ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  B

「BEA」最新記事一覧

Book Expo America 2012まとめ
先日開催されたBook Expo America 2012(BEA 2012)。世界の電子書籍市場ではいまどんな話題が注目されているのだろうか。Book Expo期間中に行った取材のエッセンスと最重要ニュースについてまとめた。(2012/6/14)

BookExpo America Report:
BEAでのAmazonバッシングについて
BookExpo America 2012では特定のプラットフォームや小売企業が徹底的にバッシングされ、中傷めいた発言まで飛び出した。Amazonに対する風当たりの強さはその代表的なものだ。(2012/6/13)

Oracleの四半期パッチが公開、38件の脆弱性に対処
Oracle Database、BEA Products Suiteなどの製品に存在する深刻な脆弱性が修正された。(2009/10/21)

データセンター自動化製品を強化:
CA、クラウドサービス企業Cassattの技術資産を買収
CAは、BEA創業者が設立したクラウド関連サービスの非公開企業Cassattから技術資産と知的財産を買収する。(2009/6/3)

Microsoftのオープンソース戦略――基本姿勢は変わらず
Microsoftはオープンソースコミュニティーとの窓口を担当する責任者としてロバート・ダフナー氏を指名した。ダフナー氏はMicrosoftのプラットフォーム/オープンソースソフトウェア戦略のシニアディレクターという重責を担う。IBMおよびBEA出身の同氏は、独自色を発揮するとみられるが、Microsoftの基本姿勢は変わらないようだ。(2008/12/16)

Oracle OpenWorld San Francisco 2008 Report:
BEA製品を取り込むOracle、「Application Grid」を実現
「Oracle OpenWorld San Francisco 2008」のジェネラルセッションにFusion Middlewareを統括するクリアン上級副社長が登場し、同製品のロードマップを明らかにした。BEAの技術や製品が融合され、アプリケーションサーバ層のグリッド化も実現していくという。(2008/9/24)

日本オラクル、BEA製品を組み込んだ「Fusion Middleware」を9月に提供
日本オラクルは、BEA製品を組み込んだミドルウェア製品群「Oracle Fusion Middleware」を国内で本格的に展開していく。新製品の提供は9月1日に開始する予定だ。(2008/8/4)

Oracleの四半期パッチを参照:
旧BEA製品にディレクトリトラバーサルの脆弱性
WebLogic ServerおよびWebLogic Expressに脆弱性が見つかった。修正パッチの提供がOracleに変更されている。(2008/7/18)

中心はJDeveloper:
OracleがBEA買収後のツール戦略を発表
Oracleは、BEAの技術を自社のポートフォリオに統合するロードマップを示した。ツールに関してはOracle JDeveloperが基盤になるようだ。(2008/7/3)

買収完了を受けて:
日本オラクルと日本BEA、販売窓口を一本化
2社は、ソフトウェアライセンスの販売とサービスの提供を、日本オラクルの窓口に一本化する。(2008/7/2)

ホワイトペーパー:
ユーザー調査から読み解くビジネスプロセス管理(BPM)市場の最新動向
BPMで成果を上げているユーザー調査を基に、成功のポイントや導入効果、またSOAやEnterprise 2.0との関連性など最新動向を詳細に解説。今なぜBPMか、何が実現できるのかが一読で分かるリポート(提供:日本BEAシステムズ)。(2008/6/19)

根付くSOA、「今後は全社規模展開へ」と日本BEA社長
全社規模のSOA展開を支援するAquaLogic Service Bus 3.0を発表した日本BEAの志賀社長は、「日本市場でも全社規模での実装が進むだろう」と期待する。(2008/4/23)

BEA株主、Oracleによる買収を圧倒的多数で承認
米BEAの買収がOracleの技術およびミドルウェア市場にどのような影響を与えるか? という疑問は残されたままだ。(2008/4/8)

ISV数百社がWindows Server 2008支援を表明
Microsoft SQL Server 2008のRTM記念イベントを前に、BEA、Citrix、Symantecなどが、Windows Server 2008のサポートを表明した。(2008/2/28)

NEC、米MicrosoftやOracleなど6社との協業を強化
NECは2月14日、サービスプラットフォーム分野において、米BEA、EMC、Microsoft、HP、Oracle、Sun Microsystemsの6社との提携を強化したと発表した。共同開発したシステムモデルを基盤にサービスプラットフォーム事業の海外展開を図る。(2008/2/14)

Oracle、2回目の試みでBEAの買収に成功――買収金額は85億ドル
 OracleによるBEA買収の狙いは、Fusionおよびプラットフォーム市場の将来性だと考えられるが依然として不透明な面がある。(2008/1/18)

Oracle、BEAを約85億ドルで買収
OracleのBEA Systems買収で両社が合意。買収金額は、2007年の交渉での両社の提示額の妥協点ともいえる「1株19.375ドル」となっている。(2008/1/17)

BEAWorld 2007 Shanghai Report:
「Genesisが実現するのは自由と知の創発」――BEAのレビーCTO
BEAのロブ・レビーCTOが、ダイナミック・ビジネス・アプリケーションを実現する同社のプラットフォーム「Genesis」について語った。(2007/12/13)

