ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  B

  • 関連の記事

「BlackBerry Storm」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「BlackBerry Storm」に関する情報が集まったページです。

抵抗膜方式か? 静電容量方式か?:
タッチパネル技術の最新動向を追う
「iPhone」や競合製品により、その利便性に対するユーザーの認知度が高まったこともあって、タッチパネルを備えた機器がますます普及しつつある。タッチパネルにはさまざまな方式があるが、それぞれに長所と短所が存在する。本稿では、現在も広く利用されている抵抗膜方式と、注目度がますます高まっている静電容量方式の最新技術について解説するとともに、コントローラICベンダーの新たな取り組みなどを紹介する。(2011/3/1)

AndroidがiPhoneから関心を奪いつつある?
Android携帯電話を購入したいと考えている人が急速に増えており、iPhoneに関心を持つ層に迫る勢いだ。(2009/12/24)

Android、“DROID効果”で認知度が急上昇――米comScore
「次に欲しいスマートフォン」としてAndroidを挙げたユーザーがiPhoneにほぼ匹敵した。(2009/12/18)

iPhoneにまだ足りないと思うもの
iPhoneは素晴らしい端末だ。だが、物理キーボードや交換可能なバッテリー、外部の開発者に優しいルールなど、必要なものはまだある。(2009/12/1)

AppleやGoogleが言いたがらない、スマートフォンの10の欠点
携帯電話ユーザーは特定の特徴にばかり注目し、ほかのものを無視してしまう傾向がある。これはAppleやGoogle、RIMなどには都合がいいが、見落としてはいけない欠点もある。(2009/11/11)

「8Gバイトで99ドル」の廉価版iPhone 3GS登場のうわさ
AppleとAT&Tが年末商戦向けに、8GバイトのiPhone 3GSを99ドルで発売するのではないかとのうわさが流れている。(2009/11/10)

Verizon、「BlackBerry Storm 2」発売へ
Verizonが、うわさの「Droid」より一足早く、RIMのタッチスクリーン携帯「Storm 2」を発売する。(2009/10/27)

Verizon、iPhone販売は“Apple次第”
iPhoneキラーの「Droid」を発表したVerizonだが、AppleとiPhoneの販売契約を締結するかどうかはすべてApple次第だと、提携の可能性をほのめかした。(2009/10/27)

PalmやAndroidに勝ち目はあるのか:
iPhoneを打ち負かすには――競合企業が抱える10の課題
Palm PreやAndroid携帯は、iPhoneの前では競合関係を維持するのさえ難しいのが現状だ。だが10の課題を実行できれば、iPhoneを打ち負かすのは不可能ではない。(2009/9/25)

AT&Tの呪縛から開放せよ:
AppleはiPhoneの独占販売契約をやめるべき
複数キャリアでiPhoneを販売しているフランスでは、iPhoneのシェアが40%と世界で最も高い。(2009/9/2)

iPhoneに過熱の問題 Appleも認める
ユーザーからの過熱の報告に応え、Appleは、iPhoneを暑い場所に置かないよう注意するアドバイザリーを公開した。(2009/7/6)

Apple独走を止められるか:
Microsoft、Palm、RIMがiPhoneに対抗するには
スマートフォン市場のシェア奪還を目指し、Microsoftはこの秋「Windows Mobile Marketplace」を立ち上げる。PalmとRIMは既にアプリケーションストアを運営している。各社がAppleのApp Storeに対抗するにはどうすればいいのだろうか。(2009/7/3)

iPhoneはついに「企業向け」になった
初代iPhoneには企業向けの機能はほとんどなかった。だが3代目の3GSで、ついにBlackBerryのような企業向けスマートフォンと張り合えるようになった。(2009/6/25)

iPhone 3Gは2位に:
米スマートフォン市場、BlackBerryが圧勝――NPD調べ
Verizonの「1台買ったらもう1台」キャンペーンが奏功し、BlackBerryシリーズが上位を占めた。(2009/5/5)

2008年の世界の携帯電話販売台数は6%増――Gartner調べ
世界的な不況の中、各メーカーの戦略の差が販売台数とシェアに明確に反映されている。(2009/3/4)

