ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

  • 関連の記事

「AVENTAGE」最新記事一覧

PR:家中が本格的なオーディオルームに!?――ヤマハ「WX-010」と「RX-A2060」で分かった「MusicCast」の実力
ヤマハの「MusicCast」は、ハイレゾ音源の配信まで対応する独自のネットワークオーディオ技術だ。しかも、オーディオファンの潜在的なニーズをくみ取った新提案になっている。同社のハイクラスAVアンプ「RX-A2060」と小型ワイヤレススピーカー「WX-010」で試用した。(2016/9/16)

低速回転のCD専用モードとバランス出力を新搭載、ヤマハのユニバーサルプレーヤー「BD-A1060」登場
ヤマハは、Blu-ray Discプレーヤーの新製品「BD-A1060」を8月下旬に発売する。今回は回転数を約20%落として読み取り精度を上げるCD再生モードやXLR 2ch出力など、主にオーディオ再生機能をアップデートした。(2016/7/26)

ヤマハのDSP 30周年を記念した新音場プログラムが登場――AVアンプ“AVENTAGE”が第6世代に
ヤマハは、ハイグレードAVアンプ“AVENTAGE”(アベンタージュ)の新製品3機種を8月上旬から順次発売する。高剛性シャーシを用いたハイグレードラインの第6世代機だ。(2016/7/22)

ヤマハ、DTS:XもサポートしたミドルクラスAVアンプ「RX-V781」「RX-A860」
ヤマハは、ミドルクラスAVアンプ2機種を8月上旬に発売する。Dolby AtmosやDTS:Xに対応した「RX-V781」および、その“AVENTAGE仕様”となる「RX-A860」だ。(2016/7/14)

ヤマハ、Dolby AtmosやDTS:Xに対応した普及価格帯のAVアンプ「RX-V581」など2機種を発表
ヤマハは、AVアンプの新製品「RX-V481」および「RX-V581」を6月上旬に発売する。RX-V581は、普及価格帯ながらDolby AtmosとDTS:Xに対応した。(2016/5/24)

ヤマハ、「AVENTAGE」にマッチするBlu-ray Discプレイヤー「BD-A1040」にブラックモデルを追加
ヤマハは8月27日、Blu-ray Discプレイヤー「BD-A1040」にブラックモデルを追加すると発表した。(2015/8/27)

シネマDSPとの掛け合わせも:
ヤマハ、Dolby AtmosとDTS:Xに対応したAVプリ新製品「CX-A5100」
ヤマハはAVプリアンプの新製品「CX-A5100」を発表した。同社のセパレート式AVアンプ「CX-A5000/MX-A5000」のうち、プリアンプをアップグレード。“2年間の進化”を凝縮させたモデルになった。(2015/8/26)

HDR信号にも対応:
ヤマハ、DTS:Xにも対応する第5世代「AVENTAGE」3機種を発表
ヤマハは「AVENTAGE」シリーズのAVアンプ新製品3機種を発表した。Dolby Atmosに加え、ファームウェアアップデートによりDTS:Xもサポートする。(2015/8/20)

ドルビーアトモスも:
ヤマハ、ハイレゾ再生を強化したAVレシーバー「RX-V779」「RX-A850」を発売
ヤマハはAVアンプの新製品「RX-V779」および「RX-A850」を発表した。ハイレゾ再生の強化やHDCP2.2サポートなどに加え、「RX-A850」は「Dolby Atmos」に対応している。(2015/6/16)

ハイレゾ対応:
ヤマハ、“AVENTAGE”にぴったりのネットワーク対応BDプレイヤー「BD-A1040」
ヤマハは“AVENTAGE”(アベンタージュ)シリーズのAVアンプとデザインとカラーを合わせたBlu-ray Discプレイヤー「BD-A1040」を10月下旬に発売する。(2014/10/6)

出そろってきました:
ヤマハからもDolby Atmos対応のAVアンプが登場――AVENTAGEの上位機「RX-A2040」および「RX-A3040」を発表
ヤマハの“AVENTAGE”に上位モデルとなる「RX-A2040」および「RX-A3040」が登場した。秋に予定されているファームウェアアップデートでDolby Atmosに対応する。(2014/8/20)

ヤマハ、AVアンプ上位機「AVENTAGE」に新世代モデル2機種
ヤマハは、ハイクラスAVアンプ「AVENTAGE」シリーズの新製品として、第4世代にあたる「RX-A1040」および「RX-A840」の2機種を発表した。(2014/7/31)

麻倉怜士のデジタル閻魔帳:
2013年を総括! 「麻倉怜士のデジタルトップ10」(後編)
この1年間を振り返り、とくに印象深いハードとソフトをランキング形式で紹介する恒例「麻倉怜士のデジタルトップ10」。後半は第5位からスタート。麻倉氏絶賛のUSB-DACやスピーカーも登場します。(2013/12/27)

山本浩司の「アレを観るならぜひコレで!」:
息をのむ立体音響、ヤマハ「CX-A5000/MX-A5000」で「オズ はじまりの戦い」を観た
ヤマハからこの秋、なんと22年ぶりとなるセパレート型のAVアンプ「CX-A5000/MX-A5000」が登場する。その試作機の音を聴く機会があったので、インプレッションをいち早くお伝えしよう。(2013/9/27)

ヤマハ、22年ぶりのセパレートAVアンプを発表――「CX-A5000/MX-A5000」を10月発売
ヤマハは、AVプリアンプの「CX-A5000」と11chパワーアンプ「MX-A5000」を10月上旬に発売する。“AVENTAGE”シリーズのハイエンドであり、「DSP-Z11」の後継機でもあるという。(2013/9/12)