BEAWorld 2007 Shanghai Report:
BEAのチュアングCEO、故郷の地でGenesisを語る
BEAWorld 2007 上海でBEAのチュアングCEOは、ダイナミック・ビジネス・アプリケーションの重要性、そしてそのプラットフォームを構築するためのGenesisについて力説した。(2007/12/12)

BEA、筆頭株主に企業情報を開示
BEAが、著名な「物言う」投資家である筆頭株主のカール・アイカーン氏に、非公開の企業情報を開示。Oracleからの買収提案の拒否が、BEAの株主利益に合致することを示したいとしている。(2007/11/7)

BEA Japan Forum 2007リポート:
実用段階に入るSOA――マクドナルドやNTTドコモの取り組み
11月2日に開催された「BEA Japan Forum 2007」では、日本マクドナルドなどユーザー企業によるセッションが設けられた。(2007/11/6)

IT業界でM&Aブームが再燃
OracleによるBEA買収の動きなど、今四半期はM&Aの動きが活発化しそうな気配だ。(2007/11/5)

BEA Japan Forum 2007レポート:
SOAやBPMで顧客基点のサービスを迅速展開するNTTドコモや三井住友海上
「BEA Japan Forum 2007」では、新しい技術を活用して迅速に顧客視点のサービスを提供するNTTドコモと三井住友海上が登場し、「ITで実現するビジネス革新」をテーマにパネルディスカッションが行われた。(2007/11/5)

NECと日本BEA、システム性能測定ツールの販売で協業
NECと日本BEAシステムズは、NECのシステム性能測定/分析ツール「System Director mevalet」の販売で協業すると発表した。(2007/10/30)

OracleのBEA買収提案が無効に
BEAはOracleの買収提案を拒否し続け、物別れのまま返答期限を迎えた。(2007/10/29)

Oracle、BEA提案の「1株21ドル」を拒否
OracleのBEA買収提案を受けてBEAが提示した「1株21ドル」との対案を、Oracleは「話にならないほど高値」とはねつけた。(2007/10/27)

BEA、「1株21ドルなら合併交渉も」
Oracleによる買収提案を受け、BEAがコメントを発表。1株当たり17ドルとの提案金額は低過ぎるが、21ドルなら交渉に応じる用意があるという。(2007/10/26)

Oracle、「買収提案への返答期限は28日」とBEAに書簡
Oracleが、「長期戦には興味がない」として、BEA買収提案への返答期限をBEAに通知した。(2007/10/24)

ITトレンドの“眼”:
OracleとSAPの「買収合戦」、浮かび上がるソフト業界大再編の予兆
10月中旬、独SAPが仏Business Objectsの買収に、米Oracleが米BEA Systemsの買収に相次いで乗り出した。現時点で合意に達したのは前者だけだが、ここにきて新たなソフトウェア業界再編の可能性が浮かび上がってきた。(2007/10/23)

OracleによるBEAの買収提案でFusionをめぐる疑問が浮上
BEA Systemsに対する買収提案は、OracleのFusion Architecutreの開発状況などをめぐる疑問を呼び起こしている。(2007/10/15)

Oracle、BEAに約67億ドルの買収提案――BEAは「評価が低過ぎ」と返答
Oracleが、BEAに対して買収を提案。BEA側は、提案を「当社を著しく低く評価したもの」として退けている。(2007/10/13)

未来を見据えるBEAシステムズ
BEAでCTOを務めるロブ・レビー氏は、「革新にフォーカスすることがますます重要になる」と話す。(2007/9/15)

BEAとAdobeがRIA開発で提携
「BEA Workshop Studio」に「Adobe Flex Builder 2」がバンドルされることになった。(2007/9/13)

リアルタイム性追求のWebLogic Server、C/C++アプリへの挑戦
Javaで、平均1ミリ秒のアプリケーションレスポンスを実現する。BEAは、これまではJavaアプリケーションで苦手としていたフロントエンドアプリへと挑む狙いだ。 (2007/7/6)

BEA Industry Analyst and Media Summit 2007 APAC Report:
SOAでシステム間連携を簡素化、BPMも視野に入れる出光興産
「BEA Industry Analyst and Media Summit 2007 APAC」で、石油大手の出光興産がSOA導入の取り組みについて紹介した。同社システム総合研究所の山村所長は、BPMによる継続的な業務改善も思い描いている。(2007/6/29)

BEA Industry Analyst and Media Summit 2007 APAC Report:
SOA開発現場のコミュニケーション不足を補うWorkSpace 360°
「BEA Industry Analyst and Media Summit 2007 APAC」は2日目を迎え、午前のセッションにビル・ロス副社長が登場し、SOA開発をより円滑に進めるためのコラボレーション環境についてブリーフィングした。(2007/6/28)

BEA Industry Analyst and Media Summit 2007 APAC Report:
「SOA and Beyond」── 絶えず革新を続けるBEA
SOAのリーダーであるBEAは、絶えず革新を続け、基盤技術の改善や周辺の技術の追加によって、よりパワフルなSOAソリューションを実現する。(2007/6/28)

