ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「細菌」最新記事一覧

落ちた食べ物は5秒で拾えばセーフ……なんてことはなかったぜ! 米大学「ときには細菌は1秒未満で移る」
「5秒ルール」があらためて否定される。(2016/9/15)

「5秒ルールはゆるすぎる」 落とした食べ物は5秒以内でも問題ありと米研究者
床に落とした食べ物に適用しがちな「5秒ルール」に反論。(2016/9/13)

医療技術ニュース:
人工生体ナノマシン設計につながるべん毛モーターのタンパク質構造を解明
名古屋大学は、細菌が持つ運動器官べん毛モーターを構成するタンパク質の1つ、MotA分子の立体構造を解明したと発表した。将来的に人工生体ナノマシンの設計や医療・機械工学分野などへの応用が期待される成果だという。(2016/9/8)

家電は“電気の通った家具”――10年先も愛される製品を目指す「GLAPS」
エアクリーナーの分野に新規参入を果たしたREVSONIC(レブソニック)の新しい家電ブランド“GLAPS”(グラップス)。クリエイティブディレクターを務める坂口信貴氏に詳しい話を聞いた。(2016/8/22)

歯周病が全身疾患を引き起こす――専門医が語る“本当の怖さ”と対策
かつて「歯槽膿漏」(しそうのうろう)と呼ばれた歯周病だが、「もはや国民病といっても過言ではない」状況にあると専門医は指摘する。しかも症状が進むと全身疾患にもつながるという。歯周病の実態と対策とは?(2016/8/19)

使っても大丈夫なのか 1946年に開発された虫よけ剤「ディート」
夏の外遊びで蚊に刺される子供は多いが、保育園などでは化学物質「ディート」を含むスプレータイプの虫よけ剤を禁止しているところもある。ディートの毒性を心配しての対応のようだ。(2016/8/1)

世界を読み解くニュース・サロン:
トルコのクーデターは“独裁者”の自作自演だったのか?
トルコでクーデター未遂事件が発生した。クーデターの試みはあっという間に鎮圧され、エルドアン大統領は「自分はヒーロー」であるかのような演出をしてみせた。そんな大統領が、実は世界的にすこぶる評判が悪いのだ。(2016/7/28)

自然エネルギー:
藻類が作るバイオプラスチック原料、生産能力アップに成功
化石燃料を使わずに生物資源で製造できるバイオプラスチックに注目が集まっている。その原料となる有機酸を作り出すラン藻という藻類がある。明治大学などの研究グループは、ラン藻の有機酸の生産能力を高めることに成功した。(2016/7/22)

腸内の善玉菌が少ないとうつ病になりやすい?
ビフィズス菌などの善玉菌が少ないと、うつ病リスクが増えることが世界ではじめて明らかになりました。(2016/7/21)

1.3μWの電力を生成:
米大学が紙ベースの微生物燃料電池を開発
米大学の研究チームが、紙を使った微生物燃料電池を開発したと発表した。細菌とフェリシアン化カリウムを使うもので、試作品では1.3μWの電力を生成したという。(2016/7/11)

悪玉菌の増殖だけを抑える物質が判明 腸炎治療に応用へ
マウスの腸内にある「W27抗体」という物質が悪玉菌の増殖を抑えることが分かったと、奈良先端科学技術大学院大学が発表した。(2016/7/7)

ひと晩寝かせたカレーで食中毒!? 加熱しても死なないウェルシュ菌とは
「2日目カレー」は危険という話。(2016/6/22)

医療機器ニュース:
超薄板ガラスを用いた、厚さ12μmのガラス流体チップを開発
理化学研究所は、超薄板ガラスを用いた柔軟な次世代型流体チップの作製技術を開発した。厚さ4μmの超薄板ガラス3枚を熱で接合し、厚さ12μmの柔軟なガラス流体チップを作製した。(2016/6/15)

いしゃまち:
体を流れる「リンパ」って何?
「リンパ」は健康にも美容にも関わるとても大切なもの。今回は、リンパの役割について確認しておきましょう。(2016/6/8)

広さ的にはもはや海:
サンスター、「74億人が入れるプール」という謎のCMを作る
世界人口は2015年で約72億人だが、それを収容できる広さ(?)だ。(2016/6/2)

光触媒使用:
“GLAPS”の新作はアルミで作られた6角柱のエアクリーナー「A1」
REVSONICが家電ブランド“GLAPS”の新製品「A1」を発売した。6角柱のアルミボディーを採用した省スペースな除菌・消臭エアクリーナーだ。(2016/5/31)

“毒魚”バラハタを見破ったのは「食品Gメン」だった!
築地市場で食中毒を起こす可能性がある「バラハタ」が販売されていた問題。実は、事前に「バラハタでは?」と指摘していた人たちがいた。凄腕ぞろいの“食の監視機関”のスタッフだ。(2016/5/27)

