ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ベストプラクティス」最新記事一覧

サービス事業者の役割を強調:
ヴイエムウェア、企業のハイブリッドクラウド化は日本が進んでいると説明
ヴイエムウェアは2016年11月7日、翌日の「VMware vForum 2016」開催を前に、東京都内で自社の事業戦略を説明した。この戦略において、日本ではvCloud Air Networkパートナーが大きな役割を果たしているといい、そのベストプラクティスを海外に広げていきたいとしている。(2016/11/8)

日本企業の課題は「市場投入速度」:
「デジタルトランスフォーメーション」と企業成長の相関関係が明らかに CAが調査
CA Technologiesが、「デジタルトランスフォーメーションが企業に与える影響」に関する調査結果を発表。日本企業も、多くが「アジャイルやDevOpsなどのベストプラクティスの採用を徹底していくことで、ビジネスへの影響が高まる」と回答した一方で、「市場投入スピード」が世界平均より遅い結果だった。(2016/11/7)

Facebook、Google、Microsoft、Amazon、IBMがAI(人工知能)団体設立
人工知能(AI)に取り組む大手5社がAIの普及とベストプラクティス共有を目的とする非営利団体「Partnership on AI」を立ち上げ、関連企業や専門家に協力を呼び掛けた。(2016/9/29)

Oracle RATによる新旧DBの性能検証をクラウドでも:
PR:DBアップグレードのベストプラクティスはOracle Database Cloud Serviceでも使える! ライトウェルが検証
Oracle Databaseのアップグレードでは、旧環境におけるデータベース処理の性能が新環境で劣化しないかどうかのテストが大きな課題となる。ライトウェルは先頃、Oracle RATとOracle Database Cloud Serviceを用いて、このテスト環境を迅速に作って検証を行い、アップグレード作業を効率化できることを確認した。[パブリッククラウド][運用管理効率化][Oracle Cloud][Oracle Enterprise Manager](2016/7/13)

マルウェア対策のベストプラクティスを伝授
「ウイルス駆除にはHDDフォーマットがベスト」は本当に正しいのか?
クライアント端末のマルウェアを駆除する際、セキュリティチームは「感染を完全に排除できたか」をどのように判断すればいいのだろうか。マルウェア駆除の手順とベストプラクティスを説明する。(2016/5/24)

特集:IoT時代のセキュリティログ活用(1):
「安心・安全」なIoTサービスを作れる人材が日本の武器になる
何度もセキュリティインシデントで痛い経験に遭いながら、セキュリティのベストプラクティスを構築してきたIT業界の「教訓」は、IoTの世界に反映できるのだろうか? 「安心・安全」なIoTサービスを構築するための課題とは? セキュリティ企業のラックに、IoTが抱えるセキュリティ上の課題と対策について聞いた。(2016/5/9)

マイクロソフト、グーグル、AWSも採用:
「ISO/IEC 27018」――クラウド上の個人情報取り扱いに関する国際的ベストプラクティスとは
本稿では、クラウドサービスプロバイダー向けに、「クラウド上での個人情報の取り扱いに関するベストプラクティス」を提供する規格、「ISO/IEC 27018」について概説します。(2016/4/7)

製品選びのベストプラクティス
“Windows 10大移行”に不安はないか? 企業が考えるべき適材適所のクライアント戦略
今後予想されるWindows 7からWindows 10へのクライアント環境の大移行。この時期にIT部門はどのようなクライアントデバイスを選ぶべきか。企業が考えるべき移行のポイントやベンダー選択のベストプラクティスを解説する。(2016/3/30)

アジャイル時代のプロジェクトマネジメント入門(終):
プロジェクトを成功に導く4つのベストプラクティス
プロジェクト管理の基礎からアジャイル開発の理想と現実、成功例と失敗例、を紹介し、ベストプラクティスを提案する連載。最終回は、失敗するプロジェクトの“あるある”を示し、それを解決するための4つのベストプラクティスを提案します。(2016/3/14)

