ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  B

  • 関連の記事

「Bluetooth Smart」最新記事一覧

製造業IoT:
アルプス電気はIoTで新規顧客と向き合うため“全てを捨てた”
アルプス電気の「センサーネットワークモジュール」は、4種類のセンサーを搭載しBluetoothでの通信に対応した新製品だ。センサーと通信モジュールという既存事業の組み合わせから、新規事業を立ち上げることを狙った。展示会で披露すると300件を超える引き合いがあったが、即座にビジネスに直結とは行かなかった。そこから引き合いをモノにするまでにはどのような苦労があったのか。(2016/8/1)

スプリアスを互いに相殺させて抑制:
BLE ICの受信感度を4dBm改善したクロック生成器
東芝は2016年6月14日、無線通信ICのクロック信号に起因する妨害波(スプリアス)の発生を抑えて受信感度を改善する「スプリアスキャンセルクロック生成器」を開発したと発表した。(2016/6/17)

IoT市場を活性化する切り札となるか:
センサープラットフォーム、日本でも標準化狙う
Advantech(アドバンテック)は、IoT(モノのインターネット)センサープラットフォームの新たなオープン規格「M2.COM」を提唱、日本市場における普及と需要の拡大を狙う。(2016/6/10)

ワイヤレスジャパン2016:
IoT機器向けマルチプロトコルSoC、Sigfox対応へ
シリコン・ラボラトリーズは、「ワイヤレスジャパン2016」(2016年5月25〜27日/東京ビッグサイト)で、IoT機器向けマルチプロトコルSoC「Wireless Gecko EFR32」シリーズを展示した。(2016/5/27)

IoT/M2M展:
IoTセンサー端末、セキュリティをより強固に
マクニカは、「第5回IoT/M2M展 春」で、「MpressionによるセキュアなIoT(モノのインターネット)」を実現するための新たなセンサー端末などをデモ展示した。(2016/5/13)

ESEC2016:
MCUやセンサーを自由に入れ替え、100円玉サイズの超小型IoTモジュール
マクニカがESEC2016の同社ブースにて、MCUやセンサー、無線を自由に入れ替えできる100円玉サイズの「IoTワンパックモジュール」を展示した。2016年秋の製品化を目指す。(2016/5/12)

5分で分かる最新キーワード解説:
IoTデバイスとスマホ連携をプログラムレスに?「Linking」
スマートフォンとBluetooth LE対応デバイスとの連携をシンプルにする新プラットフォームとして策定された「Linking」。GUIベースの開発環境も準備が進められており、コードを書かずにIoTデバイスとスマホを連携できる日も近そうです。(2016/4/20)

そろそろ持っとく? モニター付きのアクションカム4モデルを比較(機能編)
スマホともデジカメともまた違う、臨場感あふれる映像や写真が撮れるアクションカムを今買うならどれか。手軽に使えるモニターがセットになったコンパクトなモデル、HERO4 Silver、HDR-AS50、WG-M2、EX-FR100の4モデルを比較する。(2016/4/15)

正しく理解すれば何万円も節約できる
欲しいスマートフォンをどう探す? スペックシートの“難解単語”にだまされない方法
スマートフォン新モデルは今後も数を増す一方だ。その中から自分に最適なモデルを見つけ出すために重要な手掛かりになるのが「スペックシート」だ。その活用次第では無駄な投資を大幅に節約できる。(2016/4/10)

太陽誘電 EYSHCNZXZ/EYSHJNZXZ:
BLEモジュール、高機能タイプ2製品を追加
太陽誘電は、高性能CPUコアの採用とメモリ容量を増やすことで、高機能化を図ったBluetooth Smartモジュール2製品を発表した。IoT(モノのインターネット)関連機器などの用途に向ける。(2016/4/5)

SoC「nRF52シリーズ」の第1弾:
Bluetooth v4.2対応のSoC、Nordicが量産開始
Nordic Semiconductorは、Bluetoothの最新仕様である「Bluetooth v4.2」に対応したBluetooth Smart SoC「nRF52832」の量産を始めた。(2016/3/8)

SMK センサー:
HEMSやホームオートメーションに最適なIoT向け無線センサーユニット
SMKはIoT関連市場向けに、Bluetooth Smartに対応した無線センサーユニットを発表した。(2016/3/4)

SMK:
IoT向けBluetooth Smart対応センサーユニット
SMKは、IoT関連市場向けにBluetooth Smartに対応した無線センサーユニットを発表した。温湿度/照度/加速度センサーを搭載し、取得したデータをBluetooth Smart経由で取得できる。(2016/3/3)