米国、そして世界での普及を阻むものは何なのか?:
「3Gワイヤレス」最新事情
長い間待ち望まれていた3Gワイヤレスの機能のうちいくつかが、米国内でも利用できるようになってきた。しかし、3Gの本格的な普及までにはまだ時間がかかりそうだ。本稿では、米国で3Gを普及させるために課題となっていることを整理するとともに、各社が行っている取り組みについてまとめる。(2009/3/1)

Mobile World Congress 2009:
米Yahoo!、携帯向け統合サービス「Yahoo! Mobile」発表
Yahoo!がoneSearchやoneConnectなどのモバイルサービスを統合し、「Yahoo! Mobile」として新たに提供する。(2009/2/18)

Mobile Weekly Top10:
iPhone 3Gの修理代金が変わっていた
2008年7月11日に華々しく日本市場にデビューした「iPhone 3G」も登場から7カ月。筆者の周囲でも、「壊した」「傷つけた」といった話をたびたび聞くようになった。そこで気になるのが、iPhone 3Gの修理代金。最新事情を、実際に破損したユーザーに確認してみた。(2009/2/16)

山根康宏の香港ケータイ「マニア買い」:
第2回 画面が“押せる”、新感覚のタッチ端末「BlackBerry Storm」──5500香港ドル=約6万5000円
ビジネスユーザーに圧倒的な人気があるBlackBerryにもタッチパネル化の波が押し寄せてきた。2008年末に発売されたBlackBerry Stormは、一見するとよくあるタッチパネル端末。しかし、他社にはない“ちょっと驚き”なデバイスを搭載する。果たしてそれは何か。その興味からつい買ってしまった。(2009/2/9)

タッチスクリーンBlackBerry、コストはiPhoneを上回る
iSuppliの分解調査によると、タッチスクリーンBlackBerryのコストは202.89ドルと、iPhone 3Gを上回った。(2009/1/30)

GoogleがAndroidの検索最適化に必死な理由
AndroidのイノベーションのペースでiPhoneと肩を並べておくことは、Googleにとって決定的に重大になる。(2008/12/22)

中小企業に浸透するiPhone、シェア1割到達へ
Forrester Researchは、iPhoneのSMB市場でのシェアは、2009年には10%に達する見通しという。(2008/12/18)

オルタナブログ通信:
ITmediaがGoogleに勝利?――iPhoneアプリ市場のこれから
ITmediaのビジネス・ブログメディア「オルタナティブ・ブログ」では、ITにまつわる時事ネタなどを、175組を超えるオルタナティブ・ブロガーが日々発信している。今週はその中から、Webサービス、不況とITベンチャー、クラウド、動画配信、iPhoneなどを紹介しよう。(2008/12/5)

RIMが業績予測を下方修正――タッチスクリーンBlackBerryの遅れで
景気後退とBlackBerry Storm投入時期の遅れなどにより、売上高が当初予想を下回る見通しだ。(2008/12/4)

iPhoneやAtom搭載端末が優勢に:
ノートPCからインターネットにアクセスするか、スマートフォンからアクセスするか?
IBMがスポンサーとなって行われた調査によると、コンシューマーと企業ユーザーはインターネットにアクセスするための手段として、標準的なPC(ノートPCを含む)よりも、AppleのiPhoneや、IntelがAtomプロセッサを通じて開発に協力しているモバイルインターネット端末などの携帯端末を好むようになってきたようだ。(2008/10/27)

10月4日〜10月10日:
5分で分かる、先週のモバイル事情
10月9日、幕張メッセで「東京ゲームショウ2008」が開幕。ドコモやKDDIもブースを展開し、ケータイゲームの楽しさをアピールした。10月7日にはTCAが9月の契約数を発表。ソフトバンクモバイルが純増首位を守ったものの、ドコモもそれに迫る純増数を獲得した。(2008/10/14)

RIM、iPhone対抗のタッチスクリーンBlackBerry発表
RIMの「BlackBerry Storm」は、キーボードのキーを押したときのように反応する「クリッカブル」タッチスクリーンを搭載する。(2008/10/8)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。