ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  B

「BCP」最新記事一覧

EMCジャパン株式会社提供ホワイトペーパー
BCP/DR対策の生命線、重要アプリケーションの稼働を維持するための要件とは?
ミッションクリティカルなアプリケーションの稼働状態を維持することは最優先で検討すべき事項だが、従来のBCP/DRシステムにはデータの可用性と移動に課題があった。そこで、ユーザーに影響を与えずに、この課題を解消するテクノロジーについて解説する。(2016/6/17)

BCP強化で複数データセンターを仮想的に統合
止められない社会インフラ──電力自由化の中で中国電力が採用した「自律型DC」とは
社会インフラを担う企業として本格的なBCPの構築や電力自由化への対応が求められていた中国電力。同社が新しいITインフラとして選んだのは「自律型DC」と呼ぶ先進的な技術だった。詳細をお伝えする。(2016/6/9)

クラウドで不要なコストからの解放
最短1週間で導入が可能、有事でもビジネスを止めないBCP実現の“秘訣”
企業ITがビジネスと切っても切れない関係になった昨今、BCP(事業継続計画)が重要になりつつある。コストや知識など多くのハードルが存在する中、どうすれば理想的なBCP対策ができるのだろうか。(2016/6/1)

ホワイトペーパー:
BCP対策に強み、Windows Server専用のプライベートクラウドソリューションを検証
「Windows Server 2012 Hyper-V」と「System Center 2012」で構築されたプライベートクラウドは、Microsoft Azureとの連携でハイブリッドクラウドとしても利用可能なプラットフォームだ。(2016/4/21)

蓄電・発電機器:
室内を走る蓄電池、太陽光から直流充電できて家電も動く
エリーパワーは室内用可搬型蓄電システムの新製品「POWER YIILE 3(パワーイレ・スリー)」を開発した。電池容量2.5kWhのリチウムイオン電池で、先代製品より小型しながらも総合効率を40%改善している。オフィスや自治体でのBCP対策の他、家庭でのピークシフト対策や非常用電源として活用できる。太陽光発電設備からの直流電力もそのまま充電できる。(2016/4/19)

BCP策定状況:
大地震の発生など、リスクを想定した経営を行っている企業はどれくらいあるか?
地震などに代表される大規模災害が発生した際、あなたの企業は損害を最小限にとどめ、事業の継続および早期復旧が行える備えがあるだろうか? 内閣府が2016年3月に公表した「平成27年度 企業の事業継続及び防災に関する実態調査」からBCP(事業継続計画)策定の現状を見ていこう。(2016/4/15)

中規模企業向けに仮想化混在環境+Linux機能を強化:
中小企業の“BCP/DR対策”を身近に 統合バックアップソフトの最新版「Arcserve UDP v6」
クラウド時代の混在したシステムのバックアップを、速く簡単に──。Arcserve Japanが、統合バックアップソフトの新バージョン「Arcserve UDP v6」を発表した。仮想化統合基盤に関わる要件や事業継続性対策の課題をカバーする機能を強化し、中規模企業層へ訴求する。(2016/2/4)

蓄電・発電機器:
水素の活用で“スマートな港”を実現、大黒埠頭に東芝「H2One」を導入
港湾区域のエネルギー利用の効率化や災害時の事業継続計画対策を進めている横浜市は、大黒埠頭の「横浜港流通センター」に東芝の自立型水素燃料電池「H2One」を導入。電力デマンド抑制効果や電気料金削減効果などの検証に向けた実証試験を開始する。(2015/11/5)

バックアップから始めるクラウド本格活用
BCP/DRの切り札になる、クラウドストレージの賢い活用法
増加し続けるデータの保管先として注目を集めるクラウドストレージ。だが、クラウドストレージは本当に“使える”のか。関係者の声に耳を傾けてみよう。(2015/10/27)