圧倒的スペック+スマホ連携で新次元へ:
これぞゲーミングディスプレイの最先端 EIZO「FORIS FS2735」徹底レビュー
ゲーミングディスプレイ市場では後発となるEIZOだが、新モデル「FORIS FS2735」は同社が業務用製品などで培った技術や新機能を惜しげもなく投入し、業界をリードするような先進スペックを実現した。その実力をじっくり検証していこう。(2016/2/28)

Tech Basics/Keyword:
Bluetooth Low Energy(Bluetooth LE)
Bluetooth Low Energyは、近距離無線規格「Bluetooth」の低消費電力向け規格で、すでにウェアラブル機器やビーコンなどで採用されている。従来のBluetoothよりも低速なものの、少ない消費電力で通信が行えるという特徴がある。(2016/2/17)

呼気でがん検出も可能に:
小型センサー、いつでもどこでも「におい」識別
物質・材料研究機構(NIMS)は、「nano tech 2016 国際ナノテクノロジー総合展・技術会議」で、MSS(Membrane-type Surface stress Sensor/膜型表面応力センサー)と呼ぶ小型センサー素子を用いた、におい分析システムのデモ展示を行った。(2016/2/1)

エプソン、新機能を搭載した活動量計、PULSENSE「PS-600」を発表
エプソンが腕時計型活動量計「PULSENSE」の新ラインアップとして「ワークアウトモード」機能を搭載した「PS-600B」「PS-600C」を発表しました。(2016/1/28)

CES 2016:
スマートフォンの世界を越えて「Snapdragon」を拡大するQualcomm
Qualcommが、Snapdragon 820を搭載したスマートフォンを発表した。Snapdragon 820は、スマホ向けのハイエンドなチップセットだが、一方で同社は、このSnapdragonの技術をより広い分野へ拡大していくことを狙っている。(2016/1/6)

温度/加速度センサーを内蔵した無線モジュール:
Bluetooth Smartビーコン、長時間動作が可能
富士通コンポーネントは、可搬型のBluetooth Smartセンサービーコン「FWM8BLZ02-109047」を発売した。農業施設や工場などにおける状態監視、物流サービスにおける品質管理などの用途に向ける。(2015/12/28)

2015年PC USER「ベストチョイス」:
2015年に編集部が最も注目したディスプレイ
今年発売された製品の中からジャンル別に注目の一品を選ぶアワード企画。ディスプレイ部門の「ベストチョイス」は、新たな進化の方向性を打ち出したエンターテインメント向け27型モデルだ。(2015/12/17)

日本TI RF430CL33OH-Q1:
WPSをワンタップで実行できるNFCトランスポンダ
日本テキサス・インスツルメンツは、車載インフォテインメントシステムへのNFC機能搭載を簡素化する、NFCトランスポンダ製品「RF430CL33OH-Q1」を発表した。ペアリング、接続、NFC対応のWPSをワンタップで実行できるという。(2015/12/17)

EFM32 Gecko MCU ポートフォリオ:
シリコンラボ、4種のMCUでARM mbed OSをサポート
シリコン・ラボラトリーズは、ARM Cortex-Mプロセッサをベースにした、32ビット・マイクロコントローラ(MCU)「EFM32 Gecko」ポートフォリオで、ARM mbed OSをサポートすることを発表した。(2015/11/26)

ET2015:
「Alljoyn」のいまをクアルコムブースで見る
ET2015のクアルコムブースにて大きく展示されていたのは、機器相互接続フレームワーク「Alljoyn」のデモだ。機器連携シナリオ“ストーリー”の様子も紹介されている。(2015/11/24)

「Apple Pencil」をiFixitが解剖──折りたたみ式ロジックボードなどの工夫が随所に
iFixitがiPad Pro専用スタイラス「Apple Pencil」の分解リポートを公開した。ロジックボードが2つに折りたたんであるなど省スペースの工夫があるが、バッテリーの交換はほぼ不可能なことが明らかになった。(2015/11/20)

低消費電力技術でIoTを支える:
低電力ワイヤレスマイコン、サブGHz帯を追加
日本テキサス・インスツルメンツ(日本TI)は、「組込み総合技術展Embedded Technology 2015(ET2015)」で、IoT(モノのインターネット)をテーマに、サブ1GHz帯を使ったワイヤレスマイコンや、高いノイズ耐性を実現した静電容量式タッチマイコン、各種センサー製品などを展示した。(2015/11/20)

