ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「国際自動車通信技術展」最新記事一覧

車載情報機器:
運送業界の人手不足を救うトラック専用カーナビアプリ、当面は無料
ナビタイムジャパンは、「第7回国際自動車通信技術展」において、運送業向けのトラック専用のカーナビゲーションアプリを紹介した。トラックが対象となる通行規制を考慮したルート設定や、トラックが駐車可能な施設の検索が可能だ。トラック向けのカーナビが普及していないことに対応し、経験不足なドライバーでも働きやすくする。(2016/3/23)

車載情報機器:
トヨタの自動運転は法人リース車両で実現する!? ドラレコ映像がビッグデータに
トヨタ自動車は、「第7回国際自動車通信技術展」において、法人向けのリース車両に展開するテレマティクスサービス「TransLog(トランスログ)」を展示した。同サービスはドライブレコーダーとGPSアンテナ、通信ユニットなどを車両に搭載する。記録した危険運転の映像は、ユーザーの法人から許可を得てビッグデータとして活用していく。(2016/3/22)

第7回 ATTTアワード発表 最優秀賞はメルセデス・ベンツ日本の「インテリジェントドライブ」
7回目を迎えた国際通信技術展で、ATTTアワードが発表された。今年もクルマと情報通信の融合から生まれる新しいビジネスの創出に貢献した技術や製品が受賞した。(2016/3/18)

第7回 国際自動車通信技術展:
モバイル、IT、モビリティの融合から生まれた優れた製品を表彰する「ATTTアワード」 エントリー受け付け中
モバイル、IT、モビリティの融合による技術革新によって開発された商品、サービスやソリューションを表彰する「ATTTアワード」の応募を受け付け中。(2016/2/2)

国際自動車通信技術展2015:
運転しながらスマホのカーナビアプリを安全に確認する方法
ナビタイムジャパンは「第6回 国際自動車通信技術展(ATTT)」で、スマートフォン上のカーナビゲーションアプリの経路案内情報や楽曲再生アプリの情報、バックモニターの映像などを確認できるメーターパネル「つながるメーター」を参考出展した。(2015/3/16)

第6回 国際自動車通信技術展:
スマホのナビをメーターに表示、車載機でカーナビタイムを利用――ナビタイムがテレマティクスサービスを紹介
第6回 国際自動車通信技術展で、「つながるメーター」や「QNX OS向け通信ナビ」など、ナビタイムが最新のテレマティクスサービスを展示している。(2015/3/12)

ナビタイムが「第6回 国際自動車通信技術展」へ出展――クルマ/車載機連携の最新活用事例を紹介
ナビタイムジャパンが、東京ビッグサイトで3月11〜13日に開催される「第6回 国際自動車通信技術展」へ出展する。(2015/3/6)

第6回 国際自動車通信技術展:
モバイル、IT、モビリティの融合から生まれる優れた製品を表彰 「ATTTアワード」募集開始
3月11日から13日まで東京ビッグサイトで開催する「第6回 国際自動車通信技術展」に合わせて実施するATTTアワードの応募受け付けがスタートした。(2015/1/8)

開発者インタビュー:
「誰でも自在に操れる」――新型スポーツカー「RC F」に込められたレクサスの伝統
レクサスブランドとして実に4年ぶりとなるスポーツクーペタイプを発売したトヨタ自動車。その中でもフラッグシップモデルに位置付けられる「RC F」の開発責任者に、ジャーナリストの神尾寿氏がその魅力を聞いた。(2014/11/6)

第5回国際自動車通信技術展 基調講演リポート:
「トヨタはすし屋になりたい」――その心は?
第5回国際自動車通信技術展」の基調講演に、トヨタ自動車の常務役員を務める友山茂樹氏が登壇。「トヨタ方式とICTによる自動車販売革命」と題した講演の最後に、友山氏は「トヨタはすし屋になりたい」と語った。この言葉にはどういう意味があるのだろうか。(2014/3/20)

“楽しい”危険マップ ホンダの「SAFETY MAP」がATTTアワード最優秀賞
第5回 国際自動車通信技術展の開催に合わせ、「ATTTアワード」の表彰式が開催された。2014年は、モバイルとIT、モビリティの融合による技術革新によって開発された7つの商品やサービス、ソリューションが受賞した。(2014/3/13)

第5回国際自動車通信技術展:
ルームミラー内蔵ディスプレイでスマホナビのルート案内を表示、ナビタイム
ナビタイムジャパンが「第5回国際自動車通信技術展」で展示した「ミラーナビ」は、ルームミラー内蔵ディスプレイにスマートフォンのカーナビゲーションアプリから転送したルート案内情報を表示できる。(2014/3/13)