SOAビジョンを共有する日本BEAと日本HP:
PR:IT効果改善の切り札、日本企業も柔軟かつ強固なSOA基盤を生かせ
多くの企業が膨大かつ複雑な既存IT資産を抱え、定常的に支出されるコスト負担にあえいでいる。そんな混沌から新たな価値を生み出す切り札として、脚光を浴びているのがSOAだ。オープンな技術による水平分業型のビジネスモデルを志向する日本BEAシステムズ(以下、日本BEA)と日本ヒューレット・パッカード(以下、日本HP)は、互いの強みを組み合わせ、両社でしか実現できない高い価値を追求する。(2007/4/26)

日本BEAがWebLogic Server 10Jを発表、「仮想版」も上半期に投入へ
日本BEAシステムズは4月11日、SOAの強固な基盤を提供する「BEA WebLogic Server 10J」を発表した。また、OSを介することなく論理サーバでJavaアプリを稼働させるVirtual Editionを上半期に投入することも明らかにした。(2007/4/12)

BEA World 2006 Beijing Report:
もはやOSは不要、BEAが仮想化環境に最適化したJVMとWebLogic Serverを発表
BEA Systemsは、北京で開催されているBEA Worldで「BEA WebLogic Server Virtual Edition」を発表し、さまざまなベンダーがしのぎを削るホットな仮想化市場に参入することを明らかにした。(2006/12/15)

BEA World 2006 Beijing Report:
BEAのチュアングCEOが凱旋、未曾有の成長を遂げる中国で「SOA 360°」を売り込む
冬の北京で「BEA World 2006 Beijing」が開幕した。チャイナワールドホテルのボールルームには早朝から1000人を超える顧客やパートナーらが詰め掛け、米国で成功を収めた英雄の凱旋を祝った。(2006/12/13)

RFID2.0標準化へ、IIJとBEAが成果を発表
実空間の物流情報を、ネットワークへリアルタイムに流す。RFIDデータが製造現場からビジネスシステムまでシームレスにつながるものとして、両社はEPCglobalへのオープン化にコミットした。(2006/12/6)

SOAリーダーのBEA、SOA 360°で「小回りの利くサービス」提供へ
BEAは、BEA SOA 360°構想を「BEA Japan Forum」で日本の顧客やパートナーらに説明した。ツールを統合したり、インフラ自体を小回りの利くサービスとして活用できるようにするのが狙いだ。(2006/11/30)

新たなビジネスVALUEを創出!
PR:HP&BEAのアライアンスが実現する革新的モバイルFeliCaソリューション
電子マネーに代表されるFeliCaベースのサービスは、われわれの生活に深く関係するようになってきている。事業者側もFeliCaを利用し、リアルとサイバーを融合させた新たなビジネス展開を模索する中、日本HPとBEAは、そのビジネスを可能性を最大限に引き出す、革新的なソリューションを共同で提案している。(2006/11/10)

日本BEAシステムズ、社長交代で営業体制強化
日本BEAシステムズが顧客やパートナーとのより密接なビジネスの実現に向けて新トップ人事を発表した。(2006/11/2)

PR:“成長へ向けた適応力のあるIT基盤を作る”――HP&BEAのアライアンスが実現するメインフレーム移行ソリューション
長らく続いてきたメインフレームの時代は、企業を取り巻く環境が激変する中、その見直しが急務となっている。ここでは、メインフレーム環境をオープン環境へ移行するための具体的なアプローチについて日本HPとBEAに聞く。(2006/10/30)

BEA、ビジネスとITのギャップを解消する「AquaLogic BPM」日本語版出荷
ITをビジネスにおける戦略的なものへ。品質向上とともにSOAへの取り組みをビジネス面からもアクセス可能としていく。BEAはAquaLogicファミリーにBPM製品を加えた。(2006/10/18)

Interview:
BPMのパイオニア、Fuegoの資産を受け継ぐBEA
BEAは、SOA実現に向けて、統合されたサービスプラットフォームとしてAquaLogicファミリーを売り込んでいる。その重要なコンポーネントの1つである旧FuegoのBPM製品が、いよいよ10月、初の日本語版として投入される。(2006/9/25)

BEAにも上場廃止勧告――公聴会を要請
ストックオプション問題の内部調査継続により決算報告の提出が遅れているBEAが、NASDAQからの上場廃止勧告を受け、公聴会を要請した。(2006/9/19)

“過去”からの脱却――エンタープライズ・サーバー選択の新常識
PR:エッジ技術が今とその先をつなぐ、SOAで時代を先導するBEAシステムズ
無線ICタグ、非接触型ICカードなどのRFID技術、これらがサプライチェーン、マーケティングなどにもたらす革新性が注目されている。BEAシステムズは、“Edge-to-Enterprise”のコンセプトの下、差別化された事業戦略を実現する最良のIT基盤を提案している。最新のデュアルコア インテル® Itanium® 2 プロセッサを搭載したHP Integrityサーバとのコンビネーションによる同社のソリューションをひもといてみよう。(2006/9/25)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。