週末アップルPickUp!:
今年のクリスマスプレゼントは何がいい? Appleがおすすめギフトページを公開
クリスマスが2015年もやってきます。恐ろしいことに5週間後の今日はクリスマスイブ。今年は大切な人にどんなプレゼントを贈りますか?(2015/11/19)

待機時消費電流は0.3μA:
コイン電池で7万時間駆動するBluetooth用LSI
ラピスセミコンダクタは2015年11月16日、コイン電池で約7万時間駆動を実現するBluetooth Smart用2.4GHz無線通信LSI「ML7125」を開発した。電池駆動時間は従来品よりも2.6倍ほど長いとする。(2015/11/16)

橘十徳の「自腹ですがなにか?」:
Bluetoothでスマホと連携する体温計を使ってみた
そろそろインフルエンザなども気になり始める季節。専用アプリをインストールしたiPhoneやAndroidスマートフォンと連携して、データを記録・管理することができる電子体温計を購入したので紹介しよう。(2015/11/12)

製造マネジメントニュース:
センサーモジュールとクラウドの連携でIoT新規事業短期参入を支援
日本IBMは、同社のPaaS「IBM Bluemix」をアルプス電気が採用したと発表した。アルプス電気の「IoT Smart Module」とIBM Bluemixが連携し、新しいIoTシステムを提供する。(2015/10/20)

Arduino、Intel製超小型SoC「Curie」を採用した開発ボード「Genuino 101」を発表
インテルとArduinoは、超小型設計の一般向け開発ボード「Genuino 101(米国名:Arduino 101)」の発表を行った。(2015/10/19)

スマートロックやスマート升に採用:
IoT製品の開発期間を短縮する小型BLEモジュール
Bluetooth SIGは、2015年10月7〜10日に開催された「CEATEC JAPAN 2015」で、Bluetoothを活用したさまざまな製品の展示を行った。本記事は、その一部を紹介する。(2015/10/16)

スーツケースの転倒・開閉も遠隔地から分かる!?:
メダル型センサーモジュール、スマホなどと連動
ロームは「CEATEC JAPAN 2015」において、IoT社会の実現に向けて、複数のセンサーと無線通信IC、ローパワーマイコンを搭載した評価キット「センサーメダル」のデモ展示を行った。預けたバッグや荷物の状態を、スマートフォンなどで遠隔地から確認することが可能となる。(2015/10/9)

太陽誘電 EYSGCN/EYSGJN/EYAGJNシリーズ:
ニーズに合わせて選択できる7つのBLEモジュール
太陽誘電は、Bluetooth Smartモジュールのシリーズ計7製品を商品化すると発表した。同社サイトに「最適モジュール選択チャート」を掲載し、最適な商品を提案する。(2015/10/9)

センサーネットワークモジュールを活用:
IoTはトイレまで監視? これで仕事をさぼれない
アルプス電気は、2015年10月7日に開幕した「CEATEC JAPAN 2015」(千葉市・幕張メッセ)で、同社のセンサーモジュールを用いたIoT市場向けソリューションの展示を行った。農業やインフラ機器の監視、トイレの利用状況の遠隔監視といった事例が紹介されていた。(2015/10/8)

運転者の疲労度合いを見逃さない:
着座姿勢センサーで、居眠りなどの状態を検知
太陽誘電は、シートに座った状態でドライバーの異常な動作を検知できる着座姿勢センサーを開発した。アラーム警告などと連動することで居眠り運転などを防止することが可能となる。(2015/10/8)

コンデジとスマホがスムーズに連携する技ありの1台――カシオのEXILIM「EX-ZR3000」
カシオ計算機のHISPEED EXILIMのラインアップに、新たに「EX-ZR3000」が加わった。快適なスマホ連携と、従来モデルよりさらに高画質になった点が大きな魅力だ。(2015/9/30)

CEATEC 2015 開催直前情報:
アルプス電気はセンサーと通信技術でIoTを提案
アルプス電気は、2015年10月7〜10日に開催される「CEATEC JAPAN 2015」(シーテック ジャパン)に“IoT”を掲げて出展する。幅広い検知ニーズに応えるセンサーと通信モジュールを組み合わせ、実用場面を想定したIoT市場向けのアプリケーションを提案するという。(2015/9/25)

東京ゲームショウ2015:
EIZOの国内初披露ゲーミングディスプレイ「FORIS FS2735」を体験してきた――スマホ/クラウド連携に対応
2015年も東京ゲームショウにEIZO、MSI、SteelSerieの3社が共同出展。スマホやクラスドサービスと連携し、独自の視認性向上技術、144Hz駆動IPSパネル、AMD FreeSyncも備えたEIZOの27型ゲーミングディスプレイ「FORIS FS2735」をチェックした。(2015/9/19)

