ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

  • 関連の記事

「Intel Atom E600」最新記事一覧

最新スマートフォン徹底比較:
4万〜7万円台のハイエンドSIMフリースマホを徹底比較――基本スペック&持ちやすさ編
市場価格4万円〜7万円台のAndroidスマートフォン6機種を比較。今回取り上げるのは「Nexus 6P」「Nexus 5X」「ZenFone Zoom(ZX551ML)」「ZenFone 2 Laser (ZE601KL)」「Mate S」「Desire EYE」。基本スペックや持ちやすさについて紹介する。(2016/4/6)

IFA 2015:
ASUS、「ZenFone」ファミリーの最新モデルや「ZenWatch 2」の実機を披露
IFA開催に合わせたプレスカンファレンスで、ASUSが「ZenFone 2 Deluxe」「ZenFone Max」「ZenFone Selfie」「ZenFone Zoom」などのスマートフォンや、Android Wear搭載のスマートウォッチ「ZenWatch 2」を紹介した。(2015/9/4)

COMPUTEX TAIPEI 2015:
ASUSが「Zensation」を開催――「ZenPad」シリーズや「ZenFone Selfie」を発表
ASUSがCOMPUTEX TAIPEI 2015に合わせて製品発表会を開催。3つのサイズからなるタブレット、自分撮りに特化したスマートフォン、そしてZenWatchの次期モデルを披露した。(2015/6/2)

米国版を一足先に入手!――10.8型タブレット「Surface 3」ファーストインプレッション
Windows 8.1を搭載したMicrosoftの10.8型タブレット「Surface 3」が日本でも発売されます。米国在住の筆者が一足早くWi-Fiモデルを手に入れたので、開封リポートとファーストインプレッションをお届けします。(2015/5/19)

価格別 LTE対応SIMフリースマホまとめ――「OS、CPU、バッテリー、カメラ」編
LTEに対応したSIMロックフリーのスマートフォン19機種をチェックしている本記事。第2回では、OS、プロセッサ(CPU)、バッテリー容量、カメラの画素数を比較した。(2015/5/12)

ZenFone 2レビュー(1):
背面カバーに“一触ぼれ”――「ZenFone 2」の外観と持ちやすさをチェックする
発売間近の「ZenFone 2」をレビューする短期集中連載が開始。第1回では外観や持ちやすさ、片手での操作性をチェックした。(2015/5/8)

Mobile World Congress 2015:
デジカメスマホ「VIBE Shot」が注目を集めるLenovoブース――Dolby Atoms搭載のミッドレンジモデルも発表
Lenovoブースでは、カメラ機能を重視したスマートフォン「VIBE Shot」、8〜10.1型のAndroidタブレット、コンパクトなモバイルプロジェクターなどを展示している。日本での発売はいずれも未定だ。(2015/3/4)

NIWeek 2014:
現場の声に応える“4スロット”「CompactDAQ」「CompactRIO」――6製品を発表
National Instruments(ナショナルインスツルメンツ)の年次テクニカルカンファレンス「NIWeek 2014」(米国・オースチン、2014年8月4〜7日)において、「CompactDAQシリーズ」と「CompactRIOシリーズ」の新製品が発表された。(2014/8/8)

ASUS、着脱キーボード付きの10.1型Androidタブレット「ASUS Pad TF103C」
ASUSは、ノートPC風スタイルで利用可能なAndroid搭載10.1型タブレット端末「ASUS Pad TF103C」を発表した。(2014/7/9)

ESEC2014 開催直前情報:
PFU、Atom&Xeon搭載の組み込み製品3モデルを発表
PFUは、組み込み製品の新ラインアップを発表した。インテルの最新プロセッサ「Atom」「Xeon」を搭載した3モデルを、2014年6月から順次出荷する。(2014/5/12)

車載・産業機器に最適:
「理想的なパフォーマンスを実現する!」――ローム、Atom E3800用パワーマネジメントICを開発
ロームは、インテルが2013年10月に発表した組み込み機器向け「インテル Atom プロセッサー E3800ファミリー」用のパワーマネジメントIC(PMIC)「BD9596MWV」を発表した。(2013/11/15)

もうすぐインテルのターン?:
“インテル入ってる”Android/Windows搭載タブレット端末のセミナーを開催
インテルは、ソフトウェア開発者や販売代理店に向けて、インテルアーキテクチャ搭載タブレットのメリットを説明するセミナーを実施した。(2013/10/10)

