。(2013/6/4)

ニフティ、@nifty do LTEで新LTEルータ「AtermMR02LN」扱いを開始──機器価格約3800円から
ニフティのLTEデータ通信サービス「@nifty do LTE」が新LTEルータの取り扱いを開始。キャンペーンにより約3800円で端末を購入できる。(2013/6/3)

より買いやすく:
BIGLOBEの「ほぼスマホ」、イオン実店舗でも販売
BIGLOBEの「ほぼスマホ」がイオン実店舗でも購入・契約できるようになる。発売は2013年6月1日。(2013/5/30)

MVNOのLTEサービス向けに提供:
NEC、リモート起動対応のLTEルータ「AtermMR02LN」──3バンドLTE+Wi-Fi最大300Mbps通信に対応
NECアクセステクニカのLTEサービス向け新ルータ「AtermMR02LN」が登場。800MHz帯を含む3バンド対応で、無線LANも最大300Mbpsに強化。MVNOのLTEデータサービス用端末として展開する。(2013/5/30)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。