ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「新人研修」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「新人研修」に関する情報が集まったページです。

「第一志望に入れた」も低下:
「仕事は人並みで十分」「苦労したくない」と考える新人、過去最多に
2018年の新入社員は、「働くこと」に対してどんな価値観を持っているのか――日本生産性本部・日本経済青年協議会調べ。(2018/6/22)

不安を取り除けば、開花する:
売り手市場時代の「受け身の新人」をやる気にさせる「伝え方」のワザ
毎年聞こえてくる、「今年の新人は使えない」との指摘はなぜ生まれるのか。新人はどうすれば育つのか。新入社員の育成ノウハウに詳しい、リクルートマネジメントソリューションズを取材した。(2018/6/12)

平成30年史 デジタルが変えた文化(1):
全てはポケベルから デジタル化が生む「SNSムラ社会」
ポケベルが画期的だったのは、家単位で設置されていたそれまでの電話では困難だった、個人同士の即時コミュニケーションが可能になったことだ。個人間コミュニケーションは、携帯電話のメッセージやLINEなどに形を変えて進化していった。(2018/5/9)

死神「命を粗末にしてはいけません!!」 心の限界を迎えた社会人を救う死神の漫画に「心に刺さる」「涙が止まらない」
魂を刈る死神による、魂を輝かせるためのお言葉。(2018/5/7)

過去最高に:
新入社員の63%「仕事よりもプライベート優先」
マイナビが18年4月入社の新入社員を対象に意識調査を実施。仕事よりもプライベートを優先したいという声が大多数を占めた。(2018/4/26)

浜松町に4月27日オープン:
「変なホテル」都心に続々 「いずれは完全無人化も」
H.I.S.ホールディングスが「変なホテル東京 浜松町」を4月27日にオープン。コンセプトは「健康・快眠」と「近未来」。都心に続々と展開する「変なホテル」の強みとは?(2018/4/25)

特選ブックレットガイド:
【演習】プロマネ視点で新人組み込みエンジニアB君を救え
このブックレットでは、組み込みエンジニアが日々の開発で実際に遭遇する「小さなトラブルを」取り上げ、演習形式で解説します。今回は機器制御系の組み込み開発に従事する若きエンジニア、B君の遅れをプロマネの立場で助けてあげてください。(2018/4/24)

エグゼクティブ・リーダーズ・フォーラム:
Alpha GoからAlpha Zeroへの進化は汎用性の追求――AIの進化で目指すのは業務の圧倒的な効率化
IoT、ビッグデータ、ソーシャル、クラウドなど、デジタル技術は著しい進化を遂げている。それでは、デジタル技術の進化は、産業革新や組織変革、業務革新にどのような影響を及ぼしているのだろうか。(2018/4/23)

人気連載まとめ読み! @IT eBook(39):
「IT業界あるある物語」で覚える、新人エンジニア/メンター/リーダーが知らないと現場で生き残れない18の常識
人気過去連載を電子書籍化して無料ダウンロード提供する@IT eBookシリーズ。第39弾は「新人が知らないと現場で生き残れない18の常識」だ。新人エンジニア、そして新人の先輩になる若手エンジニアたちに、参考にしてほしい。(2018/4/19)

多数のセンサーとLTEを搭載した業務用Android端末、ビッグローブが発売
ビッグローブが業務用のIoTデバイス「BL-02」を発表した。2.8インチのディスプレイを搭載したポータブルタイプのAndroid端末。接客業向けの多言語翻訳端末や、労働状況を可視化する行動センシング用端末、見守りサービスのセンサーやゲートウェイなど、さまざまな用途に活用できるという。(2018/4/11)

東京海上日動にある「若者しかいない」開発部門――メンバーは全員20代、入社5年目未満
管理職を除く全員が20代で、入社5年目未満だけ――東京海上日動システムズのアプリケーション開発部門は一風変わった組織だ。理系男子から文系女子まで、その出自やスキルもさまざま。これで本当に仕事は回るの……?(2018/3/14)

成功企業の導入事例に学ぶ:
PR:カインズ、メガネスーパー、日本能率協会マネジメントセンターの「サイト内検索」活用術
Webサイトは今や、企業活動の成否を担う。サイト内の検索機能を強化すると、どのようなことが起こるのか。成功企業の事例に学ぶ。(2018/3/14)

RPAで始める業務自動化のススメ(2):
「RPAが人間の代わりに働く」とは、どういうことなのか
人間の代わりに働いてくれるソフトウェアロボット。前回の記事では、RPAをそのように説明しましたが、まだ発展途上の技術であるためか、その能力を誤解されているケースが多々あります。今回はRPAの特長と限界を、人間に置き換えて説明します。(2018/2/1)