第5回 国際自動車通信技術展:
景色のいいルート検索や思い出の記録も――単なるナビとは違う「ツーリングサポーター」
ナビタイムのバイク向けアプリ「ツーリングサポーター」は、目的地までのルート案内はもちろん、ツーリングを楽しむための機能が充実している。5月のリリースに先駆けて、デモアプリを使ってみた。(2014/3/12)

第5回 国際自動車通信技術展:
ナビタイム、Android車載機向けナビアプリや“ミラーアプリ”を参考展示
国際自動車通信技術展のナビタイムブースで、Androidを搭載した車載機向けにナビアプリを提供するソリューションや、ルームミラーにナビアプリの情報を表示する「ミラーアプリ」を紹介している。(2014/3/12)

第5回国際自動車通信技術展:
ホンダの超小型EV向け車載情報端末、市販タブレットに専用アプリを実装して実現
ホンダは、「第5回国際自動車通信技術展」において、埼玉県内などで実証実験を行っている超小型電気自動車(EV)「MC-β」向けに開発した車載情報端末を披露。市販のAndroidタブレット端末に、ホンダが開発した専用アプリを実装することで実現した。(2014/3/12)

ナビタイムジャパン、第5回 国際自動車通信技術展で新開発のバイク向けナビアプリなど展示
ナビタイムジャパンが3月5日、12日から開催される「第5回 国際自動車通信技術展」に、初披露となるバイク向けナビアプリや、車載機器とスマートフォンアプリとの連携事例などを展示すると発表した。(2014/3/5)

ATTT/Mobile IT Asia:
M2M普及のカギは「エコシステム」「技術の進化」「標準化の進展」――ドコモの高原氏
「M2Mは、300万、400万台という世界から、何千万、何億台という世界に飛躍的に伸びていく」――。ユビキタスサービス部長を務める高原氏が、M2Mの普及を後押しする要素について解説。3月にリリース予定の最新通信モジュールも紹介した。(2013/3/18)

画像認識で危険を警告――後付け衝突防止補助システム「Mobileye C2-270」
ATTT/Mobile IT Asiaに出展したアイモバイルが、高価なレーダーなどを搭載しなくても、画像認識を応用した専用キットで衝突防止の警告を発することができる「Mobileye C2-270」を展示している。(2013/3/15)

第4回 国際自動車通信技術展:
トヨタがホワイトスペースの有効活用に意欲、車車間通信が通信網に進化する
「第4回 国際自動車通信技術展」の基調講演に登壇したトヨタ自動車常務役員の友山茂樹氏は、「地域や時間帯によって異なるホワイトスペース(使用されていない電波の周波数帯域)を自動的に検知し切り替えれば、自動車の車車間通信に有効活用できる」と意欲を示した。(2013/3/15)

Mobile IT Asia:
ATTTアワード発表――タクシー配車アプリ、しゃべってコンシェル、INFOBAR A02などが受賞
自動車に通信技術を融合させた革新的なサービスを選ぶ「ATTTアワード」の受賞者が決定。今回は7つの部門と、最優秀賞、特別賞が設けられ、計14のサービスや製品が選ばれた。選考理由と担当者のコメントを紹介する。(2013/3/13)

ATTT/Mobile IT Asia開幕:
日本を代表する自動車業界と通信業界の接点から生まれる新ビジネスに注目
3月13日から15日までの3日間、東京ビッグサイト西ホールで、第4回 国際自動車通信技術展(ATTT)/Mobile IT Asiaが開催されている。(2013/3/13)

第4回 国際自動車通信技術展/Mobile IT Asia:
「ATTTアワード」のエントリー受け付けを開始
国際自動車通信技術展・モバイルITアジア実行委員会は、「第4回 国際自動車通信技術展・モバイルITアジア」に合わせて実施する「ATTTアワード 〜スマートイノベーション × スマートモビリティ〜」のエントリー商品・サービスの募集を開始した。(2013/1/28)

車載情報機器:
スマホと車載情報機器の接続は全てワイヤレスへ、デンソーがQi対応充電器を開発
デンソーは、車載用として世界初となるスマートフォン用ワイヤレス充電器を開発した。これによって、スマートフォンと車載情報機器の接続を全てワイヤレスで行うための道が開けてきた。(2013/1/23)

第3回 国際自動車通信技術展 リポート:
ホンダとナビタイムも“脱カーナビ”、ディスプレイオーディオが中核に
「第3回 国際自動車通信技術展」では、トヨタ自動車、ホンダ、NAVITIMEの3社が展示した、スマートフォンと車載ディスプレイの連携で実現するカーナビゲーションに注目が集まった。このカーナビゲーションでは、スマートフォンとともに、ディスプレイオーディオが重要な役割を果たすことになりそうだ。(2012/3/22)