知っておきたい医療のこと:
がんを克服するためにすべきこと
治療が困難ながんも存在するが、誰にでも日常的に発症し得る疾患であること、早期に発見して適切な治療を施せば治すことができる疾患であることを認識して対応して欲しい。(2016/5/18)

“開発5年”の新技術――Xrobotの進化した“賢い”ロボット掃除機「inxni」
中国Xrobotブランドから、レーザースキャンシステムとカメラを搭載するロボット掃除機が登場。部屋の形や家具の配置を記憶して、従来の掃除機よりも効率的に掃除ができるという。(2016/5/10)

玉置浩二さん、「憩室炎」で5月のライブ中止に
6月の公演から活動再開。(2016/5/6)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
なぜ、あの人は「本番」に強いのか
テストの勉強をせずに、いざ本番で頑張っても問題は解けない。プレゼンでは、席に着いたところで本番の勝負がついているのは分かるだろう。(2016/4/21)

もう「前世がドリアン」とは言わせない! わきがクリーム「CLEANEO」が「稲中」田辺とコラボ
プールいらずで常時「田辺2」に?(2016/4/20)

MEDTEC Japan 2016開催直前情報:
圧力波センサーで血管年齢をチェック――太陽誘電
太陽誘電は、医療機器設計/製造の展示会「MEDTEC Japan 2016」の出展概要を発表。「圧電圧力波センサ」や「機能性表面処理膜」などを披露する。(2016/4/14)

葛西臨海水族園のクロマグロ大量死の原因は 「複数の要因が複合的に作用」
葛西臨海水族園で展示中のクロマグロが大量死した原因は、「単一の要因ではなく、複数の要因が複合的に作用した」という。(2016/4/8)

REVSONICが新家電ブランド「GLAPS」を立ち上げ――第1弾は除菌&消臭に特化したエアクリーナー
REVSONICが家電ブランド「GLAPS」を立ち上げ、第1弾製品となる「V1」を発表した。ミニマリズムを追求したデザインの除菌・消臭エアクリーナーだ。(2016/3/28)

ペットボトルを分解する細菌、慶大など発見 リサイクル実現へ
ペットボトルなどの素材(PET)を分解する細菌が見つかった。使用済みPETのリサイクル技術開発につながる可能性があるという。(2016/3/11)

伝説の漫画「MMR マガジンミステリー調査班」はこうして作られていた タナカ・イケダ・トマル隊員が語る「MMR」制作の裏側(前編)
最新刊「新生MMR 迫りくる人類滅亡3大危機(トリプルクライシス)!!」発売を記念して、当時のMMR隊員たちに連載開始時から最新刊発売までの裏側を語ってもらいました。(2016/3/10)

水洗浄だけで手入れいらず 汚れない、垢がつかないトイレ、LIXILが開発
水洗浄だけで汚れや水垢を防ぐトイレ用の陶器「アクアセラミック」をLIXILが開発した。(2016/2/24)

宇宙ビジネスの新潮流:
「地球外生命体」と「火星移住」を研究する日本人を知ってますか?
人類は火星に移住できるのか? 地球の外にも生命体は存在するのか? そんな夢のあるテーマについて、日米を行き来しながら研究する一人の日本人がいるのをご存じだろうか。(2016/2/12)

医療技術ニュース:
川崎病の発症に関わる「ORAI1遺伝子の多型」を発見
理化学研究所は、川崎病の発症に関わる「ORAI1遺伝子」の遺伝子多型を発見したと発表した。ORAI1タンパク質を構成するアミノ酸配列の変化に関わる一塩基多型(SNP)が川崎病と関連し、最もその頻度が高いのは日本人であることが分かった。(2016/2/12)

JALの機内食は、ほとんどの工程が手作業と目視で行われる「手作りごはん」 成田空港「機内食工場」に社会科見学行ってきた
「乗客分しか機内食は乗っていない」という事実にも驚き。重量・食べ物の廃棄を少なくするためだそうです。(2016/2/12)

コンビニ探偵! 調査報告書:
コーヒーそしてドーナツの次は? コンビニでヒットしそうな商品
暖冬の影響でアイスの売れ行きが好調のようだ。今回は、コンビニで売られているアイスについて調査してみよう。(2016/1/28)

のどあめとトローチはどっちを選んだらいいの?
乾燥してのどが痛くなりやすい季節。コンビニやスーパーでも、のどあめのラインアップが増えてきますが、のどあめとトローチのどちらがいいのか悩むことはありませんか? 今回は、のどあめとトローチの違いについて紹介します。(2016/1/19)

夏の低迷の原因も判明
ヤクルトの売り上げを大幅に伸ばしたデータアナリティクスの秘密
ヤクルトのオランダ法人は、データアナリティクスを活用して20%の売上増を実現した。分析の結果、購買者の行動や嗜好も明らかとなり、夏に売り上げが低下した原因も判明した。(2015/12/20)