ARは「IoTからの贈り物」
「ARって仕事に役立つの?」に対する3つのさえた答え
臨時職員に短期間で一人前のスキルを習得させるのは容易ではないが、仮想現実(AR)があれば話は別だ。初心者からベテランまであらゆる従業員が、ARを使うと業務効率化につながる3つの理由を解説する。(2018/1/31)

キャリアは一直線じゃなくちゃダメなのか?:
PR:3カ月の育休を取得し、マネジメントを選ばなかったエンジニアの「これがボクの生きる道」
経験を積み、エンジニアとして脂がのり始め、「もっと技術を極めたい」という欲が出てきたころ、エンジニアを襲う会社からの打診「マネジメントをやってみないか?」――今、マネジャーにならないといけないんですか?(2018/1/29)

ウェアラブルデバイスで安全管理と業務効率化――労働力不足を解決するIoTサービスに向けた実証実験を開始
東日本電信電話(NTT東日本)と日本マイクロソフトは、IoTやAI技術を活用して労働力不足を解決するIoTサービスの提供に向けた実証実験を開始する。ウェアラブルデバイスから取得するバイタルデータや位置情報を活用し、人材の有効活用や省力化などにつなげる。(2018/1/26)

体調不良を検知、ベテランの動きを“見える化” 物流倉庫でIoT実験 NTT東、日本マイクロソフトなど
NTT東日本と日本マイクロソフトが、物流倉庫でIoTサービスの実証実験を行う。ウェアラブルデバイスを活用し、作業員の体調不良を検知したり、熟練者の動きを見える化したりする。(2018/1/25)

「俺たちの情シス Special」レポート(後編):
情シスは働き方改革にどう関わるべき? Cygamesとガイアックスに聞いてみた
Cygamesとガイアックスの情シスを招いて行ったパネルディスカッション。各社の取り組みを語ってもらったあとは、ITで働き方改革をどう支えるべきかを話し合いました。(2017/12/28)

「ウェブ投票賞」はNHK:
「ブラック企業大賞2017」発表 大賞は「アリさんマークの引越社」
「ブラック企業大賞2017」が発表。大賞は「アリさんマークの引越社」が受賞した。Webサイトからの一般投票で決まる「ウェブ投票賞」は、日本放送協会(NHK)だった。(2017/12/23)

人事が技術講習を受けることも成功要因に
人材管理(HCM)システムを扱う上で必要な人事部スキル9選
人事部のシステム管理者は、人事部の活動の戦略性を高める上で重要な役割を担う。本稿では、人事部のシステム管理者に求められる9つのスキルを解説する。(2017/12/22)

Over the AI ―― AIの向こう側に(17):
至宝の人工知能 〜問題に寄り添い、最適解をそっと教えてくれる
先人たちにより開発され、磨かれてきた「至宝の最適化アルゴリズム」。本当はこれを軽々しく「AI」とは呼びたくな……い……という気持ちをぐっとこらえ、AI技術として解説します。「試験前の一夜漬け」「雪山遭難」「井戸堀り」の例を使って、説明していきます。繰り返しますが、最適化アルゴリズムを軽々しく「AI」という言葉で片付けたくはないんですよ、本当は。(2017/11/30)

ノミネート理由を解説:
17年の「ブラック企業大賞」9社ノミネート NHKなど
“今年1番のブラック企業”を決める「第6回ブラック企業大賞」のノミネート企業9社が発表。NHK、パナソニック、ヤマト運輸などが名を連ねた。(2017/11/28)

世界を「数字」で回してみよう(44) 働き方改革(3):
誰も知らない「生産性向上」の正体 〜“人間抜き”でも経済は成長?
「働き方改革」に関連する言葉で、最もよく聞かれる、もしくは最も声高に叫ばれているものが「生産性の向上」ではないでしょうか。他国と比較し、「生産性」の低さを嘆かれる日本――。ですが、本当のところ、「生産性」とは一体何なのでしょうか。(2017/10/23)

失敗しない製品選択
タレントマネジメントのリーダー製品は? 注目7製品“強み”の読み解き方
適切なタレントマネジメントシステムを選ぶだけで、ビジネスの様相が一変する可能性がある。自社のニーズには何が最適だろう。(2017/10/17)