第3回 国際自動車通信技術展:
トヨタの次世代テレマティクス戦略は「カーナビからの脱却」
「第3回 国際自動車通信技術展」の基調講演において、トヨタ自動車常務役員の友山茂樹氏は、同社のテレマティクス戦略を発表。次世代テレマティクスの実現には、カーナビからの脱却が必要になると説いた。(2012/3/15)

Android版「NAVITIME ドライブサポーター」にスポットアイコン機能を追加
ナビタイムジャパンが、Androidスマートフォン用カーナビアプリ「NAVITIME ドライブサポーター」に、さまざまなカテゴリーの中から選んだスポットアイコンを地図上に表示できる「スポットアイコン」機能を追加する。(2012/3/13)

Mobile IT Awardで「アプリソムリエ特別賞」発表
3月14日から16日まで、東京ビッグサイトで開催する「Mobile IT Asia」コンベンションで行う「Mobile IT Award」表彰式に、アプリソムリエの3人が登場。アプリソムリエ特別賞を発表する。(2012/3/8)

Mobile IT AsiaとATTTの全講演が1万5000円で聴き放題――ITmedia読者限定、特別パスを発売
通信キャリア、自動車メーカー、インフラベンダー、コンテンツプロバイダ、チップセットメーカーのキーパーソンの講演が1万5000円で聞き放題に――。Mobile IT Asiaと国際自動車通信技術展の全講演を聞ける通し券が発売される。(2012/3/8)

Mobile IT Asia:
NTTドコモが目指す“NFCの未来”とは
NTTドコモは、3月14日から16日に東京ビッグサイトで開催されるビジネスコンベンション「Mobile IT Asia」で、「スマートフォンとNFCの今後」をテーマに展示を行う。日本市場、そして世界でのNFC普及への道のりが垣間見られる。(2012/3/7)

優れたアプリ、コンテンツ、ハードウェアなどを表彰する「Mobile IT Award」募集開始
Mobile IT Asia実行委員会が1月19日、16日に東京ビッグサイトで開催するのに合わせ、Mobile IT Asia実行委員会では、優れたインフラ機器、ソフトウエア、サービス、ソリューション、並びにそれらを活用して優れたサービスを実現した技術などを表彰する「Mobile IT Award」の募集を開始した。(2012/1/19)

モバイルITの将来展望を発信する展示会:
「Mobile IT Asia」出展者説明会を12月13日に開催
モバイルIT関連市場の未来を発信するビジネスコンベンション「Mobile IT Asia」が、来たる2012年3月14日16日まで、東京ビッグサイトで開催される。開催の約3カ月前となる12月13日には、出展者向けの説明会を東京・有明で予定している。(2011/12/8)

Smart Mobility Asia、カンファレンス申し込みは11月18日まで
11月30日から12月2日まで、アクロス福岡で開催されるコンベンション「Smart Mobility Asia」のカンファレンス申し込み締め切りが11月18日となっている。IT、モバイル、インキュベーション、交通など18のプログラムが用意されている。(2011/11/18)

モバイルITのコンベンション「Smart Mobility Asia」 11月30日から福岡で開催
Smart Mobility Asia実行委員会が、Smart Mobility Asiaのカンファレンスと展示会を福岡で開催する。会期は11月30日から12月2日の3日間で、会場はアクロス福岡。(2011/10/18)

モバイルITの未来を発信する展示会:
「Mobile IT Asia」概要説明会 10月12日開催
モバイルIT関連市場の未来を発信するビジネスコンベンション「Mobile IT Asia」が2012年3月14日から東京ビッグサイトで開催される。これに先立ち開催概要説明会を10月12日、大手町で実施する。(2011/10/6)

ESEC2011 開催直前情報!!:
ロームとOKIの総合力を提案、Atomプロセッサ向けチップセットなどを紹介
ESEC2011では、Atomプロセッサ向けチップセットや無線チップ/モジュールなどを展示する。(2011/4/28)

第2回 国際自動車通信技術展(ATTT):
スマートフォンを受け入れない自動車通信に将来はない?――ソフトバンク宮川氏が語る
自動車向け通信サービスの普及にスマートフォンが必須であると主張するソフトバンクモバイルの宮川氏。業界活性化にはオープンなサービスプラットフォームが必要だとし、その上で「最初からオープン」であるスマートフォンが有力なデバイスになるとみる。(2010/12/10)

第2回 国際自動車通信技術展(ATTT):
トヨタがスマートフォン向け「smart G-BOOK」とケータイ向け「G-BOOK mo」を提供 「G-BOOK全力案内ナビ」もスタート
トヨタ自動車が、G-BOOKのサービスをスマートフォンやケータイで利用できる「smart G-BOOK」「G-BOOK mo」の提供を開始した。合わせてユビークリンクは、それらと連携するナビサービス「G-BOOK全力案内ナビ」をスタートした。(2010/12/1)

