ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

  • 関連の記事

「AWS Tips」最新記事一覧

AWS Tips:
複数のアベイラビリティゾーンを利用し、EC2を冗長化する
アベイラビリティゾーン(AZ)と呼ばれる複数のデータセンターを利用することで、冗長構成を簡単に組むことができます。(2014/10/27)

AWS Tips:
Amazon VPCを利用し、システムを冗長化する
Amazon VPCを利用することで、Amazon Web Services(AWS)上に仮想プライベートネットワークを構築する事ができます。VPC上に社内システムなどを構築し、既存の拠点とAWSを利用した冗長化構成を組むことが可能です。(2014/10/27)

AWS Tips:
耐久性と可用性を兼ね備えたMulti-AZ構成を作る
AWSが提供するRDS(Relational Database Service)を使えば、簡単に冗長構成を組むことが可能です。起動ウィザードから、スタンバイのデータベースを作ってみましょう。(2014/10/8)

AWS Tips:
S3とCloudFrontを組み合わせた構成を作る
コンテンツデリバリネットワーク(CDN)の「CloudFront」を利用すると、静的なコンテンツを効率よく配信できます。Amazon S3でCloudFrontを利用する方法をまとめます。(2014/10/8)

AWS Tips:
User dataにスクリプトを設定してサーバー設定を自動化する
User Dataとスクリプトを組み合わせると、インスタンスにログインすることなく、パッケージのインストールやユーザーの追加が可能です。その方法と注意点を解説します。(2014/8/25)

AWS Tips:
AWS APIでAWSの操作を自動化する
AWSにもAPIが用意されています。APIを使うことでAWSの運用や構築の自動化を目指しましょう。(2014/8/25)

AWS Tips:
CloudFormationで環境構築を自動化する
CloudFormationを使うと、環境をテンプレート化して再利用が簡単にできるようになります。(2014/8/25)

AWS Tips:
IAMをより安全に使うには?
IAMを安全に利用するために知っておくべき、運用のTipsを紹介します。(2014/8/11)

AWS Tips:
IAMのポリシーを設定する
IAM全体で使われる認証情報(ポリシー)の書き方について解説します。(2014/8/11)

AWS Tips:
AWSのセキュリティを高めるIAMとは?
本Tipsでは、Amazon Web Servicesの機能「IAM」を使い、どのようにしてセキュリティを高めることができるかを解説します。(2014/8/11)

AWS Tips:
スケールアウトを自動化する
ELBを使った構成を、負荷に合わせて自動的にスケールアウト、もしくはスケールインさせるAutoScalingの使い方を説明します。(2014/7/15)

AWS Tips:
ELBでスケールアウトする
「リソースが足りない!」というときに役立つ、小規模なシステムでも気軽に利用できるロードバランサー、ELB(Elastic Load Balancing)の設定方法を説明します。(2014/7/15)

AWS Tips:
EC2のインスタンスタイプを変更する
AWS Tipsでは、Amazon Web Services(AWS)を利用する際の手順やちょっとした設定のノウハウなどをご紹介します。今回は、「AWSを使い始めてみたけれど、リソースが足りない!」というときに役立つTipsです。(2014/7/15)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。