2016年のIT予算は前年比4.8%アップの見込み
無料で使えるIT予算計画テンプレートでベストプラクティスを学ぼう
確実なIT予算は、テクノロジーの支出管理とコラボレーション促進の両方に欠かせない。本稿では、無料で使えるIT予算計画テンプレートを紹介する。(2016/3/14)

SAP HANA+vSphere 6+XtremIO:
SAP HANA on vSphereの運用性能を検証、ベストプラクティスを“確立”
ヴイエムウェアなど4社はSAP S/4 HANAに関する共同検証を実施した。vSphere 6上でSAP HANAおよびSAPアプリケーションを稼働させる際のベストプラクティスを確立したとしている。(2016/2/22)

既存ERPとの連係がやはり鍵に
真のペーパーレスを実現、e-文書法のスキャナー保存にどう対応するか?
規制緩和によって全ての契約書や領収書のスキャナー保存が可能になった。これまで紙に悩まされてきた経理現場のペーパーレス化が一気に進みそうだ。スムーズに運用するためのベストプラクティスを紹介しよう。(2016/1/27)

アジャイル時代のプロジェクトマネジメント入門(4):
失敗するプロジェクトと成功するプロジェクト
プロジェクト管理の基礎からアジャイル開発の理想と現実、成功例と失敗例、を紹介し、ベストプラクティスを提案する連載。今回は、開発プロジェクトを成功させるために重要な2点を紹介し、その2点がアジャイル開発で、どう有効なのかを解説します。(2016/1/25)

特選プレミアムコンテンツガイド
VDI導入の成否を左右する、ストレージ選びのベストプラクティス
サーバとデスクトップ仮想化(VDI)では、ストレージの使い方が異なる。この違いを理解しておくことは重要だ。VDIのストレージはサーバと違い、ユーザー体験に直接的な影響を与える点に注意したい。(2015/12/4)

データベース運用管理をクラウド化する方法(2):
PR:Oracle DBアップグレードの実践的手法〜パッチ適用、データ移行、ダウンタイム短縮の手法
データベースをプライベートクラウドの構築に最適なOracle Database 12cに移行する際には、アップグレード作業をいかに円滑に行うかが重要なポイントとなる。また、高い安定性を確保するためのパッチ適用も忘れてはならない。今回は、Oracle Databaseの最新アップグレード手法とパッチ適用のベストプラクティスを紹介する。[プライベートクラウド/データベース統合][Oracle Database 12c][Oracle Multitenant](2015/11/30)

選ぶべきはOSS? それともベンダーストレージ?
これからOpenStackを検討する企業が知っておきたい、ストレージ選びのベストプラクティス
ネットサービス企業を中心に導入が進んでいる「OpenStack」が、一般企業でもいよいよ検討する時期にきた。しかし導入へのハードルはまだ高いのが実情である。OpenStackのエキスパートが導入におけるベストプラクティスを紹介する。(2015/11/20)

Intel、「つながる車」のセキュリティベストプラクティスを確立へ
ASRBではサイバー物理システムに詳しいセキュリティ専門家がテストや監査を行って、自動車業界向けのベストプラクティスや推奨設計をまとめる。(2015/9/15)

未来永劫なくならない
いつも人が足を引っ張る――最大のセキュリティリスク“人の行動”をどうする?
情報セキュリティに対する脅威の中でも未来永劫なくならないと予想される脅威が「ヒューマンエラー」だ。本稿では、自分たち人間に対処するための3つのベストプラクティスをセキュリティの専門家が解説する。(2015/9/14)

増え続ける仮想環境でのバックアップの課題も解決
ファイルサーバ管理を簡単にする“今どきバックアップ”運用
業務データの共有に非常に便利なファイルサーバだが、データが適切に管理されていないことで多くの問題も発生している。そうした課題解決のベストプラクティスを探る。(2015/9/1)

管理者は肝に銘じるべし
仮想化をめぐる間違った常識ワースト10
ベストプラクティスは本来、管理者による大きな失策を回避するためのものだ。だが頻繁に指摘されるアドバイスの中には、間違っているものもある。本稿では、そうした間違ったプラクティス10選を紹介する。(2015/7/30)