第2回 国際自動車通信技術展(ATTT):
2つのアプローチで「すべての車に通信を」――ドコモ小森氏
第2回国際自動車通信技術展で、ドコモの小森光修氏が同社の車向け通信サービスを紹介した。同社は車載モジュールや通信対応PND、さらにスマートフォンを使ったサービスに着手しており、徐々に取り組みを拡大している。(2010/12/1)

第2回 国際自動車通信技術展(ATTT):
クルマとITの新市場を創出――ATTT 12月1日〜3日 幕張メッセで開催
12月1日から3日までの3日間、幕張メッセで第2回 国際自動車通信技術展(ATTT)が開催される。クルマとIT、そして交通を結びつけ、新しいビジネスやサービス、市場を作っていくことを支援するコンベンションだ。(2010/11/30)

クルマと通信がつながる未来:
第2回 国際自動車通信技術展(ATTT)カンファレンス 事前申し込み期限迫る
第2回 国際自動車通信技術展(ATTT)が12月1日から3日の間、幕張メッセで開催される。現在カンファレンスの申し込みを受付中で、11月22日までに申し込めば、有料カンファレンスの聴講料が割引になる。(2010/11/18)

“クルマと通信”の未来を展望――第2回 国際自動車通信技術展 12月1日〜3日に開催
クルマと通信の融合による新たなサービスやビジネスの創出を目指し、第2回 国際自動車通信技術展を、12月1日から3日に幕張メッセで開催する。(2010/10/7)

Silverlightによる開発環境、Microsoft社が提案
(2010/1/1)

神尾寿のMobile+Views:
“安かろう”では済まない――Google本格参入でカーナビ市場はどうなる?
携帯電話向けカーナビサービスが成長を続ける中、Android対応の“無料”ナビゲーションサービス「Google Maps Navigation」が登場。情報量や検索性において圧倒的に優位なこの“クラウド型カーナビサービス”が、市場に与えるインパクトを考える。(2009/10/30)

ふぉーんなハナシ:
オフラインで利用できるiPhone向け「MapFan」アプリ
インクリメントPが開発中のiPhone向け「MapFan」アプリは、通信不要で地図を利用できるのが大きな特徴。さらに、指だけで地図を回転できる新しい操作方法も採用した。(2009/10/28)

第1回 国際自動車通信技術展:
カーナビでYouTubeやGoogleサービスを――UQのWiMAX搭載カーナビ
“カーナビ”から“カーエンターテイメントデバイス”へ――。UQコミュニケーションズが投入を目指しているWiMAX搭載カーナビは、従来のカーナビの領域を超えた、新たなサービスの創出が期待される。(2009/10/23)

第1回 国際自動車通信技術展:
アルコールを検知するとエンジンが始動不可に――東海電子の「ALC-LOCK」
ケータイやPCと連携したアルコール測定システムを開発している東海電子が、究極ともいえる“飲酒運転防止装置”を公開した。(2009/10/22)

第1回 国際自動車通信技術展:
クルマとケータイ、ドコモが目指す連携の形は
国内の稼働台数8000万といわれるクルマは、携帯キャリアが通信機能の搭載を目指す大きな市場の1つだ。自動車業界での普及に向け、ドコモはどのようなシナリオを描いているのか。同社取締役常務執行役員の小森光修氏が説明した。(2009/10/21)

第1回 国際自動車通信技術展:
走行するだけで燃費をリアルタイムに測定して送信――NECの「Drive Manager」
NECソフトが提供中の「Drive Manager」を利用すると、KDDIのパケット通信網を介して燃費や走行距離をリアルタイムに管理できる。エコドライブの推進や経費削減に貢献するサービスとして注目したい。(2009/10/21)

第1回 国際自動車通信技術展:
“危険な運転”を検知して撮影、メール送信――日本ユニシスの「無事故プログラムDR」
日本ユニシスが開発した「無事故プログラムDR」は、ドライバーの危険な運転を静止画と動画で撮影してメール送信、記録するサービス。同社は事故・燃費削減による費用削減効果を狙う。(2009/10/21)

第1回 国際自動車通信技術展:
ATTTアワード 最優秀賞はホンダの「インターナビ」
第1回 国際自動車通信技術展(ATTT)の開催に合わせ、第1回 ATTTアワード(自動車通信技術賞)の受賞製品が発表された。4つのカテゴリーで8つの優秀賞が発表され、最優秀賞はホンダの「インターナビ」が受賞した。(2009/10/21)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。