ホワイトペーパー:
霧島酒造のBCP対策 1サーバのバックアップ時間を4時間から15分に短縮できたわけ
創業97周年を迎えた本格焼酎の老舗霧島酒造は、システム運用の継続性の確保やデータ保全において強固な体制を整えてきた。同社における肥大化するデータの保全やDRサイト構築といったBCP強化のために選ばれたソリューションとは?(2015/10/8)

FAニュース:
非常用発電機の余剰電力を利用する電力供給自動制御システムを販売
日立製作所と三井不動産は、非常用発電機などの余剰電力を有効利用するシステム「TRAMSBOARD」を発売する。火災を伴わない停電時に、企業などが入居する建物へ電力を供給・分配することが可能となり、BCP対策の強化も図れる。(2015/7/29)

ワークライフバランス重視が採用にも効果
マネジャーは徳島在住、社員の半数がリモートワークをする企業はいかにして成功したか
ワークライフバランス向上やBCP対策を目的に、従来のオフィス中心の働き方から新たな働き方へ変化する企業が増えている。社員の半数以上がリモートワークで成功を収めている企業に、働き方改革の極意を聞いた。(2015/7/23)

蓄電・発電機器:
停電時でも実は余っている電力がある、余剰電力でBCPを強化できる新サービス
東日本大震災以降、災害や事故などの不測の事態に備えた「事業継続計画(BCP)」が重要視されている。日立製作所と三井不動産はこうしたBCP対策の強化に有効な、非常用発電機の余剰電力を有効活用できる電力供給自動制御システムを開発。2015年7月15日より販売する。(2015/7/17)

ホワイトペーパー:
仮想化によるBCPとディザスタリカバリの手引き
多くの企業で導入が進む仮想化技術。最近ではビジネス継続やディザスタリカバリといった、リスク管理の視点からもそのメリットが評価されている。仮想化によるBCPとディザスタリカバリの具体的な効果を、事例を交えて解説しよう。(2015/7/7)

ホワイトペーパー:
BCP対策のプロが指摘する、業務継続と災害対策におけるレプリケーションの注意点
「いわば保険である事業継続対策に、高額なコストは掛けられない」。一般的な企業にとって正直な考え方だ。BCPソリューションの多くの実績を持つリコージャパンは、レプリケーションソフトウェアの活用が低コストと確実な事業継続の両立のための重要な要素だと指摘する。(2015/6/30)

AIU保険はなぜ、有事に“平常運転”できるのか
明日、会社に行けないような事態が起こっても、対処できる――。それが“有事に仕事を止めるわけにはいかない”損保の世界のBCP対策だ。ユニークな事業継続の施策で知られるAIU保険に、“備えのポイント”を聞いた。(2015/5/27)

Azure Site Recoveryで実現するBCP/DR対策とクラウド移行:
クラウドを活用したBCP/DR対策が、そのままハイブリッドクラウドへの“入り口”に
地震や台風などの自然災害だけでなく、さまざまな業務リスクをカバーする事業継続計画(BCP)/災害復旧(DR)対策。クラウドでこれを実現するのが「Microsoft Azure Site Recovery(ASR)」だ。ASRではシステム全体を丸ごとクラウドへ複製するため、“クラウドへの入り口”としても活用できる。(2015/5/21)

富士ゼロックス、調達業務情報をグローバルで一元化
EDIと調達BCPシステムを連携し、大規模災害発生時に生産ライン停止などの影響を最小限にとどめる狙い。(2015/5/7)

もし「お〜いお茶」や「タリーズコーヒー」が飲めなくなったら……:
「お〜いお茶」伊藤園グループが急いだ“情報共有基盤とBCP”の必要性
食の安全性から企業の存続価値をたどると、改めて企業のIT基盤や「事業継続計画」の重要性につながる。「お〜いお茶」や「タリーズコーヒー」ブランドを抱える伊藤園グループが「Office 365」でグループ間で統一した社内情報共有基盤の構築を急いだ理由とは。(2015/4/14)