榊巻亮の『ブレイクスルー備忘録』:
今日から始める”組織の活性化” 「変化の習慣をもつ」ということ
組織を活性化させるには、「変化」を受け入れ、積極的に「変化」しようとする柔軟な姿勢が必要。そんな組織にするためには、どんな仕掛けを用意すればいいのか。(2017/10/8)

Windows 10が備えるセキュリティ機能(5):
侵害の検出と対策をどう考えるか、Windows 10の「WDATP」
Windows 10が備える5段階のセキュリティ対策機能を順に解説する本連載。連載第5回は侵害の検出と対策について紹介する。Microsoftが考える「Protect」「Detect」「Respond」という3つのフェーズと、Detect、Respondを担う「WDATP」について紹介する。(2017/9/28)

まだ君は間に合う! 現役エンジニアに聞く、学生のときにやっておくべきこと(15):
いろいろやってみたって、いいじゃないか――DeNA プロジェクトリーダーの「食わず嫌いしない」生き方
最初からターゲットを決めてまい進するのではなく、興味を持ったものは全て検討対象としてみる。開発以外の業務もあえてやってみる。ある意味「非論理的」な手法は、自らの可能性を狭めない生き方なのかもしれない。(2017/9/28)

Windows 10が備えるセキュリティ機能(4):
情報を保護するWindows 10の「BitLocker」と「WIP」
Windows 10が備える5段階のセキュリティ対策機能を順に解説する本連載。連載第4回は情報の保護について紹介する。「BitLocker」によるデバイス保護と「Windows Information Protection(WIP)」によるデータ分離、漏えい対策が重要だ。(2017/9/26)

なぜか魔王が若頭に教える「新人教育マニュアル」が分かりやすい 「仕事の全体像を説明」「自ら実践し伝える」
新人教育の要諦を、不思議な配役で分かりやすく説明。(2017/9/25)

Windows 10が備えるセキュリティ機能(3):
認証情報を守るWindows 10の「Credential Guard」
Windows 10が備える5段階のセキュリティ対策機能を順に解説する本連載。連載第3回は認証情報の保護について紹介する。新たに加わった「Credential Guard」の役割と、認証情報を盗み出す攻撃について紹介する。(2017/9/22)

Windows 10が備えるセキュリティ機能(2):
脅威からPCを守るWindows 10の「Device Guard」と「Edge」
Windows 10が備える多彩なセキュリティ対策機能を丸ごと理解するには、機能を5つのスタックに分けて順に押さえていくことが早道だ。連載第2回は不正なコードの実行や、Webブラウザを利用した詐欺、ハッキングなど「脅威からの保護」について紹介する。(2017/9/15)

キャリアニュース:
社会人の厳しさを感じた新入社員の8割以上が「能力・スキル不足」を実感
マイナビが「2017年マイナビ新入社員意識調査〜3カ月後の現状〜」の調査結果を発表。社会人になって厳しさを感じたと61.4%が回答し、厳しさを感じた理由として、81.8%が「能力・スキル不足を実感したとき」を挙げた。(2017/8/4)

Windows 10が備えるセキュリティ機能(1):
Windows起動前後にデバイスを守る工夫、ルートキットを防ぐ
Windows 10が備える多彩なセキュリティ対策機能を丸ごと理解するには、5つのスタックに分けて順に押さえていくことが早道だ。連載第1回は、Windows起動前の「デバイスの保護」とHyper-Vを用いたセキュリティ構成について紹介する。(2017/7/24)

人気連載まとめ読み! @IT eBook(29):
機械学習/Deep Learningが気になる人も要注目、「アルゴリズム」の基本が学べる無料の電子書籍150ページ
人気過去連載を電子書籍化して無料ダウンロード提供する@IT eBookシリーズ。第29弾では「コーディングに役立つ!アルゴリズムの基本」10回分を1冊のPDFとしてまとめた。アルゴリズムとは何か? なぜ学ぶべきなのだろうか?(2017/6/30)

ITソリューション塾:
営業の仕事の本質は「スパイ活動」と心得よ
ビジネスで成功するための情報収集術とは?(2017/6/28)

ハギーのデジタル道しるべ:
新人必見! 知ってる人もあらためておさらい! 情報セキュリティについて知っておきたいこと(その4)
企業や組織に所属するようになった人は、あらためて自分のセキュリティ意識が間違っていないか、確認をしてもらいたい。特にSNSは注意が必要だ。“閉じた世界”ではないと認識しよう。(2017/6/22)

マストドンつまみ食い日記:
1000人規模インスタンスがVR、VSTでマストドンを拡張 マストドン会議3レポート その3
3つの個性的なインスタンスがそれぞれの運営方針を披露した。(2017/6/12)

