ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ビジネス英語の歩き方」最新記事一覧

関連キーワード

ビジネス英語の歩き方:
安易な英語乱用や大仰な日本語訳を見直す
最近、新しいカタカナ英語を目にすることが多くなりました。「ベースロード」「プライマリーバランス」……。もう少し簡単な日本語で表現できないものでしょうか?(2014/3/19)

ビジネス英語の歩き方:
自分の奥さんを「ママ」と呼ぶ――日本語の“常識”が日本人を英語ベタにする
日本人は無意識のうちに「相手との関係性」に応じた日本語を使い分けています。これをモダリティといいますが、この意識が強すぎることが英語でのコミュニケーションを邪魔しているのです。(2014/2/5)

ビジネス英語の歩き方:
海外人事の英語が分かればグローバル化は怖くない
外資系企業の人事は「冷酷だ」と言われることが多い。ですが、採用面を見てみると非常に合理的なシステムが構築されていることが分かります。(2013/12/4)

ビジネス英語の歩き方:
英語を社内公用語にする意味を取り違えてはいけない
ビジネスのグローバル化が進むと、母国語として英語を話している人と外国語として英語を学んでいる人が同じ土俵で英会話することになります。このとき、“同じ”英語を使いましょうという考え方が「BELF」です。(2013/11/13)

ビジネス英語の歩き方:
ビジネス英語に求められるのはシンプルさと分かりやすさ――リンガフランカという思想
なぜ日本人はビジネス英語に対してアレルギーとも思えるような苦手意識をもつのでしょうか? それは、コミュニケーションツールとしての英語と、文化の一部としての英語がごちゃまぜになっているからです。(2013/10/25)

ビジネス英語の歩き方:
『半沢直樹』の世界、外国人に英語で説明するには何といえばいい?
最終回の視聴率が42.2%と大ヒットとなったドラマ『半沢直樹』。このドラマが描く日本の銀行社会を外国人に説明しようと思うと、ちょっと大変かもしれません。「同期」「出向」など英訳が難しいキーワードが多いのです。(2013/9/26)

ビジネス英語の歩き方:
気付けば納得!? カンパニーロゴに隠された意味
前回取り上げたスローガンと並んで各社が非常に力を入れているのが企業ロゴや製品ロゴ。その中には興味深い意味が隠されていることがよくあります。(2013/9/4)

ビジネス英語の歩き方:
ヘンテコ英語で逆効果!? 企業スローガンはリスクがいっぱい
その企業の事業内容を分かりやすく、そして簡潔に表現するスローガン。日本の多くの企業では英語のスローガンが使われていますが、外国人の視点から読んでみるとどういう印象を抱くのでしょうか?(2013/8/21)

ビジネス英語の歩き方:
ウォール・ストリート・ジャーナルのススメ
ビジネス英語に強くなりたいならば、英語メディアに直接触れることが近道です。とはいえ、日本語訳がないとハードルが高いのも事実。そこでオススメなのが日本語サイトもあるWSJなのです。(2013/7/31)

ビジネス英語の歩き方:
日本人は気にしないAやTheが英語を支配する
aやtheのような冠詞、英語では「article」といいます。どうにも日本語訳にはニュアンスに違いがあるようです。英語ネイティブな人たちは、aやtheに何を期待しているのでしょうか?(2013/7/17)

ビジネス英語の歩き方:
英語と資本主義の共通点、日本語との根本的違いに思い悩む
国際都市上海を訪問し、現地で使われている英語のひどさを感じた筆者。改めて日本人と英語の相性について考察したところ、資本主義への理解の違いに思い至ったといいます。(2013/6/28)

ビジネス英語の歩き方:
BBAって何? 「少年よ大志を抱け」とあいまいな日本語
クラーク博士の「ボーイズ ビー アンビシャス」というフレーズは、多くの日本人が知っていることでしょう。でも、英語として読むと何だか違和感がぬぐいきれないのです。(2013/6/5)