首都大地震が起きたら──1年目は事業不能・社員の月給は100%保障 「うたプリ」ブロッコリーの対策プラン
ブロッコリーが首都直下型地震に備えたBCPに基づき、内部留保として現預金を50億円まで積み立てる計画を明らかにした。(2015/4/10)

マイナンバー対策などの受託を加速:
NTTコムウェア、「SOC2保証報告書 Type2」取得
NTTコムウェアの同社データセンターサービスが「SOC2保証報告書 Type2」を取得した。クラウドやBCP、マイナンバー対応などでアウトソースを考える企業が選定する基準の1つになる。(2015/4/8)

将来のデータセンターのあるべき姿とは
BCP/DR対策にコスト削減効果も――アクティブ/アクティブで運用する仮想データセンター
災害対策や事業継続性確保のため遠隔地に複数のデータセンターを確保する場合、通常は「アクティブ/スタンバイ」で構成されるため、スタンバイのリソースが有効活用されないという課題がある。これを「アクティブ/アクティブ」で運用する試みが実現した。(2015/3/31)

特集「Office 365」:
「Office 365」導入で、どんな効果が期待できるのか
Office 365の特徴は、「国内データセンター」で「必要な業務ツールをオールインワン提供」すること。情シスはそのコストメリットをどうとらえるか。リセラーによると、導入検討段階の企業が「ナルホド!」と一気に前向きになるポイントがあるようだ。「BCP」と「国内データセンターで提供」である。(2015/3/18)

望月社長が語るBCP:
あの日、三陸鉄道はどのように復旧に取り組んだか
東日本大震災で壊滅的な被害を受けた三陸鉄道は、どのように運行再開に取り組んできたのだろうか。NTT勉強会で三陸鉄道代表取締役社長、望月正彦氏が語った当時の模様からは、BCPの本質をうかがうことができる。(2015/3/11)

BYODなスマホからセキュアに社内システムに接続させる方法――戸田建設の場合
BCP対策としてGoogle Appsを導入していたものの、フィーチャーフォンによる外内線一体化の検討により貸与スマホを終了することになった戸田建設。BYODによるセキュアなアクセス環境をどのように構築したのか?(2015/3/9)

EMCジャパン、ヴイエムウェア、伊藤忠テクノソリューションズ提供ホワイトペーパー
国をまたぐ“超”長距離拠点のDRシステムの作り方
複数のデータセンターを連係する技術や製品が市場に登場しているにもかかわらず、国をまたぐような遠距離のBCP/DRシステムには、不安を持つ管理者もいる。そうした懸念を払拭する実証実験が行われた。(2015/2/17)

PR:コストを掛けずにDBの可用性を高めるには? Oracle Database Applianceの効果をディーコープに聞く
企業の「購買」にフォーカスした異色のコンサルティングサービスで業容を拡大するディーコープは、同社が展開するBtoB購買サービスを支えるデータベース基盤を「Oracle Database Appliance」で刷新。懸案だったBCP対応とパフォーマンスの問題を、初期投資を抑えつつ、従来と同様のランニングコストで解決した。同社はなぜOracle Database Applianceを選び、どのようなメリットを得たのか? 導入の経緯と効果について、ディーコープ 情報システム本部 IT戦略部運用グループ マネジャーの佐藤大雅氏に聞いた。[パフォーマンス改善][高可用性/災害対策][プライベートクラウド/データベース統合][Engineered System](2015/2/16)

ホワイトペーパー:
徹底検証:データベースのBCP/DR対策
東日本大震災を受け、企業のBCP/DR対策に関心が寄せられている。「最も停止してはならない業務は何か」を考えた場合、多くの企業においての生命線は重要システム(データ)だ。データベースにおける各種BCP/DR対策手法を見ていこう。(2015/2/2)

工場ニュース:
旺盛なアジア需要とBCPでマレーシアに新工場を検討
東ソーは、ハイシリカゼオライト「HSZ」の海外生産拠点建設に向けた検討を開始する。(2014/12/26)

