ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「バカッター」最新記事一覧

週刊「調査のチカラ」:
弱きもの、汝の名はインターネットリテラシー
10代女性に圧倒的に支持されるあのアプリの利用率、Webやアプリに表示される広告はどの程度支持されているかなど、ネット時代の生きる力“リテラシー”を調査データで読み解きます。(2017/4/15)

「もしもTwitterがなくなったら」を考えてみた
Twitterがなくなったら割りと困る。(2017/2/1)

ハギーのデジタル道しるべ:
情報セキュリティの基本も揺るがした問題――2016年の総括・後編
2016年の情報セキュリティを振り返りたいが、それ以前に「情報セキュリティ」の「情報」そのものが脅かされる状況だ。この出来事に筆者なりの考えを述べたい。(2016/12/26)

ハギーのデジタル道しるべ:
PCの使い方が分からない(?)新人にマナーをうまく伝える知恵
システムエンジニア教育や情報セキュリティ教育、コンプライアンス教育、内部不正対策など40年近く手掛けてきた経験からいえる、いまの新人にITリテラシーやマナーを知ってもえるためのヒントとは?(2016/4/1)

女子高生が線路に立ち入った動画がネットに投稿され炎上 あわや感電の危険
なぜこんなことをしてしまうのか……。(2016/3/11)

新連載・炎上の火種:
「バイトテロ」「バカッター」が存在する、3つの背景
「バイトテロ」「バカッター」は、2013年ごろから全国的に多発している。その後、企業のさまざまな取り組みによって減少したものの、一向になくなる気配を見せない。その背景に何があるのか。(2016/2/23)

Weekly Access Top10:
ハイテクと戯れる
「ウィーンガチャン」みたいな音を立てるロボットはいませんでした。(2015/12/8)

萩原栄幸の情報セキュリティ相談室:
SNSでイタイ思い出を残さないためには――夏休みのセキュリティ(後編)
夏休みも本番を迎え、SNSなどに思い出を投稿する機会も増える。安易な利用が招く危険性や注意点を紹介する。(2015/7/31)

萩原栄幸の情報セキュリティ相談室:
夏休みに注意するセキュリティの脅威、傾向と対策は(前編)
夏休みに入り、いつもとは違う環境ではネット犯罪など様々な危険に遭いやすい。保護者や子どもが知っておくべき最近の犯罪や危険行為などの特徴と対策や注意点を紹介しよう。(2015/7/17)

【連載】ちょっと気になるWebキャンペーン 第53回:
自分の子どもがバカッターになるまえに……、「親向け」のソーシャルメディア学習サイトが公開
みなさんは自分の子どもに、スマートフォンやソーシャルメディアを使わせているだろうか。もしそうだとしたら、もしくはそう検討しているとしたら、そのまえにこのサイトを見たほうがいいかもしれない。デジタルネイティブな子どもを持つ親、必見。(2015/2/9)

窪田順生の時事日想:
イケアは何を間違ったのか 地図表記を巡って大騒動
家具やインテリアなどを扱う「イケア」が炎上している。世界地図に「SEA OF JAPAN」という表記があって、韓国人からのクレームがあったわけだが、筆者の窪田氏は「問題はその後のイケアの対応にある」と指摘する。火に油を注いだような対応とは……。(2014/12/9)

萩原栄幸の情報セキュリティ相談室:
日本のセキュリティはなぜ米国に劣るのか?
2014年はセキュリティの出来事に沸いた一年になりそうだ。今回は日本のセキュリティの実態について専門の視点から考察してみたい。(2014/11/28)

IT×モノづくり 日本最大級のバーチャルイベント
ITmedia Virtual EXPO 2014
登録&ポイントラリーで「iPad mini」や「Google Chromecast」が当たる! アイティメディア主催のバーチャル展示会「ITmedia Virtual EXPO」。TechTargetジャパン会員なら、登録済みの会員情報でカンタン視聴登録。(2014/8/25)

Weekly Access Top10:
デバイスは悪くない
ネット中毒、ゲーム依存、いろいろ言われますが結局は当然……。(2014/6/23)

“炎上”“風評”が変える企業のリスク管理
「リベンジポルノ」に「バカッター」――。ソーシャルメディアの問題は、企業にとって決して“人ごと”ではない。ソーシャルメディアの問題が企業に与える影響とは何か。その解決策とは。具体的に解説する。(2014/11/5)

萩原栄幸の情報セキュリティ相談室:
「いいね!」の先にある落とし穴 Facebookのセキュリティ10か条+α
今回は、先週お伝えした「Facebookのセキュリティ10か条」では取り上げなかった幾つかの注意点を挙げてみたい。その1つがいわゆる「いいね!」である。(2014/3/21)

萩原栄幸の情報セキュリティ相談室:
「バカッター」投稿者の個人情報を暴く行為について考える
これまで「バカッター」投稿者の行為と、その影響を受ける企業や関係者の視点で解説してきたが、今回は「バカッター」の行為を正す感覚(と思われる)で投稿者の個人情報をネット上に晒す行動について考察してみたい。(2014/1/31)

萩原栄幸の情報セキュリティ相談室:
社員のSNS発言リスクに企業はどう備えるべきか
社員やアルバイトなどの安易なSNSでの発言から“炎上”が起きると、最悪の場合に倒産などの事態も起こりかねない。今回は「バカッター」のリスクから組織を守る視点で解説したい。(2014/1/24)

萩原栄幸の情報セキュリティ相談室:
なぜ「バカッター」はいなくならないのか?
昨年騒がれた「バカッター」問題は、今年も治まる気配がみえない。「バカッター」はなぜ出現するのかを考察してみたい。(2014/1/17)

誠トレンド格付2013:
東京五輪、コンビニコーヒー、あまちゃん――Business Media 誠編集部が注目した2013年のトレンド
2013年もいよいよ大詰め。今年も年末恒例企画の「誠トレンド格付」を発表します。Business Media 誠の編集部員が注目した(ハマった)トレンドは何だったのでしょうか。(2013/12/27)

萩原栄幸の情報セキュリティ相談室:
2013年のセキュリティ事件簿・SNSやスマホの「秘密」をめぐるお作法
2013年に発生した情報セキュリティに関する事を参考に、どうすればセキュリティを高めていけるかについて考えていく。今回はSNSやスマホをめぐる問題から考えるべき点について触れてみたい。(2013/12/13)

2013年の新語・流行語大賞は4つ! 「じぇじぇじぇ」も「倍返し」も
豊作でした。(2013/12/2)

流行語大賞ノミネート語をネット検索数から見ると──1位はあのゲーム
今年の流行語大賞候補50ワードの検索ランキングをヤフーが公開。2位に8倍の大差を付けて1位だったのは……(2013/11/27)

流行語大賞候補に「パズドラ」「バカッター」「激おこぷんぷん丸」
今年の新語・流行語大賞候補には「パズドラ」「ビッグデータ」「バカッター」「激おこぷんぷん丸」などが選ばれた。(2013/11/20)

「バカッター」も! 今年の「ユーキャン新語・流行語大賞」の候補語が発表 「倍返し」「じぇじぇじぇ」など
「ふなっしー」「お・も・て・な・し」「今でしょ」など豊作ですね。(2013/11/20)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。