ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「結納」最新記事一覧

「カイショウ」:
“運命”の仏人から突然の別れ 女性が婚約破棄訴え怒りの提訴
「カイショウ(甲斐性)はあります」。将来について語り合った仏人男性が「アイムソーリー」と突然別れを切り出した。女性は一方的な婚約破棄だとして損害賠償を求めて提訴。(2017/5/16)

「CASIO WATCH PREMIUM SHOP」担当者に聞く:
PR:大丸東京店の“時計のプロ”が語る、カシオウォッチの魅力
高級ラインを打ち出す、カシオの「CASIO WATCH PREMIUM SHOP」。大丸東京店の10階時計売場に2016年10月オープンした店舗もその1つだ。大丸東京店の“時計のプロ”は、カシオウォッチの魅力をどのように感じているのだろうか。(2017/3/1)

幸せのお裾分けのつもりが「婚テロ」に SNSでの結婚報告にモヤモヤする人、3割も
SNSに投稿された結婚をめぐる写真が引き起こす「婚テロ」。単なる報告のつもりが、相手をモヤモヤさせたり、イライラさせたりしてしまうことも。未婚女性の3人に1人が被害経験があるという。(2017/1/5)

2014年7月14日まで:
タグ・ホイヤー、ブライダル層向け特典「タグ・ホイヤーブライダルキャンペーン2014」実施
タグ・ホイヤーがブライダル層向け特典「タグ・ホイヤーブライダルキャンペーン2014」を2014年7月14日まで実施。対象層向けにシャンパンセット、刻印サービス、ペアウオッチ専用ボックスなどを進呈する。(2014/4/22)

「愚直」な取り組みが生んだ、セイコーが世界に誇るプロダクト「グランドセイコー」
「愚直」という言葉がよい意味で使われることはあまりありません。しかし、「グランドセイコー」は「愚直」に取り組んだからこそなし得た、そんなプロダクトでした。(2013/2/26)

ブライダル市場は3年連続縮小、挙式や披露宴を行わない“なし婚”の影響
矢野経済研究所のブライダル市場に関する調査結果によると、2011年のブライダル関連市場規模は前年比3.2%減の2兆6630億円と、3年連続で減少したことが分かった。(2013/1/25)

九州で高く三大都市圏で低い、結納の実施率
(2010/11/4)

結婚式の費用は326万円――“おもてなし婚”が増えている
結婚式の費用はいくらくらいかかるのだろうか。2009年4月〜2010年3月に結婚をした人に聞いたところ、平均金額は325万7000円で昨年よりも5万円減少していることが分かった。ゼクシィ調べ。(2010/10/22)

「貯金が少なかった」「準備を自分にまかせっきりだった」――結婚式の不安や不満
(2010/6/17)

結婚にまつわるイベントの、希望と実態
いずれは結婚したいと思っている女性はどのくらいいるのだろうか。現在働いている未婚女性に聞いたところ、8割の人が「結婚したい」と考えていることが分かった。カウネット調べ。(2010/5/25)

結婚……披露宴にこだわるも、二次会にはこだわらず
(2009/9/4)

高級時計専門の保険って、知ってる?
「高い時計は修理代も高い。だったら、時計の修理代を補償する保険があれば喜ばれるのでは?」そんな発想で始まった会員システムがある。リッチなお年寄りが多いのかと思いきや「会員は30代男性が多い」など、昨今の高級時計事情を聞いた。(2009/8/24)

キャスター・目黒陽子の「今、これが気になる」:
いまどき30代の、結婚スタイルは?
厚生労働省によると、平均結婚年齢は男性31.7歳、女性29.4歳。平均結婚年齢が上がっているためか、最近の結婚式に変化が出ているようです。友人の結婚式にたくさん出席して、目が肥えた花嫁さんたちのいまどきの結婚スタイルとは……?(2008/6/13)

結婚費用はいくら?――親からの援助額は182万円
結婚費用は増加傾向にあり、首都圏では5年間で100万円ほど増えた。仲人を立てる人はわずか1.1%。ハウスウエディングが増加するなど、カジュアル化が進んでいるようだ。ゼクシィ調べ。(2007/10/24)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。