ホワイトペーパー:
既存PCを生かしたBCP/情報漏えい対策 「USBシンクライアント」という選択
在宅勤務をはじめとする多様なワークスタイルを実践するに当たり、セキュアなサーバアクセス環境構築はIT部門にとって必須だ。しかし、リモートデスクトップやシンクライアントではコストが高くつく。既存PCを生かした「USBシンクライアント」が1つの解となる。(2014/12/12)

導入の課題はMicrosoft Azureが解消:
PR:これからのBCP/DR対策は“クラウド”がスタンダードに
これまでの事業継続計画/災害復旧(BCP/DR)対策は、予備の物理サーバーや別拠点のデータセンターにデータを複製、フェールオーバーする方式が一般的だった。その発展形としてマイクロソフトが提供を開始したのが、予備サーバーとしてMicrosoft Azureを活用する「Azure Site Recovery」(ASR)だ。ASRなら別途サーバーハードウェアを用意したり、別拠点にデータセンターを設置したりする必要はなく、BCP/DR対策を容易かつ低コストで実現できる。(2014/11/12)

エネルギー管理:
「小さな系統」役立てる、オフィスや工場のBCP・省エネに
日立造船はBCP(事業継続計画)対策や省エネ対策に役立つ技術開発を進めている。発電、蓄電、制御を組み合わせた「マイクログリッドシステム」がカギだ。既にオフィス向けシステムの受注を受け付けており、2014年10月には中規模工場向けシステムの実証実験を開始した。(2014/10/22)

サーバ室が被災、復旧まで1カ月かかった:
茨城大学が「コンテナ型データセンター」を選んだ理由
企業だけではなく、大学でも注目が高まるBCP。茨城大学が10月から日立のコンテナ型データセンターの運用を始めた。まだまだ実例が少ない、コンテナ型センターを同大学が選んだのはなぜなのか。(2014/10/20)

導入支援パートナー16社がソリューションを提供:
セカンダリサーバー不要でBCP/DR対策を実現する「Azure Site Recovery」の提供を開始
日本マイクロソフトは2014年10月9日、「Microsoft Azure Site Recovery」の正式提供を10月3日から開始したことを発表した。また、導入支援パートナー16社がソリューションを提供することや、Windows Storage Server 2012 R2を搭載したNAS製品を提供する3社がバックアップソリューションを提供することも発表した。(2014/10/10)

震度6強以上で上限額を9万8000円に、NTTアイティがBCP向けWeb会議
出社ができないなどの状況に128拠点まで同時接続できる災害対策向けのWeb会議サービスを始める。(2014/9/24)

「杞憂」か否か
「5年以内にインターネットが全面停止」に備えた事業継続計画
近いうちにインターネットで大規模障害が発生すると予測するボナー氏。問題は、インターネットの全面停止を前提としたBCPを立案している企業がほとんどないことだという。(2014/9/19)

住友電装、BCP強化でデータセンター建設――NECが実施
住友電装がデータセンター新棟を建設。各部門が個別に導入していたファイルサーバを統合した。(2014/9/12)

ビジネスニュース:
電子部品の製造中止/代替品の調査を代行――OKIエンジニアリング
OKIエンジニアリングは2014年9月1日、製造業向けに、電子部品の製造中止情報と代替部品の調査を行う「電子部品のBCP(事業継続計画)支援サービス」の提供を9月1日から開始した。(2014/9/1)

仮想環境の“データ保護”製品選定 完全解説
VMware環境におけるデータ保護を「バックアップ」「HAクラスタ」「事業継続計画(BCP)/災害対策(DR)」の3つテーマで完全解説。それぞれのテーマで、技術解説、製品選定のポイント、製品機能/コスト比較の記事を提供する。(2014/8/27)