あらゆる業種の企業に新たな価値をもたらす二つのキーテクノロジ:
PR:ビッグデータとIoTを組み合わせて使い、さらに高い価値を得る。オラクルのソリューションが可能にしたベストプラクティス
ビッグデータとIoTは、いずれも企業に新たな価値をもたらすテクノロジとして期待を集めているが、これらを組み合わせて活用すれば、さらに高い効果を得ることができる。ただし、両者の特性を生かしながら使いこなすためには、それに適した処理基盤が必要だ。オラクルは、既存資産も生かしたビッグデータ/IoT活用を可能にするソリューションを包括的に提供している。[ビッグデータ][パフォーマンス改善][Big Data][Engineered System](2015/7/21)

デル株式会社提供Webキャスト
ストレージの二重投資を回避、高速SSDを組み合わせてパフォーマンスも改善
ビッグデータ時代を迎え、サーバとストレージ、そしてそれらを接続するネットワークの構成にも新しいベストプラクティスが登場するようになってきた。高速SSDをキャッシュの受け皿としてサーバと組み合わせ、効率的にパフォーマンスを向上させるという方法だ。(2015/7/2)

今から備えるIoTセキュリティ(1):
ITとIoTのセキュリティ、一文字違いで大違い
大きな期待を集めながら、一方でセキュリティリスクが懸念される「IoT」。IoT特有の事情により、ITの世界におけるセキュリティベストプラクティスをそのまま適用できないこともあります。(2015/5/26)

要件に応じて適正なコストで高可用性システムを実現:
PR:DBシステムの可用性を高めるベストプラクティス「Oracle Maximum Availability Architecture」
ITがビジネスに不可欠の存在となった今日、システムのダウンタイムやデータ損失が企業に与える影響は増大の一途をたどっている。そうした中、オラクルは高可用性システム実現のベストプラクティスとして「Oracle Maximum Availability Architecture」を提供している。[高可用性/災害対策](2015/4/23)

ホワイトペーパー:
高性能エントリーストレージ「HP MSA 2040」最適化のためのベストプラクティス
仮想化やサーバ統合を考えるなら、そのデータの保存と可用性を支えるストレージについても同時に検討したい。中堅・中小企業向けSAN対応ストレージのベストプラクティスマニュアルで、その使いやすさを実感してほしい。(2015/3/19)

ホワイトペーパー:
ビジネス要件を満たすアプリケーション開発に必要な7つのポイント
ビジネス要件の欠如したアプリケーションは意味を成さない。アジャイル開発であれウォーターフォール型であれ、現在の開発ライフサイクルでビジネス要件をしっかりとキャプチャーするためのベストプラクティスを示そう。(2015/3/9)

ホワイトペーパー:
真のアジャイル開発を実現するために越えなければならない壁
IT管理者が進行中の開発全てを把握し、アプリケーションやソフトウェアのリリースを迅速に行っていくにはどうすればいいか。真のエンタープライズアジャイルに求められるベストプラクティスを解説する。(2015/3/5)

アジャイル時代のプロジェクトマネジメント入門(3):
「アジャイル」という言葉が一人歩き――アジャイル開発における理想と現実
プロジェクト管理の基礎からアジャイル開発の理想と現実、成功例と失敗例、を紹介し、ベストプラクティスを提案する連載。今回は、実際の開発現場での理想と現実、失敗談をお話しし、アジャイル開発を進めるためのツールとして「Pivotal Tracker」を紹介します。(2015/3/3)

EMCジャパン、ハイブリッドクラウド向けソリューションを提供
ベストプラクティスなどを活用してITサービス基盤の実相を4週間程度で可能にするほか、包括的なサービスも提供する。(2014/12/17)

アジャイル時代のプロジェクトマネジメント入門(2):
現代のプロマネが知っておきたいアジャイル開発の基礎知識まとめ
プロジェクト管理の基礎からアジャイル開発の理想と現実、成功例と失敗例、を紹介し、ベストプラクティスを提案する連載。今回は、そもそも開発手法とは、アジャイルとは何か、他の開発手法との違い、アジャイル開発に向いているプロジェクト、スクラム/リーンについて解説する。(2014/12/5)