リモコンになる:
ヤマハ、AVアンプを買うと抽選でタブレットが当たるキャンペーン
ヤマハは7月1日、AVアンプの上位機「AVENTAGE」シリーズの発売を記念して「AVアンプ“AVENTAGE”でリモコンになるタブレットプレゼント」キャンペーンを開始した。(2013/7/1)

三“機”三様のチューニング、ヤマハがハイクラスAVアンプ「AVENTAGE」を刷新
ヤマハは、AVアンプ“AVENTAGE”シリーズの新製品3機種を発表した。チューニングをそれぞれ別の技術者が担当し、それぞれに傾向の異なる音を作り上げたという。(2013/6/12)

3万円という価格差の意味は? ヤマハのAVアンプ「RX-V575」「RX-V775」を徹底比較
10万円以下の価格帯にひしめくエントリークラスのAVアンプ。モデル数が増える一方で機能的には横並びになり、違いが分かりにくくなった面がある。今回はヤマハの新製品を例に、どのような違いがあるのか、検証してみよう。(2013/6/3)

192kHz/24bit再生に対応:
中身が違う音質強化モデル、ヤマハ「RX-V775」登場
ヤマハは、AVアンプの新製品「RX-V775」を5月下旬に発売する。ハイレゾ時代を見据えて内部構成を刷新した7.1ch対応AVアンプ。(2013/4/25)

山本浩司の「アレを観るならぜひコレで!」:
ハイレゾ音源からWOWOWまで、ヤマハの高級AVセンター「RX-A3020」を徹底活用
ヤマハの高級AVセンター「RX-A3020」を自室でじっくりハンドリングする機会を得た。ハイレゾ音源再生からBD、デジタル放送まで、用途の広いAVセンターならではの活用法を紹介していこう。(2012/11/15)

ヤマハ、「iPhone 5」や「Nexus7」での表示を最適化した「AV CONTROLLER Ver.3.40」
ヤマハは、同社製AVアンプをリモート操作できるiOS/Androidアプリの新版「AV CONTROLLER Ver.3.40」をリリースした。(2012/11/14)

ヤマハ、「RX-V773」などAVアンプ6機種のファームウェアアップデート
ヤマハは、「RX-V773」などAVアンプ6機種の最新ファームウェアを公開した。特定NASとの接続互換性や動作安定性の向上を図っている。(2012/10/31)

伝統のチタンカラーをまとった“AVENTAGE”「RX-A3020」、ヤマハが限定100台を販売
ヤマハエレクトロニクスマーケティングは、AVENTAGEシリーズのAVレシーバー「RX-A3020」に伝統のチタンカラーを施した限定モデル100台を販売する。クールなグレーメタリックの美しいデザインとなっている。(2012/9/11)

CDもハイレゾ化:
ヤマハがハイクラスAVアンプ“AVENTAGE”を一新
ヤマハは、AVアンプの上位モデル“AVENTAGE”(アベンタージュ)シリーズを一新する。「AirPlay」や「ハイレゾリューション・ミュージックエンハンサー」といった新機能を追加しつつ、基礎的な部分をブラッシュアップした。(2012/7/12)

今年はAVアンプの当たり年:
“表現の深み”が違う、ヤマハ「RX-V773」を先代と徹底比較
今年のAVアンプはまれに見る豊作。ハイレゾ音源対応など新機能もさることながら、音質面において大きな進歩が見られる。今回は、定価9万円台のヤマハ「RX-V773」を取り上げ、何が変わったのかを明かにしていこう。(2012/7/2)

Android版のVer.2.01登場:
ヤマハ、ウィジェット機能を搭載した新「AV CONTROLLER」
ヤマハは1月5日、同社製AVアンプなどを操作できるアプリ「AV CONTROLLER」の新バージョン「version 2.01」を公開した。(2012/1/6)

単なるリモコンではありません:
ヤマハ、端末内の楽曲ファイルも再生できる「AV CONTROLLER ver.2.00」を提供開始
ヤマハは、同社製AVレシーバーをコントロールできるアプリ「AV CONTROLLER」を「ver.2.00」にアップデート。Android版、iOS版が公開された。(2011/12/1)

豪華講師陣を召喚:
ヤマハの「AVENTAGE」試聴会キャラバン、11月は札幌、仙台、福岡で開催
ヤマハのAVアンプ新シリーズ「AVENTAGE」(アベンタージュ)の全国試聴会キャラバンに弊誌連載「アレを見るなら是非コレで!」でおなじみのAV評論家・山本浩司氏が登場。(2011/10/31)

かなりピュア:
ヤマハの新世代AVアンプ「AVENTAGE」で気付く“楽器の個体差”
「AVENTAGE」は、ヤマハが今後の方向性を示した新世代AVアンプだ。ネットワークレシーバー機能やiPhone/iPad対応という新しいニーズに応えつつ、基礎体力ともいえる音質の向上を図った。トップモデル「RX-A3010」を中心に試聴した。(2011/10/14)

ヤマハが「AVENTAGE」の視聴会を全国6都市で開催
ヤマハが、10月から11月にかけて全国6都市を巡る「AVENTAGE」の視聴会キャラバンを実施する。大阪、名古屋、東京、札幌、仙台、福岡で、実際にAGENTAGEの音やシネマDSPの音場が体験できる。(2011/9/21)

AVアンプに新しい利用価値を:
ヤマハ、ハイクラスAVアンプ「AVENTAGE」3機種を発表
ヤマハは、AVアンプの上位モデルとして、「AVENTAGE」(アベンタージュ)シリーズ3製品を発表した。スマートフォン連携や96Hz/24bit対応のネットワークオーディオ機能など、オーディオ・ビジュアルの新しい潮流を取り込んだ。(2011/8/25)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。