ホワイトペーパー:
何が違う? システム導入の進化形「クラウド導入サービス」とは
システム導入時の課題は、導入環境をクラウドで提供する「クラウド導入サービス」で解決できる。構築コスト削減、運用負荷軽減、BCP/DR対策をカバーする新しい導入スタイルだ。(2014/8/26)

ホワイトペーパー:
「プライベートクラウドはコストがかかる」それは誤解です!
プライベートクラウド導入は膨大な構築コストが必要だと思いこんでいないだろうか。利用料型のサービスを導入することで、ITコスト/IT資産の圧縮とBCP対策の両立が可能になるのだ。(2014/8/25)

仮想環境の事業継続製品 選定ポイント【第1回】
VMware環境のBCP/DR対策で陥りやすい失敗
従来は高度な技術や高価な製品が必要だった事業継続計画(BCP)/災害復旧(DR)対策も、最近は仮想環境の導入や技術の進歩によって身近なものとなってきた。VMware環境のDRで陥りやすい失敗、DRの仕組みなどを解説する。(2014/8/5)

Windows Server 2003ユーザーのためのHyper-V解説【第3回】
手軽に始められる、Hyper-Vの「BCP/DR対策」「無停止運用」機能
「Windows Server 2012」で大きな変化を遂げた「Hyper-V」。Hyper-Vの比較的新しい機能の中から、BCP/DR対策に役立つ機能と長期運用を支えるテクノロジーについて説明する。(2014/7/23)

ホワイトペーパー:
障害発生時にも1時間弱で業務を復旧 旭海運の基幹システムBCP対策
船主から預かった船舶を管理する船舶管理業の拡大に特に注力している旭海運では、事業継続計画(BCP)対策の一環としてデータのバックアップシステムの構築を急いだ。「障害発生時にも1時間弱で業務を復旧できる」という仕組みの全体像を見ていこう。(2014/7/3)

ホワイトペーパー:
バックアップTCO削減事例:DRシステムの帯域幅問題を解決するには?
アルミ総合一貫メーカーの日本軽金属が100システムを超える重要システムのBCP対応のために選択したバックアップソリューションとは? システムを二重化するディザスタリカバリシステムの構築で大幅にTCO削減を実現した同社の事例を見ていこう。(2014/7/2)

ホワイトペーパー:
3時間のバックアップを30分に短縮、一部上場駐車場運営企業の遠隔バックアップ方法
事業継続計画(BCP)対策の一環としてSAP ERPシステムの効率的なバックアップ方法を検討していた一部上場企業のパカラ。同社が成し遂げた基幹システムの遠隔バックアップ/リストア方法を詳しく紹介しよう。(2014/6/26)

ホワイトペーパー:
高千穂交易のSAP再構築事例に学ぶ、基幹システムの効果的なバックアップ方法
技術商社の高千穂交易は、事業継続計画(BCP)強化を目的基幹システムおよびバックアップシステムの再構築を実施。バックアップ環境のTCO削減をはじめとするさまざまな効果を生んだ同社の取り組みを見ていこう。(2014/6/25)

徳島大学、コンテナ型データセンターなどでBCPを強化
コンテナ型データセンターやネットワークインフラの整備を実施し、情報システム基盤の事業継続性を強化した。(2014/6/24)

FAニュース:
日立、分散型エネルギーシステム事業でヤンマーエネルギーシステムと協業
ヤンマーエネルギーシステムの「マイクロコージェネレーション」と、日立が新たに開発した連携制御装置「マイクログリッドコントロールシステム」を組み合わせたもの。ピークカット・ピークシフトによる電気料金低減、CO2削減、BCP対応が可能となる。(2014/6/20)

“超”長距離に対する漠然とした不安を解消する実証実験
BCP/DRの“超”長距離化を可能にする現実解を探る
複数のデータセンターを連係する技術や製品が市場に登場しているにもかかわらず、遠距離の場合は漠然とした不安を持つ管理者もいる。そうした考えを一新する画期的な実証実験が行われた。(2014/6/30)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。