2013 International CES:
IntelブースでRazerの“ゲーミング”タブレットPCを握ってみた
2013 CESが公式に開幕した。展示ブースもオープンとなり、多くの未発表製品が登場する。開幕直前に関係者に公開したIntelブースはタブレットPCが主役だった。(2013/1/9)

ET2012 展示会場リポート:
「インテリジェントシステム」のさまざまな“カタチ”をアピールする、インテルとマイクロソフト
2012年11月14〜16日の3日間、下半期最大規模の組み込み関連技術イベント「Embedded Technology 2012/組込み総合技術展(ET2012)」がパシフィコ横浜で開催された。本稿では、「インテリジェントシステム」をブーステーマに掲げるインテルと日本マイクロソフトの出展内容を中心に、ET2012の展示会場の様子をリポートする。(2012/11/30)

ET2012:
HTML5と「Tizen IVI」がキーワード、インテルが車載情報機器のデモに注力
インテルは、ET2012で、同社のプロセッサ製品を用いた車載情報機器のデモを多数披露した。これらのデモでは、Linuxベースの車載情報機器向けプラットフォーム「Tizen IVI」や、HTML5ベースのWebアプリケーションが重要な役割を果たしている。(2012/11/15)

「爆乳ノートPC」現る!――デジクラフト、「閃乱カグラ Burst -紅蓮の少女達-」公式 ノートPCを発売
「閃乱カグラ Burst」のメインキャラ・焔の日焼けした水着姿を天板にデーンと描いたノートPCが登場。12月31日までの完全受注生産なので、予約はお早めに!!(2012/10/31)

車載情報機器:
「Atom」の車載利用が拡大へ、起亜自動車の高級セダン「K9」が採用
起亜自動車の高級セダン「K9」の車載情報機器にインテルの「Atom」が採用された。公表されている採用事例としては4件目となる。車載向けAtomの発表から3年以上が経過したこともあり、車載情報機器へのAtomの採用が拡大しつつあるようだ。(2012/7/31)

製品リリース/デバッガー:
Atom E600番台対応の動的解析ツール「adviceLUNA システムマクロトレース」登場
横河ディジタルコンピュータは、組み込み機器開発者向け動的解析ツール「adviceLUNA システムマクロトレース」のインテル Atom プロセッサ E600番台対応モデルを発表した。(2012/4/23)

ESEC2012 スペシャル・プレビュー:
PR:インテルが提唱する「インテリジェント・システム」で実現できるもの
インテルが提唱している「インテリジェント・システム」のことをご存じだろうか。その概念を理解しているつもりでも、実際にそれがどのような価値を生み出すものなのか、具体的に説明するのは難しい。そのヒントを、インテルは「第15回 組込みシステム開発技術展(ESEC2012)」で提示する。インテリジェント・システムにより得られる新しい価値、そのアウトプットを最新の展示デモで体感してほしい。(2012/4/17)

3年越しの努力が結実:
Intelの「Atom」が車載情報機器に採用、日産の北米向け2013年量産車に搭載【訂正あり】
低消費電力を特徴とするIntelのプロセッサ「Atom」が、日産自動車の車載情報機器プラットフォームに採用された。2009年3月に車載用Atomを発表してから約3年で、大手自動車メーカーとの契約を勝ち取ったことになる。(2012/4/6)

短納期とコスト削減ならAtomとAndroidの組み合わせだ
インテルは、2月2日にAtom E600番台をはじめとする組み込み向けプラットフォームの製品展開に関する説明会を行い、納期短縮とコスト削減の可能性を訴求した。(2012/2/2)

ターボシステムズ、Android BSP無償提供:
Intel Atom E600+Androidで組み込み機器開発の課題を解消
ターボシステムズは、インテルの組み込み機器向けプロセッサ Atom E600シリーズ用のAndroid BSP「Android BSP for Intel Atom Processor E600 Series」の無償提供を開始。併せて、イノテック製の組み込みCPUモジュール「TX-70」と専用キャリアボードを組み合わせた評価キットの販売も行う。(2012/2/2)

アプローチは「Intelligent Connected Solutions」:
PR:組み込み機器市場での展開を強化するインテル
PCとサーバー機器向けのプロセッサ製品ですでに確固たる地位を築いているインテル。同社は、組み込み機器市場に対しても、製品開発や営業展開をより一層強化する姿勢を見せている。(2011/10/26)