キャリアニュース:
2017年度の新入社員――競争を好まず、周囲を巻き込むことが苦手
エン・ジャパンが、2017年度の新入社員の特徴と育成ポイントをまとめ、発表した。2017年度の新人は、自己成長に前向きで合理的だが、周囲を巻き込むことが苦手で、競争やリスクを伴う挑戦を好まない傾向があることが分かった。(2017/6/9)

IBM Watson Summit 2017:
AI/コグニティブでビジネスを変革する開発者となるためには何が必要なのか
日本IBMは2017年4月27、28日、「IBM Watson Summit 2017」を開催。27日のセッション「コグニティブ・ビジネスの先駆者たる次世代のデベロッパー」では、最新のIBM クラウドやWatsonを活用したビジネス開発、スキル開発、スキルエリアの変化などを、実例を交えて紹介した。(2017/6/5)

ESEC2017&IoT/M2M展:
三菱電機が自社で取り組むスマートファクトリーの現在地
「第6回 IoT/M2M展 春」の専門セミナーとして、三菱電機 名古屋製作所 オープンプラットフォーム・リードアーキテクトの楠和弘氏が登壇。三菱電機が考えるIoTを活用したモノづくりの姿を紹介した。(2017/6/1)

DBA必読! 開発/運用管理がもっと楽になる:
PR:12c R2の「現場で役立つ」新機能は? コーソルのエキスパートのお勧めはコレ!
先頃、オンプレミス向けの提供が開始された「Oracle Database 12c R2」。待望の新版では多くの機能強化が図られているが、現場のベテランエンジニアはどこに注目しているのだろうか? コーソルの新人エンジニアが同社のエキスパートに聞いた。[運用管理効率化][Oracle Database 12c](2017/6/1)

キャリアニュース:
「プライベートを優先したい」新入社員が62.4%――過去最高値
マイナビが「2017年マイナビ新入社員意識調査」の結果を発表。仕事よりも「プライベートを優先したい」という回答が62.4%で、調査開始以来、最高の数値となった。「(アフター5は)会社以外の人と過ごしたい」も、過去最高の81.2%を占めた。(2017/5/30)

ハトとコイのマスクをかぶって新人研修!? タカラトミーにユニークな試みの意図を聞いた
一見すると異様に思える研修には、実はリテラシー教育など深い意味が。(2017/5/26)

残業・社内の人付き合いはNG:
「仕事よりプライベート優先」の新人、過去最多の6割超
2017年度の新入社員の傾向は?――マイナビ調べ。(2017/5/17)

ITソリューション塾:
5分で分かる、“提案の説得力を高める”コツ
「クラウドで何ができるようになるのか」を分かりやすく説明できますか? 提案や企画に説得力を持たせることができていますか? 今回は、提案の説得力を高めるためのコツをご紹介しましょう。(2017/5/18)

ITソリューション塾:
ITの“一昔”は1年前、“二昔前”は3年前と心得よ
新しい技術が次々と登場し、複雑に影響を及ぼし合いながら、生物のように多種多様に進化するIT。その最新トレンドを理解し、ITビジネスの未来を考え、若い世代に伝えていくために必要なこととは?(2017/5/12)

ITソリューション塾:
一生の財産、「朝のゴールデンタイム」を手に入れる
会社員にとって、“何をどう勉強するか”よりも大切なのは、「朝のゴールデンタイム」を手に入れること――。明日から“意外と使える朝時間”を見直してみませんか?(2017/5/24)

ITソリューション塾:
古くさい常識や感性の研修で「デキる新人」に愛想を尽かされていないか?
“一昔”は1年前、“二昔前”は3年前と心得よ”といわれるITの世界。会社の未来を託す新人たちに、きちんと最新のトレンドを伝えることができているだろうか? 意図せず“古いくさい”教育を押し付けてはいないか? (2017/5/19)

新人教育にも利用:
ビル管理にスマートグラス 遠隔地から作業員支援
オリックス・ファシリティーズが、ビルの点検や新人教育などの業務にスマートグラスを導入する。(2017/4/21)

ハギーのデジタル道しるべ:
新人必見! 知ってる人もあらためておさらい! 情報セキュリティについて知っておきたいこと(その1)
企業や組織に所属し、情報を扱うというのは、個人で宿題やレポートなどを扱うのとは訳が違う。春を迎えたので、あらためて情報セキュリティについての認識を確認しておくべきだろう。(2017/4/14)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。