Computer Weekly:
ヤクルトの売り上げを大幅に伸ばしたデータアナリティクスの秘密
ヤクルトのオランダ法人は、データアナリティクスを活用して20%の売上増を実現した。分析の結果、購買者の行動や嗜好も明らかとなり、夏に売り上げが低下した原因も判明した。(2015/12/16)

敵を知り己を知ればおふとん危うからず:
PR:ふとんの大敵ダニはどこからやってくる? あのレイコップが調べた【10の事実】
快適な眠りを得るために知っておきたい、ダニとふとんにまつわる【10の事実】をレイコップで聞いてきた。(2015/12/4)

3価から4価に! 今年のインフルエンザワクチンってどんなワクチンなの?
インフルエンザの予防接種、もう受けましたか? 今年のワクチンは昨年までの「3価ワクチン」から「4価ワクチン」に変更されたそうです。一体、今までのものとは何が違うのでしょうか?(2015/11/30)

医療機器ニュース:
呼気中の成分から肺がんを早期発見する検知器を開発
産業技術総合研究所無機機能材料研究部門の申ウソク研究グループ長らは、フィガロ技研と共同で、健康管理のための呼気ガス検知器を開発した。2017年の実用化を目指す。(2015/11/13)

PR:UVランプの効果は?吸引力は大丈夫? レイコップがみんなの疑問にガチ回答
国内での累計販売台数が300万台を突破したふとんクリーナー「レイコップ」。実際のところ、UV(紫外線)ランプや温風などはどんな効果があるのか。“中の人”に疑問をぶつけてみた。(2015/10/28)

腸内フローラ=体内ガーデニング! 効果的な食材と調理法
(2015/10/22)

医療機器ニュース:
全自動尿中有形成分分析装置の次世代モデルを発売
シスメックスは、尿沈渣(ちんさ)検査分野の新製品として、全自動尿中有形成分分析装置「UF-5000/4000/3000」を発売した。海外でも広く利用されている現行製品から、さらに精度や分画能が向上している。(2015/9/28)

食物連鎖を支える第3のエネルギーは“電気”! 理化学研究所が電気エネルギーを直接利用して生きる微生物を特定
深海生物の秘密だって明らかになるかも!(2015/9/25)

歯を磨くベストタイミングはいつ?
(2015/9/20)

自然エネルギー:
酵素と微生物で燃料製造、日本の技術がタイで生きる
タイのエネルギー問題は、輸送用燃料にある。ガソリンの負担が高いのだ。そこで、国産の植物原料からエタノールを生産し、ガソリンに添加するとり組みが進んでいる。タイ政府が掲げる2022年の大目標を実現するために、日本企業のバイオ技術が役立ちそうだ。(2015/9/8)

“コンビニで口臭対策”のポイントは「○○を多く出す」こと!
仕事中や出張先でふと気付く自分の口臭。すぐに取引先や大事なお客さんと話す必要があるというときに、コンビニですぐに入手できる、その場で口臭を消臭するためのアイテムをご紹介します。(2015/9/8)

東芝、エアコン14機種を発表――約30秒で40度の温風が吹き出す「秒速ダッシュ暖房」搭載
東芝ライフスタイルは、プラズマ空気清浄機能付きエアコン「DRシリーズ」計10機種と、同寒冷地向けエアコン「DRNシリーズ」計4機種を発表。9月以降順次発売する。(2015/8/27)

東芝、肉や魚の鮮度を保つ「マジック大容量」冷蔵庫など10機種発売
東芝ライフスタイルは、冷凍冷蔵庫の新製品10機種を9月上旬より順次発売する。価格はすべてオープン。市場想定価格は、21万円前後から(税別)。(2015/8/4)

cado×CLYTIAのデザインにほれた:
宅配の水を買う生活ってどんなもの? ウォーターサーバーを導入して分かったこと
水なんて水道水で十分だし、いざとなればペットボトルのミネラルウォーターがあるし……。そんな風に思っている人は多いと思いますが、ウォーターサーバーのある生活は、一度手に入れるとなかなか便利で快適でした。(2015/7/24)

夏に気になる床のベタベタ:
「床拭きロボットによる雑菌除去率は99.9%」 セールス・オンデマンドが発表
iRobotの床拭きロボット「ブラーバ」を販売するセールス・オンデマンドが、第3者機関による調査結果を発表。ブラーバを使うと、床の雑菌を99.9%除去できるという。(2015/7/17)

医療技術ニュース:
ペプチドグリカンが免疫制御細胞を誘導して腸炎を抑える仕組みを解明
慶應義塾大学は、腸内の細菌叢を改善するプロバイオティクスであるクロストリジウム属細菌の菌体成分ペプチドグリカンが、免疫調節たんぱく質と免疫制御細胞を誘導し、腸炎を抑える仕組みを解明した。(2015/7/15)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。