社内に専任チームを設置
高度化、悪質化するセキュリティ脅威、企業が取るべき“自衛策”とは
ファイアウォールやIPS、IDSといった従来型のセキュリティ対策では、もはや企業の機密情報を守ることはできない。そこで注目されているのが、セキュリティ脅威対応の専任チームである。そのベストプラクティスを探る。(2014/11/28)

ホワイトペーパー:
ソフトウェアテストの自動化を成功に導くベストプラクティス
本ホワイトペーパーでは、自動化への最適なアプローチを検討できるよう、現在の手動による機能テストが抱える問題点や、自動化するメリットを解説する。(2014/11/25)

ホワイトペーパー:
ソフトウェア資産管理製品導入戦略ガイド
ソフトウェア資産管理ツールを使いこなせば、ソフトウェア契約を順守しながらビジネスニーズに沿うように保守管理する一助となる。本稿ではソフトウェア資産管理のベストプラクティス、活用するための注意点や予算、使用条件の解釈の仕方について解説する。(2014/11/7)

英語でデータ管理、海外事業もサポート:
日立システムズ、「2014CRMベストプラクティス賞」を受賞
日立システムズは10月30日、ユーザーへの窓口対応を請け負う同社コンタクトセンターの取り組みが、一般社団法人CRM協議会の「2014CRMベストプラクティス賞」を受賞したことを発表した。(2014/10/31)

アジャイル時代のプロジェクトマネジメント入門(1):
プロマネ初心者に送るプロジェクト管理の基礎知識まとめ
プロジェクト管理の基礎からアジャイル開発の理想と現実、成功例と失敗例、を紹介し、ベストプラクティスを提案する連載。初回は、そもそもプロジェクトとは、プロジェクト管理とは何かについて解説し、プロジェクト推進における4+1のフェーズを紹介する。(2014/10/23)

Computer Weekly製品導入ガイド
ワークロード自動化のためのベストプラクティス
あらゆる場面で、人間の介在なしに、ユーザーの要求に応じてワークロードが実行されることが求められている。こうしたワークロード自動化の要件と検討事項を解説する。(2014/10/17)

PR:ITをビジネスの武器として駆使するあきんどスシローがクラウドERPを選択した理由
クラウドファーストをIT戦略として掲げ、早期から業務・分析系のシステムのクラウド移行を進めてきたあきんどスシロー。顧客の需要を予測する“ビッグデータ”分析など、店舗でのIT活用を原動力に急成長を遂げてきた。そうした中、欧米、アジアなど世界各国におけるすしの需要拡大を見込み、海外への店舗展開を見据えた国際会計基準(IFRS)への対応に着手した。これまでオンプレミスで運用していた既存の会計システムを捨て、グローバルの会計基準に対応し、かつ、膨大な数の企業業務を研究して製品に組み込んだ「業務のいいとこどり」であるベストプラクティスを持つ「SAP ERP」をクラウドで稼働させた。その狙いとは――。(2014/8/18)

Oracle DatabaseでDBaaS構築! 知っておきたい大切なポイント:
PR:Oracle Databaseをこれから導入。11gにするか? それとも12cか? データベースクラウド構築時のバージョン選定の指針
近年、将来も見据えたデータベースクラウド(DBaaS)の導入を検討する企業が増えているが、その際には十分にご検討いただきたいことがある。その1つがOracle Databaseのバージョンだ。DBaaSのライフサイクル全体を最適化するバージョン管理のベストプラクティスを紹介する。[プライベートクラウド/データベース統合][Oracle Database 12c](2014/6/23)

ガートナー サミット 2014リポート
上司の“むちゃ振り”が育てた「ITアウトソーシング」が今、熱い
ITインフラのアウトソーシングへの意欲が今、企業で高まっているという。それはなぜなのか。アウトソーシングをするに当たって押さえておきたい4つのベストプラクティスと共に紹介する。(2014/6/17)