今こそ知っておきたい「LEプライバシー」:
Bluetooth 4.2 セキュリティ対策の仕組み
さまざまなモノがインターネットにつながる中、自分の行動が簡単に追跡されてしまうという、プライバシーに対する懸念も高まっている。Bluetooth 4.2では、セキュリティとプライバシー保護の機能が強化された。今回は、「LEプライバシー」と呼ばれる仕組みを紹介しよう。(2015/9/18)

技術&認証プロセス解説:
いまさら聞けないBluetoothとその認証プロセス
マウスやスマホ、ハンズフリーセットなどで身近な「Bluetooth」のことをどれだけ知っているだろうか。技術の基礎とBluetooth製品を世に出すために必要な認証プロセスについて解説する。(2015/9/17)

ラピスセミコンダクタ MK71050-03 BLE-Shield:
Bluetooth通信が可能なArduino対応通信シールド
ラピスセミコンダクタは、電子工作でBluetooth通信を簡単に実現できる、汎用マイコンボードArduino対応の通信シールド(拡張ボード)「MK71050-03 BLE-Shield」を開発した。(2015/9/10)

シリコンラボ BGM111:
Bluetooth Smart機器の設計を簡素化するモジュール
シリコン・ラボラトリーズは、Bluetooth Smart・モジュール・ソリューションの新製品「BGM111」モジュールを発表した。Bluetooth Smart対応の製品を容易に設計できるようになるという。(2015/9/1)

Nordic Semiconductor ディレクター Ståle Ytterdal氏:
PR:Bluetooth Smart機器の開発スタイルを一変させる“ゲームチェンジャーデバイス”
近距離無線用半導体デバイスを手掛けるNordic Semiconductorは、事業規模を急拡大させている。2012年に発売したBluetooth Smart用デバイスが好調で売り上げをけん引。このほど、そのデバイスの上位製品を発表し、Bluetooth Smart用デバイスでのシェアを拡大する構えだ。同社アジア太平洋地区担当セールス&マーケティングディレクター Ståle Ytterdal氏に、新製品の概要や、今後の製品開発戦略などについて聞いた。(2015/8/24)

Project Brillo:
Googleから「Project Brillo」対応Wi-Fiルーター「OnHub」
米Googleが「Project Brillo」に対応する家庭用Wi-Fiルーター「OnHub」を発表した。北米では199.99ドルにて販売する。(2015/8/19)

続々登場:
会話量や食事時間の測定も 東芝、リストバンド型活動量計「Silmee W20/W21」
東芝は8月17日、会話量測定や食事時間検出などの機能を搭載したリストバンド型活動量計「Silmee W20」「Silmee W21」を発表した。(2015/8/17)

144Hz駆動/AMD FreeSyncにも対応:
EIZO、Android/iOSやクラウドサービスと連携する27型液晶ディスプレイ「FORIS FS2735」を発表
EIZOは、Android/iOSで表示画面の色合い調整を行ったり、クラウドサービスで色合いの設定値を保存、共有できる27型液晶ディスプレイ「FORIS FS2735」を発表した。(2015/8/6)

韓国BrilliantTSのカードに搭載:
「Bluetoothを使ってスマホで決済」を実現するSoC
CSR製のBluetooth Smart SoC「CSR1013」が、韓国BrilliantTS製の多機能決済カードに搭載された。Bluetooth技術を使ってスマートフォンと無線通信を行うことで、決済を安全かつ簡単に行うことが可能となる。(2015/7/24)

撮影した写真をスマホに自動転送するEXILIM 「EX-ZR3000」「EX-ZR60」を発売
バッテリーは節約しつつ、撮った端から写真をどんどんスマートフォンに転送できてしまう便利なデジカメ、EXILIM「EX-ZR3000」と「EX-ZR60」がカシオ計算機から登場する。(2015/7/23)

CSRmeshを採用:
BLEビーコンとしても機能するスマートLED電球
CSRは、SK Telecomが「CSRmesh」を採用し、Bluetooth Smart(Bluetooth Low Energy:BLE)ビーコンとしても機能するスマートLED電球を開発したと発表した。照明とビーコン、メッシュ機能を組み合わせた連携は、「世界初」(CSR)という。(2015/7/21)

なんとなくみためザクレロ:
ParrotのMini Drones、「HydroFoil」の登場で陸海空の立体作戦が可能に
ドローンをドローンたらしめる「事前プログラムの無人航行」には対応せず。(2015/7/16)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。