ET2011 開催直前情報:
「Connected」重視の姿勢を打ち出すインテルの狙いとは?
PCやサーバー機器向けCPUで確固たる地位を築くインテル。同社のET2011における展示テーマは「Intelligent Connected Solutions」である。「Connected」をコンセプトとした展示により、機器同士の相互接続、バックエンドサーバーとのつながり、クラウド化を重視する姿勢を示す方針だ。(2011/10/18)

業界最小フォームファクタCoreExpress採用:
TED、Atom E600搭載の超小型CPUモジュール「CoreE600」を発表
東京エレクトロン デバイスは、インテルのAtomプロセッサE600番台(E640/E680)を搭載し、SFF-SIG制定の業界最小フォームファクタを採用したCPUモジュール「CoreE600(TD-BD-C592LF)」を開発し、2011年10月より販売を開始すると発表した。(2011/8/23)

FPGA Insights:
PR:第35回 こんなに使える!CPLD活用術(後編)
 「プログラム可能な論理回路デバイス」というと、FPGAを思い浮かべる読者が多いかもしれないが、他にもCPLD(Complex PLD)があることをご存じだろうか? CPLDを理解してもらうために、前編ではその特徴やCPLDで実現できる機能の概要などについて紹介した。後編では、CPLDの代表的な用途について、より詳しく解説する。(2011/6/24)

ESEC2011 開催直前情報!!:
ロームとOKIの総合力を提案、Atomプロセッサ向けチップセットなどを紹介
ESEC2011では、Atomプロセッサ向けチップセットや無線チップ/モジュールなどを展示する。(2011/4/28)

ESEC2011 開催直前情報!!:
IAで組み込みの世界を変革する 〜Smart. Connected. Transforming.〜
「Smart. Connected. Transforming.」のスローガンを掲げ、ESEC2011に出展するインテル。パートナー20社による最新ソリューション展示、次世代の組み込み機器を見据えた8つのコンセプトモデルは必見だ!(2011/4/28)

FPGA Watch(6):
組み込みプロセッサとFPGAの最新動向
前回は、ソフトコアプロセッサをFPGAに内蔵する方法とその活用について紹介しました。今回もプロセッサとFPGAの関係性に注目した話題を取り上げていきます。(2011/4/14)

電子機器 イベントレポート(28)TEDプログラマブル・ソリューション 2011:
MPUとの連携で存在感を強めるザイリンクスのFPGA
東京エレクトロン デバイスは2011年2月16日、東京都内でプライベートカンファレンス「TEDプログラマブル・ソリューション 2011」を開催。パートナ企業とともに、FPGAに関する最新の技術・ソリューションを披露した。特に目を引いた「MPUとFPGAの連携」の部分をレポートする。(編集部)(2011/2/28)

岡谷エレクトロニクス、Atom「E6xx」開発者セミナーを開催:
PCIe採用で柔軟なI/Oを実現するAtom「E6xx」
インテル Atomプロセッサ「E6xx」シリーズに関し、岡谷エレクトロニクスは「組込み向けIntel ATOMプロセッサ E600開発者セミナー」を開催(2010/12/27)

インテル、組み込み機器向けAtomにFPGAを統合
インテルは、AtomのパッケージにFPGAを統合した「Atom E600C」シリーズを発表した。組み込み機器用として構成を柔軟にカスタマイズできるのが特徴だ。(2010/11/24)

組み込みセミナーレポート:
IAの輪をあらゆる機器に広く展開していく!
ユニダックス主催の「Atom E600 すぐに使えますセミナー」の中で、インテルは「組み込み市場向け製品戦略」をテーマに講演を行った。(2010/10/25)

「IDF 2010のTech Inside並みに話しています」:
インテルが期待する「Sandy Bridge」と「女子力」
インテルは、Intel Developer Forum 2010(IDF 2010)で紹介された次期主力CPU「Sandy Bridge」の詳細説明を日本の関係者を対象に行った。(2010/10/1)

Intel Developer Forum 2010:
IntelはAtomで何をしたいのか?
「Netbook向けCPU」の印象が強いAtomだが、組み込み分野を攻略する戦略兵器であったはずだ。いま、Atomはどこを目指しているのだろうか。(2010/9/20)

Intel、車載やテレビ向けの新Atom発表
車載システムやGoogle TVのようなインターネットテレビ向けの組み込み版AtomをIntelが発表した。(2010/9/15)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。