Computer Weekly製品導入ガイド
導入企業がはまるソフトウェア資産管理の落とし穴
今や必須となったソフトウェア資産管理だが、多くの企業が誤解し、不十分あるいは誤った方法で実施している。米Forresterが、ソフトウェア資産管理の落とし穴とベストプラクティスを伝授する。(2014/6/17)

Computer Weekly製品導入ガイド
ソフトウェア資産管理はコスト削減のチャンス
ソフトウェア資産管理には、ライセンスの整理統合やコンプライアンス順守の強化といったメリットが多数ある。本稿では、ソフトウェア資産管理のためのベストプラクティスを解説する。(2014/6/10)

営業部門と共同で効果的なナーチャリング施策を:
マーケティングオートメーション初心者へ、4つのアドバイス
マーケティングオートメーションの導入が進んでいる米国企業では、効果的な導入/運用のためのベストプラクティスが整備されつつある。マーケティングの自動化に関心を持つマーケター向けにいくつかのコツを紹介する。(2014/5/13)

喜ばれるデータ作成への鍵:
データ品質管理のベストプラクティス、5つ紹介
データ駆動型企業を目指すなら、避けて通れないのがデータの品質管理だ。ほとんどのデータ先進企業は、データの品質こそが企業の経営を左右すると理解している。データ品質管理の鍵となる5つのベストプラクティスを紹介する。(2014/5/12)

PLMニュース:
シーメンスPLM、PLM導入期間を短縮した造船業界向けソリューションを発表
業界ごとのニーズを踏まえ、ベストプラクティスのガイド、テンプレート、ソフトウェアをパッケージ化して提供する「Industry Catalyst Series」の造船業界向けソリューションを提供する。(2014/3/25)

iTeachersに聞く、IT活用「3つの秘訣」
教育へのIT活用はまだ歴史が浅く、ベストプラクティスがあるわけではない。成功している学校は、どういった工夫をしているのか。教育現場へのIT活用を実践する教育者チーム「iTeachers」の協力の下、先駆的なIT活用者のインタビューをリレー形式で紹介する。(2014/9/1)

視点:
「本社が持つべきケイパビリティ」の提言――欧州企業の調査を踏まえて
本社業務に従事する従業員数は、10年前の約2倍の水準となっており規模は年々拡大している。さらに今後本社業務の増加及び多様化が進展すると考えられる。今後本社が持つべきケイパビリティとは? 事例からベストプラクティスを探る。(2014/2/17)

“物語”を活用:
BtoBマーケティングに動画マーケティングは有効か
BtoCマーケティングではYouTubeなどの動画サイトを使ったマーケティングが盛んだが、eMarketerのレポート“B2B動画マーケティング:2014年のベストプラクティス”によると、BtoB分野でも動画を使ったマーケティングに主流が移ってきているという。2014年12月12日の記事“B2B Marketers Use Stories for Successful Digital Video”(「BtoBマーケター、デジタル動画を成功させるために“物語”を活用」)で報じている。(2013/12/18)

ベストプラクティスを推進:
クラウドセキュリティアライアンス日本支部が法人化
クラウドコンピューティングのベストプラクティスを推進する米国の組織Cloud Security Allianceの日本支部が12月3日、一般社団法人として再発足、活動を本格化する。(2013/12/4)

Windows Server 2012 R2時代のHyper-Vサーバ設計術:
第3回 Hyper-Vネットワーク設計のベストプラクティス
Hyper-Vの性能を最大限に引き出すためには最適なネットワーク設計が欠かせない。仮想マシンの通信用ネットワークのほかに、ホスト・アクセス用やクラスタ用、IPストレージ用など、多数のネットワーク系統も必要だ。これらをどう配置し、実際のサーバ上でどう管理するべきか。Hyper-Vのネットワーク設計のベストプラクティスを解説。10GbEの最新トレンドも解説。(2013/11/1)

PLMニュース:
シーメンスPLM、業界特化型パッケージを投入――PLM導入効果をより早く
シーメンスPLMソフトウェアは、各業界固有のベストプラクティスのガイド、テンプレート、ソフトウェアをパッケージ化したソリューション「Industry Catalyst Series」を提供する。(2013/9/13)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。