ビジネス英語の歩き方:
日本とは違う、住所の書き方に現れる英語圏の世界観
英語で住所を書く場合、日本式とは反対に狭い範囲から書き始めるのはご存じのとおり。住所に限らず、自分の身近なところから主張する欧米人の世界観は随所に見られます。(2013/5/22)

ビジネス英語の歩き方:
欧米の「ファーストネーム」文化とうまく付き合う方法
「Hi、ジョン!」――米国人はビジネスの席でもファーストネームで呼び合うことがあります。それは親しみの表現なのですが、彼らにとって日本語名が覚えられないことも。そんなときには自分で愛称を付けてみましょう。(2013/5/8)

ビジネス英語の歩き方:
聞き返し方ひとつで英会話はこんなに楽になる
「Pardon?」――相手が英語で何と言ったのか分からないときに使うフレーズだが、繰り返してもらっても分からないということは少なくない。それは、聞き返し方が悪いから……かも。(2013/4/24)

ビジネス英語の歩き方:
英語の中の「中国語」とどう付き合うか?
北京や上海といった大都市以外の中国の都市名や人名を、日本人は漢字の日本語読みで覚えています。ところがビジネス英語の中に登場する中国語は、元の中国語の音で出てくるから困ってしまいます。(2013/4/10)

ビジネス英語の歩き方:
ローマ字が日本のイメージを台なしにしている――ソニーが「SONI」だったら
日本語をアルファベットで表記するローマ字。ところが、このローマ字表記がくせもので、人名や社名、商品名を外国人が正しく読めない原因になり得るのです。(2013/3/27)

ビジネス英語の歩き方:
日本人英語のここが外国人に笑われている
グローバル化が進み、世界中で活躍するようになった日本人。しかし、その英語の使い方の危うさがネタになることも少なくないようです。(2013/3/12)

ビジネス英語の歩き方:
英語の細かいニュアンスを間違えないようにするテクニック
母国語でない人にとって、英語の細かいニュアンスの違いは分かりにくいもの。しかし、さまざまなテクニックを使うことで、ニュアンスを誤らないようにすることができるのです。(2013/2/26)

ビジネス英語の歩き方:
“秒速”で英語を書く方法
英語を書く時、単語の意味やつづりが気になって入力が遅くなる……という人も多いのでは。しかし、そんな手間を省くテクニックがあるのです。そう、IMEならね。(2013/2/12)

ビジネス英語の歩き方:
CESで注目された“Context Awareness”というバズワード
先日行われたエレクトロニクスの一大イベント「CES」で注目された“Context Awareness”という言葉。「コンピュータがユーザーの願望を読みとって、それに応じた情報の提供をする技術」ということだそうです。(2013/1/28)

ビジネス英語の歩き方:
グローバル化と国際化ってどう違うの?
近年よく使われるようになったグローバル化(=globalization)という言葉。かつては国際化(=internationalization)という言葉の方がよく耳にしましたが、それが入れ替わった背景を考えると、今のビジネスの流れも見えてくるのです。(2013/1/11)

ビジネス英語の歩き方:
ビジネスで使うと危ない(?)6つの英語の慣用句
日本語でも活用されることがある、英語の慣用句。しかし、ネイティブからすると、違和感を覚えるものもあるようです。今回はそんなビジネスで気軽に使うと危ない英語の慣用句を紹介します。(2012/6/12)

ビジネス英語の歩き方:
英語での交渉で気を付けたい7つのポイント
グローバル化が進む日本経済。外国でだけでなく、日本国内で外資系企業を相手に営業する場合でも、英語を使うことは少なくないでしょう。外国人エグゼクティブへの営業経験が豊富なラース・レイフィールドさんが、その時に注意したいポイントを解説してくれました。(2011/9/28)

ビジネス英語の歩き方:
英語面接で気を付けたい12のポイント
「海外で就職したい」人でなく、「日本で外資系企業に勤めたい」人にとっても避けて通れないのが英語面接。英語でやり取りするだけでなく、異なる文化の背景を持つ人と接する難しさがある。100人以上の日本人の外資系企業への転職を支援してきたラース・レイフィールド氏が英語面接のポイントについて教えてくれた。(2011/7/6)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。